Hot Wheels 情報まとめ | Hot Wheelsにわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

ホットウィール全国キャラバン・スキップキッズ松戸に行ってきました!

     - レビュー

先日の逗子海岸でのキックオフからスタートした、ホットウィール夏のイベント「ホットウィール全国キャラバン」の初日、千葉県松戸市でのイベントに参加してきました!

ホットウィール全国キャラバンは、8/20~9/22までの期間で、全国8カ所のカフェにホットウィールマイスターがやってくる!というイベントです。

A2ポスター_0808

全国というには足りない気もしますが・・・地元に来たらラッキーぐらいの気持ちで臨むといいかもしれません。

で、それ以外の情報がなく、どんなイベントかわからなかったんですが、
とりあえず近場に来るし乗り込んでみよう!というわけで、朝一で乗り込んできました。

結論から言うと、キッズスペース内に設置された各トラックで、おねえさんと一緒に遊ぼう!って感じの完全ちびっこ向けのイベントでした。

以下、今日体験してきたイベントの様子についてのレビューです。

スポンサーリンク

ホットウィール全国キャラバン・スキップキッズ松戸のレビュー

caravan_skipkids1

今日はもう事前に行こうと決めていたので、勢い余って早めに現地に到着してしまいました。
あいにくの大雨で、イベント開催地である伊勢丹の前で待機です。

caravan_skipkids2

イベントが行われたのは、松戸の伊勢丹の2FにあるSKIP KIDS CAFEさん。
近所にありながら、このお店のことを今日まで知りませんでした。

11時以降はこどもをスタッフさんがみていてくれるタイプのカフェらしく、
なかなか使い勝手も良さそうで、今日知ることができて良かったです。

caravan_skipkids3

カフェに入ってイベントについて尋ねると、「まだ準備できてないから待ってもらうことになります」とのことw
気合を入れてオープン待ちする必要はなさそうです。

10時入店で、11時近くになってようやくキッズスペースの一画にこんな感じのホットウィールコーナーが出来上がりました。

できるや否や、こどもたちは「ブーブー!」とか言いながら遊びに行ってました。さすがですw

caravan_skipkids4

コーナーに設置されていたのはスピンストーム、ダブルループアタック、トラックビルダースタントキット。
そしてメガトレーラーでした。

ホットウィール目当てで来たような家族はウチぐらいだったのか、最初の数分はおねえさん貸し切り状態w
メガトレーラーに車をたくさん乗せたり、

caravan_skipkids5

トラックビルダースタントキットで一緒に遊んでもらいました。

caravan_skipkids6

そのうち賑わってきて、各自勝手に遊ぶ感じに。
男の子は当然ミニカーが好きだけれど、女の子まで熱中していたのは意外でした。

オフィシャル撮影への協力

遊んでいる息子をみていたら、イベントスタッフの方から声をかけられ、
「イベントの動画撮影に協力してもらえませんか」
というお話を頂きました。

caravan_skipkids9

実はイベント会場にはSPEED UP THE SUMMERのオフィシャル撮影中というアテンションが表示されていたのですが、どうやらこれは掲げているだけで、撮影協力に同意した人だけが映される(使用される)ということらしいです。

ホットウィール関連の動画に出られるなんて滅多にない機会だ!と思い、もちろん撮影は快諾。

息子が遊んでいる姿を撮影していただきました。
※コミュニケーションが取れるぐらいの年齢の子はインタビューみたいなのされてました。

イベント参加でプレゼントゲット

時間的に次の予定がせまっていたので、「もっともっと」と遊びたがる息子をなくなく会場から連れ出そうとすると、おねえさんに呼び止められました。

「イベントに参加してくれた子にはプレゼントがあります」

とのこと。

caravan_skipkids7

うちの息子はなんと・・・5PACKをゲット!!
すごい。一気に我が家のホットウィールが5台も増えることになりますw

どうやら動画撮影に協力した子は5PACK(他にも何かあったのかもしれないけれど)が貰えて、ただただ遊んでいた子はベーシックカーが1台貰えたようです。

さて、気になる5PACKは・・・こちら!

caravan_skipkids8

TRACK BUILDER 5PACKセットです!

どれも速く走りそうな謎車ばかりw
でもなかなかいい感じなので後日レビューします。

息子はさっそく遊んでいました。
とても気に入っていたようで何よりです。

ホットウィールマイスターとはなんだったのか?

さて、フライヤーに書かれていた「各カフェにホットウィールマイスターがやってくる」のホットウィールマイスターとはいったい誰のことだったんでしょうか。

その答えは、どうやら「トラックビルダー」のことだったみたいです。
というのも、イベントコーナーを設置している最中に、トラックを組み立てながら「さすがマイスター!」みたいな声が聞こえてきたからw

なんとなくホットウィールマイスターなんて言われたら、ホットウィールのデザイナーでも来るのかと思っていましたが、さすがに完全子供向けのイベントでそれはないですよね。

とはいえ、うちは昼前に帰ってしまったので詳細はわからずじまいでしたが・・・。
※昼頃にはさらなるトラックが届くというような会話も聞こえてきたので、もうちょっと粘りたかったところです。残念。

おわりに

というわけで、ホットウィール全国キャラバンの様子のレビューでした。

位置づけ的には、カフェに来たこどもたちが「なんか今日はブーブーで遊べるぞ!!」みたいな感じでホットウィールと触れ合って、その魅力を親たちも知っていく、みたいな感じですかね。

隣で見ていたお母さんが「あんな感じの(ループする)コースがあるのね~」と感心してましたし。

我が家でも「メガトレーラー買ってあげようかなぁ・・・」って気持ちになりました。

そして子供たちはあれ、何時間でも遊べそうです。
おねえさんがめっちゃ相手してくれるので、特に。
※その代わりおねえさんが大変だと思いますがw

下手したら、10時に入って18時まで入り浸ることもできたかもしれません。

もしお近くでイベント開催がある方にはオススメです。
※あくまでこども向けイベントですが。

  関連記事

ホットウィールの’17 Ford GT(DHP28)レビュー。ノーマル車でも十分な高級感。

Nアソートのスーパートレジャーハントである「’17 Ford GT」 …

東京おもちゃショー2016で、マテルのブースを見てきました!

2016年6月11日、12日と、国際展示場で一般公開されている「東京おもちゃショ …

’70 DODGE CHARGER (DTW97) のレビュー。ワイスピ仕様なのにSCREEN TIMEじゃない理由とは

Aアソで、(僕が行った店舗では)あまりの人気でゲットできなかった’7 …

’92 BMW M3 (DJM81) のレビュー。さりげない高級感と造形の細かさが美しい良モデル

先日、義両親を連れて「バースデイ」に行ったときのこと。 こどもの世話を義両親にま …

パーツ点数が少ないホットウィール?’56 Flashsiderをバラしてわかったこと。

ホットウィールのパーツ点数は基本的に5点です。 ボディ、ベース、インテリア、ウィ …

EURO STYLE PORSCHE 911 GT3 RS (DJF85) のレビュー。URBAN OUTLAWコラボモデル!

一時期は「ずっと残ってるじゃん」なんて思ってたEURO STYLEですが、僕が行 …

ハッピーミールホットウィール?T-Bird Stocker (Blue) のレビュー。謎の多いマクドナルドウィール。

先日、出かけた際にリサイクルショップへ立ち寄りました。 最近はベーシックカーの発 …

ホットウィールの30周年記念モデルについて。フラッグシップとなったTwin Millのレビュー。

先日、ついにこんなものを入手しました。 「ウッソ、当時モノのツインミル!?」 「 …

ホットウィールのBlingsについての解説とまとめ。Chrysler 300Cのレビューも兼ねて。

2016年HW ART CARSセグメントのクライスラー300Cを入手しました。 …

ホットウィールのTOYOTA SUPRA (DHR73) のレビュー。一見イロモンぽいけどよくみると結構いいモデル。

以前2016年のCアソミックスケースを購入した時に入っていたHW Speed G …

Comment

  1. 水戸 裕一 より:

    HOTWHEELSキャラバンのレビューとても分かり易く、写真から会場の雰囲気が伝わってきましたよ~♪ マニアというより、本当にお子ちゃま向けのイベントだったのですね! マテルさんがコースセット、メガトレーラー等をもっと積極的に販売したいという思惑も感じられますね~(W)

    • にわかマニア管理人 より:

      水戸さん

      コメントありがとうございます!

      会場の雰囲気が伝わって良かったですw

      >マテルさんがコースセット、メガトレーラー等をもっと積極的に販売したいという思惑も感じられますね~(W)

      そうですね~w
      これは前回のおもちゃショーのイベントでも感じました。

      あくまでこどものおもちゃであると考えた場合には、やっぱりコースセットは不可欠なのかとは思いますが、
      街を意識したトミカのコースに比べてレースや遊びを意識しているホットウィールのコース、こども目線ではどちらが魅力的にうつるのか気になるところです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です