Hot Wheels 情報まとめ | Hot Wheelsにわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

’57 T-Bird (1982年)のレビュー。80年代の香港製ホットウィール。

     - レビュー

57t-bird-13

今年初ウィールは何になるかな、なんて話をしていましたが・・・僕が今年最初に手にしたのは’57 T-Birdでした。
厳密には昨年末に購入し、届いたのが昨日だったので「初購入」ではないですが。

そこそこ傷だらけの中古品だったのでレストア前提で入手したつもりでしたが、みているうちにこのまま飾っておきたくなってしまいました。

今日はそんな2017年初モノとなったT-Birdのレビューです。

スポンサーリンク

’57 T-Birdのレビュー

ホットウィールの’57 T-Birdは3種類あって、今回ゲットしたものは1978年にデビューしたモデルのおそらく1982年もの。

’57 T-Birdといえば、昨年に1991年のマクドナルドハッピーミールものをゲットしています。
[参考]1991年のハッピーミールT-Birdのレビュー。初のマック限定モデルということになるのかこれ

「カラバリは意味もなく買わない」というような自分ルールがあるのですが、今回のゲットは意味があるのでセーフですw

というのも、僕自身初となる香港ウィールである点。
そしてこれまた初モノの80年代ウィールであるということから、いろいろ学べるところがあると思ったからです。

言い訳はさておき、各部を見ていきましょう。

フロント・リア

57t-bird-12

カエルみたいな顔をしたフロントは前回ゲットしたT-Bird同様です。
ただしさすがマクドナルドのオマケじゃないだけあってエッジのシャープさが違います。

そこそこ状態が悪いものを買ったので、塗装剥げやタイヤの傾きがハンパないですね。

サイド

57t-bird-11

どうでしょう、このギラつき具合!

メタリックレッドのボディにクリアブルーのウィンドウというコントラスト、そこに何のタンポも入っていないというのが、なんとも80年代のホットウィールという感じがしますね。

この時期はとっくにスペクトラフレームも廃止になっているのですが、若干コストに余裕をさけたのかボディはメタルフレークのギラギラした塗装で仕上げられています。

57t-bird-15

うまく写真には取れませんでしたが、細かいスパークルが輝いています。
これがあまりに綺麗だったため、ボロボロだけどレストアするのをやめました。

57t-bird-14

タイヤは香港ホットウィールの代表ともいえる、肉厚なブラックウォール(BW)が採用されています。
車軸が曲がりまくっているため、ビックリするほど走りませんw

車軸だけはしっかり直してあげたいところですね~・・・。
ホットウィール用のチューニングレンチ買おうかな。

リアタイヤの奥に水色のパーツが見えることから、ウィンドウとインテリアが一体パーツになっていることがわかりました。
これは一度分解して中身を見てみたいところです。

トップ・ベース

57t-bird-9

 

ボディトップはさすがに傷だらけで、レストアするには一回全部塗装を落とさないといけなさそうです。
でもこの状態でもやっぱりいい感じにギラついてるのがわかりますね。
てか写真だけだとスペクトラフレームみたい!
※実物は結構スパークルです。

ボディ・ベース共にメタル製で、底面のデザインには古いホットウィールの感じがかなり出ていますね。

57t-bird-4

ハッピーミールのものとデザインは似ていますが、細部が異なります。
マレーシア製だからなのか、それともマクドナルド用に金型を起こしたのか、とにかく別物。

57t-bird-10

デザイン以外にも注目すべきはカシメの形状。
よくある中央が窪んでいるものではなく、ラウンドヘッドタイプ・・・とでもいうんでしょうか、球面のようになっています。

カシメを削って分解したいときに、今までは中央の窪みをドリルのガイドにしていたのですが、これだとドリル刃の先端が滑ってしまいそうですね~。

何年のモデル?

ベースには1977年著作の香港製であることが記されていました。
実はこの底面デザインもデビュー当時のものとは違っているので、1978年から1982年までの4年の間にリキャストされていることがわかります。

デビュー当時と違うのは底面のデザインだけではありません。
当時のボディには「Porthole」と呼ばれる船の窓のような丸い穴が開いていたのですが、製造が香港からマレーシアに移る際にコスト面の問題で廃止になっています。

今回ゲットした「香港製かつPorthole無し」というモデルは、ちょうどその移り変わり時期のものだったのかもしれません。
そう思うと1982年製?

ただ、Hot Wheels Wikiaの画像によれば1982年の’57 T-Birdの底面には著作年がしっかりと1981年で記されており、今回ゲットしたものとは異なります。(今回のは1977年と記されている)
もしかすると1978年~1981年までの間にPortholeがないモデルが作成されていて、これはそのうちの1つだったのかもしれないですね。

ハッピーミールものと並べてみた

57t-bird-16

先に入手していたハッピーミールの’57 T-Birdと並べてみました。

実際に手にしてみると、さすがにハッピーミールものはベースがプラなだけあって軽いです。
そして前述のとおり全体的にハッピーミールものはエッジの甘さが際立ちますね。

また、画像ではわかりにくいですが、ハッピーミールの方は前輪上部のタイヤポケットから向こう側が見えます。
つまりボンネット下部分が空洞になっているということ。

それに対して今回ゲットした方は、ちゃんと赤いダイキャストパーツが見えることから、ボディの内部形状にそもそも違いがあることがわかります。
これはますます分解したくなってきた・・・!

おわりに

というわけで、僕の2017年初ウィールとなった’57 T-Birdでした。

今回ゲットしたものもハッピーミールのものも、どちらもすごく可愛いです。
これはもっともっとカラバリが欲しくなっちゃいました。
比較用にデビュー当時のモデルと30thアニバーサリーモデル、そして最近のものぐらいは最低でもゲットしたいところですね。

正月早々こんなものをゲットしているなんて・・・今年は波乱の一年になるかもしれません!(ならない)

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. harunam より:

    おはようございます、ついにガチマニア改名の時がやってきましたね!入手おめでとうございます。いいものをてにいれられましたね!羨ましいです、どこで入手されたんですか? そしておいくら?w

    • にわかマニア管理人 より:

      harunamさん

      おはようございます!コメントありがとうございます。
      こんなもんじゃまだまだガチには及びませんって・・・。なにしろ年間4台も当時モノレッドライン買ってる人がいるんですから・・・。

      >羨ましいです、どこで入手されたんですか? そしておいくら?w

      やっぱり価格が気になるようですね~w
      安心してください。僕は安価なものにしかまだまだ手を出せませんので・・・。

      価格は送料を入れても先日のPaddy Wagonよりも安かったです。
      オークションで購入しました。

      • harunam より:

        こんばんは、当時物レッドライン年間4台じゃなくて5台ですよ(#^ω^)ピキピキ(1台はクリスマスプレゼントだったから買ったのは4台ってことですかね?)wパディワゴンより安いとはにわかマニアさんいい買い物されましたね〜おめでとうございます!

        • にわかマニア管理人 より:

          harunamさん

          >年間4台じゃなくて5台ですよ(#^ω^)ピキピキ

          そっ、そんなに怒らなくてもいいじゃないですかw
          って、誰の事とは言ってないですよw

          僕の場合、無理な買い方をすると生活に直結するような生き方をしていますので・・・今のところはこれぐらいの出費が限度です。

          • harunam より:

            こんばんは、別に怒ってないですよwwwホットウィールは逃げないので、後から余裕が出来た時にいくらでも買えるものなので、無理せずマイペースでコレクションしてくださいね。(とか人に言っときながら明日レッドライン納車予定な奴w)

          • にわかマニア管理人 より:

            harunamさん

            >ホットウィールは逃げないので、

            それが・・・逃げるんですよ、こいつw
            本当になんど逃がして悔しい想いをしたことか・・・。

            いずれにせよマイペースを崩すことはできませんが。。

            >明日レッドライン納車予定な奴w

            ぐっ・・・羨ましいぜ・・・。

  2. ユウサン より:

    こんにちは。
    記事の内容に触れられず申し訳ないですが、ちょっと報告を。
    昼休みにジョーシンに行ってきました。
    以前コメント欄で話題になってたセットを見てきました。
    プレイセットにベーシックカー5台ほどのセットで、4セットくらいのうち一つにナイトロドアスラマー?のSTHがありました。
    そのセットにはご丁寧にノーマル版も入ってました。
    これのために3000円出すのはなあ…と思い買う気は無いのですが、初めてSTHをお目にかかれてよかったです。
    思ってたよりも普通だなって思いました。知らない人が売り場で見ても違いがわからないかも。
    バラで売られたら買うのになあ…。

    • ユウサン より:

      追記です。
      他には黄色のミニやボーンシェイカー、インパラなどがあったので入ってるのはほぼ9月分のアソのものと思われます。
      プレイセットは何かはよく見てなかったのですが、付属車はグローウィールズの青のルーフクーペでした。

    • ユウサン より:

      何度もすみません。
      気が変わりやすい性分でして。
      ブログの方にも書きましたが、買うほうに気持ちが傾いてます。
      harunamさんがレーストラックで楽しんでるのを見ると、僕もそういうコース系が欲しくなってきてしまいまして…w
      3000のSTHと思うと高いですが、3000円でコース+STH+αと思うとかなり安いですしね。
      講習終わるまで買えないので、しばらく悩もうと思います。

      • にわかマニア管理人 より:

        ユウサンさん

        こんにちは!コメントありがとうございます。

        ええと、僕なら絶対買ってます!w
        買った後悔より買わなかった後悔の方が絶対に大きいですからね~。

        >講習終わるまで買えないので、しばらく悩もうと思います。

        いつまでも あると思うな 親とSTH という格言があることをお忘れなく・・・。

        >思ってたよりも普通だなって思いました。知らない人が売り場で見ても違いがわからないかも。

        これは仕方ないですね~。
        僕らはすでにカーカルチャーなどのクオリティが高いシリーズを見慣れていますから・・・リアルライダーぐらいじゃ驚かないかなと。
        スペクトラフレームもカラーリング次第では地味ですしね。

        でも、カッコいいから欲しいんじゃない。STHだから欲しいんですw

        2人から情報を頂いたのでかなり気になってしまい、「明日は遠方にあるジョーシンまで行ってくる!」と妻に宣言したところ、NGをくらってしまいました・・・。
        なので僕はしばらく確認にすらいけません。

        ホットウィールよりも家庭円満が大切なので・・・悔しいですが諦めますw

  3. 水戸 裕一 より:

    にわかマニアさん

    HOTWHEELSよりも奥さん、子供さん、家族を大切にしてくださいね!
    家庭円満が何よりも一番ですから‼ では、また・・・。

    • にわかマニア管理人 より:

      水戸さん

      コメントありがとうございます!

      >家庭円満が何よりも一番ですから‼

      そうですね!ありがとうございます。
      結局ジョーシンへは行ってきましたが・・・w

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です