Hot Wheels 情報まとめ | Hot Wheelsにわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

SHARK BITE(DHP30)のレビュー。前輪とアゴに隠された秘密!

     - レビュー

西友にオープン前から並んでまで何を買ったかっていうと・・・

sharkbite9

Shark Bite買っちゃってました。
しかも今月入荷分じゃなく、先月の余りの山からw

2016年のNew Modelsなのにマークが入ってません。・・・なんでだろう。
Hot Wheels Wikiaに載っていた台紙にはしっかりとNew Modelsマークが入っていたんですが・・・謎です。

スポンサーリンク

SHARK BITEレビュー

sharkbite3

初めてこの車体(?)を見た時に、その流線型と、透明感のあるカラーリングがなんとも美しくて一瞬で惚れました。
でも普段なかなかリアルカー以外の車種を買わないのですごく悩んだ結果、1ヶ月購入を見送ることになったんです。

「来月も残ってたら買おう・・・」

しっかり残ってましたw
というわけで、晴れて我が家の子になったSHARK BITEです。

全体のフォルムとギミック

sharkbite6

前輪と後輪の大きさが違ってていい感じです。
また、おくち周りを見ると、どうやら動きそうな予感がします。

sharkbite8

実際に走らせると前輪の回転に合わせて口をパクパクするギミックが搭載されていました。
これはすごいぞ!!

sharkbite7

ギミックの仕組みは、前輪が改造された5SPタイヤで、
アゴの付け根にある支えをタイヤの出っ張りが押し出す事でアゴを閉じる、というようなものでした。

この仕組が前輪の左右両方についているので、左右の回転のズレによって不規則に口が開閉して面白いです。

sharkbite10

台紙の裏にもしっかりと開閉ギミックについて書いてありました。

美しすぎるカラーリング

でも個人的には開閉ギミックよりも、「これどこに誰が乗るのよ」っていう疑問よりも、
やっぱりこのカラーリングにすごく惹かれたわけです。

sharkbite5

海を思わせるような、メタリックオーシャンブルー。

パッと見、すごく透明感のあるブルーメタリックなので、背中の模様は「模様の上から塗装してあるんじゃないか」と思うぐらいでしたが、そこは実際に近くで見たら全然タンポでした。

今後こいつがどんなカラーリング展開を見せてくれるのか、今から楽しみです。

sharkbite4

裏面には型番と生産国のみで、製造年の刻印はありませんでした。
これが何を意味しているのか・・・僕にはまだわかりません。

おわりに

というわけでSHARK BITEのレビューでした。

うちは家庭の事情で、買っても月に5台ぐらいまで、という暗黙のルールがあるんですが、
そのうちの1台をこれに充てて良かったのか!?は今でもなお悩みます。

ちなみにホットウィールはシャーク系マシンがなぜかたくさん出ています。
もしかしたら海外のちびっ子がハマるホットウィールのレースゲーム用のキャラだったりするのかな。

特にSharkruiserなんかはほぼ毎年リリースされているし、
2016年もマルチパックに入っていたみたいだし。

そう思うとシャーク系全シリーズ並べるとかやってみたいもんですね。

最近は特に、ホットウィールってこういうのを集めるのが逆に楽しいんじゃないか??と思うようになってきましたw

  関連記事

Lamborghini Countach (DTX49)のレビュー。アニメ調(Tooned)にデフォルメされたモデル

今月のCアソ発売日が実質「2017年の初ホットウィール」となった方も多いのではな …

ワーゲンバス・キャンパー CUSTOM VOLKSWAGEN HAULER (CGJ45) のレビュー【またしてもエラー品】

トイザらスのブラックフライデーにみんなが震える中、僕はコッソリとこんなアイテムを …

’70 DODGE CHARGER (DTW97) のレビュー。ワイスピ仕様なのにSCREEN TIMEじゃない理由とは

Aアソで、(僕が行った店舗では)あまりの人気でゲットできなかった’7 …

ハッピーミールホットウィールの50th Anniversary NASCARのレビュー。オマケとは思えない驚愕のクオリティ

少し前に取り上げた、マクドナルドのハッピーセットについてきたホットウィール。 [ …

HW RAPID RESPONDER (DHX08) のレビュー。シャーシに隠された秘密。

先日送っていただいたショートカード2台のうちの1つ、HW RAPID RESPO …

Back to the Future Time Machine (DJF49) レトロエンターテイメント・デロリアンのレビュー。ホバーモードとの比較も。

2015年はバックトゥザフューチャー(以下BTTF)2でマーティが未来に行った、 …

ホットウィールのPurrfect Speed (DHP32) のレビュー。ラリーウッドが2016年に投下した猫謎車

ホットウィール2016年最後のQアソート、「全然魅力的なのがない」「謎車ばっか」 …

2017年シリーズのCHEVY BLAZER 4×4 (DTX76) のレビュー。タンポが違えば表情が変わる

僕は「同じモデルは比較検証などの理由がない限りは購入しない」というルールを自分に …

Camaro Fifty – ’67 Camaro (DWC86) のレビュー。最初期ホットウィールCustom Camaroとの関係など。

1月1日にトイザらスで見かけたものの、もとより買うつもりがなかったのでスルーして …

ホットウィールの30周年記念モデルについて。フラッグシップとなったTwin Millのレビュー。

先日、ついにこんなものを入手しました。 「ウッソ、当時モノのツインミル!?」 「 …

Comment

  1. 水戸裕一 より:

    うちは、最近増えすぎたHOTWHEELSを処分しつつ、
    どうしても欲しいヤツを1~2個抑えるようにしました。
    やはり、増えすぎると部屋がえらいことになるので・・・
    HOTWHEELS、減らす方向で頑張っているのですが・・・
    いたちごっこですね。本当、きりが無い世界ですよ。

    • にわかマニア管理人 より:

      水戸さん

      >増えすぎたHOTWHEELSを処分しつつ、

      処分・・・確かに増えすぎると置き場所にも困りそうですね・・・。

      >どうしても欲しいヤツを1~2個抑えるようにしました。

      僕も基本的には毎月そんな感じです。
      今回は何故か少しだけ多めに5個購入してしまいましたが、これが限度w

      >本当、きりが無い世界ですよ。

      本当にそう思います。
      そもそもベーシックアソートだけで年間に400種近い物が出ると思うと、
      どこかで見切りをつけなければすごい台数になってしまいますしね・・・。

      それでも欲しくなっちゃう魅力があるので毎月葛藤するわけですがw

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です