Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

HWC公式にてHI-PO HAULERの発売情報開示!ホットウィールとガスモンキーガレージのコラボ第二弾!

HWC公式サイトにて、RLC限定「HI-PO HAULER」の情報が公開されていました!

[参考]RLC Exclusive Gas Monkey Garage Hi-Po Hauler at HWC on 9/18

実はこれ、USでは2016年12月のFAST ‘N LOUDでお披露目されたガスモンキーガレージとホットウィールのコラボアイテムです。
1年と9ヵ月の期間を経て、ようやくキャスト化される運びとなりました。

その実態および、発売日などについて確認しておきましょう。

スポンサーリンク

RLC限定ハイポホーラー

今回キャスト化されたのは、1963年製のフォードエコノラインをベースにガスモンキーガレージで「HI-PO HAULER」として生まれ変わった一台です。

コルベット・ミーダスモンキーに次ぐ2作目のコラボアイテムってことになるのかな?

Replica Entertainmentより’68 CORVETTE GAS MONKEY GARAGEのレビュー!メインライン版との比較など。

HI-PO HAULERはその名のとおり、「ハイ・ポテンシャルな貨物車」で・・・そのコンセプトとしては「60年代のドラッグスターをオマージュしたもの」になっています。

ホットウィールではつい先日もエコノラインが発売されたばかりなので、「その荷台にスーパーチャージャー積んだらいいんでしょー」ってぐらいに思っている方もいるのではないでしょうか。
(かくいう僕もそうでした。)

ですがこれ、完全に新金型のアイテムです。

こうして比べてみるとよーくわかります。
まず、ホイールベースが全然違うんですね。

僕も2016年当時に放送された番組を観たわけじゃないので詳しくは知りませんが・・・ガスモンキーガレージに入ってきた時のエコノラインはノーマル(画像の下のヤツみたいな感じ)だったのに、お披露目の時には画像の上のヤツみたいになっていたので・・・車長を含めてがっつりカスタムされたんでしょう。

タイヤハウス形状も違いますし・・・金型使いまわしの手抜き車両ではないようですw

前輪は薄くて小さく、後輪に野太いタイヤが採用されており、ドラッグスターをオマージュしたというのがよくわかります。
さてはこれ、このロードクリアランスでもウィリーできるようにお尻をちょっと詰めてある(ホイールベースを伸ばした)んだな・・・・!

さらには運転席も実車さながら中央の1席のみで作られていました。
よくみたらヘッドライトはボディと別パーツだし、車内にかしめ用の柱も建ってない!

とまぁ、そういうことがあるので、「家に余ってるスーパーチャージャーをエコノラインに搭載したらHI-PO HAULERだ!」というわけにはいかないのです。

キャストの仕様について

さて、そんなHI-PO HAULERの仕様ですが・・・当然メタル×メタル、リアルライダーという上級仕様になっています。

それだけではなく、ボディはスペクトラフレーム・バーントオレンジ。(ちょっと焼けたようなオレンジ)
実際の車の方はメタルフレークのキャンディオレンジだったんですけどね。
そこらへんは下手に忠実に再現するよりも、スペクトラの方が雰囲気出るのかもしれません。

また、前輪はDSD 12-Spoke Dragというスキニータイプのヤツで、あまり見かけないですが過去のドラッグマシン(ALTERED STATEなど)なんかに採用されていたものとソックリです。

そしてインテリアは手塗りで仕上げられている・・・などなどかなり手が込んでいる模様。

そんな中、僕が気になったのはこれ!!

スーパーチャージャーのゴムベルトみたいな部分。(プーリー?)
これ・・・絶対モノホンのゴムで出来てるよね???って感じです。

どうやら試作段階の画像を見ると、一体成型のプラ製っぽいんですけどね。

このクオリティというか、丁寧さに驚かされました!
さすがRLCアイテムです・・・。

発売日と価格・・・なかなか強気なアイテム!

 

そんなHI-PO HAUALER。
発売日は9月18日の朝9:00から。
※日本時間だと19日の夜中1時。

限定12,000台で、お値段$19.99(+税・送料)となっています。

どこで買えるのかというと、HWC公式サイト上のみ。
しかもRLC会員にしか購入が許されないそうです。

・・・しかも1人1台まで!!

すごいですねー・・・かなり強気。

そもそも今年のRLC会員って20,000人弱ぐらいしかいないはずなんですよ。
今までのHWCアイテムが「限定6,000台で1人2台まで」とかでも余ってるのに、「12,000台で1人1台まで」だもんなぁ。

もしかしたらUSではめちゃくちゃ期待されているアイテムなのかもしれないですね。

おわりに

というわけで、HI-PO HAULERの発売情報でした。

これ、日本でもやっぱり欲しい人が多かったりするんですかねえ?
そういえばふと思い出したんですが、このカスタムを終えた直後にアーロン・カウフマンがガスモンキーガレージ(というかFAST ‘N LOUD)を去ったはずなので・・・形式上は「アーロンがガスモンキーガレージで手掛けた最後の一台」ってことになるんですよね。

そう思うとやっぱり人気になるのも必至なのかな!

いずれにせよRLC限定なので日本で欲しいと思っても高嶺の花であることに違いはありませんが。。。

スポンサーリンク

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. poncha2016 より:

    こんにちは。

    エルカミーノぶりに、かっこええやああああん!!!

    欲しいけど、手に入らないので諦める。
    いつか似たものがサイドラインで出てくれますように・・・。

    P.S.
    Team Transport Code Bのうち新規3種(スネ、マン、モモ)予約しちゃったヨ。

    • にわかマニア管理人 より:

      poncha2016さん

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      思った以上に反応が少なかったですね~。
      やっぱり手に入らないからかな・・・w

      それかトラック好きにしか響かないか!?

      RLC限定アイテムってなかなか落ちてこない気がするので・・・やっぱり力業でカスタムするしかないかも!

      >トラポン

      おお~!気合い入ってますね!!
      というか海外ではさっそく売り切れですか・・・すごいなぁ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です