Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

HWC公式にてPop Culture MARVEL STUDIOSのラインナップ公開!

      2018/09/13  - NEWS , , , ,

HWC公式にてPop CultureシリーズMARVEL STUDIOSのラインナップが公開されました!

[参考]HW Pop Culture: Marvel Studios!

ちょっと前のUS Toy Show的なイベント(なんだったか忘れた)で紹介されてたシリーズですね。

新キャスト1台を含むラインナップを早速見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ポップカルチャー・マーベルスタジオのラインナップ

MARVEL STUDIOSはマーベルスタジオの10周年を祝う記念すべきシリーズ、と書かれていました。

マーベルスタジオは言うまでもなく、アメコミの雄「MARVEL」のテレビ・映画作品を製作しているスタジオのこと。
その設立は1990年代らしいのですが・・・映画作品の独立製作が2008年だから、それの10周年なのかな?

もしかしたらMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の10周年ということなのかもしれません。
※MCUはMARVELの作品世界を再編成したもの。

いずれにせよ、今尚続くアベンジャーズなどの世界線にある「MARVEL映画作品を取り扱ったPop Cultureシリーズ」ということになります。

ラインナップは以下の5種。

  • VOLKSWAGEN DELUXE STATION WAGON
  • COMBAT MEDIC
  • 3D-LIVERY
  • SUPER VAN
  • ’66 DODGE A100

順に見ていきましょう!

VOLKSWAGEN DELUXE STATION WAGON

#1はフォルクスワーゲン・デラックスステーションワゴン。
T1パネルと違って、座席後部の窓がしっかり開放されています。
ポップカルチャーの常連車種、って感じですね。

ホイールは・・・エアロのリアルライダー。
Modern Classicsでベンツが履いていたヤツかな。

グラフィックのモチーフはアイアンマンで、車両にもしっかり綺麗に印刷されています。

「この印刷が要らないんだよなぁ・・・」って思う人も少なくないと思いますが、そういうアートを楽しむシリーズなので仕方ありませんw

Type 2自体、いっつも人気なのと、車種のカラーリングなどを考えてもすぐに消えそうな気がする一台です。

・・・屋根だけ別パーツなのは何か意味があるのかなぁ・・・。ポップアップはしなさそうだし・・・(誰かバラしてー)

COMBAT MEDIC

#2にラインナップされたのはコンバット・メディックでした。
これもまたPop Culture常連ですね~。

バンの側面が大きく取れるので、キャンバスとして向いているんでしょう。

グラフィックはソー(マイティ・ソー)ですね。
今回の公式発表では車種の右側面しか見えないようになっていますが、そこに描かれたデザインとカードデザインが異なっているので・・・もしかしたら見えない向こう側のデザインにカードのイラストが使われているのかな。

ホイールは黄色くて5スポークのリアルライダーなんですが、RR5SPじゃないし・・・なかなか気になる感じ。
これは日本でも発売されるなら、現地でしっかり見てみたいところです。

3D-LIVERY

#3にラインナップされるのはNew Castingの3D-LIVERY。

タイのトゥクトゥクとか、日本のジャイロキャノピーを彷彿とさせる簡易屋根付きの三輪車です。

最初「3D-LIVERYってなんだ・・・?三次元の・・・制服??」とか疑問に思いましたが、答えは簡単でした。
三輪のデリバリーマシン・・・ってことですね。

なので読み方は「スリー・デリバリー」だと思います。

前輪にバイク用のリアルライダー、後輪にRR5SPが採用されている、なんとも珍しい一台。
デリバリーワゴン部分がかなり大きくメタル製なので、見た目以上にズッシリしてそうです。

グラフィックはアベンジャーズ。
カードに載っているアイアンマンとホークアイが車両右側には描かれていないので、逆サイドにはこの二人が描かれているものと思われます。

SUPER VAN

#4はスーパーバン。
名前こそスーパーバンですが、70年代にリリースされたオリジナルのそれではなく、2003年のリツール版ですね。

これもポップカルチャー常連といった感じの一台です。
※とはいえ5年ぶり?

カードイラストはアベンジャーズ・エイジオブウルトロンで、ハルクバスターvsハルクという構図。(良く知らんけど)
同じものが車種右側にも描かれており、逆サイドが気になるところ。

’66 DODGE A100

#5は’66ダッジバンでした。

これも・・・結局はPop Culture常連車種ですねw
うん、New Castingのヤツを除いて全部そうだった。

つい最近だとスパイvs.スパイのヤツが出た・・・っていう印象のある一台です。
日本には入ってこなかったけど。

日本人には「お察し」かもしれないPop Culture MAD MAGAZINEアソートがHWC公式で発表!

グラフィックデザインはシビル・ウォー。
カードに載っているファルコンなどがボディ左側面に描かれていそうです。

おわりに

というわけで、MARVEL STUDIOSのラインナップでした。

これは・・・日本に入ってきますかねえ?
なんだかんだマーベル関連のヤツは入ってきそうな気もしますが・・・どうでしょう。

USでは近々発売されるそうで、日本に入ってくるとしたらもう1~2ヵ月先になるのではないかと思われます。

ちなみにALEX ROSSの時のヤツも、今やなかなか見かけなくなってきているのを思うと・・・Pop Culture × アメコミっていうシリーズにはやっぱり一定の需要があるんですね。
僕ももしこのシリーズが正規輸入されるなら、Type 2か3デリバリーあたりを狙っていきたいです。

スポンサーリンク

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. なお☆にゃお より:

    映画ベースのグラフィックはそそらんなぁ。コミックベースの方が好き・・・!?
    3デリバリーいいじゃん!!
    これは欲しいなぁ

    • にわかマニア管理人 より:

      なお☆にゃおさん

      コメントありがとうございます!

      えええっ・・・やっぱりALEX ROSSの時とは全然違いますかw

      3デリバリー、新金型だし・・・なんだかんだ人気だったりして。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です