BAJA TRUCKのレビュー!戦闘機がドラゴンに出会ったらこんなマシンが出来ました[GHC26] | Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

  Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

BAJA TRUCKのレビュー!戦闘機がドラゴンに出会ったらこんなマシンが出来ました[GHC26]

あれはなんだ?
戦闘機?いやいやドラゴン!?

・・・それともサメ?

その答えは・・・ホットウィールオリジナルのオフロードトラックでした!!!

我が家にもついにBAJA TRUCKがやってきたぞぉー!

バハ・トラックのレビュー

本日紹介しますのは、2020年EアソートにラインナップされたBAJA TRUCKです。
日本では4月頭の発売日に店頭に並んだのかな?

僕は発売日に買いに行けなかったのですが、回収してきてくれたSuper Cubさんに送ってもらうことで入手することができました。

・・・最近は僕もう本当に地元の散歩ぐらいしか出てないんですが、外の世界はどうですか?
うちの方のイオンなんかは玩具コーナーは完全に閉じられてしまっているので買いに行くことはできず、僕なんかよりも「孫にレゴを買ってあげたい」という母の方が寂しそうだったりします。

BAJA TRUCKについて

BAJA TRUCKはホットウィールオリジナルのオフロードカーです。

名前から察するに、砂漠のレースを駆けるマシンとしてデザインされたんだろうと思われます。

デザイナーはRyu Asada氏。

詳しい経歴まではわからないんですが、Ryuさんってたしかホットウィールが作りたくてカリフォルニアのアートセンター・カレッジ・オブ・デザインを卒業してマテルに入ったんですよ。
ただそこで配属されたのが「matchboxチーム」で、ホットウィールチームに参入できたのは2012年のことだったそうです。

※といっても2011年のHONDA S2000とかをデザインされてるので、その辺どうなってるん??って感じなんですが。

今回紹介しているBAJA TRUCKがホットウィールに初めて登場したのが2012年。
なのでRyuさんがホットウィールチームに入って最初の頃に作られたマシンと言えそうです。
※もしかしたら最初の一台だったかも。

・・・というかこれ、実車ありきのホットウィールオリジナルカー(Garage of Legends)なんですよ。

 

[参考]2011 Baja Truck | Garage of Legends

公式サイトの動画では(英語がよくわかんなかったけど)Ryuさんが「空に長く飛んでられるように戦闘機とドラゴンからインスパイアされてデザインした」みたいなことを言ってました。

つまりどういうことだってばよ?というと・・・

こういうことなんですよ。

動画が見られない方のために説明すると、2011年に車での長距離ジャンプの世界記録に挑戦した時に使われたマシンで・・・なんと332フィート=100m以上も飛ぶことに成功しているのです。

つまり、それ用に作ったライフサイズのマシンがあって、それをデザインしたのがRyuさんで、それをミニカーに落とし込んだのがこのBAJA TRUCKだった、ということなんですね~。

ちなみにデビュー時のシリーズは「Team Hot Wheels High-Speed Wheel」で、希少なHSWホイールが採用されていたようです。

メインラインでの登場は2013年が初で、翌2014年にもラインナップされますが、それ以降は基本的にサイドラインでしか拝めないアイテムでした。
それが今回またメインライン入りを果たしたわけです。

・・・こうやって復活するアイテムって、以降2~3年は続く傾向にありますので、きっと2021年、2022年ぐらいまではメインラインに入るんじゃないかな~?なんて思ったり。

では各部みていきまーす。

フロント・リア

おお~!
ドラゴンインスパイアっていうのがなんかわかる感じの外観をしていますね。

やっぱRyuさんはRyuさんだけに、「龍」に特別な思い入れがあったりするのかな!

もしこの子が神龍だったら何をお願いします?
やっぱりギャルのパンティ?

僕は「漫画の中に入らせてくれー!」ってお願いしちゃうかも。

背面荷台部にはこんな感じの、なんかサーキュレーターみたいな・・・タービンみたいな、そんなパーツがデザインされていました。

もちろん実車にもついていて、もしかしたら飛距離を伸ばすために必要なものだったのかな?なんて思ったり。

ちなみに!!
今回久々のメインライン入りをするにあたってリツールが入っているんですが、それがこのタービン風パーツとそれを覆うプラの部分だったりします。

2019年オフロードトラックスの同車種を入手している方はぜひここら辺を見比べてみてください。

サイド

サイドビューはドラゴンというより・・・むしろサメみたいな・・・凶悪さとパワフルさを兼ね備えたようなデザインでした。
なにこれ・・・カッコエエやん。。

サテンブルーボディに、Speed Blurセグメントならではの車体全域に渡る派手なグラフィックス。
美しいです。

あれ、これ過去のバハ・トラックバリエーションの中でも一番の出来じゃない??

手に取ってみるとボッテリしてるのもいい感じ。

トップ・ベース

トップビューからは造形的な美しさを感じました。
これ、何気に良キャストかも・・・。

・・・ただウィンドウパーツがない分、なんか他のキャストよりもちょっと損してる気がしないでもないw(セコイ)

底面著作年は今回金型の変更があったので2019年となっていました。

ちなみに・・・実は2013年にも一度著作表記が変わってるっぽいんですよね・・・。
そこでどんな変更があったのかは今のところわからないので、そのうち旧キャストも入手して調べてみたいと思います。

工場表記は「マレーシア製」となっていました。

おわりに

というわけで、BAJA TRUCKのレビューでした。

同じバハトラックってことで、トヨタ・オフロード(TOYOTA BAJA TRUCK)と一緒にパチリ。

ホットウィールのTOYOTA OFF-ROAD TRUCKのレビュー。いじり甲斐がありそうなピックアップトラック![DHR55]

あれですね、どっちも同じようなフォルムなので、これが一般的なバハトラックの形なんでしょう。

「一緒に並べて飾りたい」という意味でいうと、僕はまだ未入手ですがDUNE CRUSHERなんかも挙げられますね~。
※Team Hot Wheelsで同じドライバーが乗ったマシンなんだそう。

あとはこれ。

同じBAJA TRUCKでもExtreme Shoxxっていうめちゃくちゃサスペンションが効くサイドラインで出ていたこんなアイテムもありました。
これはこれで全然金型違うし・・・結局なんだかんだ全部欲しくなっちゃいますねえ、、、

お役に立てたらシェアして貰えると嬉しいです!

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. むすたんぐ より:

    更新お疲れ様です。
    サメに似てるな~と思っていましたがドラゴンだったんですね。この形状、配色とてもカッコいいです。サーキュレーターに見えるパーツはラジエターの冷却ファンだと思いますよ。
    もしこの子が神龍だったら何をお願いします?←もちろんギャルのパンティです!!

    • にわかマニア管理人 より:

      むすたんぐさん

      コメントありがとうございます!

      そう、僕もサメだとばっかり。。。
      たぶん色のせいですねw

      >ラジエターの冷却ファン

      ほほー!!!ありがとうございます!
      ってことはここら辺にエンジンがあるってこと?

      >もちろんギャルのパンティです!!

      ウーロン乙w
      そんなもん貰ってどうすんじゃー!!!

  2. チャレンジャークロックス より:

    こんばんは!

    これカラーリングで化けましたね。
    なんかいいな~とアティックで先行入手してたのですが
    開けて これ良いやん!って私もなりました。
    ホットウィール面白い、そして奥が深いw

    • にわかマニア管理人 より:

      チャレンジャークロックスさん

      こんばんは!コメントありがとうございます。

      そうですね~!本当に今までで一番きれいか!って感じのカラーに恵まれたと思います。

      って、先行入手かい!!!やりますなw

  3. らちぇっとれんち より:

    こんにちは 購入し・・・忘れたlllorz
    でも確かライセンスドカーファンの方も3台あるうちの
    2台は購入していたようですから、人気なんですねー!

    • にわかマニア管理人 より:

      らちぇっとれんちさん

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      おおっ・・・そうでしたか。これが人気かぁ!!!
      やっぱり実車ありだからでしょうかw

      それとも普通に惹かれるものがあるから、かな。

  4. 雷電 より:

    更新お疲れ様です。 プラパーツを削ってメタルを増やす… 今回のリツールそんなに値段変わるのかなぁ? メタル部分が増えてコスト上がりそうだけど? オフロードアソートの時は細めのタイヤでボディからはみ出してなかったから、今回の太めのタイヤになってボディからはみ出してるのは良い感じに差別化出来てると思う。 競技車両のミニカー化って言うのは知らなかった。探せばまだ競技車両のミニカー化って有るのかな?有るなら知らずに実車モデル持ってるのかも。

    • にわかマニア管理人 より:

      雷電さん

      コメントありがとうございます!

      ねえ?なんかむしろ上がってそうですよね。
      そう思うとコスト面でのリツールじゃないのかな。
      プラパーツが誤飲の恐れがあったとか・・・?

      >オフロードアソートの時は細めのタイヤ

      !!!なるほど!
      なんか見た目のイメージがややシュッとしてると思ったら、そういうことでしたか。

      >知らずに実車モデル

      ありそうですよね。
      たまにライセンスドカーでも全然違う名前で出してたりするし。。

  5. super cub より:

    ニワカ師匠レビューありがとうございます!

    これカラーリングが決まっていてカッコイイすよね~
    HWのロゴがなんとも言えなくて、居ても立っても居られないです

    今日は午前中に、電子情報にする前の紙情報が必要と言う⁈
    なんだソレ!な用事があり、雨の中車を走らせました
    (さすがお役所、オリジナルの用紙に印が必要とか)

    暫くぶりに寄ったリサ店には、先日品薄発売だったレトロエンタがありました。
    チミチャンガ、、、¥1000
    アベンタドール、、¥1100
    ECTO1、、、、、、¥1650

    Oh,My God❕
    念願のECTO1ですが、とても手が出ませんでした。

    なんだかな~

    • にわかマニア管理人 より:

      super cubさん

      コメントありがとうございます!

      これの2ndカラー(グレー)も見たんですが、やっぱり青の方が好きです!

      >電子情報にする前の紙情報が必要

      おお・・・外出自粛が要請されてても、なかなか体制が変えられない感じが出てますね~・・・。
      何かがあった時に誰も責任を取れないから変えられないのだろうけれど。。。

      >リサ店

      ええ・・・もう並んでんすか。
      しかもあれ入荷が少なかったヤツですよねえ、、、なんかちょっと悲しい。

  6. まるまる より:

    お疲れ様です~

    先日スケボーで痛められたとのことですが、その後いかがですか?
    ご無理なさらぬように

    カッコいいですよね、BAJA TRUCK
    ホットウィールを本格的に集めだす前に一目惚れして買った思い入れのある一台です

    オフロードトラックスも持ってるから今回は見送りと考えてましたが、リツールが入ってるなら欲しいなぁ
    リツール前はタービンが一体成型で、覆うバーみたいなのが長いみたいですね
    実物で見比べたいし、ヨドバシの通販にお世話になるしかないなw

    • にわかマニア管理人 より:

      まるまるさん

      コメントありがとうございます!

      スケボーの件、ご心配をおかけしてスミマセン・・・;ありがとうございます。
      もう数日経ちますが、ぶつけたところはまだ痛いです。たまにビギィッ!!ってくる。
      でも少しずつ手があげられるようにもなってきましたので、もう少しの辛抱かと^^;

      >ホットウィールを本格的に集めだす前に一目惚れして買った

      集めだす前に一目惚れしたのがこれ、っていいですね~!!
      僕もそういえば本格的に集める前に紫色のオフデューティが気になって気になって仕方なかったのを思い出しました。
      当時は本当に余裕がなくて買えませんでしたが、、、いつかどこかで再開できたら・・・!

      >リツール

      なんか荷台?リア側のプラパーツが違いますよね?
      僕は逆にリツール前を持ってないので、どこかでオフロードトラックスに手を出すしかない・・・

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です