Hot Wheels 情報まとめ | Hot Wheelsにわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

CHARACTER CARS CAPTAIN AMERICAのレビュー!実はこれ、実車モデルなんですよ・・・(ウソ)[BDM73]

      2017/11/27  - レビュー , ,

先日、ブラックフライデーで”安くなってないのにも関わらず”ゲットしてしまった、キャラクターカーのCAPTAIN AMERICAです。

ホットウィールのキャラクターカーってどうしてこんなに高いんでしょうね!?
メタル×プラ、そしてノーマルタイヤにも関わらず、トイザらスで税込646円でした。

それでも僕がゲットしてしまったのは、やっぱりカッコ良かったからですw

というわけで、キャラクターカーCAPTAIN AMERICAのレビューいってみましょう!

キャラクターカー・キャプテンアメリカのレビュー

今回紹介するのは11月11日に発売されたMARVEL CHARACTER CARSのCAPTAIN AMERICAです。

DCのジャスティスリーグアソートと共に発売されていたものですね。
RLCキャンペーンもあったので当日は一応僕も売り場に駆け付けたものの・・・「3,000円には届かん」と購入を見送ってしまった経緯があります。

その時にどうしても「でもこれはカッコいいんだよなぁ・・・」と思って写真に取って置いたのがこちらw
カードの傷具合とか、ゴミの混入具合とかからみても、この日手に取ったものを今回回収してきたみたいです。

2週間、よく残っててくれましたw

キャラクターカーは前述のとおり、そのクオリティや需要に対して価格設定が高いのがネックなので、残るべくして残ったのかもしれません。

今回購入してきたアイテムをよくよく見てみると、ブリスターケースの中に何やら小冊子が入っています。

開くとこんな感じの、MARVEL CHARACTER CARSの紹介チラシ(チェックリスト?)でした。
今回ラインナップされていた8種以外にも、これだけのキャラクターカーがあるってことなんですね。

ブリスターは2重になっていて、やや高級感があるパッケージングになっています。
・・・これが高額な理由の一つか!!

CHARACTER CARS CAPTAIN AMERICAについて

今回ゲットしたCAPTAIN AMERICAは、言わずとしれたMARVELのヒーロー「キャプテンアメリカ」をモチーフとしたホットウィールオリジナルカーです。

ただ見てください、この佇まい。
どことなく70年代のマッスルカーを彷彿とさせるデザインじゃないですか。


「そう、実はこれ70年代にダッジとシェビーが共同開発した”ダッビー・チャベル”です。」
なんて言ったら、よく知らない人なら普通に信じちゃいそうですw

実際には2014年にBryan Benedict氏デザインによって生み出されたホットウィールオリジナルの架空車ということになりますね。

最近トミカで発売されたSTAR CARSも当時のマッスルカーを彷彿とさせていて熱いなと思ったんですが、その原点はもしかしたらここにあったのかもしれない・・・なんて思いました。

では各部見ていきましょう~。

フロント・リア

なんとも70年代マッスルカーっぽいと思わせるのが、その顔とお尻の表情ではないでしょうか。
ヘッドライトやグリルを囲むバンパーデザインなんかが、当時のチャージャーとかカマロを彷彿とさせます。

丸型4灯のヘッドライトも風情がありますよね。
・・・ん??丸型・・・・??

微妙に丸じゃなくて、なんかエロい感じの目つきでしたがw
遠目に見ればわかりません。
※そう思うとインテークと思われる部分がちょっとニヤついた口にも見えてきました・・・!4つ目のオバケ!!!!!

お尻のデザインも本当にチャージャーとかチャレンジャーっぽいですよね。
というか、後ろからみたらただのマッスルカーですこれ。

サイド

ちょっとウィンドウ形状が当時っぽくはないかな~・・・?といった感じもしますが、横からみても・・・マッスルマッスルー!
ダックテールもいい感じです。

Cピラー部にはキャプテンアメリカの耳部分にデザインされた羽の模様が描かれていますね。
当たり前ですが、ところどころにキャプテンアメリカ的な要素が散りばめられています。

そしてタイヤはなんとレッドラインの5SP(5-Spokes)。
レッドラインってそこそこ特別なモデルにだけ採用されると思ってたんですが、さらっと使われてますね!

このモデルはデビュー以来レッドラインかレッドリムが採用され続けているようです。
これもキャプテンアメリカのイメージカラーというところですかね~。

トップ・ベース

ボディトップから見ると、コークボトルライン的なデザインになっていました。
そしてボンネットにはキャプテンアメリカの象徴ともいえる、円盤型のシールドがデザインされています。

このシールド、初期の作品では丸じゃなかったんですよね。
2016年のキャプテンアメリカアソートにラインナップされたFORD COUPEでは初期型の三角形のシールドがボンネットにデザインされているので、いつか並べてあげたいところです。

本車種は2014年のデビュー以来数種のカラーリングバリエーションが登場していますが、2017年モデルはデビュー時のものと同じデザインになっています。
・・・が、見比べてみるとフロントウィンドウの形状が少しだけ違うことがわかりました。

どうやら2016年モデルあたりから形状が違うっぽいので、Target限定のCivil War 5-Packあたりで金型回収が入ったんじゃないかと思います。(確信なし)

底面には2013年の著作年とタイ製であることが記されていました。

おわりに

というわけで、CHARACTER CARSのCAPTAIN AMERICAでした。

どうでしょう。見てたら欲しくなってきちゃいましたよね・・・?
僕はなんとなく、塗装しなおしたり車高をいじったり、タイヤ交換したりしたくなりました。

なんとかCAPTAIN AMERICA感を失わずに、もっと70年代マッスルカー感を出せるカスタムが出来たらな~なんて考えています。(やるとは言ってない)

スポンサーリンク

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. poncha2016 より:

    こんにちは!

    見ていたら欲しくなってきましたよ!
    キャプテン・アメリカのキャラウィール。

    AQUAMANもレビューよろしくお願いしま~す!

    • にわかマニア管理人 より:

      poncha2016さん

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      でしょでしょ!
      是非ゲットしちゃってください!(まだあるならw)

      AQUAMANは明日(今日?)やりまーす

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です