Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

HWC公式で2017年Collector Edition #6の’56 CHEVY CONVERTIBLE情報が公開!

     - NEWS ,

ちょっと前の情報になりますが、Hot Wheelsのコレクター向け公式サイトHot Wheels Collectors.com(HWC)にて、2017年Collector Editionの#6である’56 CHEVY CONVERTIBLEの情報が公開されました。

実はこれ、今年の6月にはもうすでにebayで出回っていたアイテムだったりしますw
[参考]2017年Collector EditionのNo.6は’56 Chevy!USでは気になるあのMail inもスタート

どうやらUSでは11月のKデーにてMail in Promotionが行われる模様。
・・・9月にやったのにもうKデーなんですね・・・羨ましい。

詳細を見ていきましょう。

スポンサーリンク

コレクターエディション#6は’56 シェビーコンバーチブル

Collector Editionは僕ら一般人でも入手しやすいホットウィールの極上モデルです。
日本では「RLCカー」なんて言われたりしていますが、Red Line Clubでしか買えないようなグレードの車種であることに間違いありません。

その仕様は基本的にスペクトラフレーム×リアルライダー、メタルボディ、メタルシャーシとなっていて、塗装も通常のサイドラインより優れたものになってます。
[参考]HOT WHEELS COLLECTOR EDITIONの歴史と歴代ラインナップのまとめ

それがキャンペーンで「無料で」ゲットできるんだからありがたいですよね。
USではMail in Promotionというキャンペーンで入手可能で、日本でもトイザらスがRLCキャンペーンとして定期的に配布しています。

2015年Entertainmentあがりの2バリ目

今回のCollector Editionは’56 CHEVY CONVERTIBLEとなっていますが、おそらく2015年Retro Entertainmentアソートにて登場した「’56 CHEVY」ですね。
USのコメディドラマ「The Brady Bunch」の劇中車としてラインナップされました。

56年製のベルエアとのことです。
僕は以前の記事で「ベルエアの下位グレード、210か150」と予想していましたが、なぜそういう考えに至ったのかは思い出せませんでした・・・^^;

2015年のモデルから数えて通算2バリエーション目となるルーキーですね!
むしろメインラインではまだゲットできないアイテムなので、ここを逃すとなかなか出会えないかもしれません。

ちなみに’56 CHEVYのハードトップバージョンも2008年にデビューし、2012年まで展開されていましたが、こちらもサイドライン限定でした。
それ以前には100%ホットウィールで’56 CHEVYがありましたが・・・やっぱりメインラインにはおりてきていません。
[参考]100% Hot Wheels ’56 CHEVY 210のレビュー。一目でホットウィールとは気づけない上級仕様に見惚れるゥ!

’55 CHEVYや’57 CHEVYがガンガンメインラインにキャスティングされているのを考えると、なんだか不思議ですね~。

スペックはいつもどおり。

気になるスペックは、2017年Collector Editionの標準となっています。

  • ボディ:スペクトラフレームイエロー×ブラック
  • ホイール:RLRRDD (Red Line Real Riders Deep Dish)
  • 材質:メタルボディ/メタルシャーシ

そしてボディサイドには#6が印刷されていますね。
2017年のCollector Editionは#1~#3、#5、#6が明らかになっていますが、#4がまだ出ていなかったように思えます。

・・・まさかインビジブr

キャンペーン概要

さて、US以外のコレクターにはほとんど意味を成しませんが、キャンペーン概要も一応まとめておきます。

2017年11月4日のKデーに合わせての展開となるようですが、キャンペーン自体は10月29日から12月31日までの期間で行われる模様。
期間内にKマートで20台分のベーシックカーを購入し、そのレシートおよびブリスター台紙を$4.99(送料)と共にマテルに送付すればOKとのことです。

日本在住者はそもそも買えませんし、受け取れませんので、日本に来るのを待つしかないですね。

日本には入ってくる?

いつも「これって日本に入ってくるの・・・?」というのがかなり気になりますが・・・トイザらスがちゃんと生きてさえいれば日本でもまたキャンペーンを行ってくれるはずです。
特に時期を考えても年末年始の商戦に合わせて仕掛けてきてもおかしくないです。

ちなみに昨年は年末から年始にかけて日本では4ヵ月連続RLCキャンペーンが展開されました。
今年も何らかの盛り上がりがあることを期待したいです!

おわりに

というわけで、2017年Collector Editionの#6「’56 CHEVY」についてでした。

余談ですが、11月のKデーではまたしてもKマートオリジナルカラーが登場するんですよね~。
前回のRX-7のレッド2種に引き続き、CIVICのカラバリが出るとかいう噂を聞いています。

もしやこのイエローが!?

僕らは直接関与できませんが・・・楽しみです。

スポンサーリンク

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. D's より:

    こんばんは教授!

    いやぁ~これ渋いですね!

    コレクターエディション欲しい!笑

    他のメーカーでは出せない味と香りがプンプンじわじわって感じで…

    以前は京商やアオシマらへんが好みではありましたが、現在のところはホットウィールでしかお腹が空かないですね。笑

    • にわかマニア管理人 より:

      D’sさん

      こんばんは!コメントありがとうございます。
      50年代のクラシックなオープンカーはそれだけで渋すぎですよねw

      僕もコレクターエディションずっと欲しい欲しいと思っていながら、2017年モノは一つもゲットできていません・・・^^;
      ※2016年もゲットしてない

      >現在のところはホットウィールでしかお腹が空かないですね。笑

      お~、偏食ですね~w
      でもその気持ち、すごくよくわかります。
      僕の場合は最初からホットウィールだったんですが、他のミニカーを見ても「ホットウィールじゃないしなぁ・・・」みたいな気持ちにさせられることがしばしばありました。

      途中何度か浮気しそうになりましたが、いまのところはほぼホットウィール一択ですね~・・・。

      あっ、でも今月のトミカプレミアム「イオタ」はかなり気になってます・・・w

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です