Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

Collector EditionのプロテクトケースとKar Keepersの違いについて

     - いろいろな考察・まとめ

先日ついにHot WheelsのCollector Editionを手にしました。
[参考]’56 CHEVY CONVERTIBLEのレビュー!2017年Collector Editionのトリを飾る一台!

普段トイザらスのRLCキャンペーンでしっかりゲットされている方はご存知だと思いますが、Collector Editionってブリスターパッケージの外側にプロテクトケースがついているんですよね。

これがついているおかげで「この車は無理にブリバリしなくていいんだよ」と言われている気になりますw

さて、僕はこれを手にした時に、ちょっとした違和感を覚えました。
というのもこれ、ホットウィールの純正プロテクトケースである「Kar Keepers」と微妙に違ったからです。

今日はその違いを見ていこうと思います。

スポンサーリンク

Kar KeepersとCollector Editionのプロテクトケースを比較

ホットウィールの純正プロテクトケース「Kar Keepers」は2007年あたりまでは普通に市販されていた(らしい)アイテムです。
[参考]ホットウィール純正プロテクトケース「Kar Keepers」について

ホットウィールベーシックカーや、その同等サイズのアイテムを綺麗な状態で保存しておけるケースですね。
僕もJun Imai氏にサインをもらったモデルをこれに入れて保管していますw

こんな感じですね。
プロテクトケース上部にはフックをかけられるような穴も開いているので、基本的に壁にかけて飾るという人にも嬉しい仕様となっています。

パッと見、Collector Editionのケースと同じように見えますよね。

でもこれ、微妙な違いがあったんです。

フック部分が違う

見比べてみると、その違いは一目瞭然。

まずフック部分の形状がいきなり違いました。
上がKar Keepers、下がCollector Editionです。

「別に形が違うぐらい気にすることじゃないじゃん」って思うかもしれません。

・・・が!
これ、フックにかけた際に微妙に高さが違っちゃうんですよ。

つまり、壁掛け派の人がKar KeepersとCollector Editionを混同した状態で飾ってしまうと・・・整然としないというか・・・なんとなく気持ち悪い感じになりそうということw

ツメも違う

ケース内でカードを留めるツメの形状も違いました。
左がCollector Editionで右がKar Keepersです。

これは機能的にそんなに差がないとは思いますが、見た目でもわかるとおりちょっと強度が違う感じはあります。

奥行きが違う

そして極めつけは、ケース部分の奥行き。
こちらも左がCollector Editionで右がKar Keepersです。

Kar Keepersの方が若干奥行きが広めに作ってありますね。
そしてやっぱりケースの強度というか、質感の違いがあるのがわかると思います。

ロゴも違う

ちなみに、どちらのプロテクトケースにも裏面にはホットウィールのロゴが入っています。
これこそが「純正品」と言わしめる部分といった感じです。

上の写真はCollector Editionのもの。

対してこちらがKar Keepersです。
一見同じように思えますが、「W」の部分のフォントを見てみてください。

Collector Editionの方は初期ホットウィールおよびRLC仕様のロゴになっていますね。
一方Kar Keepersは2004年ぐらいまでのロゴに近いような感じです。

※ロゴ変遷に関してはこちら。
[参考]ホットウィールのロゴ変遷。ロゴを見れば年代がわかる!

どうやら近年のHWCモデルについているケースのロゴは近年の仕様になっているっぽいので・・・それもゲットできたら見比べてみたいところです。

おわりに

といったわけで、プロテクトケースの違いについて、でした。

Kar Keepersは欲している人も多いと思うのですが、なぜ純正品が新しく販売されないのか不思議です。

ただこうやって材質やサイズを変更して、ちょっとずつコストを減らしているっぽいところを見るに・・・当時のようには実現できない問題があるのかもしれないですね。

ちなみに!
以前京商さんのアウトレット店で見かけたULTRA HOTSのKar Keepers。

[参考]お台場の京商ビレッジに行ってきました!ホットウィールガチャが熱すぎw

ちょっと大きめのカード用のプロテクトケースとなっていて、僕が発見した当時はあまり需要がない(ポップカルチャーぐらいにしか使えない)感じでしたが・・・

アッー!

2018年のCar Cultureシリーズにはピッタリサイズとのことです。(試してないのでわからないけど)

当時アウトレット価格で買える時に買っておくんだった・・・!!!

スポンサーリンク

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. ひろろろ より:

    大きめのケースは、通販でも買えますよ。ただ、通販サイトは閉鎖してるので電話注文であれば買えます。
    価格はアウトレット価格のままですよ(*^ω^*)

    そして、トイザらスでホットウィールのサイドラインのほぼ全部がクリアランスになってます!

    • にわかマニア管理人 より:

      ひろろろさん

      コメントありがとうございます!
      あ、まだあるんですか!?
      通販サイト閉鎖前に観た時にSOLDになっていたのでてっきりないものとばかり。。。

      アウトレット価格だと1,000円+送料ですよね~。
      おお・・・普通に欲しい。悩む。買っちゃうかもw

      >そして、トイザらスでホットウィールのサイドラインのほぼ全部がクリアランスになってます!

      あ!本当だ!!!!
      オンラインでも、最近のエンタが400円ぐらいになってますね・・・やばい、今日店舗に行ってみょ。。。

  2. ひろろろ より:

    日本ヒストリックスの影響で売り切れてるかもしれませんね…
    僕が見た時は閉鎖の数日前だったような…

    トイザらスのサイドラインは、かなり数が少なくなってました。
    安いと普段買わない物も買いますしね。
    ドーナツ&フォルツァも全部買えました。

    • にわかマニア管理人 より:

      ひろろろさん

      >僕が見た時は閉鎖の数日前だったような…

      ちょ・・・w
      さすがにもうないかなぁ・・・。

      >安いと普段買わない物も買いますしね。

      そうなんですよ!
      そう思って昨日行ってきたんですが・・・こちらではセール対象外でした;

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です