’19 MERCEDES-BENZ A-CLASSのレビュー!高級外車のコンパクトなエントリーモデル![HHD79] | Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

  Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

’19 MERCEDES-BENZ A-CLASSのレビュー!高級外車のコンパクトなエントリーモデル![HHD79]

2022年一発目のベーシックカー単品販売、みなさま欲しいアイツは買えましたでしょうか!?

僕はついにこの子をお迎えする形になりました。
’19 MERCEDES-BENZ A-CLASSです。

正直・・・どうなん?
みんなのところは売れてるん・・・?

車の人気やミニカーの出来が必ずしも売り上げには直結しないという、そんなお話をしなければならないのかも・・・しれません!!

’19 メルセデス・ベンツ Aクラスのレビュー!

本日紹介しますのは、2022年Aアソートにラインナップされました、’19 MERCEDES-BENZ A-CLASSです!

ついに2022年版にアップデートされた日本語カードを拝むことができましたね。
こりゃ捨てらんねえ・・・(まだ言う)

【悲報】にわか氏、ついにブリスターカードを処分

僕は今回も余裕のオンライン納車でしたが、地元量販店にはまだまだ残っているのを確認しております!

’19 MERCEDES-BENZ A-CLASSについて

MERCEDES-BENZ A-CLASSはメルセデス・ベンツにおけるエントリークラスのコンパクトカーです。
・・・といっても元が高級車ですので、これも漏れなく高級ではありますが!

1997年に誕生したAクラス。
今回紹介するのはその4代目、2018年から展開されているW177型です。

当然日本でも発売されており、4代目は同シリーズで最高の売り上げを叩くなど人気だそう。

ただ・・・なんていうか、あえてホットウィールでこれを発売しなければならない理由というのが僕には見つけられませんでした。
特にレースで活躍するでもないし・・・なんていうかホットウィールのラインナップで考えると「普通すぎる車」な感じ。

もし、ミニカーの方が期待値以上の売れ行きでないのだとしたら、そういうところにも理由があるんじゃないのかな・・・?なんて思ってます。

売れてるんだったらスマンw

ホットウィールにおいては2019年のメインラインにて初登場となりました。
デザイナーはRyu Asada氏。

翌2020年もメインラインに登場し、2021年はサイドライン・ベーシックのForzaシリーズで登場。

今回が5種目のバリエーションということになりますね。
(まだまだフルコン狙えそうじゃぞ)

では各部みていきま~す。

フロント・リア

おおーカッコいい!

この子はデビュー時から一貫してフロント&リアに印刷が施してあるんですよね。
なんか特別扱い受けているっていうか。ずっとファクトリーストックっていうか。
(フォルツァの時なんてサイドの印刷もあったのにしっかり灯火類も塗られてたっていう)

今回のも例に漏れず、ヘッドライト、テールライトだけでなく前後エンブレム、そしてライセンスプレートまでご丁寧に印刷されてました。
ゆえに、前後ビューのクオリティがベーシックカーとは思えない豪華さ!

「HW MB 021」っていうのはどういうことなんだろうなぁ。
デビューモデルはHW MB 019で、翌年のは020だったんですよ。だからまぁ「HW=ホットウィール、MB=メルセデスベンツ、0xx=発売年」ってことなんだろうけど・・・この子2022年のベーシックカーなのに021・・・。

あ、でもUSでは2021年の冬に発売されているはずだから問題ないのか。

サイド

5ドアハッチバックということで「ウチの車」感が非常に強いアイテムと言えませんでしょうかw

これをラインナップできるんなら、HONDA FITとかをやってくれてもいいんだが??

そういう意味だとドイツではバカ売れしてるアイテムだったりすんのかなぁ。

ちなみにこの4代目からはセダンも設定されてるんですよ。
あえてセダンではなくハッチバックを選んだことに何か意味があるのでしょうか。(ラリー系のバリエーション出すとかさぁ、、、)

トップ・ボトム

デビュー時からずっとソリッドカラーのバリエーションが出続けていましたが、今回は初となるキャンディカラーです。
実物はもうちょっとだけギラギラしてて美しいですよ~。

そこに白いレーシングストライプ・・・。
これはどういうことなんだろうw
あんまりスポーティなイメージもないですよねえ・・・?

底面には2018年の著作年とマレーシア製であることが記されていました!

おわりに

というわけで、’19 MERCEDES-BENZ A-CLASSはいかがでしたでしょうか。

なんとも捉えどころがないというか「お、おう・・・」って感じがしてしまった、というのが僕の正直な感想だったりします。
(だから今日まで買ってこなかったんだろうなぁ~とセルフ納得)

今後ホットウィールらしい自由なバリエーションへと展開していくのか、はたまたずっと大人しいファクトリーストックのままなのか。
それとも派生車種でアッと驚く仕掛けを用意してくるのか・・・?

この行く末の方が気になるぜ!

※何かこの子がホットウィールにラインナップされた理由がわかる方は教えてください!!

お役に立てたらシェアして貰えると嬉しいです!

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. poncha2016 より:

    こんにちは。
    更新お疲れ様です。

    「HWにわかマニア」サイトが世界に通じるサイトであることを
    あらためて実感しました。

    「T-HUNTED.COM」サイト・デビューおめでとうございます(^^)/

    https://poncha.blog.jp/archives/39657302.html

    • poncha2016 より:

      肝心のAクラスですが、
      発売日当日、たくさんのAクラスとにらめっこ(^^;)
      3ポインテッドスターがきちんと印刷されてて、
      (これマストね)

      ナンバープレートが左右偏っていないの・・・
      ねえじゃん・・・(^^;)

      このモデルもカラーの濃い口、薄口のバリがあったとか?
      (手抜きバリ?)

      • にわかマニア管理人 より:

        poncha2016さん

        こんにちは!コメントありがとうございます。

        これねー、誰か画像の提供者がいたみたいで、その人が「にわかの写真やで」って言ってくれてないので勝手に画像だけパクられてる状態っていう。。。
        なので世界デビューはまだまだ先や!!

        >3ポインテッドスターが

        そうなんすよね。
        僕のもちょっと左にズレてて、なんか自分のイチモツを見ているような気分になりました。

        ちがうちがう。
        店頭で買わないとそういうチェックが出来ないんだよなーというのを実感致しました。

        >バリ

        どうせならソリッドとキャンディぐらいのバリエーションにしてくれたらいいんですけどねw

  2. nori130 より:

    にわかさん、こんにちわ。レビューありがとうございます。
    *当該model
    発売日当日、迷い無く入手致しました。
    ford RSも、勿論入手致しました。速いハッチバックは大大好物です‼️
    *普通の・・・
    私はルームミラーに、この車が写ったら即座に道開けますよ‼️レーシングストライプが入ったA ならスピード狂なAMGだと思うので・・・。とても普通には思えません。かなりホットなmodelと思います。

    • にわかマニア管理人 より:

      nori130さん

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      >ルームミラーに

      あ、なるほどwこれもそうか!
      たしかに即道を譲った方が面倒なことにならなさそうですね〜。

      マジで軽自動車を煽るのはダサすぎるのでやめてほしいw

  3. 青せんべい より:

    更新お疲れ様です。

    確かにこのAクラスのような人気と売り上げは一致しないっていうのは結構聞く話ですね(ケンメリ見ながら)でも今回の86結構買ってる人いたからホント商売って難しい…

    rs6にも言えるけどこう言う系統の車種の売れそうなカラバリって結構難しいというか大変そう。僕もにわかさんと同じく可もなく不可もなくという印象を受けました。

    あとベンツはC63クーペ来て欲しい。

    • にわかマニア管理人 より:

      青せんべいさん

      コメントありがとうございます!

      >ケンメリ

      ケンメリは売れてらぁ!!!

      むしろハチロクがイマイチ不人気だったような印象も。。。
      やっぱ売り場によって違う、みたいなのもあるでしょうし、難しいだろうなぁ。

      >可もなく不可もなく

      僕、言いました!?w
      でも確かにそんな印象ですよね。
      実物を眺めたら「結構いいやん!」とはなりましたけども!!

  4. より:

    お晩で御座います

    こちらでは、ベンツAとFocusが接着剤で売り場に張り付いてるんじゃないか?
    と思うほど大量にあって、釣り掛けと夢の木箱から愛されてるのが
    よく分かる一品です。(徐々に売れていくタイプ)

    自分も購入リストにはガッチリ入ってるんですが、
    カゴに入れて戻して、また入れて戻してと
    ドジョウスクイを何回かやった挙句にリリース。
    う~んまた次回だな。。。
    個人的には、ボンネットの白ストライプ無い方がシンプルで嗚呼素敵♪

    TOYOTAライセンス戻ったしヤリス出ないかなぁ。

    • にわかマニア管理人 より:

      乙さん

      お晩です〜。コメントありがとうございます!

      そちらの在庫事情、日本の比じゃないもんなぁ・・・。
      売り場数的にはどうなんでしょうね?
      日本だとイオンやらトイザらスがあちこちにありますけど、NZではそこらのスーパーでもちょこちょこ売ってたりするんでしょうか。

      >また次回

      前後タンポがしっかり中央に揃ってる個体が少なさそうなので、確保するなら早めにw

      >白ストライプ

      ここがホットウィールとして唯一「らしさ」をもたせた部分なのかなぁ〜?なんて思いました。

  5. Shubee より:

    更新おつかれさまです。

    2019年のカード裏に、ハイウェイにヒットするホットなハッチバック!400馬力にチューンされた真のレースカーだぜ!みたいなことが書かれてあるそうなので、そういう設定なんですかねぇ。

    それか、いつもの所縁のある誰かが乗ってる車なんじゃないかと^ ^
    車内に何か置かれてたりしないのかしら。

    HWの値上げ、本国ではどれくらいの金額なんですかね?
    1ドル上げても倍になっちゃうし、元が安すぎて難しそう。

    トミカは360円から450円へ値上げしてクオリティが明らかに良くなったので、まぁまぁ結果納得って感じでしたが、HWは果たして。。。

    昨日のサムネは自画像なのかしら^ ^

    • にわかマニア管理人 より:

      Shubeeさん

      コメントありがとうございます!

      ハイウェイに・・・なるほど。
      いわゆるストリートレーサー的なイメージでのラインナップなのかな??

      >誰かが乗ってる

      あーw
      ありえますね!!
      車内なんて言われたらチェックしたくなっちゃう・・・(今別の場所でコメ返してるので見れない)

      >値上げ

      倍になっても$2か〜。って僕らだったら思いますけどねw
      向こうの人にしてみたら$1しないぐらいで買ってるんだもんなぁ。

      >トミカ

      そうでしたか!!
      単なる値上げじゃなかったんですね〜。
      ・・・HWもやってくれるさ!!

      >サムネ

      誰が元多林寺の門下生やねん

      • Shubee より:

        >値上げ

        仮に2ドルになったとすると、アメリカでの利幅はこれまでの倍以上に増えると思われ、その分クオリティアップが期待できるのではと?

        日本国内については、アメリカに比べて元々かなり割高だったので値上げ率は少なく済むわけで、日本にとってはかなりいい値上げなんじゃないかと個人的には期待しています!

        • にわかマニア管理人 より:

          Shubeeさん

          利幅と売れ行きが単純に比例すれば・・・!
          って、実際のところコスト面で僕らが負担しなければいかない部分ってどれぐらいなんでしょうね。
          どこまでが「さらなる利益アップ」での値上げなのかが不透明で、なんだかモヤっとします。。。

  6. rin-chan-05 より:

    更新お疲れ様です!

    えーとですね、例えばアクアのホットウィールが出たとするだろ?アメリカでは誰も目はくれないだろうけど、日本ではちょっとは話題になるじゃん。でも儲けたいならロケットエンジン積んだプリウスを作ればいい。しかしそれは無理だからアクアを作るしかない。そういうことさ。
    (念のために申し上げておきますがこの文はなんも考えずにかいてるので絶対間に受け取らないでねん)

    • にわかマニア管理人 より:

      rin-chan-05さん

      コメントありがとうございます!

      また何かのコピペかと思ったわw

      そして「そういうことさ」と言われても何一つ理解できなかった。

  7. ウィーラーの端くれ より:

    お疲れ様です!
    今回、チビゴルフが欲しかったですが
    ・オミクロン株
    ・札幌近郊全域大豪雪
    ・トミカZ戦
    により2月月次は落穂拾いから
    断念しました・・
    最も、前者2つによる断念が
    大きいですが。

    →Aクラス
    コレは3台ありますが
    新作の青はカッコいいですね!
    自分は白2、艶消しガンメタ1
    ですが、白の1つがダイキャストの
    バリがサンルーフを押さえ付ける
    格好で残されている「エラー品」
    ですがこういうのも「個性」
    なのがHWの魔力ですね。

    →ワイスピ9・R34
    見間違えなら申し訳ありません!
    しかし、妙にゲームのクルマっぽく
    見えたものでCGかと思いました。
    確認のためYouTubeを漁りましたが
    なんと、ドムの家にR34が滑り込む
    だけのカットと
    運転中のブライアンを撮影して
    滑り込むカットの2種類あるでは
    ありませんか!!
    (劇中にありましたっけ?)
    もし、これも「本物」ならば
    やはり、9は「難しい」ですね。
    ブライアンの立ち位置ですが
    曖昧になってきましたが、
    スカイミッションのラストで
    現実を受け入れたという形での
    ある種のフェードアウトだと
    思っておりました。
    しかし、今回わかった
    ラストカットで・・
    いや、混乱してきました。
    余計なもの見るんじゃなかった・・
    ただ、個人の創作品にしては
    全く違和感がないです。
    それこそ、アニメ・漫画の世界といえば
    「クールジャパン」ですが
    ワイスピの漫画・同人誌に成り行きを
    任せるのもアリ!?と思います。

    →リサイクルショップ=言い値
    やはりそうですよね〜
    意外と、いや、同じトミカやHW
    でもコンディションが違うので
    値段に差があるのはわかりますが
    中には同じ車種でも
    コンディションと値札が逆だろ!
    というのもいますよね(笑)。
    ピカピカの方が安くて
    ボロボロの方が高い。
    状況が「エラー品」ですね。

    • にわかマニア管理人 より:

      ウィーラーの端くれさん

      コメントありがとうございます!

      トミカZ戦。
      マジでこれ、どうしようかなぁ・・・黄色いの欲しいけど、オミクロンヤバすぎて人混みに行くのはイヤっていう。。。
      10時半ごろに行こうかしら、、、

      >エラー品

      僕はエラー品をあんまり持ち上げたくはないのです。。。
      あまりに多すぎてwww

      >ワイスピ

      運転中のブライアンを・・・ってのは何か回想シーンみたいな感じであったような・・・?なかったような、、、
      一回しか観てない映画だとなかなか記憶が定着いたしませぬ。。。

      ブライアンを引退させたのにミアだけ復帰した違和感に制作チームも耐えられなかったのかもしれませんね。
      (そのためのBRZ乗りなリトル・ノーバディだったんちゃうかとも思うのですが、9では全然使われなかったなぁ、、、)

      >漫画・同人誌に

      Spy Racersでは力不足であります!!!

      >コンディションと値札が逆

      あるあるwww
      全く状態も変わらないのに値札だけ違ったり、パケとルースで同じ価格だったり。。。

      買い取り時期の違いなんかが影響してるんですかねえ〜

  8. なお☆にゃお謎車塾塾長 より:

    初代のAクラスなら買ったけどなあ。
    今のAはデカいっす。
    初代くらいのコンパクトさが好みなのです。

    • にわかマニア管理人 より:

      塾長

      コメントありがとうございます!

      なるほど初代はBセグメントでもうちょっとコンパクトだったんですね。

      でもミニカーなんだから変わらんやんけー!!

  9. サカB より:

     なぜAクラスが単品に選定されたのかという考察ですが、「日本人はドイツ車が好き」という典型的な偏見込みの考えからそうなったとされるのが自然と思われます、多分。
     良い意味でホットウィールらしかぬ佇まいで普通に出来が良い部類に入るのではないかと1台弄り倒したうえで思いますが、安全基準問題なのかカシメ柱がリアシートにドンとぶっ刺さっているのが盛大に萎えるポイントで…でも仕上がりは良いのでちょうど予備が欲しかったところに単品入りというのは有難かったです。

     アメリカでは防犯面の問題でハッチバックがあまり好まれないせいなのかセダンのみなのですが、カナダやメキシコではSUVシフトの煽りを受けてのセダンのメキシコ生産が終わってドイツからの輸入に切り替わった際に両方とも用意する方向になったのでしたが、そう考えるとなぜアメリカ未発売のハッチバックをモデル化したのかって謎に…。
     以前にも述べたように、HWで製品化されている近年の北米未発売モデルの大半は作風を思うと元来マッチボックスでリリースする予定だったものが方針変更でHWに流れ込んだという可能性が高いのではないかと…?

     日本の旧車も言い方を変えれば北米未発売じゃないかという声が聞こえてきそうですが、あれらは向こうでの人気が高いのでモデル化されるのも自然ゆえノーカンですね。

    • にわかマニア管理人 より:

      サカBさん

      コメントありがとうございます。

      単品選定はそういうことでしょうなぁ〜。
      僕としては「なぜホットウィールに!?」というところが最大の疑問でありました。

      >なぜアメリカ未発売の

      そうそう。そういうところも。
      結局FTEさんがこの次の記事あたりのコメント欄で書いてくれていた「自動車メーカーへの忖度」っていうのが正解なのかも。

      >元来マッチボックスで

      そういう可能性もありますよね!

      でもこのキャスト、デザインの方向性としては紛れもなくホットウィールなんだよなぁ。どっしりしてる。

      >向こうでの人気が

      そう考えると、未発売のドイツ車でもクッソ人気だったりするのかもしれない

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です