Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

ROBORACE ROBOCARのレビュー!初めての完全自動運転レースカーをミニカーで![FYB65]

日本ではセブンイレブン限定アソでしか拝むことができなかったアイテムのひとつ・・・ROBORACE ROBOCARぞなもし。

「あれ?にわかさんロボカーゲットできなかったって言ったなかった?
ロボカー欲しいよ、ロボカー言うてなかったっけ??」

と思った方!!!
相当な”にわかマニアマニア”ですね!

・・・そう。
セブンイレブン限定アソは半分諦めていた僕・・・。
見事にロボカーもゲットできなかったわけなんですが・・・例によって有志の方(読者様)に助けられてレビューに漕ぎつけたというわけです。

せっかく頂いたからには紹介しないわけにはいきませんな!
というわけで・・・行ってみましょう!

スポンサーリンク

ロボレース・ロボカーのレビュー

本日紹介しますのは、2019年HアソにラインナップされたROBORACE ROBOCARです。
前述しました通り、日本では2019年7月末に発売された「セブンイレブン限定アソート」で入手可能だったアイテムです。

僕は近隣に取り扱い店舗がないという理由から半ば諦めモードで参戦し、結局当日は出会うことができませんでした。
・・・でもまぁロボカーなんて、そんなに人気になることもないだろうし、いつかどこかで出会えるだろうと楽観的な気持ちでいたのです。

そんなある日のこと・・・以前もミニカーをご提供頂いた「たぁ坊」さんから「2台目ゲット出来たのでレビュー用に送ります」というご連絡を頂き・・・

これもんです。

おいおーーーーい!!!!
ロボカー言うてなかったかー!!??

結果的に、2000年代後半のトレジャーハントやら、欲しいと思って狙っていたホットバードやら・・・またしてもめちゃくちゃ頂いてしまいました。。。

「羨ましすぎる・・・爆ぜろ!」という声が聞こえてきそうですが、スマンとしか言えない!
そんでもって、たぁ坊さんにはありがとうとしか言えない!!

ご提供頂いたホットウィール一覧(自分で確認する用)

※なんとか全部レビューに回したい。

ROBORACE ROBOCARについて

ROBORACE ROBOCARはこう見えて・・・ホットウィールオリジナルカーではありません。
れっきとしたライセンスドカーなのです。

電気自動車のフォーミュラカーレース「フォーミュラE」のサブレースとして誕生した完全自動運転によるレース・・・ROBORACE。

そのレースの参戦車両として2016年初頭に世界に初めて姿を現した自動運転レーシングカーが「The Robocar」でした。

ロボレース自体はルールが当時とは少し変更になっていて、完全自動運転ではなくなっています。
そのため現在は人が乗ることのできるDev Bot 2.0というマシンが参戦車両となっていますね。

こんな感じで、ル・マンのプロトタイプみたいなデザインなので・・・HWではこっちの方が人気出たんじゃないかしら・・・w

ちなみにホットウィールとの繋がりという点で言えば、元チーフデザイナーのJun Imai氏がロボレースの開発プロジェクトにも関わっているとのことで・・・ホットウィールジャパンのFacebookページにも氏からのメッセージが寄せられていました。

そういえばJun氏のインスタにもちょいちょいロボレースって紹介されてましたよね。
Junさんがやりたかったことって、スケボーだったこういうことだったのかな!

ミニカーとしては今回がホットウィールでのデビューモデルになります。
というか、他のブランドでロボレースをキャスト化してるところってあるんですかね?

なんていうか、こんなのってホットウィールでしか売れないというか・・・、ものすごく”ホットウィール向き”な気がするのは僕だけでしょうかw

では各部見ていきましょう。

フロント・リア

The Robocarは人が乗らない、完全なるAI制御のレースカーです。
なので・・・フロントビューもかなり異様な感じですね。

人が乗る部分がないのですごくペタッとしています。

まぁ・・・理屈抜きにして、これ普通にカッコ良くない??

たぶんフォーミュラカーをベースとしているんだろうけど、より未来感のあるデザインというか。
フロントからリアに直線的に抜ける通気口みたいなのとか、なんかすっごいカッコいいっす・・・!

サイド

ホットウィールを手に取る時、僕らが最初に見るのはこのサイドビューです。
前情報無しに、これだけみたら「謎車乙」って思う人が大半じゃないでしょうかw

なんか4-Ward-Speedとかみたいなね。ホットウィールオリジナルカーっぽさがありますよね。

・・・だとしても!

この低重心ですよ。
試しにテーブルの上を転がしてみたらめちゃくちゃ走るし・・・これはダウンヒルレースの期待の新星現る!って感じかも・・・?

トップ・ベース

 

トップビューは面白いですね~。
これ、もうよくわかんねえな・・・って感じで、下手したら車には見えないデザインです。

よくみたら(よく見なくても)、六角形と八角形が組み合わさったボディ形状をしているのかな。

ボディ上部のタンポもめちゃくちゃ細かくていい感じ。
僕にはどれがLiDARか??とかはわかりませんが・・・

例の六角形のROBORACEロゴもしっかり印刷されています。
それに合わせた?ハニカム構造的なグラフィックも印象的。

ていうか、こんな感じのロゴ、BOT WHEELSとかTURBOTにも印刷されてましたよね。

観てみたらちょっと違ったけども。

もしかして、Roboraceのロゴをインスパイアした形で、ホットウィールの自動運転カーである上記二種にこれを採用した・・・ってこと??

・・・いやまてよ、それをいうならロボット系ウィールの大先輩であるZOMBOT師匠なんかは、1980年代にもう胸に六角形の模様が入ってたんですが。。。

ZOMBOTのレビュー!車輪の上に寝転がったロボット!!ww[FKB32]

なんだろう?
ロボット×ミニカー=六角形、みたいな公式あったっけ?

ちなみに底面には2018年の著作年およびマレーシア製であることが記されていました。

おわりに

というわけでROBORACE ROBOCARのレビューでした!

これはねえ・・・買えなかった僕が言うことじゃないですけど「買い」ですよ!
もし立ち寄ったセブンで見かけた際にはぜひ連れ帰ってあげてください。

・・・いやもう人気ですでに店頭にはないか!

2019年の後半アソでは白い2ndカラー版も出ますので、それも注目ですな。
そして2020年には・・・Dev Botあたりが出てくるんじゃないかと期待。。。

・・・最後に。
ご提供頂いたたぁ坊さん、本当にありがとうございました!

スポンサーリンク

お役に立てたらシェアして貰えると嬉しいです!

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. らちぇっとれんち より:

    こんにちは。例のアソートに1台だけ入っていました。
    このようなライセンスドカーでありながら
    日本でも見られないモノを手に入れにくくする
    マテルインターナショナルに絶望した!
    (といいつつ箱買いしましたが)

    来年etcのアソートではどう活躍するんじゃあああwww

    • にわかマニア管理人 より:

      らちぇっとれんちさん

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      例のアソ、やっぱりケース買いが勝ちだったんじゃないかと未だに思っています。

      マテルインターナショナルとしてもケースの中身までは考慮しないでテキトウにセブン限定に回したのでは・・・?という気がしています。
      「ちょうどこの辺のアソが余るんで、限定アイテムとしてどうっすか??」みたいな感じでw

      来年以降も同様の印刷内容でカラーが違うだけ・・・みたいなバリエーションだったり??
      個人的にはSuper ChromesやX-Raycersに来て欲しかったけど・・・ボディがメタルだからなぁ!

  2. 雷電 より:

    更新お疲れ様です。 ロボカー入手おめです。 確かにホットウィールじゃ無いとミニカー化しなさそう。 こういう完全自動運転のレースがもっと流行れば、市販車の自動運転の技術もかなり進むのかな?
    フォーミュラEって調べると結構オモシロそうなんだよな。

    • にわかマニア管理人 より:

      雷電さん

      コメントありがとうございます!

      ですよね!?
      さすがにトミカで出すにはちょっと時期尚早すぎる気がするし・・・他ミニカーだとこんなの作ってる余裕ないんじゃないかなぁと。

      レースと公道走行でのAIプログラムって同じような感じなんですかねえ???

      それにしても日本は諸外国より自動運転の技術が遅れているんだとか??
      ぶっちぎれ、技術の日産!

      • 雷電 より:

        どうもです。日本の自動運転遅れてるんですね。 でも、AI搭載車技術が市販車にも導入されたらアスラーダみたいな感じにコミュニケーション取れる車とか出来るのかなぁ~?出来るなら乗ってみたい。

        • にわかマニア管理人 より:

          雷電さん

          あっ、なんかどこかでそういう情報を見たというだけで・・・ちょっとソースは思い出せませんが、、、
          あまり日本政府も自動運転の技術を向上させることに協力的じゃないとかなんとか。

          >アスラーダ

          うん、サイバーフォーミュラ見てなかったけどもw

          さすがにコミュニケーションを取れるようになるのは運転が安定した以降かな?という気もしますが・・・そういう未来が間近に迫っているというわけですな。

  3. ダニエルウォーター より:

    更新お疲れさまです。
    これを実車とするなら、先日の7-11アソートは実5謎7の割合に訂正します。

    私も40分の待機後にじっくり観察しましたが、タンポの丁寧さに感心はしたものの、モデルシルエットが好みではないのでスルーしました。
    そもそも自動運転には否定派ですし。

    7-11の店長以下店員さんにはホットウィール待機であることを伝えていたので、配送車が着いてすぐ優先的に棚出ししてもらえました。
    そうでないと普通は配送後1時間は棚出しに掛かるそうです。

    • にわかマニア管理人 より:

      ダニエルウォーターさん

      コメントありがとうございます!

      いやこれは実車でしょう!w
      むしろバットモービルなんかよりもだいぶ実車かと・・・。

      >モデルシルエットが好みではない

      もうその辺は仕方ないですよねw
      僕も最初はそこまでグッと来なかったんですが、やっぱり手元に来て開封しちゃうと「うおお・・・」ってなる感じでした。

      >自動運転には否定派

      そうなんですか!
      僕は事故が減るのならそれに越したことはないかなと思います。

      せめてレベル1~2ぐらいの、危険回避的な自動運転技術はすべての車に実装されればいいのにな、って。
      煽り運転も(でき)なくなるかもですし。

      >普通は配送後1時間は棚出しに

      セブンの人たちも他にいろいろな仕事がありますもんね。

      なので、できることなら(たいして場所を取るわけでもないだろうし)入荷してから1日くらい寝かせて、全店で同時刻に発売とかにしてくれると嬉しいんですが。。。(それもオペレーション的にキツイかもですけど^^;)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です