Hot Wheels 情報まとめ | Hot Wheelsにわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

2013年版FLYING CUSTOMSのSHERIFF PATROL (X8190) のレビュー。当時モノかと見紛うニューキャスト

     - レビュー ,

先日訪れたドン・キホーテにて2013年のFLYING CUSTOMSシリーズに出会いました。

リアルライダーなわけでもないのに少し値が張ったアイテムなので購入にはかなり迷いましたが、数分悩みに悩んだあげく連れて帰ってくることにw
誘惑には勝てませんでした。

といったわけで、FLYING CUSTOMSのSHERIFF PATROLのレビューです。

スポンサーリンク

シェリフパトロール(フライングカスタムズ)のレビュー

FLYING CUSTOMSはレッドライン期のシリーズ「FLYING COLORS」を彷彿とさせるパッケージで展開された近年のシリーズです。

2007年にも展開されていたシリーズだったので、2013年のものは第二弾的な扱いと考えていいのかもしれません。

ブリスターカード裏面には「レトロなデコとBWタイヤ(が採用されている)」旨の記載があり、1970年代後半から1980年代のホットウィールが復活したかのようなラインナップだったことがわかります。

ホットウィールファンクラブの当時の記事を見ると、もうちょっと90年代あたりまでのモデルを意識した感じだったのかな、という印象ですね。(’57 T-Birdなんてモロ。)

タイヤも90年代っぽいUH(Ultra Hots)やCT(Construction Tire)が採用されています。

Hot Wheels Wikiaによれば年間6Mixが登場したサイドラインで、各Mixに4~5車種がラインナップされたため、2013年のシリーズでは27種にも及んでいたようです。

SHERIFF PATROLについて

今回僕がゲットしたのはMix 2にラインナップされていたSHERIFF PATROL。

SHERIFF PATROLは1978年にFLYING COLORSでデビューしたHIGHWAY PATROLの異名同モデル(名前違うけど同じモデル)です。

HIGHWAY PATROLは「マテルのミニカ」時代に「30A ハイウェイ・パトロール」として日本でも展開されていたので、もしかしたら当時新品でゲットしたよ!という方がいたとしてもおかしくないアイテムですね。
[参考]マテルのミニカ(赤箱ホットウィール)まとめ。

デザイナーはLarry Wood氏とBob Rosas氏。
リアルライダーを世に放った仲良しコンビのコラボレーションアイテムです。
[参考]僕らが大好きなリアルライダーについて調べたこと。最初のリアルライダーとは?

それでは各部見ていきましょー。

フロント・リア

SHERIFF PATROLは1970年代後半の第四世代DODGE MONACOがベースとなったモデルです。
フロントグリルはドンピシャとまではいきませんが、実際に当時のハイウェイパトロールカーとして使われていたモナコをかなり意識した造りになっています。

というか、モナコかどうかはさておき、このフロントグリルカッコいいですね。
なんとも言えない1970年代~80年代のホットウィール感が漂っています。

また、クリアブルーのウィンドウも1978年当時の香港製ホットウィールっぽさを醸し出しています。

サイド

ボディサイドのデザインは1982年デビューのSHERIFF PATROLではなく、1978年当時のHIGHWAY PATROLをベースにしたものとなっています。
この辺り、比較してみるとかなり面白そうですね。

なぜこのキャストもHIGHWAY PATROLという名称で出さなかったのか、疑問です。

PROTECT & SERVEの文言はHWPDだった’14 CORVETTEにもありましたね。
[参考]HWPD仕様の’14 CORVETTE STINGRAYのレビュー。謎車じゃないよ、実車だよ。

ホイールは珍しいGHO(Gold Hot Ones)でした!

タイヤとボディがとてもマッチしているように見えたので、当時の組み合わせを再現したのかと思いましたが、GHO自体は1980年にデビューしたもの。
SHERIFF PATROLにもHIGHWAY PATROLにも採用されたことがないホイールです。

なので、厳密には「当時には絶対にありえなかったキャスト」といった感じなんですね。

トップ・ベース

ルーフには大きく13が強調された「2013」のタンポ印刷がされていました。
これはHIGHWAY PATROLの初期キャストに描かれていた「12」のナンバリングを2013年とかけたもの。
こういった遊び心が楽しいですw

ウィンドウのクリアパーツと一体成型でクリアブルーのパトランプが再現されているのもいい感じですね~。

底面にはタイ製であることと、1977年、2012年のダブル著作年が記されていました。
つまり、1978年当時の金型ではなく、2013年にリツールされたことを意味しています。

ボディとシャーシはどちらもメタル製。
これもSHERIFF PATROL当時の仕様(プラボディ)ではなく、HIGHWAY PATROLに寄せてあることがわかります。

いつか、当時モノのSHERIFF PATROLとHIGHWAY PATROLもゲットして比較したい・・・そう思わせられました。

おわりに

というわけで、FLYING CUSTOMSのSHERIFF PATROLのレビューでした。

一瞬本当に昔のモデルをゲットしたんじゃないかと錯覚できるほどいい感じにレトロなキャストでしたね~。
今から4年前にはこんな素敵なシリーズがあったとは・・・。

今このシリーズが新規で出たら、UHとかCT欲しさに散財しそうです。

ちなみに、2007年にはSUPER CHROMES、2011年にはTHE HOT ONESという同じようなコンセプト(レトロリバイバル)のシリーズ展開もありました。
そう考えると今後にこういったシリーズ展開・・・またありそうですよね。

これだからホットウィールはやめられねえぜ・・・!

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. 湾岸 より:

    どうもこんちわ湾岸です。
    購入は例のドンキでしょうかwあのドンキベーシックの入荷は無いですがサイドラインは古いのがかなりあるので穴場じゃ無いでしょうか。5月20日はHアソート発売ですね。同時にトミカの発売日でもあります。ライバルがたくさん現れそうですな。自分はどちらも学校行事の関係で行けませんが(T_T)…マニアさんの戦果報告期待してます!Datsunあたりが今回一番人気では無いでしょうか?

    • にわかマニア管理人 より:

      湾岸さん

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      購入は、例のドンキですw
      なかなか行けない場所なので、ちょっと高かったけど買っちゃいました。

      あそこ、以前からClassicsやSince ’68などが充実してたんですが、それらも新規入荷はないですね~。
      Larry’s Garageというリアルライダーものもあったんですが、先日見に行った時は見かけませんでした。

      >Hアソート

      昨年の感じだとトイザらス限定アソはスルーされがちな傾向にあったんですが、今年はどうでしょうね。
      Datsunトラック人気でしょうね~。あとはFugu Zのリカラーあたり・・・昔の日本車って人気なんですね。

  2. 5踏み より:

    こんばんは〜
    Sheriff Patrolって元ネタはモナコなんですね。てっきりコロネットの方かと思ってました。この年代のアメリカのパトカーは意外な事にトミカでも「ダッジ コロネット」が登場しているんですよね。こちらはパトカー仕様の他にタクシー仕様やファイヤチーフ仕様があります。
    ダッジ・モナコといえば少し年代が前にズレますがブルースブラザーズでお馴染みの車種ですね。劇中車仕様や各州のパトカーがグリーンライトから販売されていたと思います。

    • にわかマニア管理人 より:

      5踏みさん

      こんばんは!コメントありがとうございます。

      >Sheriff Patrolって元ネタはモナコなんですね。

      Wikiaの情報鵜呑みです^^;
      というか、トミカのコロネット、フロント造形とかSheriff Patrolに少し似てますね・・・!

      トミカはさすがにコロネットと言ってるだけあってコロネットなんでしょうけど、ホットウィールの方はやっぱり「あくまでモナコベース」のオリジナルカーということなんじゃないでしょうか。

      >ダッジ・モナコといえば少し年代が前にズレますがブルースブラザーズでお馴染みの車種ですね。劇中車仕様や各州のパトカーがグリーンライトから販売されていたと思います。

      ここでGLが出てくるとは・・・!さすがですw
      ’74年のモナコなんですね。

      ブルースブラザーズ、観よう観ようと思いながら未だに観られてない作品です。
      これを機に観てみようかな・・・。

  3. 林哲平 より:

    にわかマニアさんこんにちは!!!

    こんなシリーズがあったんですね!!!
    私はミニカーコレクション歴2年なので、4年前にこんな素晴らしいシリーズがあったとは!!!

    ガチのオールドキャストはそう簡単に手に入りませんから、このあたりの復刻版は新規参入者としてはありがたいかぎりです。

    それにしても珍しいホイール履いてますね…… ホットウィールは忘れたころに昔のキャストやホイールをぽん、と出してくるので気が抜けません。

    近所のドンキホーテは最後に行った時ホットウィールは壊滅状態でしたが、倉庫から在庫を出してるかもしれないのでまた行ってきます(笑)

    • にわかマニア管理人 より:

      林さん

      こんにちは!!!コメントありがとうございます。

      僕もホットウィールに興味を持ちだして2年ぐらいなので、これぐらいの時期のアイテムってすごく羨ましいです。
      50年の歴史の中で2年分ぐらいしかリアルな情報を知らないわけですからね~・・・。

      >それにしても珍しいホイール履いてますね…… ホットウィールは忘れたころに昔のキャストやホイールをぽん、と出してくるので気が抜けません。

      そうなんですよね~!
      かと思いきや残念な金型変更をしている時もあったりと、なかなか自由気ままなヤツですw

      >近所のドンキホーテは最後に行った時ホットウィールは壊滅状態でしたが、倉庫から在庫を出してるかもしれないのでまた行ってきます(笑)

      ドン・キホーテは店舗によって入荷状況がてんでバラバラなのでいろんなショップにちょくちょく顔を出すのがいいみたいですよ!
      ただ僕の場合、一度見かけなかった店に何度も足を運ぼうという気持ちになかなかなれないので出会えませんがw

      メガドンキならHWが置いてあるとか、メガドンキには置いてないとか情報もいろいろあって・・・追いきれません^^;

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です