Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

ホットウィールのアソートについての考察

      2018/01/21  - いろいろな考察・まとめ

ホットウィールを集め出すと、必ずと言っていいほど出てくる言葉「アソート」。

アソートとはいったい何なのか!?
気にならない人はいないと思います。

ホットウィールのアソートについての考察です。

※2016年6月追記
本稿は古い考察となります。
新しい記事を以下に記載していますので、より正確な情報はこちらからご確認ください。
[参考]ホットウィールベーシックシリーズ年間アソートと内容、日本での発売時期まとめ

スポンサーリンク

アソートとは

hw_assort1

アソートとは、平たくいうと「ミックスパック」のことです。
量販店などはこのアソート単位でホットウィールを入荷しています。

海外においては72台で1セット。
日本では36台1セットとなっています。

ホットウィールのベーシックカーは本来、このアソートが年間15回に分けられて発売されています。
2015年のスケジュールはこうです。

2015年のアソート発売日(米国)
アソート 発売日
A 9/28
B 10/26
C 11/21
D 12/29
E 1/11
F 2/8
G 3/1
H 3/22
J 4/12
K 5/10
L 5/31
M 6/28
N 7/26
P 8/23
Q 9/13

なぜかiアソート、oアソートはありません。大人の事情でしょう。

アソートの中身

ホットウィールのベーシックカーは年間250台前後展開されますが、
この250台は各アソートで小出しにされています。

たとえばミックスCと呼ばれるアソートパックの中身は、ミックスCで新登場したモデルと、前月までに出ていたモデルが混在しています。

[参考]Cアソートに入っていた車種と台数の比較

 

アソートの段ボールの見方

アソート買いをするときには、段ボールの表面の文字から中身がある程度読み取れます。

hw_assort_mixc

例えばこれだと、「L2593-984C」って書いてあります。

L2593から始まるものは、USカードと言われるもの。
台紙がアメリカ向けに作られています。中身は一緒。

もしそこがC4982となっていたら、WORLD WIDE版です。

ホットウィールのUS版、WorldWide版、ヨーロッパ版の違い。ショートカードについて

※もしここがL2593でもC4982でもなく、DJFとかDMCとかで始まるものだったら、ベーシックカー(メインライン)のアソートではありません。
たとえばDJFなら2016年のCar Cultureアソート、DMC55はエンターテインメントに振り分けられたアソート番号です。

そして、その後ろにつく984C。
これがミックスアソートの種類を表しています。

984CはいわゆるミックスCアソートと言われるもので、
Cのラインナップを中心に、AやBの物が混じっているもの。

当然これが984Fとかなら、ミックスFアソートというわけです。

※ちなみに98となっていると2016年、2017年で、99の場合が2018年モデルという噂がありますが、まだ検証中です。

ちなみに、ベーシックカーが入っているのに、ベーシックカーのミックスアソートではない50PACK。
これにはこれ専用のアソート番号が振り分けられています。

※ベーシックカーがケースで予約購入できるお店はこちら
[参考]1,500円以上のお買い上げで送料無料!通販ショップの駿河屋
[参考]キャラ&ホビー格安あみあみ
スポンサーリンク

  こんな記事も読まれています

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です