Hot Wheels 情報まとめ | Hot Wheelsにわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

ホットウィールのアソートについての考察

      2016/06/12  - 考察・コラム

ホットウィールを集め出すと、必ずと言っていいほど出てくる言葉「アソート」。

アソートとはいったい何なのか!?
気にならない人はいないと思います。

ホットウィールのアソートについての考察です。

※2016年6月追記
本稿は古い考察となります。
新しい記事を以下に記載していますので、より正確な情報はこちらからご確認ください。
ホットウィールベーシックシリーズ年間アソートと内容、日本での発売時期まとめ

スポンサーリンク

アソートとは

hw_assort1

アソートとは、平たくいうと「ミックスパック」のことです。
量販店などはこのアソート単位でホットウィールを入荷しています。

海外においては72台で1セット。
日本では36台1セットとなっています。

ホットウィールのベーシックカーは本来、このアソートが年間15回に分けられて発売されています。
2015年のスケジュールはこうです。

2015年のアソート発売日(米国)
アソート 発売日
A 9/28
B 10/26
C 11/21
D 12/29
E 1/11
F 2/8
G 3/1
H 3/22
J 4/12
K 5/10
L 5/31
M 6/28
N 7/26
P 8/23
Q 9/13

なぜかiアソート、oアソートはありません。大人の事情でしょう。

アソートの中身

ホットウィールのベーシックカーは年間250台前後展開されますが、
この250台は各アソートで小出しにされています。

たとえばミックスCと呼ばれるアソートパックの中身は、
ミックスCで新登場したモデルと、前月までに出ていたモデルが混在しています。

【参考】Cアソートに入っていた車種と台数の比較

この事が全てのアソートに当てはまるなら、
トレハンは必ず1アソート1台は含まれているが、
スーパートレジャーハントはない場合もある、といったところでしょう。

アソートの種類

アソートは上記のメインラインミックスアソート以外にも、
エンターテインメントアソートなどのコレクティブルなアソートがあります。
50PACKセットも1つのアソートとみなす事ができます。

メインライン以外はミックスアソートではなく、
それ専用のラインナップが決まった台数詰められたアソートになっています。

例)Cアソートなら中身はA+B+Cのミックス。

アソートの段ボールの見方

アソート買いをするときには、段ボールの表面の文字から中身がある程度読み取れます。

hw_assort_mixc

例えばこれだと、「L2593-984C」って書いてあります。

L2593から始まるものは、USカードと言われるもの。
台紙がアメリカ向けに作られています。中身は一緒。

もしそこがC4982となっていたら、WORLD WIDE版です。

BDPとかDMCとかだったら、ベーシックカー(メインライン)のアソートではなく、
他のコレクティブルラインのやつです。

そして、その後ろにつく984C。
これがミックスアソートの種類を表しています。

984CはいわゆるミックスCアソートと言われるもので、
Cのラインナップを中心に、AやBの物が混じっているもの。

当然これが984Fとかなら、ミックスFアソートというわけです。

ちなみに、ベーシックカーが入っているのに、ベーシックカーのミックスアソートではない50PACK。
これにはこれ専用のアソート番号が振り分けられています。

  関連記事

Purple Passionの細かなバリエーション。年代や製造国による違いについて

「むしゃくしゃしたからやった」ーーーー 罪を犯してしまった人が使う常套句ですね。 …

ホットウィール2016年の日本車まとめ

最近ホットウィールの日本車が熱いという事で、2016年に発売された(または予定の …

2017年新セグメントシリーズHOLIDAY RACERSについての考察。休日のお父さんのレースじゃないぞ!

2017年新セグメントであるHOLIDAY RACERS。 僕は当初、その名称と …

ホットウィール日本向け36台入りケースの中身と、ケースで買う魅力について

発売日に並んでも欲しいアイテムが買えないとお嘆きのホットウィールコレクターさんは …

初めてebayでホットウィールを買ったお話。その魅力と注意点について

先日初めてebayをつかってホットウィールを購入しました。 やっぱり本国での価格 …

2017年Aアソ「1978 DODGE LI’L RED EXPRESS TRUCK」の前輪タイヤはエラーなのか?の検証

先日、メールにてこんなお問い合わせをいただきました。 今月発売分に含まれておりま …

ホットウィールの初期塗装方法である「スペクトラフレーム」のDIYに再チャレンジ!

僕の手元には、以前スペクトラフレームDIYにチャレンジして失敗したホットウィール …

ホットウィールの実車がなければ5-PACKを買えばいいじゃない。というお話

店舗によってまちまちだとは思いますが、実車モデル(とくに日本車)の人気がすごいで …

謎車だらけのアソートは果たして日本に入ってくるのか?ハロウィーンアソとゴーストバスターズアソが気になる

少し前の話題になりますが、HWCにてハロウィーン向けのアソートが発表されました。 …

ヤフオクで売られていた謎のホットウィールの正体を探ったお話

先日、ヤフオクでかなり気になる商品が出品されていました。 これです。 日本におい …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です