Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

Larry Wood 50 Years of Designのラインナップまとめ!ミスターホットウィール50年の集大成シリーズ

      2019/06/20  - NEWS , , ,

Photo by ebay.com

USではすでにこのシリーズが出回っているようです。
そう・・・前回のコンベンションでもチラリと触れられていた「Larry Wood 50 Years of Design」だ!!!

2019年19th Collectors Nationals Sneak Peek Presentationまとめ[2/3] – Sidelineセクション

これはその名のとおり、Larry Wood御大が50年に渡って手掛けたホットウィールの集大成と言えるシリーズ。

・・・と言っても氏はえげつない量のデザインを一人で手掛けてきたような方なので、1シリーズ10車種にその軌跡を集約するのは不可能でしょう。
それでも実・謎入り乱れて、かつビッグスリーもしっかり押さえて・・・なんだかすっごい面白いアソートになっていますよこれ。

日本に入荷されるのかどうかは何とも言えないところですが・・・ラインナップを確認しておきたいところです!

スポンサーリンク

ラリーウッド50イヤーズ・オブ・デザインのラインナップ

前述のとおりUSではWalmart限定商品としてすでに出回っており、ebayなんかでも現時点では全種セットを買うことができるような商品です。
そこから得た情報を元にまとめると・・・まずこれ「GBC09」というアソートコードを持つシリーズということが挙げられます。

GBC09といえば・・・アメリカンピックアップトラックシリーズが同じアソート番号でした。

向こうはGBC09-956Aで、こっちはGBC09-956Bだそうです。
このことから、American PickupとLarry Wood 50 Years of Designは同じシリーズのミックスAとミックスBという関係にあることがわかります。

おそらくですがGBC09は「ウォルマート限定」×「10種1セット」というシリーズなのではないかと思われますね。

そうなると・・・「トイザらス限定 10種セット3,990円」とかで発売されるんじゃないか・・・!?なんて予想。

気になるラインナップはこちら!

  • PURPLE PASSION
  • CUSTOM ’53 CHEVY
  • SHELBY COBRA DAYTONA
  • ’69 FORD MUSTANG
  • BONE SHAKER
  • WILD THING
  • PASS’N GASSER
  • ’68 DODGE DART
  • STREET RODDER
  • RODGER DODGER

一つずつみていきましょう~。

PURPLE PASSION

Photo by ebay.com

輝くべき#1に選ばれた車種はパープルパッションでした!

「Larry Woodと言えば??」という質問をすれば満場一致でこの車種が上がるのではないか・・・というぐらい有名なアイテムです。
いろいろな偶然が重なったのだとは思いますが、90年代のホットウィールコレクターを熱狂させるきっかけになったのがPURPLE PASSIONだったんですよね。

「全米の玩具屋から姿を消した」で有名な最初期Purple Passionのレビュー。NEXとの比較検証も。

このあたりのことは先日のHistoryチャンネル番組内でLarry Wood氏が語っていたことにもリンクしてくるので・・・未視聴の方はぜひ。

※いまなら日本語版がYoutubeで無料で観られます。

さてさてマシンの方は・・・マットブラックボディにゴールドカラーでピンストライプが入っているというもの。
パッケージイラストだとホワイトウォールの初期型ホイールみたいなものが提案されてますが、実際はゴールドクロームのOH5を履いているようです。

そこは頑張って欲しかったなぁ・・・!

ただ、PURPLE PASSIONはLarry Wood氏を語る上では欠かせないアイテムですし、人気になること間違いなし・・・!

CUSTOM ’53 CHEVY

Photo by ebay.com

#2に選ばれたのは、ビッグスリーはGMよりカスタム’53シェビーでした!

これもね~・・・横っ面を見ているだけだと「普通やん」ってなりそうなんですが、ボンネットにヒミツがあるマシンなんですよねえ。

CUSTOM ’53 CHEVYのレビュー!エンジンルーム丸見えカスタムのチョップ・ド・ベルエア!(たぶん)[FJW67]

ライムグリーンのサテンっぽいカラーリングで・・・なんともカッコいいぞ!

SHELBY COBRA DAYTONA

Photo by ebay.com

#3は実車枠として・・・シェルビーコブラデイトナです。
先日僕もサーキットレジェンズで入手しましたけど・・・これ、ラリーウッドデザインだったんですねえ。

SHELBY COBRA DAYTONA COUPEのレビュー!米レース史に欠かせない一台![FLC28]【Car Culture Circuit Legends】

かなりデフォルメが気になるアイテムでしたが・・・今回のはグラフィックデザインのおかげか、ホイールのおかげか・・・あまり気にならなさそう。

Photo by ebay.com

ちなみに今回のアイテムたちって・・・このシリーズ用にラリーウッド氏が手描きでグラフィックデザインを起こしてるっぽいんですよね。
しかもパーツごとの色指定までしているみたいで・・・、それがカードイラストとして採用されていました。

そこまでやらせておきながらキャストでは「完全再現できていない」というあたり、なんだかすごく残念。。
これ御大はきっとRSW(Retro Slot Wheels)履かせたかったんじゃないのかなぁ。

でもあれか、この後輪に合うような大きいRSWってないのかもしれない。(仕方ない)

’69 FORD MUSTANG

Photo by ebay.com

#4は69年式のマスタング!
ビッグスリーのフォード枠代表・・・ってところですかね。

イエローボディ(実際はもう少しゴールドっぽいみたいですが)にCストライプ・・・と、この時代のマスタングっぽい一台。

っていうかCストライプの中腹には「BOSS 302」と描いてあるようなので、これ’69 MUSTANG BOSS 302なんじゃんね!?

’69 FORD MUSTANG BOSS 302のレビュー!レース直系エンジン搭載のホモロゲモデル![FYY10]

僕が持っているヤツはJun Imai氏がデザインしたBOSS 302なので、ぜひともこっちのマスタングと比較してみたいところです。

BONE SHAKER

Photo by ebay.com

うおお・・・これは!!
#5にラインナップされていたのは、ホットウィールオリジナルカーのビッグスリーと呼んでも過言ではないアイテム・・・ボーンシェイカーでした。

むしろ今となってはこれこそがLarry氏の代表作であり、ホットウィールの顔と言えそうな存在です。

Photo by ebay.com

そんなボンシェは金ぴか仕様での登場。
しかもこれ・・・どうやら底面もメタル製っぽいんですよねえ・・・。まさかメタル×メタル??

スローバックコレクションでは余りまくってたボンシェもこれならすぐに売り場からなくなりそうw

それでもCHASEカーとかそういうわけではなく、普通に10台入り1ケースを買えば1つ付いてくるみたいです。

やばいなぁ・・・なんかこういう特別感があるアイテムに弱いんですよ僕。。。
もし日本に入荷するのなら、きっとこれを真っ先に狙っていっちゃうと思う。

WILD THING

Photo by ebay.com

#6は・・・やりよったぁぁぁ。
ゴリゴリのフレイムスが描かれた、ワイルドシングです。

これはものすごくペグを温めてくれそうだぞ・・・。

でもこれって・・・もしかしたらソルトシェイカーみたいなランドスピーダーなんですかね??
タイヤも3輪らしいし・・・。

そういえばこれ、以前Larry’s Garageの時のヤツを某氏からプレゼントして頂いているんでした。
なのでうちに未開封品があるわ・・・。そろそろ開けるかな!!

一応シャバは10年ぶりということみたいなので、もしペグにぶら下がっているのを見かけた時には速やかに連れて帰ってあげてください。

PASS’N GASSER

Photo by ebay.com

#7にラインナップされたのは、パッスンギャッサーでした!

これも人気の一台ですねえ~。
たまーに信じられないような価格で取引されているのを見かけます。

ボディのデコは氏が描いたものとはちょっと違ってる部分もありますが…概ね雰囲気的な部分は再現されてる感じです。
一応ムーンアイズのロゴも(違う部分に)入ってるし。

しかもこれラリーウッド氏が所属するホットロッドカークラブ「EARLY TIMES」仕様ってことで・・・2018年の’32 FORDが今さら欲しくなっちゃうアイテムとなってますな!

’68 DODGE DART

Photo by ebay.com

#8はビッグスリーのクライスラー枠より・・・’68ダッジ・ダート!

そうかぁ・・・ここはDODGE RAM TRUCKじゃなかったかぁ!

ホットウィールDODGE RAM TRUCKワゴンのレビュー。素人のメッキ部加工はダメ、ゼッタイ。

元々のモデル名は「DODGE DART」で、その時によって70年式と言われたり68年式と言われたりするアイテムみたいです。
僕もたしか2017年版のフレイムス仕様を持っていたような気がする。

何やら銀色のボディに戦闘機みたいなグラフィックが施されていますね。
これには何の意味があるんだろう・・・?

ていうかこのボディ・・・ZAMAC(無塗装)っぽいんだよなぁ。
売り場でみたらボンシェと並んで特別感があるかもしれませんぞ!

STREET RODDER

Photo by ebay.com

#9はストリートロッダーでした。

1976年に登場したLarry Wood氏デザインのオリジナルカーで、どうやら’32 FORDをベースとしたホットロッドなんじゃないか・・・という噂の一台。

1980年代のモデルを最後に一旦姿を消し、2009年にリツール版として戻ってきたアイテムです。
・・・が、ここ最近では全然見かけませんでしたよね。
どうやら2012年以来らしいので、7年ぶりのシャバってことみたい。

排気管の出口らへんから燃え上がるようなフレイムスが描かれているなどシャレの効いたグラフィックが良い感じです。
・・・何気に僕はこれが欲しくなってきたぞ・・・!

RODGER DODGER

Photo by ebay.com

そしてオオトリを飾るのは・・・ホットウィールオリジナルカービッグスリーの一角を担う「ロジャーダッジャー」でした!!

残念ながら(?)リツール後のアイテムなので排気管が下出しとなっているモデルです。

バレンタイン仕様RODGER DODGERと、第二世代との比較レビュー。[DTX44]

ただこれ・・・シンプルにグラフィックがカッコええんじゃあ~。

フレイムスにベーシックカークオリティ以上のものを感じましたよ。
なんでだろう?炎にグラデーションがかかってるからですかねえ・・・?

なんだかんだ3番人気ぐらいにはなりそうな一台だと思います。

おわりに

というわけで、Larry Wood 50 Years of Designのラインナップまとめでした。

オリジナルカー6:ライセンスドカー4という比率になっているため、本来であれば敬遠されやすいアソートなんでしょうけど・・・そこはさすがミスターホットウィールってところでしょうか。
パープルパッションやボーンシェイカー、ロジャーダッジャーという人気車種が名を連ねることで一気に欲しいアソになりました。

前述したとおりUSではWalmart限定アイテムですが、前回のAmerican Pickupシリーズが日本にも入ってきたことを考えると・・・ワンチャン期待してもいいですかね!?
(勝手に)楽しみにしたいところです!!

追記

おもちゃショーにて、トイザらス限定で日本に入ってくることが判明しました!ヒャッホオォォォウ

東京おもちゃショー2019でホットウィールのあれこれ見てきたよ!

スポンサーリンク

お役に立てたらシェアして貰えると嬉しいです!

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. なお☆にゃお より:

    これは!久々にコンプしたくなるラインナップやなあ。
    絶対日本導入したってやあ!

    • にわかマニア管理人 より:

      なお☆にゃおさん

      コメントありがとうございます!
      これはコンプしたくなりますよねえ!!
      しかも全部並べたら一枚の絵柄になりそうで・・・カードもとっておきたくなる仕様!

  2. まるまる より:

    お疲れ様です

    しばらくコメント出来ずすいません。
    記事は拝見してたんですが、なかなかタイミングが合わず。。。

    いやー、御大のアソート、アツいですねぇw
    個人的にホットウィールの魅力はオリジナルカーにあると思ってるので、今回のラインナップは非常に魅力的で、どれを買うか悩みどころですw(スペース的にコンプは厳しいw)

    • にわかマニア管理人 より:

      まるまるさん

      コメントありがとうございます!
      いえいえ、記事を見てもらえるのが僕にとっては一番の醍醐味ですので・・・コメントは気が向いた時で大丈夫ですよ!^^

      さてさてこのアソート、、、ヤバいですよねえw
      ここばっかりは実車を狙わずにパッション、ボンシェ、ストリートロッダー、ロジャーダッジャーあたりかなぁ・・・と。

  3. super cub より:

    ニワカ師匠こんばんは

    これはイオンリパブリックで来そうなシリーズですね、、、

    最近は少し調子を落としていて、自宅警備員だったのですが、
    今日は打ち合わせの時間に早かったので、隣のドンキに寄ったら
    ネオクラシックシリーズが売っていてビックリ!しました
    ‘71 PLYMOUTH GTX  シリアルナンバー2861/12500

    なんでドンキで売っているのか?
    一体何処で仕入れるのか?
    他にもあったのか? (最後の1個だったので)
    謎は深まるばかりです。

    https://up2.karinto.in/uploader/download/1558613646.jpeg
    (パスコードは1212です)

    確かニワカ師匠も、ネオクラシックはお持ちでしたよね
    たまにパトロールするといい事ありますね~。

    • にわかマニア管理人 より:

      super cubさん

      こんばんは!コメントありがとうございます。
      イオンですかぁー・・・トイザらス限定かと踏んでましたが。。。

      さて体調を崩されていたようで・・・元気になられたのであれば良かったです^^
      お体には十分気を付けてくださいね。

      ネオクラがドンキという話はどこかで一度聞いたことがあったのですが・・・本当だったんですね!!!
      そのプリムスとホイップクリーマーはオークションでも千円ぐらいで出品されていることがあって、、もしかしたら日本にも大量に入ってきたアイテムだったんですかね???欲しい!!!
      そういえばミニカーショップIKEDAさんでも普通に売られていたような。。。

      >ネオクラシックはお持ちでしたよね

      えっと、一つだけ持ってますね。
      HWCアイテムというくくりならいくつかあるんですが・・・

      僕も近場(近くないけど)のドンキを探しに行こうかしら!?

  4. B太 より:

    これは欲しい…絶対に欲しい!
    絶対は此の世に…(^^)今日は呑んでません

    • にわかマニア管理人 より:

      B太さん

      コメントありがとうございます!
      入荷が楽しみですねえ~(入荷するとは言ってない)

      僕は昨夜飲んでましたw

      • B太 より:

        いいね!
        (俺は今日もムチムチ…じゃなくて、ハチャメチャ的な無茶苦茶呑んでます!私の娘はアチャコッチャな西友で働いてます!)
        分かる人には分かるはず!カシコマ!(^^)

        • にわかマニア管理人 より:

          B太さん

          アチャコッチャな西友・・・わからんww

          まーーーーた飲んでるのかぁぁ!

  5. 悪魔の”乙” より:

    おばんでボンシェ!

    やはり今回の目玉は、こんじきに輝く2個のボール!
    ボンシェは仏教・神道を重んずる日本男児には
    必須の物と言えましょう。しかも上下金属ともなれば・・・。

    是非とも入手しなくてはッ!

    • にわかマニア管理人 より:

      悪魔の”乙”さん

      おぼんしぇ!コメントありがとうございます。

      金色に輝いてはいますが・・・2個のボール、、、はて?
      何か違うモノを見ているのでは・・・!?w

      上下金属は・・・わかりませんよ!
      なんかそう見えた、ってだけなので。。。

  6. チャレンジャークロックス より:

    キンカマならぬキンコツ!!! うひょひょひょw

    いや~、カードのイラストがいいね~。全部欲しくなっちゃう

    • にわかマニア管理人 より:

      チャレンジャークロックスさん

      コメントありがとうございます!

      キンコツ!!!
      ってことはHyper Rockerあたりがイワオってことに・・・!(ならない)

      このカードイラスト、10枚繋げて1つの絵になりそうなんですよね。
      コンプしたくなる罠が仕掛けられていると言っても過言ではない!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です