Hot WheelsのLEGENDSシリーズについて | Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

  Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

Hot WheelsのLEGENDSシリーズについて

      2020/08/01  - ホットウィールの基本情報

先日トイザらスにて「ホットウィールの発売日を教えてほしいんですが」と店員さんに尋ねたところ、「ベーシックですか?コレクティブルですか!?」と聞かれました。

現在のホットウィールは大きく「ベーシックカー」と「プレミアムライン」に分けられます。

ホットウィールの各種シリーズについて | ベーシック・トレジャーハント・サイドラインなど

プレミアムラインは基本的に大人のコレクター向けに作られたもので、ベーシックカーと比べて価格も高価。
それゆえ「コレクティブルなラインである」と表現されることもあります。

ですが、過去にはホットウィールにおいて、正式な「コレクティブルライン」というものがありました。
(それでトイザらスのスタッフさんも「ベーシックカーかコレクティブルか」という認識だったのでしょう。)

その源流は1996年の「HW Collectibles」というシリーズです。

Hot Wheels COLLECTIBLESシリーズのまとめ

2001年には100%Hot Wheelsに名を変えたこのシリーズ。
専用の金型を使って、明らかに大人をターゲットにしたハイクオリティなモデルをラインナップしていました。

さて、前置きが長くなりましたが・・・今回とりあげようと思ったのは、そんなHW Collectiblesと並んで展開されていた「LEGENDS」というシリーズです。
最近かなり気になっていたので、調べたことをまとめようと思いました。

これもいつかはゲットしたいシリーズの一つです。

Hot Wheels Legendsとは

Photo by ebay.com

1991年にLarry Wood氏デザインで登場したPurple Passion、1996年にPhil Riehlman氏デザインで登場したVW BUS・・・それまでどうしても「子供のミニカー」だったホットウィールを一歩「大人の階段」に登らせたアイテムとして、ホットウィール正史において語り継がれるモデルです。

これらのモデルから「大人のコレクター向け路線もいける」と、マテルのマーケティングチームは判断したのでしょう。
1990年代後半から2000年代の初めにかけて、HW Collectibles、HW Legends→100% Hot Wheelsといったハイクオリティシリーズの展開を続けることになります。

2002年にはHot Wheels Collectors.comがスタートし、さらに上級となるHWC / RLCモデルがその流れを受け継いでいきました。

Collectiblesよりも上級

さて、その流れの中にいたHW Legendsシリーズ。
立ち位置的にはCollectiblesよりも上級なアイテムだったんだとか。

展開は「Legends to Life」と「Legends」という2つのシリーズで、基本的にLegends to Lifeは1/24スケール、Legendsは1/24スケールと1/64スケールのセット、または1/64スケールのシングルおよび4カーパックというものでした。

対象年齢はなんと14歳以上となっており、かなり細かいパーツで仕上げられていたことが伺えます。

リリースされた車種が少なかった点やそもそもがリミテッドモデルであったことから現在ではなかなか入手困難であるといえるでしょう。

1/24スケールと1/64スケールのセット

Photo by ebay.com

1/24スケールと1/64スケールで同じ仕様に仕上げられたモデルがセットになったシリーズ。
もう画像だけでワクテカものです。

1/24スケールの方は当然1/64スケールでは出せないような精密さがあり、ハイクオリティシリーズと呼ぶのにふさわしいモデルですね。

1/64スケールの方も負けておらず、底面の配管まで色分けされているなど現在の上級モデルでもありえないような仕上がりでした。

Photo by ebay.com

なかなかユニークなのが、CERTIFICATE OF TITLEという「車の権利書」までもが付属している点です。
よりアダルト向けなモデルであるということを強調していますね。

Legendsシリーズの1/24スケールと1/64スケールがセットになった商品のラインナップは以下。(僕が確認できた限りのもの)

  • ’48 Cadillac Cadzilla
  • ’49 Merc
  • ’34 Ford
  • Snake
  • Mongoose
  • Twin Mill

僕はCadzillaか’49 Mercあたりをいつの日かゲットしたいと思っています・・・!

1/64スケール・シングル

Photo by ebay.com

1/64スケールが1体のみ入ったシングルものも存在していました。
画像の「THE Jay Leno COLLECTION」はアメリカのコメディアンで高級カーのコレクターとして有名なJay Leno氏とのコラボモデルといったところでしょうか。

ラインナップは以下。

  • Shelby Cobra
  • Shelby GT 350 Mustang
  • Lamborghini Miura
  • Jaguar XKE

Photo by ebay.com

ホットウィールのミウラは記事執筆時点において、このシリーズでしか入手できない模様。

※後日追記:2019年のHot Wheels idシリーズに待望のミウラが・・・!

’71 LAMBORGHINI MIURA LP400 SVのレビュー!これがHot Wheels idじゃあ~![FXB06]

他にも同シリーズにはKyle Pettyのポンティアックグランプリなんかがあったみたいです。

4 Car Pack

Photo by ebay.com

各テーマに沿った4カーパックもありました。
これ、価格はいくらぐらいだったんでしょうね・・・豪華過ぎです。

こちらもHW CollectiblesまたはLegends専用で作られた金型のモデル、かつ1/24スケールとセットで展開されていたのとは違う車種の展開になっており、このセットでしか入手できない車種がありました。

Photo by ebay.com

たとえばこれ。
BARRIS KUSTOMのパックに入っていたElvis Dream Cadillac 1965。

・・・いつかは欲しい。

Legends to Life

Photo by ebay.com

LEGENDSの真骨頂がこのLEGENDS TO LIFEシリーズかもしれません。
1/24スケールの精密なボディに、過給機の回転からテールランプの点灯といったギミックまでが詰め込まれているというもの。

普段ベーシックカーの価格に慣れているとひっくり返るぐらいの高額で取引されてますw

おわりに

というわけで、Legendsシリーズについてのまとめでした。

正直、手元にモノホンがあるわけでもないので、hobby DBの情報やebayで出品されているアイテムを元に記事を書いており・・・間違っている部分もあるかもしれません。
正しい情報を得るためにも、これは買わないとな!うん。

・・・と言っても下手なSTHより高額で手がでませんけどね・・・。

Legendsの流れは100%ホットウィールに引き継がれており、Collectibles、Legendsで使われていた金型をそのまま100%の方で流用しているものもあるので、欲しい車種は比較的安価(といっても高いけど・・・)な100%で展開されていないかを探してからでも遅くなさそうですね。

お役に立てたらシェアして貰えると嬉しいです!

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. mario0470 より:

    管理人さんこんばんは。
    レジェンドシリーズ。

    私は、昔ネコパブさんから刊行された「ホットウィール大図鑑Ⅰ及びⅡ」
    で、レジェンドシリーズと、ELITEシリーズを知りました。
    両ラインとも高すぎてひとつも持っていませんが、100%なら、
    先日アップされていたように、数種類(とは言っても数はけっこうあります)
    所有しています。
    押し入れにしまい込んでるので探すのが大変ですが(笑)いつかご紹介させていただきますね。

    • にわかマニア管理人 より:

      mario0470さん

      こんばんは!コメントありがとうございます。
      大図鑑IとIIって内容にどれぐらい違いがあるのかが気になります・・・。
      また、50周年の折にまたそれ相当のものを出してほしいところですね~。

      >100%

      100%も僕としては「高額」の部類に入るんですが・・・やっぱりLEGENDSやELITEはさらにその上を行く感じなんですかね!
      押し入れで眠っている子たちはいつの日かどうにかしてあげたいところですよね~・・・w

  2. トルネオ より:

    こんにちは!
    Legendsですか・・・
    私は1台も持っていないので、ぜひとも1台は欲しいですね。
    特に、Legends To Lifeの「NASCAR “Kyle Petty”RACING」は当時から本当に欲しかったです。
    だって喋るんですよ!動くんですよ!!タイヤも回転してステアも合わせて可動するんですよ!!!
    こんなのミニカー好きからしたら夢のようなアイテムですよ。
    https://www.youtube.com/watch?v=4ZToeFGAhug
    私のコレクションサイズからすると、やはりサイズが大きかった事と、即完売&即プレ値だった事もあって買う事はかないませんでしたが、いつか子供が巣立って嫁さんが今よりもコレクションに寛容になってくれる時が来ましたら、多少の大枚叩いてでも購入したいです。
    そのくらい、Legendsには魅力が詰まっていますね、やっぱり。

    • にわかマニア管理人 より:

      トルネオさん

      こんにちは!コメントありがとうございます。
      ふと気になって・・・思い立ったが吉日と、記事にしてみましたw

      >Legends To Lifeの「NASCAR “Kyle Petty”RACING」

      動画、拝見しました!
      熱いですね~!!!!!

      ただこれ、本当にホットウィールなのか!?というのは疑問ですねw
      何を以てしてホットウィールと呼ぶのか・・・というところですがw

      >即完売&即プレ値

      うわ、そうだったんですか・・・!!
      そういう事実を知らずとも気になっていたのに、そんな付加情報が入ってしまったら余計欲しくなってきますよ!!

      >いつか子供が巣立って嫁さんが今よりもコレクションに寛容になってくれる時が来ましたら

      前者は必ずやってきますが、後者は運を天に委ねるしかないですねw

  3. poncha2016 より:

    こんにちは!

    先日お話したハードオフでみかけた
    でっかいホットウィールは、
    赤いコルベットの100%Hot Wheelsでした。

    Corvette (Custom-Red) 100% Hotwheels 1:18 Scale

    値段は6000円(税抜き)で、
    2013年から売れ残り中のもよう・・・

    アメリカ?のコレクション向け価格は$169だった。
    高っけ~

    ebayでも1万円越えだった~

    http://www.ebay.com/itm/1-18-SCALE-DIECAST-1966-CHEVY-CORVETTE-PRO-STREET-IN-RED-BY-100-HOT-WHEELS-/253016933099?hash=item3ae8fc02eb:g:HEgAAOSw1WJZLG9R

    買うべきなのか?

    でも6480円あったら、もう1000円足してベーシックカー箱買いしちゃうよ。

    • にわかマニア管理人 より:

      poncha2016さん

      こんにちは!コメントありがとうございます!

      100%の1/18スケールでしたか!迫力ありますよねw
      売れ残ってるなら値下げしてほしい・・・と思うのは消費者の勝手でしょうかw

      1万円超えているものが6000円なら安いとも考えられますが・・・まぁ、このあたりの価値ってもう自分の中でしか決められないですからね・・・。
      ebayも即決価格なので、多少は釣り上げてると思いますし。

      >でも6480円あったら、もう1000円足してベーシックカー箱買いしちゃうよ。

      価値と数量が違うので、そこはもう別物じゃないすかw

  4. Jose Fuentes より:

    Interesante la información que proporcionas amigo. Agradezco tu tiempo.

    Recibe un Fuerte Abrazo. ¡Saludos desde México!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です