Hot Wheels 情報まとめ | Hot Wheelsにわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

日本先行?スパイダーマン・ムービーアソート (DWD14) のラインナップ詳細を調べてみました。

     - NEWS

画像はあみあみより

2017年6月の発売分にはどうやらスパイダーマンムービーアソートというものがあるようです。
発売日は6月下旬とのことで、今のところまだわかりませんが、下旬の土曜といえば6月24日(土)しかないのを考えると、RACE DAYやLAMBORGHINIと同じ日に発売になるのでしょうか。

正直「またスパイダーマンアソかよ」「謎車ばっかり興味ねーよ」という声が聞こえてきそうな本アソ。
僕も同じような気持ちを持っていましたが、「逆にいろいろ調べてみたら面白い発見あるんじゃね!?」的な興味が湧いてきてしまい、ちょっとだけスパイダーマンムービーアソートを追ってみました。

結論からいうと、キャスト自体はそこまで欲しくはならなかったものの、スパイダーマンアソについての理解がちょっとだけ深まったのと、スパイダーマンの原作をガッツリ読みたくなった・・・そんな感じですw

スポンサーリンク

2017 スパイダーマンムービーアソートについて

スパイダーマンムービーアソートは、2017年8月公開予定の映画「スパイダーマン・ホームカミング」とホットウィールのコラボアイテムです。

USでは2017年7月7日公開となっているので、あと一カ月とちょっと。
それなのに全くと言っていいほど情報が出てこない、なんとも不思議なアソートだったりします。

海外の有名なホットウィールプレオーダーサイトをいくつか見てみましたが、そこでも取り扱いがなく、僕自身も「これ、本当に発売されるの・・・?」「というか本当に2017年の新商品・・・?」と疑ったほどです。

なのになぜか日本の駿河屋さんやあみあみさんでは扱われていたし、ホットウィールファンクラブでも取り上げられていたという・・・映画の公開が一カ月遅い日本でのみホットウィールが先行で発売される的な感じなんでしょうか・・・。いったいなぜ・・・?

ラインナップ

さて、全車種謎車なせいで、多くのコレクターが”気にならない”本アソのラインナップ。
調べてみると、スパイダーマンの映画ファンからしたら少しだけワクテカな展開になったかもしれません。

通常この手の廉価サイドラインって、6種ないし8種という展開だと思うんですが、本アソに限っては7車種展開。
うち、3種が映画「ホームカミング」をモチーフとした台紙で、残り4種が「Amazing Spider man」のアメコミ風イラストが描かれた台紙になっています。

「えっ、ムービーアソって言っておきながら、ムービー関連のモデル3つだけかい!!」
とツッコミたくなるところですが、よくよく見るとどうやら残り4種は「ホームカミング」に登場予定のヴィランズだったようです。

一つずつ見ていきます。

SCOOPA DE FUEGO

イタリアの近未来的なスーパーカーのボディスタイルをフィーチャーしたというスクーパ・デ・フエゴ。
Fuegoはスペイン語で「火」とのことで、直訳すると「火の(エア)スクープ」のような意味になる車です。

ボディ後部に2機ついたスクープ・・・カウンタックだな。

これがおそらく本アソの主役機的な扱いのもので、ブリスターカードデザインも映画のポスターとしてそのまま使えそうなデザインのものになってます。
キャラクターモチーフはスパイダーマンですね。

POWER BOMB

メインラインには基本的に入ってこない車種なので、知らない人も多いのではないでしょうか。
※僕は知りませんでした。

本アソにおけるパワーボムのグラフィックデザインモチーフはヴィラン「ヴァルチャー」。
映画の紹介記事において本作の敵役として登場するとしっかり書かれていました。

ブリスターカードのデザインもスパイダーマンとヴァルチャーが空中で戦っているシーンです。

POWER RAGE

Nissan GT-Rと何か関係があるような車体だそうですが、詳細はわかりません。(後日調べます)

モチーフはスパイダーマンです。

TEEGRAY

これも何らかのスーパーカーをベースとした車両だそうです。

モチーフはこれもスパイダーマン。
スパイダーマンのカラーは赤と青なので、2色別々で用意されたんですね~。

ヘッドライトまで蜘蛛の巣なのはちょっといい感じ。

GOLDEN ARROW

これまたコンセプトカー的なデザインの謎車です。
4灯のヘッドライトがちょっとだけ可愛いですw

ゴールデンアローのグラフィックデザインモチーフはヴィラン「ショッカー」。
このキャラも既にホームカミングに出場することが決まっています。

DRIFT KING

ミニ四駆みたいなデザインの謎車ですね。
ドリフトをかましそうな感じがしないんですが、ドリフトキングです。

モチーフはヴィラン「ザ・プロウラー」。
映画のトレーラーを見ると、このキャラらしき悪役が出ているのがわかります。

JADED

本アソで僕が唯一欲しいのがこれ。
1950年代初頭におけるカイザー=フレーザー社の小型エコノミーカー「ヘンリーJ」にインスパイアされたという謎車のJADEDです。

カラーリングでかなり化けそうなので、カスタム前提で購入してもいいぐらいですw

グラフィックのモチーフはヴィラン「スコーピオン」。
このキャラが映画に出るかどうかはわかりませんが、今までの流れから言えば登場するんだと思われます。

おわりに

というわけで、スパイダーマンムービーアソの詳細をちょっと追ってみたまとめでした。

冒頭でも書いたとおり、やっぱりJADEDぐらいしか欲しくなりませんでしたが、今回調べていてスパイダーマンのヴィランズをもっともっと知って行きたくなったので、コラボとしては成功なのかもしれませんw

ちなみにスパイダーマンのアソは昨年か一昨年あたりにも出ていて、そのアソートのコードもDWD14だったみたいなんですよね。
そういえばエンターテインメントアソートも全部DMC55だったような・・・。
これがベーシックカーにおけるC4982やL2593みたいなものなんですね、きっと。

スパイダーマンアソには興味がないという方も多いかもしれませんが、2014年のポップカルチャーにスパイダーマンが採用された際のヴェノムのEvil Twinはむちゃくちゃカッコよかったです。
ああいうのをもっと作ってくれれば双方のファンが盛り上がりそうなのになぁ・・・といつも思ってしまいますねw

ただ、今ふと思い出したんですが・・・

グアムの某ショップでは昨年(一昨年?)のアソがクッソ高かったんですよね・・・。
やっぱり海外では謎車とはいえかなり人気なのでしょうか・・・?

日本でもどんな感じで余るのか、気になるところです。(余る前提)

スポンサーリンク

  こんな記事も読まれています

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です