Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

Target限定Throwback 10-Packのラインナップ。これはバリエーションと侮れないぞ・・・!

ちょっと前から、Target限定Throwbackコレクションの10-Pack情報が出回っています。

ちょっ・・・今更かよ!?

実は50周年の記念コレクション一覧が公式で発表された時に・・・

「Also available HW 50th Throwback 10-Car Pack」っていう記載があったんですよ。

それなのにThrowback Collectionが普通に10種×2アソートで登場したので「10-Packってなくなったんだろうな」と思っていたんです。
まさか今になって登場するとは・・・。

せっかくなのでラインナップを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

スローバック・10パックのラインナップ

Throwback Collectionは「アメ車の歴史」を10年ごとに区切って追うシリーズです。
別名「Decadesシリーズ」なんて呼ばれてました。

USにおいてはTarget限定でしたが、日本ではイオン限定で展開されたのが記憶に新しいですね。

イオンにてTarget限定THROWBACK COLLECTIONが予約開始されるも瞬殺される

今回の10-PackもおそらくはTarget限定かとは思われますが、すでにebayではオーストラリアやマレーシアからの出品があり・・・日本に入ってくる可能性も無きにしも非ず・・・といった感じかと思われます。

であればまたイオンさんが頑張ってくれますかね!?(たのむ)

さて、今回のラインナップはこんな感じだったそうです。

Photo by ebay.com

また例によって70年代から10年区切りで、その年代を代表するアメ車たちを並べた感じになっていますね。(あたりまえ)

といっても端から順に70年代~と並べるのではなく・・・なんか不思議な順番になっています。

Photo by ebay.com

実際のミニカーもパッケージ画像と同じ並びになっていました。
アッー!なるほど・・・

10-Packの中箱って、実はスペースが均一じゃないんですよ。
例えば全長が長すぎる車種は真ん中一列に入らない・・・みたいな造りになっているんです。

これが伝統的なものなのか、2018年の仕様なのかはわかりませんが、少なくとも僕が以前入手した10-Packはそういう仕様でした。

そう思うとこれ・・・「真ん中に入るヤツ」から選んで並べていった順番・・・ってことになりそうですねw

ラインナップを(年代順に)見ていくと、こんな感じです。

  • ’70 DODGE CHARGER R/T
  • ’71 MUSTANG MACH 1
  • DMC DELOREAN
  • ’85 CHEVROLET CAMARO IROC-Z
  • ’86 MONTE CARLO SS
  • ’99 FORD MUSTANG
  • DODGE VIPER RT10
  • FORD MUSTANG GT
  • C6 CORVETTE
  • CAMARO CONVERTIBLE CAR

あれっ・・・
なんか見覚えがあるヤツばっかりですね・・・。

箱の裏面にはMix AとMix Bの全車種が載っていますが・・・なんと今回選ばれた10種はここに掲載された前回までの20種にある車種のバリエーションとなっていました・・・!

HW 50TH THROWBACK COLLECTION (Target限定 Decades)のラインナップについて

2018年THROWBACK COLLECTIONの後半10種(Mix B?)がNZ先行発売!10-Car Packじゃなかった模様!!

これはなんて期待外れなんだ!!!

・・・と思うのは早計です。
一応車種を一つずつ確認していきましょう!

’70 DODGE CHARGER R/T

70年代を代表する車種の1つめは’70 DODGE CHARGER R/Tでした。
いわゆるドムのチャージャーですね。

Mix Aの#1としてラインナップされていたもののバリエーションモデル。
やっぱり色やグラフィックが違うだけで印象が全然違って見えるなぁ・・・。

車両後方には「HEMI」と書かれているっぽいです。
ダッジと言えば!って感じですね!

・・・Mix Aのヤツ、まだイオンに残ってるかな・・・。

’71 MUSTANG MACH 1

70年代の車、もう一つは’71 MUSTANG MACH 1でした。
こちらはMix Bの#1としてラインナップされていたもののバリエーションですね。

Mix Bの時はドラッグレーサー風の可愛いデザインだったのが、こっちはもうちょっと渋い感じ。

メタルフレークブルーボディ(たぶん)に赤いインテリアがすごく決まってます!!

DMC DELOREAN

80年代を代表する車種の1つめはDMC DELOREANでした。
Mix Bの#4としてラインナップされていた車種です。

しかもなんか未来っぽいポリス仕様で・・・「こんなデロリアン見たことない!」って感じ。

実際にデロリアンのポリスカーってのはあったらしいですけどね~。

’85 CHEVROLET CAMARO IROC-Z

80年代の2つめは三代目カマロでした。
Mix Aの#4としてラインナップされていたもの。

ストックカー風のデザインでいかにも走りそうな感じですぞ!

’86 MONTE CARLO SS

80年代3つめは’86 MONTE CARLO SS。
BUICK GRAND NATIONALあたりが来るかと思っていましたが、こっちだったかー!

これもMix Aの#5としてラインナップされていました。

こうやって続けてみて見ると、80年代の車種は全体的に四角い印象があって面白いです。

’99 FORD MUSTANG

90年代の代表車種はいっきに1999年まで飛んで、’99 FORD MUSTANGです。
Mix Aの#6でシェリフ仕様だったモデルは僕もゲット済み。

グリーン(抹茶っぽい)メタボディにスキャロップ×フレイムスみたいなデザインが渋カッコいいですね~!
これまた「ホットウィールはグラフィックやカラーで全然印象が変わる」ってのを証明してくれました。

DODGE VIPER RT/10

90年代のもう1つはDODGE VIPER RT/10。
Mix Aの#7にラインナップされていたものです。

なんか90年~00年代の車にフレイムスが入っているのって珍しい感じがしますね。

ヘッドライトやエンブレムもしっかり再現されていそうなので、歴代リリース品のどれよりもいい仕上がりに思えます!!

FORD MUSTANG GT

00年代1つめはFORD MUSTANG GTでした。
Throwback Collectionってどうも”マスタングびいき”なところがあるシリーズで、この10-Packにもしっかり2種がラインナップされてましたね。

Mix Bの#8にもラインナップされていた6代目マスタング(2005年~)にレース風デザインが施されたものです。

初代マスタングを意識したデザインということもあり、個人的にはなんとも「マスタングらしい」という印象を受けるモデルだったりします。欲しい。

C6 CORVETTE

00年代の2つめはC6 CORVETTEでした。
Mix Aの#8にラインナップされたアイテムのバリエーションです。

・・・って、なにこれ・・・ふーん・・・エッチじゃん。
特にヘッドライト~ボンネットあたりのフレイムスがすっごい。カッコいい!

ホットウィールにC6は数あれど、こんな感じのってなかったんじゃないですかね~??
これは欲しいぞ・・・。

CAMARO CONVERTIBLE CAR

オオトリは90年代の3つめ、CAMARO CONVERTIBLE CARでした。
Mix Aの#9ではCAMARO CONVERTIBLE CONCEPTとなっていたアイテムですね。

ケースのほぼ真ん中にあったためか、なにかと目立ちそうな一台。

ディープパープルに白いフレイムスってのがまたカッコいいですね~!!!

おわりに

といった感じで、フレイムスやレースカー仕様の多い全アメ車というThrowback 10-Packでした。

どうでしょう?これ。
日本に入ってきてくれたら・・・買っちゃいますよね・・・。(値段次第だけど)

現在ebayで普通に$40とかで取引されているのを見ると不安になりますが・・・。
※でもThrowback Collectionが1台430円だったんだから、10台だったら4,300円か。

むしろ「バラ売りしてくれ~!!」って感じですw

さてさて、そんな妄想をしていても「日本に入ってくるか否か」はまだわかりません。
正規輸入に期待したいところです!

スポンサーリンク

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. 雷電 より:

    更新お疲れ様です。ホットウィールのカラーリングは重要っていうのを教えてくれる良い先生な10パックですね。 チャージャー等の一部除いて、結構売れ残り組がいますがどれも魅力的に、なっていて驚きです。

    • にわかマニア管理人 より:

      雷電さん

      コメントありがとうございます!

      そうですね~。カラーリングって本当に大切なんだなぁ。
      こういうところで刺激を受けて、売れ残りを買ってカスタム・・・というのが健全な楽しみ方のような気もしてきましたw

  2. DK より:

    こんにちは

    更新お疲れ様です
    Mach1欲しいけど前後のタイヤの大きさ違うのか…
    皆さんはどうか知りませんが、僕にとってこれは結構重要ポイントです!金型改修を待つしかないですね

    最近ホットウィール関係の収穫はあんまりありませんが、実車の方はすごい収穫がありましたよ!
    Custom Hill Reunionというアメ車のイベントで、C10, エコノライン, 32フォードといったお馴染みの車を沢山見てきたので良かったらチェックしてください!

    https://photos.app.goo.gl/bKtasJHqfQ2cuxWX9

    • にわかマニア管理人 より:

      DKさん

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      そう言われて2019年AアソのMACH 1も確認してみましたが、やっぱり後輪が大きいですね。
      これは「自分で前後輪サイズを合わせるのじゃ・・・」という神の思し召しかもしれませんぞ。。。

      >Custom Hill Reunion

      うわっ・・・なにこれカッコいい。
      これ本当に日本のイベントなんですか・・・!
      行きたかったぜ・・・。

  3. 光(*≧○≦*)ホットウィール好き より:

    バイパーかっこいい(*≧∀≦*)

    • にわかマニア管理人 より:

      光(*≧○≦*)ホットウィール好きさん

      コメントありがとうございます!

      バイパーいいっすよねえ!^^
      ホットウィールの初代バイパーで本当に一番いい感じなんじゃないかと思ってます。
      リアルライダーを履かせたい。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です