Hot Wheels 情報まとめ | Hot Wheelsにわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

ホットウィール収集の終わりと、長くファンを続けるためにできること

      2017/07/05  - 考察・コラム

先日、ベーシックカーの発売日に、これまで1年以上戦ってきた戦友が突然の引退を表明しました。

僕はまだ本格的に集めだしてから1年ちょっとぐらいですが、もうすでに「いつかは収集の終わりが来るんだろうな」と感じています。
当初は「年間2万円ぐらいの趣味なんだったらいいんじゃない」と笑っていた妻も、毎月5~10台ずつ増え続けていくミニカーに対して「笑いごとじゃねえ」という感覚に変わってきていますw

幸いうちの妻は僕の許可なしで勝手に収集物を捨てるようなダメ人間ではないので救われていますが、このまま行けば米国コレクターの平均収集数である1500台なんて、あっという間に超えてしまうんじゃないかという不安があります。

HW収集って、いつどうなったら終わりがくるんでしょうね。
そんな漠然とした不安を感じてしまったので、今日はいつもと趣を変えて「HW収集の終わりについて」と「長くファンを続けるためにできること」を考えてみました。

・・・ブログに書くネタがなかったわけではありませんよ!
誰にとっても「他人事」ではない問題だと思ったんですw

スポンサーリンク

HW収集の終わりについて考えさせられた

HW収集を始めて、ブログを書くようになって1年以上経過していますが、すでに何人もの方から「引退します」という発言を聞いています。

「いちいち言うなよ」って思う方もいるかもしれませんけど、僕はなんとなくそういった「表明」をしたくなる気持ちってわかるんですよね・・・。
自分で区切りをつけるために、誰かに宣言しておかないと気持ちが揺らいでしまうとか・・・切腹するのを見届けてもらう的な意味合いもあるのかなと。

で、まぁ収集を辞めるからにはいろいろ理由があると思うんですが、多くの場合は「飽きた」ということに起因しているだろうなと思います。

冷静になる日は突然に。

ホットウィールに限らず、何かの収集をする場合、ある程度の覚悟がなければいつかは必ず終わりが来ます。

急に「おれ、なにやってんだろう」と思う日がやってくるんです。
いわゆる「冷静になる日」ですね。

冷静になる日が来るのは本当に突然で、HW収集だけではなく、自分の夢だったり恋愛だったり、勉強や仕事などすべてに急に訪れます。

「なんでこんなものに熱中していたんだろう・・・」

こう思い始めてしまったら、途端に熱が冷めていき、それまで魅力的に映っていたものがあっという間に「くだらないもの」に見え始めてしまうのです。。。ああ、おそろしや・・・。

熱しやすいものほど冷めやすい

真冬にお風呂に入る際、熱湯に少しの時間入っただけだとその瞬間は体が温かいのですが、その後すぐに冷めてしまうという現象があります。
「熱しやすいものほど冷めやすい」というのはあながちウソじゃないんだなと思いますね。

逆に半身浴などで体の芯から温まった場合には、長い間体がポカポカしているものです。

ホットウィールはどうしてもその販売スタイルからか熱狂しやすい性質を持っています。
「他の人に取られるぐらいなら買っておこう」
「価値が上がるかもしれないから、いくつか持っておくか」
「欲しいものがあるわけじゃないけど並んだからには買わなきゃ」
こういう思いから、ついつい10個、20個と毎月のように摘まんでいくのが当たり前になってしまいますね。

最初のうちは増えていくホットウィールが愛おしくて仕方ないのですが、次第に部屋を圧迫していくその在庫に「キリがない・・・」と辟易することになるわけです。

熱狂したらしただけ、冷静になる日が来るのが早まることに繋がっていきます。

仲間に殺されるパターンも

もちろん冷静になるのは自分自身に起因するだけではなく、本来は仲間であるはずの他のコレクターさんに殺されるパターンもあると思っています。

最近よく聞く「マナーの悪いコレクター」の存在なんかがそうですね。

「HW集めてるヤツの民度ってこの程度かよ・・・」と思った瞬間に気持ちが冷めてしまうというのはなんだかわかる気がします。

ただまぁ、先駆者には先駆者の事情もあるわけなので、僕ら新参者がどうこう文句を言うようなことでもないような気もしなくもないですが・・・。

マテルとしてはどうなの?

こういうのを考えた時に「マテルとしてはどうなんだろう?」というのをよく考えます。

毎月新しい商品を出し、射幸心を煽る売り方はにわかコレクターのサイクルを縮める気がするんですよね。
買占め問題なんかも、新参者が参加しづらい状況を作り出しているわけですし。

そもそもUSでは$1未満で売られているからこそのクオリティや商品サイクル、販売店舗の展開が現地コレクターにとってはちょうどよく作られているのであって、日本において定価300円で販売店舗数も少なく、同じような方法で売るのって本当は無理があるんじゃないでしょうか。

・・・とはいえ、日本に再びホットウィールが入ってくるようになってすでに20年近く経過していることを考えても間違った手法ではないという証明になっているのかもしれませんがw

※少なくとも僕としては”買えない現状だとしても”この売り方で続いてほしいと感じる部分があるため、何が正しいのかは難しいところですけどね・・・。

長くファンを続けるためにできること

こういったところから”ガチマニアになる覚悟がない人”が「長くファンを続けるコツ」は、「むきにならない」ということかなと思っています。

いくら貧しいとはいえ僕は大人なので、買おうと思えば毎月欲しいだけホットウィールを買えるわけですよ。
なんだったらRLCとかに数千円払うのだってできなくはないわけです。

・・・あ、ビーチボムに$70000は出せませんが。。。

でも、買えるからと言って欲しいだけ買ってしまうと、毎月その欲求がガッツリ満たされてしまうわけで、飽きる日が来るのが早まると思うんです。

美味しいからといって毎食カレーばかり食べていると、3日目ぐらいには「何か他のが食べたい」ってなるじゃないですかw

そうならないためには、毎月「くそぅ・・・あれもこれも欲しかったな・・・」という気持ちを持ち続けることなのかな、と。
そう考えさせられました。

おわりに

というわけで、戦友の引退から考えさせられた、HW収集の終わりと長くファンを続けるコツでした。
科学的根拠があるわけではなく、ただただ僕が妄想しただけの話です^^;

さらに言えば、これは僕のような”にわかファン”にこそ当てはまるものだと思っています。

というのも、ガンガン買い続けて数十年という方がいるのも知っているからです。
早い段階で「ガチマニアになる」という覚悟ができた方は冷静になるタイミングなんて関係ないのかもしれませんね。

HWの収集は「趣味」なので、続けることが良いことでも、辞めることが悪いことでもないと思っています。
ただやっぱり「辞めます」というのを聞くと、一緒に楽しめる仲間が減っていくような感覚があってちょっと寂しい気持ちになりますねw

・・・明日は我が身かもしれませんが・・・。

スポンサーリンク

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. ユーファー より:

    初めて投稿させていただきます!
    いつも管理人さんのブログを楽しみにみさせていただいております。

    実は私も小学生から専門学生までホットウィールの魅力にハマりずっと収集しておりました。ただ、ある日に実車の、部品や、維持にお金を使い、学生時代に行ったフリーマーケットでコレクションの全てを譲りました。

    それから、8年。
    結婚に娘の誕生と色々趣味の物をセーブしてきました。
    ミニバイクも税金を払いながら5年放置しております。

    その中で整備や弄る時間がない時に、ふと!
    去年の11月に久々ホットウィールをトイザらスで見かけ、手にしたのがきっかけで、また収集熱が再発しました。

    幸いにも妻には了承を、得て毎月第1土曜日と、月の半ばに4台程と買ってます!

    私も選手の土曜日に初めてベーシックの列に7番目に並びましたが、欲しい車種を目の前でポンポン取られた時に、『こんなにみんなガチンコなんだ…。』って思わされてからは、程々に買うことにしました!

    そしたら、昨日まさかのバースデーにフレイムスシリーズのシェビー55が普通に陳列しており即買ってしまいました。

    これをきっかけに、緩く、たまたま出会ったホットウィールに、感謝する事にしました!
    ベーシックカーでも一期一会だと、思いました!

    すみません、長文駄文失礼しました。

    私にもSTHに巡り会える日がいつになるからは分かりません。もしかしたらずっと見れないかもしれませんが、STHやTHやVWや日本車と人気が絶えないジャンルでも、もしかしたら思いがけない所で出会えるかも知れない楽しみがあります。

    管理人さん、これからも素敵なブログ楽しみにしてます!

    • にわかマニア管理人 より:

      ユーファーさん

      初めまして!コメントありがとうございます。

      >小学生から専門学生までホットウィールの魅力にハマりずっと収集しておりました。

      おおすごい・・・筋金入りですね。うらやましいw

      >結婚に娘の誕生と色々趣味の物をセーブしてきました。
      >ミニバイクも税金を払いながら5年放置しております。

      どこかで大人にならないといけないタイミングって来るんですよね・・・w
      僕も息子が生まれた時は諸々の趣味をすべてセーブ・・・というか、興味がなくなった記憶があります。

      >ミニバイクも税金を払いながら5年放置しております。

      わかります・・・僕はなかなか乗らなかった車を維持するかどうか悩んで、結局手放してしまいました。
      ホットウィールは維持費がかからないのは助かりますよねw

      >幸いにも妻には了承を、得て毎月第1土曜日と、月の半ばに4台程と買ってます!

      お互い境遇に恵まれてますねw
      中には奥さまの監視下で吐血しながら収集されている方もいますので・・・w

      >『こんなにみんなガチンコなんだ…。』

      そうなんです!
      僕もがっつり集めだす前までは「適当に売り場に行って、物色して得られるものだけ得て帰る」みたいな感じでよかったんですが、欲しい車種が出てくると「どうもそういうわけにはいかないぞ」と。
      ここが熱狂させられるポイントでもあるんでしょうね・・・。

      >緩く、たまたま出会ったホットウィールに、感謝する事にしました!

      素晴らしいです。
      「あるのがあたりまえ」と思うから、無い事に憤慨するのであって、無いのが当たり前なら出会いに感謝することが出来そうですね。

      >STHやTHやVWや日本車と人気が絶えないジャンルでも、もしかしたら思いがけない所で出会えるかも知れない楽しみがあります。

      これがあながちありえなくないのがHWの面白いところでもありますね。
      例えば普段見向きもしないような子供服専門店の隅っこにチョロっと並んでたりして、見てみたら人気の日本車だった・・・なんてことがありました。
      願わくば、もっといろんなところで出会えると嬉しいです。

      >管理人さん、これからも素敵なブログ楽しみにしてます!

      ありがとうございます!今後ともよろしくお願いいたします^^

  2. hanaクマ より:

    にわか様、こんにちは。
    今回のお話、いろいろと考えさせられました。
    HWの面白さの一つは狩猟性にありますよね、苦労して出掛けて、大猟もあれば、ボウズの日もあり。トミカの初回限定も似た部分がありますが、やはり集めているときの興奮度は他のミニカーにはあまりないところのような気がします。

    しかし、だからこそ! 燃えるからこそ、冷める日も必ず来るような気がします。
    私は環境的な事情もあるし、大量に増えていくことへの恐怖もあって、かなりのライト層ではありますが、よく分かります。

    実は今までにも色々な収集に熱を出して、しばらく熱中した後で他に移りということを続けてきたのですからw(後で戻る場合もよくありますがw)
    今現在も、ミニカーと並行して、他にも収集しているという体たらく。自分の体質はよく分かっているので、一つの趣味にあまり深入りしないようにはしていますが。
    それでも収集行為は止められないんですけどね。

    • にわかマニア管理人 より:

      hanaクマさん

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      >HWの面白さの一つは狩猟性にありますよね、苦労して出掛けて、大猟もあれば、ボウズの日もあり。

      たしかに。
      釣りをする人とかこんな感覚なのかな・・・。

      売り場のことを狩場とか戦場という言葉で表すのも、そういうところから来ているのかもですねw

      >やはり集めているときの興奮度は他のミニカーにはあまりないところのような気がします。

      そういうものですか!
      僕は他のミニカーはほとんと手をつけないのであまりわからないんですが、やっぱり違う感覚があるんですね。

      >実は今までにも色々な収集に熱を出して、しばらく熱中した後で他に移りということを続けてきたのですからw

      程度に差はあると思いますが、僕もライト層かつ同じような経験をしてきていますw
      熱しやすい人ほどいろいろなものに興味が出やすいわけで・・・広く浅くな趣味を続けていました。

      まぁ、何が正解かなんて答えは出ませんので、「飽きるまでは細々と集めていく」という形になるのかなーと言った感じですよねw

  3. d-y より:

    こんにちは(^^)

    すごく考えさせられるブログでした。

    私もホットウィール歴1年ほどですが、その間に何回も引退しかけたことがありました。

    ホットウィール→マイスト→Jada→グリーンライト→ジョニーライトといった感じでいろいろなものを集めました。

    ですが結局ホットウィールに戻ってきます。

    地元のコレクターの方を見てて思うのですが、実車だから買う、人気あるから買う、そういう方たちが多いです。

    私は本当に好きな車種しか買いません。ヤフオクとかで高くても好きな車種なら買います。

    毎日好きな車種をテーブルに広げては片付けるの毎日ですが、好きでもなくなんとなく人気あったから買ってみたミニカー達は寂しそうにダンボールにいます。

    ただのおもちゃ、物といったらそれまでです。

    私にはそういうミニカー達がかわいそうで仕方がありません。

    同じ車種、カラーを何台も持ってて未開封ですが(笑)

    たとえミニカーでも毎日愛着を持って接していきたい、そう思えるのが本当のコレクター魂だと私は思います。

    文章ヘタですいません(笑)

    リアルライダーかっこいいですが、私は興味ありません。

    ベーシックの良さに気づいたからです。

    値段じゃないです。

    本当のミニカーとは?を追求してたどり着いた結果です(笑)

    ミニカー本来の良さが自分の中でわかれば、引退と言う言葉は浮かばないかなと思います。

    小さい頃、買ってもらったホットウィールが先日でてきて、やっぱりホットウィール大好きなんだなと気づかされた今日この頃でした(*^^*)

    • にわかマニア管理人 より:

      d-yさん

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      >私もホットウィール歴1年ほどですが、その間に何回も引退しかけたことがありました。

      案外1年とか2年のうちぐらいに「辞めようかな」っていうポイントが来るのかもしれませんね。
      10年以上集めてますというような方から「辞める」という話ってあまり聞かない気がするので・・・。

      >ホットウィール→マイスト→Jada→グリーンライト→ジョニーライトといった感じでいろいろなものを集めました。

      トイザらスやドンキに行くといつも目移りしますw
      でも結局は高額で僕には手がでず・・・

      >毎日好きな車種をテーブルに広げては片付けるの毎日ですが、好きでもなくなんとなく人気あったから買ってみたミニカー達は寂しそうにダンボールにいます。

      ああ、わかりますw
      飾るスペースをしっかり用意しておかないと、「出してはしまって」の繰り返しになりますよねw

      好きでもないけど買ってみたミニカーは、僕の場合ブリバリすると急に愛おしくなったりします。

      >たとえミニカーでも毎日愛着を持って接していきたい、そう思えるのが本当のコレクター魂だと私は思います。

      せっかく買ったからには・・・という想いってありますよね。
      かといって台数が増えてしまえば「全員が全員スタメン」というわけにもいかず・・・悩ましいところですw

      >ミニカー本来の良さが自分の中でわかれば、引退と言う言葉は浮かばないかなと思います。

      おおお、そういうもんですか!
      ミニカー本来の良さ・・・なんだろう。
      むしろそこはしっかり考えたことがなかったです。

      >小さい頃、買ってもらったホットウィールが先日でてきて

      うわー、うらやましい!
      僕の場合、父親が車好きだったくせに僕にはミニカーを買ってくれなかったんですよね・・・。
      なので幼い僕の記憶の中にはホットウィールはおろかトミカすらないんです。
      小さいころに買ってもらったミニカー、今後も大切にしてあげてくださいね!

  4. sk8er より:

    いつもありがとうございます。ヘビーなネタでしたね。
    私の感想としては、趣味ってやっぱり突き詰めていきたくなるものだし、
    その過程で先細っていくというか、「その趣味本来の楽しさ」が
    初めの頃はそこかしこにあったのに、突き詰めていくとともに「楽しさ」に至るまでの
    ハードルがどんどん高くなってしまうところがあるように思います。

    私は集める派でなくいじる派なんですが、最初はちょっとしたカスタムでも楽しめますが
    だんだん突き詰まってきて「よっしゃ!」と思うのが完成してすごく気に入っていても
    次のクルマで同じことしたくはないんですよね。
    その時に「自分でハードル上げてるなぁ…」と思うときがありますw
    あとは突き詰まった結果コストが上がってきたりとか。
    私はリアルライダー派になってしまったので顕著ですw

    一方で私は謎車も大好きなので、玉石混淆とはいえ次々に楽しいクルマが出てくるHWは、
    気楽に楽しめるところがいいなあとも思っています。
    HW趣味が続くかどうかは、案外謎車を好きになれるかどうかにかかっているのでは?
    という気もしますw

    • にわかマニア管理人 より:

      sk8erさん

      コメントありがとうございます!
      ヘビーでしたか^^;

      >突き詰めていくとともに「楽しさ」に至るまでのハードルがどんどん高くなってしまう

      ああー!ありますね!!
      だから最初は「集めること」そのものが楽しかったのに、いつからか「欲しいものがゲットできなければつまらない」という感覚になってしまって、そのうち「欲しいものがゲットできても退屈」になってしまう・・・と。

      特にカスタムは突き詰めたらキリがなさそうですね・・・。
      僕は簡易カスタムからはまだ抜け出せていないので救われてますw

      >あとは突き詰まった結果コストが上がってきたりとか。
      >私はリアルライダー派になってしまったので顕著ですw

      これもありますね。
      トイザらスで買える最新のベーシックカーで我慢できていれば、たとえ10台買ったところで2000円で済むところ、リアルライダーじゃなくても昔のモデルを探し出すと結局高くついてきちゃいますし・・・。
      欲を出した結果、自分の首を絞めることにもつながる、と。

      ただまぁ、突き詰めるということは結局「楽しい」ということの裏返しでもあるわけで、その結果冷めてしまったとしても、やっぱりそれはそれで悪いことじゃないんだろうなと思えました。

      >HW趣味が続くかどうかは、案外謎車を好きになれるかどうかにかかっているのでは?という気もしますw

      そうですねw
      長く収集を続けられている方はだいたい謎車も実車と同じく楽しんでいる印象ですし。

  5. トルネオ より:

    こんにちは!ご無沙汰しております。

    また、えらく哲学的な記事ですね…嫌いじゃないです。

    私は、ミニカーコレクションというのは、見た目よりもずっとマニアックで特殊な趣味だと思っているので、辞められる方が出てくるのは仕方の無い事だと考えています。

    幸か不幸か、私はHW集め出して20年以上経っているのですが、辞める気はさらさら無いです!
    ただ、置き場だけが大きな問題です。
    特に、嫁さんが無駄に「断捨離」なんて言葉を口にする様になってからは毎日がガクブルです。

    無理なく集めてても、何時しかコレクションは膨大になりますから、皆さんも保管場所を確保しながら自分なりのHWライフを楽しみましょう!

    • にわかマニア管理人 より:

      トルネオさん

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      哲学的でしたか・・・w
      なんだか戦友がいなくなると聞いて寂しくなってしまい、軽い気持ちで書いたんですが・・・意外と反響があってびっくりしてます。

      >ミニカーコレクションというのは、見た目よりもずっとマニアックで特殊な趣味だと思っているので、辞められる方が出てくるのは仕方の無い事だと考えています。

      マニアの方でもいろいろな方がいて面白いなと感じますね。
      ただいずれの場合も「冷静になったら負け」なのかなと。

      >幸か不幸か、私はHW集め出して20年以上経っているのですが、辞める気はさらさら無いです!

      20年以上ですか!!
      もうほんと、関西に足を向けて眠れませんね・・・

      というか20年以上かけた趣味を辞めるタイミングがあるとしたら、いったいなんだろう?と逆に気になりますw

      >嫁さんが無駄に「断捨離」なんて言葉を口にする様になってからは毎日がガクブルです。

      wwwww
      断捨離マジで怖いですw
      幸いうちの妻は僕のテリトリーには”あまり”入ってこないですが、その昔母親にはやられましたw
      男女ではこのあたりの感覚って違うんでしょうかね・・・。

      >無理なく集めてても、何時しかコレクションは膨大になりますから、皆さんも保管場所を確保しながら自分なりのHWライフを楽しみましょう!

      さすが、長年集めていらっしゃる方だと余裕が違いますw
      にわかコレクターだとどうしても「あれもこれも!」と手に入るうちにゲットしたいという気持ちにさせられますが、きっとそれを乗り越えた先にもっと楽しい何かがあるんじゃないかな・・・なんて考えてます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です