Hot Wheels 情報まとめ | Hot Wheelsにわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

2018年のブリスターカードデザインがリーク!?ebayではSTHも。

     - NEWS , ,

いつも情報がめちゃくちゃ早い「T-Hunted!」にて、2018年ベーシックカーのカードデザインがリークされていました。
[参考]T-Hunted!: A primeira foto da embalagem da Hot Wheels de 2018!

もうすでにマレーシアでは2018年モデルの生産は始まっているんですね~。
USでの登場は9月か10月ごろ、日本では11月から展開されるものと思われます。

また、ebayでは2018年AアソのSTHと思われるDATSUN 620がいくつも出品されていますw

だいぶ気が早いですが、先行”漏洩”情報を見てワクワクしていきましょう!

スポンサーリンク

2018年モデルの非公式先行情報

T-Hunted!にて取り上げられていたのは2018年NIGHTBURNERZセグメントにラインナップされる(と思われる)、CUSTOM ’01 ACURA INTEGRA GSRでした。

以下の画像はT-Hunted!にて公開されていたものを加工したものです。
※元画像で切れていた部分は妄想で補完しましたw

Photo by T-Hunted!

2016年、2017年のカードデザインを踏襲しつつ、より洗練された「50th仕様」になっている感じですね。

主な変更点は6点。

  1. ホットウィールロゴが見切れるほど大型化
  2. 車のイラストがやや小さくなっている(角度もやや正面を向いている)
  3. ブルーバック部分にループトラックなどがデザインされている
  4. セグメントアイコンが四角くなっている
  5. 全体的なフォントの変更(車体名はイタリックに)
  6. 50th Anniversaryのロゴが記載されている

50thのロゴと、四角くなったセグメントアイコンのおかげで、売り場に並んでも一発で「新しいヤツだ!!」ってわかりそうです。

カードデザインが変わることがコレクターにどんな影響を及ぼすのかはわかりませんが、なんとなく「早く売り場で見てみたい!!!!」って気持ちにさせられますね~。

ebayではSTHも

T-Hunted!で情報のリークがある時にはebayにも商品が流れている可能性があります。
そこで調べてみたんですが、記事執筆時点では2018年のカードの流出はなかったですね。

その代わり、2018年AアソのSTHと思われる、DATSUN 620が出品されていました。

Photo by ebay.com

カモフラージュパターンで仕上げられたDATSUN 620です。
ボディサイドとボンネットにSTHのロゴである「TH」の文字が入っていますね。

車体後部には「TH-620」とステンシル風にペイントされていて、なんとも軍用車っぽい仕上がりです。

画像だと地味目なグリーンカラーですが、実際にはスペクトラフレームグリーンでもう少しギラついた感じになるのかな。
ホイールが製品版もRR8SPかどうかは微妙なところだと思います。

10個ぐらいは出品されていて、すでにいくつかは$20程度で落札されていました。

おわりに

というわけで、2018年モデルの非公式な最新情報でした。

まだ4ヵ月も5ヵ月も先のことなので気の早い話かと思いましたが、今から4ヵ月前ってROLLER TOASTERとかFUGU Zとかの頃だと考えたらあっという間ですね。
ついにホットウィール50周年が始まるんだなぁ・・・。楽しみやら、怖いやらw

ところで、こういう先行情報の漏洩って、誰がどういう経緯で工場から持ち出して横流ししているのかわかりませんが・・・おそらく本当は「やっちゃいけないこと」ですよね・・・。
マテルが戦略的に「この試作品持ち出していいから、素人装って情報流出しといて!」ってやってるならまだしも・・・STHをebayで売るなんてのは私利私欲でプロト品をくすねてきたんじゃないか・・・?と勘ぐっちゃいます。

ただまぁ、僕らとしてはこうやって情報が出てきてくれるのはワクワクするし、なんとも葛藤する部分ではありますけどね~w
難しいところです。

スポンサーリンク

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. B太(中) より:

    来年はHW50thですか!私より3歳、兄貴より5歳(因みに18日は兄貴の誕生日でした!兄貴おめでとうさん!)若かったんですね!
    STHのリーク品、私利私欲でくすねて来たのは間違いないでしょうね。昔、Mr.Craftという恵比寿にあったミニカーショップのフリマフロアーに、通称「謎の中国人」と呼ばれる家主さんが、ルースのB級品を出品してる箱がありましたが、恐らく工場の完成品検査で弾かれたヤツをくすねてきたのだろうと思われますが、世に出る前の商品をネットで売るのに比べたら、”彼”はある意味良心的でしたね。
    ところで、唐突ですが中国のHW事情の一発目です。
    今日は、中国でのHWの価格の話をします。
    中国ではレギュラーの定価は18元です。
    今のレートで言えば300円弱ですから日本の定価とほぼ一緒なんですね。
    因みに、タイでの定価は99THBだから、レート換算するとこちらもやはり300円です。
    HWの値付けが面白いな〜と思うのは99という数字に拘っていること。
    アメリカでは99¢の店が多かったのですが、これは「1$を切る安さ!」を強調した値付けだと思われ、それは95¢でも80¢でもダメなのでしょう。ギリギリ1$を切った値付けにする事で、逆に1$に満たない、これは安い!と思わせる所謂価格戦略ですね。
    先程挙げたタイは99THBで、日本はトイザらスも西友も199円。中国もその例に漏れず、トイザらスではほぼ毎日9.9元にプライスダウンされています。
    アメリカ企業がスゴイな〜って思うのは、こんな感じでしっかりした価格戦略がありそれが世界中何処に行ってもブレないことです。
    マクドナルドもiphoneも世界中ほぼほぼ同じ価格ですからね。
    ということで、拉麺一杯10元で喰える中国であっても定価は日本と同じくらいという高級玩具だという情報でした。
    因みにトミカはトイザらスでも一個35元です。HWの実売価格の三倍以上の価格設定なんですよ…やはり日本人は商売が下手ですね(泣)

    • にわかマニア管理人 より:

      B太(中)さん

      コメントありがとうございます!

      >来年はHW50thですか!私より3歳、兄貴より5歳(因みに18日は兄貴の誕生日でした!兄貴おめでとうさん!)若かったんですね!

      50年愛され続けているミニカーというのもすごいですよね。
      おかげで年配の方から本当に若い方までファンがいて面白いです。

      >通称「謎の中国人」

      なんとなくワクワクするネーミングですね・・・w
      ルースのB級品はいまだにオークションなどでもよく見かけます。
      出所が気になっていましたが、やっぱりそういうアイテムだったってことでしょうかね~。

      >中国でのHW

      ありがとうございます!貴重なお話です!!

      99という数字は確かに価格戦略について書かれた本で以前読んだことがあります。
      それを全世界で徹底しているというのは面白いですね!

      そして中国では毎日9.9元・・・!?日本よりちょっとだけ安くなるとは・・・!
      中国に出張に行く機会があったら是非探したいところですw(ないけどw)

      >ということで、拉麺一杯10元で喰える中国であっても定価は日本と同じくらいという高級玩具だという情報でした。

      物価的にはやっぱりそんな感じですか~。
      マレーシアに工場がありながら、マレーシアの子供たちは買えない高級品なんだろうなぁ・・・と常日頃思ってました。
      日本人はまだまだ恵まれているんだと実感させられますね。

      >因みにトミカはトイザらスでも一個35元です。HWの実売価格の三倍以上の価格設定なんですよ…やはり日本人は商売が下手ですね(泣)

      逆に輸送コスト等を考えても、あれだけのクオリティのミニカーを$1展開(他国でも$3程度)できるホットウィールがバケモノなんじゃないでしょうかw

  2. B太(中) より:

    レス有難うございます。
    管理人さんのレスの書き方は、非常に気持ち良くて勉強になります。
    ジジイの悪い癖(クドイ…)で今回は長文になってしまいましたが以後気をつけます。
    これからも、请多关照(チンドウガンザオ、中国語で「よろしくお願いします」の意味です)

    • にわかマニア管理人 より:

      B太(中)さん

      いえいえ、こちらこそありがたいですw

      >管理人さんのレスの書き方は、非常に気持ち良くて勉強になります。

      えっ??本当ですか??
      そんな風に言われたことないので嬉しいです!

      >ジジイの悪い癖(クドイ…)で今回は長文になってしまいましたが以後気をつけます。

      いやいや・・・僕一人だと知れる量に限界がありますので、現地のお話などを頂けるのは本当に貴重です。
      情報量が多いのは逆にありがたいです。なので、お気軽にコメントくださいw

      >これからも、请多关照(チンドウガンザオ、中国語で「よろしくお願いします」の意味です)

      こちらこそチンドウガンザオです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です