Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

LEGENDS 50TH ANNIVERSARY TOURの様子と、巷を賑わす新キャスト「HW50」について

     - NEWS

先日紹介した「Hot Wheels LEGENDS 50TH ANNIVERSARY TOUR」。
初日のカリフォルニア・エルセグンドのホットウィール本部で行われたイベント詳細が、Autoblogにて公開されていました。

[参考]Hot Wheels 50th anniversary tour kicks off fan vehicle search

この写真を見るだけでもヤバいですね・・・。
ボンシェにツインミル、デオラIIにバハトラック・・・など、ホットウィールの「ライフサイズカー」がズラり。

こうやって実車を見ちゃうとオリジナルカーでも急激に欲しくなるから不思議ですw

そんなLEGENDS TOURの様子と、そこで配布?されたという新しいキャスト「HW50」について触れたいと思います。

スポンサーリンク

LEGENDS TOURはこんな感じだった!

Hot Wheels LEGENDS 50TH ANNIVERSARY TOURはホットウィールの50周年を記念した全米興行のイベントです。
その目玉となるのがカスタムカーコンテスト。

新しいSweet 16(ホットウィール最初の16台の呼称)を作るべく、コンテストにてその候補車を集めようという企画になっています。

1968年最初の16台。THE ORIGINAL 16、SWEET 16について

各開催都市ごとにテーマが決められており、初回となったホットウィール本部でのテーマは「Car Culture」だったそう。

「今までにないようなカスタムが施された車を持ってきてね!」というのが1つのルールとなっており、おおきなお友達が自慢のカスタムカーで大勢集まっていました。

コンテストの優勝車はFord F5のラットロッド!

Photo by facebook

そんな中、初回の優勝車に輝いたのは、1948年製FORD F5トラックをラッドロッドカスタムしたものでした!
ラットロッドはたしかに「新しいSweet 16を作る」というコンセプトには合っているような気がします。

Photo by facebook

この車を手掛けたのはMitch Allread氏。
なにやらこれ、有名なラットロッドらしいですね。
調べたらいくつも過去の記事が出てきました。

このコンテストの最終的な優勝車両はキャスト化されて販売されるそうですが、各大会の優勝車も1度だけカスタムダイキャストとして作られるんだとか。
羨ましいですね~。カスタムカーマイスター冥利に尽きると言えるでしょう。

Photo by facebook

個人的にはこれなんかも一瞬で目を奪われましたが・・・「今までにない」か?と言われると微妙なんですかねえ~??

他にもレッドバロンで参加した方や、R30、マツダオートザム(ガルウィングの軽自動車)など目を引く車はいくつかありましたが、ゴリゴリにカスタムしたうえで「ミニカーにしても映えそう」と思えたのは少なかったかも。

次は5月5日のカンザスシティにおける「Classic Cars」テーマでのコンテスト。
どんな車種が集まるのか(そしてそれを報道してくれるメディアはあるのか)、楽しみですね!

Hot Wheels公式Facebook(US)ツイッターでは今回の参加車両が多数紹介されていたので必見です。

ホットウィールの自販機!!

イベントではキッズスペースがあったり、FORZAが体験出来たりと、いろいろ楽しめたようなのですが・・・僕が一番心を動かされたのはこれ!

Photo by facebook

ホットウィール50周年ラッピングがされたホットウィール自販機!!!

こんなのを街中で見かけたら、絶対にやっちゃいますよ・・・。
しかもよく見ればHWC/RLCカーも売ってるし。

先日行われたコンベンション会場にもホットウィール自販機が設置されていたそうですが、こんな感じだったのかな。
今回の自販機は下の方に「Walmart」のロゴが入っていたので、LEGENDS TOURが行われる残りの15会場となるWalmartにも設置されそうな感じですね。

いいなぁアメリカ・・・!

新キャストHW50も登場!

Photo by @Petrogirl

今回のイベントにて、参加したVIPに配布されたという新作ホットウィールも話題になっています。

写真はAimee Shackelford氏のインスタグラムにて紹介されていたもの。

ホットウィール公式からAimee氏の名前入りプロトタイプを貰ったとのこと!

ケースには「HW50」の文字と「5/75」という通し番号が確認できました。
どうやらHW50という車種名で、残り74人のVIPにも配布されたであろうことが予想できますね。

実はホットウィールには「HW40」というキャストも存在しています。

Photo by ebay.com

HW40はホットウィール40周年の折に企画された「デザイナーズチャレンジ」にて、当時まだ有名とは言えなかったJun Imai氏が手掛けたモデル。
その名の通り「Hot Wheels 40th」を意味する車なわけです。

DESIGNERS CHALLENGEの車種まとめ!ホットウィール40周年時の熱すぎる企画車たち。

おそらく今回のHW50はHW40の後継車・・・つまり「Hot Wheels 50thを記念する一台」だと思われます。

そんなアイテムがVIPだけに配られて終了・・・ということは考えられない(考えたくない)ので、おそらくは2018年モデルのどこかで登場する予定なんでしょう。

メインラインだとしたらName TBDとなっているHW 50TH RACE TEAMセグメントあたりが怪しいかな・・・。
それとも、デザイナーズチャレンジでデビューしたHW40のように、HW50もプレミアムラインでのデビューかもしれません。

はたまた・・・LEGENDS TOURが全米15箇所しか巡らないことを考えると・・・「新Sweet 16の最後の一枠」という可能性もありますね!

いずれにしろキャスティングが待ち遠しい一台となりました!
・・・VIPいいなぁ。

おわりに

というわけで、Hot Wheels LEGENDS 50TH ANNIVERSARY TOURの様子や、巷を賑わすHW50についてでした。

いやー、本文中にも書きましたが・・・こういうイベントが行われるというのは本当に羨ましいです。
ホットウィールの本拠地がアメリカだから仕方ないけれど、せっかくの50周年なので日本でも何か行われて欲しいですね!!

スポンサーリンク

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. poncha2016 より:

    こんにちは。

    F箱とどきました。

    結果からいうと、前回を補完するような内容の「E+F」ミックスアソでした。

    http://poncha.blog.jp/archives/26069938.html

    ダブったけど、まあいっか!

    シャボン玉カーや、ホットホイールRX-7手に入ったから。

    • にわかマニア管理人 より:

      poncha2016さん

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      F箱はやっぱりE+Fで補完系でしたか~。
      そう思うとE箱だけが異常だったんですね。

      ダブったヤツはまたヤフオクで!

  2. ダル男 より:

    おはようございます。

    HW50、カッコいいですね〜
    ZAMAC仕様になっているところが何となく最初のアイアンマンみたい…
    是非メインラインで出てほしいものです。

    • にわかマニア管理人 より:

      ダル男さん

      おはようございます!コメントありがとうございます。

      アイアンマンですか~!
      ぜひ赤のキャンディで塗ってほしいですねw

      ゆくゆくはメインラインに流れてきてくれる・・・と信じてます。

  3. まぶう より:

    こんにちは。駿河屋さんからFアソ箱が届きました。Eアソで見ることが出来なかった車種、ホットウィールファンクラブさんに掲載されてた5月発売分が入ってました。緑のRX7、ガルフカラーのインディー500もありましたよ。T2も53シェビーもクーガーも。満足なアソなりました。さて、Gアソはどうなるか?6月が楽しみです。

    • にわかマニア管理人 より:

      まぶうさん

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      やっぱりF箱はE+Fと補完だったみたいですね。
      これで来月からは通常運転に戻りそうな気がします!!

  4. 悪魔の”乙” より:

    お晩で御座います。

    Deora2はTurbot初代青、2代目赤と同様に
    大好きなオリジナルカーで御座います。

    50周年記念といえば、Deora1の24金仕様50thが
    出ているのをネットで見ましたが、少々お高いようで・・・。

    >>ホットウィール50周年ラッピングがされたホットウィール自販機

    ”激熱”自販機ですね!!あまりにも興奮してガッシガシ揺らしまくって、
    2、3個ポロッてきちゃいそうですね!!

    ただこの「後ろから押し出し式」の自販機にはとても苦い経験が・・・。
    某国の国際空港に到着後、喉が渇いていて、このタイプの
    ジュース自販機を発見、富士山頂の自販機バリに高いなぁー、と
    文句をタレながらお金を入れて、ボタンを連打。1本分のお金を入れたのに、
    なぜかゴトゴトッと、17本が出てきてしまいました・・・。
    受け取り口は詰まりそうになるは、荷物はさらに重くなるやらでゲンナリ。
    輝かしい青春の甘酸っぱくもあり、ほろ苦い思い出の1シーンになりました。

    • にわかマニア管理人 より:

      悪魔の”乙”さん

      おばんですぅ~。コメントありがとうございます。
      Turbotそんなに好きだったんですね・・・!

      >Deora1の24金仕様50th

      えっ・・・24金仕様なんですか・・・。
      そりゃ絶対に手がでないぞ。。

      一応Deora自体はレプリカのSweet 16シリーズとしてHWC限定で発売されることも決まっているっぽいです。

      >あまりにも興奮してガッシガシ揺らしまくって、2、3個ポロッてきちゃいそうですね!!

      アカーーーーン!
      ヤンキーじゃないんだから。。。

      >富士山頂の自販機バリに高いなぁー

      あるあるww
      僕も昔、サンフランシスコかどこかの空港でジュースを買おうと思ったら$3ぐらいしててビックリして〇ンタマが飛び出そうになりました。

      >1本分のお金を入れたのに、なぜかゴトゴトッと、17本が出てきてしまいました・・・。

      えっ・・・ラッキーじゃないですか・・・w
      でも海外でそんなことになったら焦るなぁ・・・。

  5. 雷電 より:

    こんばんは。謎車を実車にした物も、カスタムカーもカッコいいですね。こんな車で公道を走り抜けたら超気持ち良さそうです。 自販機も凄い良いなぁ。日本の玩具のイベントにマテルのブースがある時出してくれたらなぁ。

    • にわかマニア管理人 より:

      雷電さん

      こんばんは!コメントありがとうございます。

      >謎車を実車にした物も、カスタムカーもカッコいいですね。

      ですよね~。
      ミニカーだと敬遠されるオリジナルカーがここまでカッコ良く見えるとは・・・!って感じです。

      >日本の玩具のイベントにマテルのブースがある時出してくれたらなぁ。

      中身がショボいヤツばっかりだったとしても、なんとなく「自販機から買う」ということだけで売り上げが上がりそうw

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です