Hot Wheels 情報まとめ | Hot Wheelsにわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

ホットウィールの2018年Cアソまとめ。数こそ少ないものの熱いアソ!

      2017/10/13  - NEWS ,

つい先日Bアソートのまとめを書いたばかりですが、もう2018年Cアソートの情報が出始めてますね。
2018年はなんだか慌ただしいです。

・・・それだけ情報がたくさんある重要な年、ということでしょうか。

というわけで、僕の方でも(乗り遅れないように)Cアソートについてまとめたいと思います。

今回もこちらのショップから写真およびケース状況の提供を頂きました!ありがとうございます。
[参考]ホットウィール通販専門店 WHEEL’S GARAGE

では早速見ていきましょう!!

スポンサーリンク

2018年Cアソートの内容まとめ

Cアソートにて新たに登場する車種は以下の通りです。

TOY# Col# Model名 Seg名 Seg#
FJW15 49 GOTTA GO EXPERIMOTORS 4/10
50
FJW19 51 SCREAMLINER HOLIDAY RACERS 2/6 Happy Holidays
FJW26 52 MR11 HW SPORTS 3/10
FJY31 53 CHEVY BLAZER 4×4 HW SPORTS 6/10
FJW33 54 ONI WARTHOG HW SCREEN TIME 1/10
FJW43 55 FAIRLADY 2000 HW SPEED GRAPHICS 3/10
FJX32 56 C6 CORVETTE TOONED 3/5
FJW59 57 ’17 FORD F-150 RAPTOR HW HOT TRUCKS 6/10
FJX01 58 FLASH DRIVE SUPER CHROMES 4/10
FJX06 59 POWER ROCKET SUPER CHROMES 9/10
FJV74 60 BAZOOMKA HW FUN PARK 5/5 New Models
FJX22 61 HOLLOWBACK HW GLOW WHEELS 6/10
FJX33 62 BATMOBILE (1989) BATMAN 4/5
FJX40 63 VAMPYRA STREET BEASTS 6/10
FJX65 64 PORSCHE 934.5 NIGHTBURNERZ 2/10
FJX71 65 MORRIS MINI NIGHTBURNERZ 8/10
FJX75 66 ’15 DODGE CHARGER SRT MUSCLE MANIA 3/10
FJW16 67 EMOTICAR EXPERIMOTORS 5/10
FJV43 68 ’85 HONDA CITY TURBO II HW SPEED GRAPHICS 10/10 New Models
FJX82 69 ROLLER TOASTER FAST FOODIE 3/5
FKB31 TANKNATOR HW RIDE-ONS 2/5 TH
FKB47 PORSCHE 934.5 NIGHTBURNERZ 2/10 STH

2018年Cアソは全22車種中New Modelsがたった2種、THとSTHが1種ずつとなっています。
※あくまで僕が調べた限りの内容なので、実際には違うかもしれない点をご容赦ください。

No.50の存在が明らかになっていないので、これがCアソなのであれば全23種ということになりますね。

毎年CアソやDアソは年末年始ということもあってか、車種が少ない印象があります。
車種が少ない代わりにUSでは発売日が近かったりして、日本でいうところの「トイザらス限定アソ」的な立ち位置にあるんじゃないかなと思ってます。

前アソが5種も新車がラインナップされていただけに、それを期待してしまうとかなり拍子抜けするアソート・・・といった感じかもしれません。
・・・ただ、やっぱりなんだかんだ熱いですw

それではCアソのラインナップ、もう少し掘り下げていきましょう!

トレジャーハント・スーパートレジャーハント

2018年Cアソのトレジャーハント (TH) ・スーパートレジャーハント (STH) は以下のとおり。

TANKNATOR

HW RIDE-ONSからTANKNATORがTHとしてラインナップされていました!

BアソのEL VIENTOにTHロゴが見えなかったのでTHロゴは廃止の方向性かと疑いましたが、タンクネイターにはちゃんと入ってますね!
そしてHW FUN PARKなるセグメントだけでなく、HW RIDE-ONSセグメントもちゃんと存在していることがわかりました。

2018年は「(ミニフィグが)乗れるホットウィール」が多そうですね!

PORSHE 934.5

Photo by ebay.com

STHはJun Imai & Ryu AsadaダブルネームデザインのPORSCHE 934.5でした。
2017年のNew Modelsが早速STHになりましたね・・・これはカッコいい。

ホイールは2リングのエアロホイールことRRAが採用されています。
スペクトラアクアがすごく・・・綺麗です・・・。

レギュラー版はこちら。

STHのスペクトラフレームを見た後だとかなり物足りなく思えますが、それでも車種とデザイン自体カッコいいので見栄えします。
ホワイトワイヤースポークのLWが何気にこの車種のカラーリングにマッチしていて、これはこれでいい感じですね~!

いつも言ってますが、これは欲しい・・・!

New Models

CアソのNew Modelsはたったの2種。
前アソで飛ばしすぎたのが原因なのか、そもそもの車種数が少ないアソだからなのかはわかりませんが、ちょっと寂しいです。

BAZOOMKA

1つめはHW FUN PARKセグメントからBAZOOMKA。
読みは「バズームカ」ですかね・・??

バズーカ(対戦車用のロケットランチャー)には似ても似つかないですし、BAZOOMと何かの造語かなぁ・・・。
※BAZOOMについては検索してみよう!

セグメント的には、遊園地にありそうな遊具・・・をイメージしてそうな気がします。
例のパンダの乗り物の戦闘機バージョンみたいな感じでしょうか。

これは実物をじっくり見てみないとですね~。

’85 HONDA CITY TURBO II

もう一つは’85 HONDA CITY TURBO IIでした!
Ryu Asada氏がMainline用にデザインしたという日本の旧車が2018年のA~Cアソまで3連続でラインナップされましたね。

東京おもちゃショーで紹介されていたものの1つです。

後ろにモトコンポが搭載されている、とトークショーでは言われていましたが、これも実物が気になりますね~。
といってもハッチが開くわけじゃないだろうから、バラさないとモトコンポをしっかり確認することはできなさそうですがw

今アソの注目の一台、って感じです。

HW SPORTSセグメント

今アソで新しく明らかになったセグメントがあります。
HW SPORTSです。

2016年のオリンピックイヤーにはHW GAMESという名前でスポーツをモチーフにした車種がラインナップされるセグメントがありましたね。
それに近い感じのセグメントじゃないかと思います。

Cアソではサッカーを題材にしたMR11と、フットボールのデザインが入ったCHEVY BLAZERが含まれていました。
残り8車種、気になりますね~。

ホットドッグ早食いがスポーツということでSTREET WIENERが入るかな!(FAST FOODIE)

その他の気になるモデル

さて、2018年CアソートはNew Modelsこそ少なかったものの、気になるモデルはそこそこ多かったです。

SCREAMLINER

まずはLarry Wood氏デザインのSCREAMLINER。
2014年にデビューしたばかりだというのに、なんとも威風堂々たる存在感を放つモデルです。

2018年モデルのHappy Holidaysカーがこれでした。
ボディサイドに例のファンキーなサンタさんと「2017」の文字が入っています。

余談ですが、2018年モデルにもCARBONATORが入っていたものの、Happy New Yearカーではありませんでしたね。
そして昨年はCアソにクリスマスと新年を祝うモデルがそれぞれ入っていたのに、今年はCアソの時点でクリスマスのみ。

New YearカーはDアソかな!

ROLLER TOASTER

2017年にデビューした衝撃のモデル、トースターのホットロッドであるROLLER TOASTERの3カラー目もラインナップされています。

1stカラーの青、2ndカラーの赤に続き、3rdカラーはなんとクロームでした!
これは・・・一番USのトースターを彷彿とさせる色になりましたね!!

昨年のモデルをゲットした方でもこのカラーリングは欲しいんじゃないでしょうか・・・!?(僕は欲しい)

GOTTA GO

2017年の衝撃モデルといえばもう一つありましたね。
トイレロッドこと、ガラゴー!(GOTTA GO)です。

荷台がそのまま便座になっているという・・・なんとも悪趣味なモデルw

ピンクのミルクカラーにフレイムスがピンストライプ風にペイントされたモデル・・・無駄にカッコいいw
昨年モデルをゲットした方もそうでない方も・・・これは手が伸びちゃいますねw

FAIRLADY 2000

これまた2017年にデビューしたFAIRLADY 2000の別カラーです。
fifteen 52とのコラボアイテムになってますね!

昨年のカラーがおとなしめだったのに対し、なんともポップなカラーリングでいい感じです。

ほか

他にも、EMOTICARやONI WARTHOG(UNSC WARTHOG)、FLASH DRIVEの別カラーが展開されるなど、2017年のNew Modelsが続々出てきたアソートといった感じです。
また、MORRIS MINIは最近活発にコラボアイテムが出ているURBAN OUTLAWモデルになっていて、これもカッコ良かったですね・・・。

なにげに車種数が少ない分ハズレが少ないアソといった感じなのかもしれません。
(実車の割合は低いですが・・・)

おわりに

というわけで、2018年Cアソートのまとめでした!

本当にまだまだまだまだ先ですが、今から楽しみですね~。
日本では1月あたりの発売じゃないかなと思ってます。

そういえば2016年はCアソって日本においてすっ飛ばされたんですよね・・・。
2017年は無事入荷してましたが・・・。

2018年も無事に入荷してくれることを祈りたいですw

追記

ちなみに、Cアソートの話と直接関係はないですが、CHASEと言われたDAREDEVILSがCケースにもしっかり入っていたようです・・・。
AケースからCケースまで漏れなく入っているなんて・・・むしろ逆CHASEモデルですね。。。

スポンサーリンク

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. poncha2016 より:

    こんにちは。

    Cアソまでが2017年製扱いの2018年モデル、
    Dアソからが2018年製扱いの2018年モデルなんでしょうかねえ。

    Cアソの「MR11」のパッケージに「50周年」ロゴが入っていて、
    他のパッケージは2018年モデルなのに「50周年」ロゴが入って
    いないのも気になるところです。

    にわか師匠なりの分析に期待大です。

    • にわかマニア管理人 より:

      poncha2016さん

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      クリスマスがあって新年がなかったことからも、そういう扱いっぽいですね~!
      これはもうDアソが楽しみですw

      >「50周年」ロゴ

      はい、ぼくもオープニングレポートで拝見しましたw

      50周年ロゴはどうやらUSバージョンにのみ入ってるみたいですね。
      USバージョンはブリスターカード裏面のバーコード付近に「Asst.L2593」と入っているものです。
      僕らが普段買っているものは「Asst.C4982」(Internationalバージョン)です。

      正直、この2つのバージョンの違いってブリスターカードだけだと思うんですが、なぜ分ける必要があるのかは謎です・・・。
      USカードの方は裏面にデザイナー名やら車種の説明やらが書いてあって、言語が英語のみ。
      Internationalバージョンは各国語での注意書きなんかがあります。(でも日本語はないのでマテル・インターナショナルのシールが貼られている・・・と)

      僕がみたオープニングレポートでは、レビュアーさんが「インターナショナルケースにUSカードが入ってたよ!」みたいなことを言っていたので、なぜか偶然混ざってしまったのではないでしょうか・・・。

  2. らちぇっとれんち より:

    こんにちは。個人的考察多めで今回はお送りします。

    このアソートのトレジャーハントはTANKNATORですか。
    戦車のように突っ込むクセに色が迷彩風で地味ってことで
    吉本新喜劇の清水けんじのようにシケメン、地味、
    どうせ2、3年はトレジャーハントのように輝く
    存在にならへんやろーとイジっていたわたしを殴りたい・・・

    てかAアソートのSTING ROD IIといい何か武器を持つミニカーが
    トレジャーハントですなぁ・・・。手に入れる際には
    攻撃されるかもしれませんので防弾チョッキが必須かもしれません。(すっとぼけ)

    BAZOOMKA・・・こういうデザイン、本当に子ども喜びそうですよ!!
    コレが公園に実際にあったら真っ先に乗りたくなりますよ!!
    (スプリングアニマルか100円入れると走る動物みたいなものの
    ミニカー化と思っている。)

    HW SPORTSというセグメント・・・2016年のMR11などの再来ということで
    手に入れることができた暁にはお世話になった部活命の恩師に
    贈りたいですねぇ。スポーツがミニカー化していますよ!みたいな感じで。

    ROLLER TOASTERがクローム・・・電化製品っぽさがぐーんと上がりましたね!
    色と相まって、デザイナーさんのセンスが異常なまでに輝いて見えますぜぇ><
    (てかFAST FOODIEでコレを思い出せなかった時点で
    ROLLER TOASTERを車と勘違いしていたようで恥ずかしい。)

    GOTTA GOが桃色・・・女性用便器?w
    これで男女に分けてトイレを提供できますね!
    ですが、前回のこのモデルに描かれていた
    トイレットペーパー、好きだったのになぁ・・・

    海外の動画を見て気づいたのですが、このアソートに入っている(であろう)
    EMOTICARは緑色で顔が白色・・・なんですかね?
    このミニカーには顔や顔のパーツがちりばめているようです
    (買ったモノを見ていると鼻?やら笑顔?)から、
    ジャパニーズ セイ 福笑い という感じがして
    ある意味新年には持って来いかもしれません・・・w

    ホットウィールの実車にあまり興味が沸かないためか架空車ばかり考察しましたが、
    実車もいいモノ尽くしやあ・・・コレが愛車だぜ!とアピールしたくなるぅ・・・。

    長々と失礼しました。それだけ語ることができるホットウィールに幸あれ!w

    • にわかマニア管理人 より:

      らちぇっとれんちさん

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      >どうせ2、3年はトレジャーハントのように輝く存在にならへんやろーとイジっていたわたしを殴りたい・・・

      そんな過去があったんですかwww
      トレジャーハントはある意味、どんなキャストにも平等にチャンスがある感じですねw

      >手に入れる際には攻撃されるかもしれませんので防弾チョッキが必須かもしれません。(すっとぼけ)

      EL VIENTOェ。。。

      >BAZOOMKA

      ですよね~!
      僕は例の100円入れて動くパンダかな~と思ってますw
      なんか四足がある感じがそれを彷彿とさせるなと。

      >ROLLER TOASTERがクローム・・・電化製品っぽさがぐーんと上がりましたね!

      そうなんですよ!
      しかもアメリカの武骨な電化製品っぽくて・・・イラストもかなりミッドセンチュリーなデザインで・・・かなり注目のモデルです。

      >(てかFAST FOODIEでコレを思い出せなかった時点でROLLER TOASTERを車と勘違いしていたようで恥ずかしい。)

      ほんとほんと!!
      なんでこれが出てこなかったんでしょうねwww

      >EMOTICAR

      顔は仰る通り、顔は白みたいです。
      僕はもっていないのでわかりませんが、顔のパーツは凹凸で表現されているんですかね??

      福笑いはさすがに無理があるかとww

      >ホットウィールの実車にあまり興味が沸かないためか架空車ばかり考察しましたが、

      逆に架空車大好きな方にはかなり注目のアソートだったと言えますね!?

  3. B太(中) より:

    中国に戻って濃密な5日を過ごしました。

    濃密の御返しなのか、木曜に行き着けの玩具屋に行ったら2018年のAアソが並んでました!

    何故か箱に「8A」のシールが貼ってなかったので新着だと分からず、いつもの「新着来たよ〜」メールがもらえなかったようです…。

    箱出しとはならなかったものの、ほぼほぼ無傷での陳列でDR30、240Z、インテ、RX-7、ダッツン620といった日本車と、カフェレーサー、67ファイアーバード、55シェビー、67マスタング、69シェビーP/U、そしてそして、HW DAREDEVILS の 70シェベルワゴンもGET出来ました!

    シェベルワゴンはさすがカッコいいですが、67ファイアーバードもザマック仕様でかなりカッコいいですよ!

    インテはルーフにスカルマークが描かれてますが、何気にターボチャージャーのタービンがデザインされてます。ちゃんと吸気側と排気側でタービンのサイズが変わっていて「分かってらっしゃる」とニヤリとなります。(^^)

    FUN PARKのバンプアラウンドは、今までの中で一番カッコいいカラーリングだと思います。

    ホットホイールってカタカナ書いてあるFDもGET出来て嬉しい一台でしたが、何と言ってももDR30が嬉しかったです。
    実は若い頃に乗れなかったので、21世紀になってから「夢をもう一度」的にノンターボのセダンでしたが買っちゃったんですよね。実車を。
    まさに男!を感じる「史上最強のスカイライン」でした。
    諸般の事情により、たった三年程で次のオーナーに引き継ぎましたが、今でもあの男臭さは忘れません。あぁ、想い出は美しい…。

    ということで、7Nと7Pを未だに見ないまま2018年モデルが届くという、何とも摩訶不思議な中国のHW流通事情に、悩みつつも浮かれ気分な週末です。

    …あぁ、週明けからのまた濃密な時間が怖いです。フーー…。

    • にわかマニア管理人 より:

      B太(中)さん

      おかえりなさい!?コメントありがとうございます。

      濃密の恩返し、おめでとうございます!
      目玉アイテムゲットしまくり・・・って感じですね。
      DR30は某オークションで3000円オーバーみたいなのを見ているので・・・日本では争奪戦必至かなと思ってます。

      67ファイアーバードも羨ましいです!!
      あれはなんかすごく初期のホットウィールみたいな感じでかっこいいんですよね・・・。

      >ちゃんと吸気側と排気側でタービンのサイズが変わっていて「分かってらっしゃる」とニヤリとなります。(^^)

      おおう・・・こういうのは本当に好きな方は即座に反応できるのがすごいです。
      僕も見習わないと・・・。
      そして、勉強になります!

      >実は若い頃に乗れなかったので、21世紀になってから「夢をもう一度」的にノンターボのセダンでしたが買っちゃったんですよね。実車を。

      おおー!そうなんですか~。
      日本でももっと若いうちからガンガン車を楽しめるような環境ができるといいんですけどね・・・。

      我が家も不要になって一度手放してしまったものの、また必要に迫られていま購入を考えているんですが、税金面や駐車場代なんかを考えても・・・好きな車には乗れなさそうです^^;

      >まさに男!を感じる「史上最強のスカイライン」でした。

      僕は実際に乗ったわけではないですが、外観からもかなり男臭い印象を感じますw
      いいなぁ・・・。

      >ということで、7Nと7Pを未だに見ないまま2018年モデルが届くという、何とも摩訶不思議な中国のHW流通事情に、悩みつつも浮かれ気分な週末です。

      その様子だとQアソもなさそうですね~。
      でもQの目玉はおそらくゲットされたようですし・・・OKですね!w

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です