1998 CORVETTE CONVERTIBLEのレビュー!ホットウィールで希少なC5コルベット![22056] | Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

  Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

1998 CORVETTE CONVERTIBLEのレビュー!ホットウィールで希少なC5コルベット![22056]

「ホットウィールといえば、なんつったってコーヴェット!」なんて標語があるぐらいなのですが、中でもC4(第4世代)とC5(第5世代)だけ異様に数が少ないのです。

特にC5はクーペの「’97 CORVETTE」と、今回紹介する「1998 CORVETTE CONVERTIBLE」の2つしかありません・・・!

ふふふ・・・ということは、ですよ。
僕はこれでホットウィールのC5コルベットはコンプしたことになりました。()

Throwback Collectionより’97 CORVETTEのレビュー!メインライン唯一のC5コルベット!

※カラバリは除く

というわけで、1998 CORVETTE CONVERTIBLEのレビューです。

1998 コルベット・コンバーチブルのレビュー

本日紹介しますのは、2000年のCool Collectiblesシリーズにラインナップされた1998 CORVETTE CONVERTIBLEです。

Cool Collectiblesってなんだっけ?と思ったら、要は「100% Hot Wheels Singles」のことでした。

1/64スケールの100%ホットウィールってもともとは2台とか4台とかのセットアイテムしかなかったんですよね。
それが1999年から単品アイテムとして展開されるようになり、それをCool Collectiblesと呼んだりしたそうです。

当時の日本での価格は1,500円だったそう。
価格的にもクオリティ的にも「プレミアムラインとHWCアイテムの中間」って感じだったんですなぁ。

僕はルース品をヤフオク!で入手させて頂きました。

1998 CORVETTE CONVERTIBLEについて

1998 CORVETTE CONVERTIBLEは1997年〜2004年に販売されたC5型コルベットのコンバーチブル(オープンカー)モデルです。

デビュー当初、C5にはクーペしかラインナップされていませんでしたが、1998年モデルからコンバーチブルが設定されました。
今回のアイテムはそんな1998年のコルベットをミニカーにしたものです。

ホットウィールにおいては1998年の”コルベット45周年”を記念した100%ホットウィール2Carセットでデビュー。

その後2000年にCool Collectiblesにて銀色のアイテムと今回の黒の2種が展開され、この金型は終了しています。

前述したとおりC5はこれと’97年版のクーペしかホットウィール化されませんでした。
C5にはZ06やR(レーシング)も存在していたし、なんだったらコルベットの50周年記念モデルが出たりもしていたはずなので美味しいと思うんですけどね〜。

まぁ、今後その辺がしれっと出てもおかしくありませんな!

各部見ていきましょう。

フロント・リア

「直線しゅんごいぃぃぃ!」というイメージのあったコルベットはC4型からスポーツカーとして転換されていき、C5はその完成形を見たと言われています。

実際にはそれまでのスティングレイ的なボディからワイド&ローなスタイリングに生まれ変わったようです。

・・・が!
今回のだとあんまり「ワイド&ロー」なイメージはないかもしれないですね〜?

ロードクリアランスが高すぎるのかな?

ミニカーの仕上げ的にはやっぱりクオリティが高く、フロントノーズにはコルベットのエンブレムもしっかり入ってていい感じ・・・なのですが!!

残念ながら僕の手元に来たやつは、エンジンフードの根本がぐにゃりとひん曲がってしまっている一台でした。

エンジンフード開閉ギミックがあるヤツなので元々こうだったのか、はたまた前の持ち主さんがパカパカやって遊んでるうちに曲げてしまったのか・・・。

いずれにしろ、そのうち上から叩いたりして直したいところです。。。(むせび泣き)

サイド

コルベットの特徴である「ロングノーズ・ショートデッキ」の印象が薄いのは、クーペの方だとルーフからなだらかにお尻まで流れるラインがあったのに対し、コンバーチブルになるとトランクが独立するからですかね〜?

そうか、そうなると屋根をつけてもクーペとは形状が全然違うんだなぁ。ふむふむ。

ホイールには実車準拠の5SPなリアルライダー(と言っていいのか不明)が採用されていました。

トップ・ボトム

赤いインテリアが目を引くボディトップ!
カッコいいけど・・・やっぱりC5の大きなリアウィンドウがなくなってしまうコンバーチブルはやや寂しい気も・・・(主観です)

パカッと開くエンジンルームにはLS1エンジンと思しき造形がありました。
最近のHWCほどのえげつなさはないですが、しっかりエンジンルームも作ってあっていい感じです。

ツインコクピットスタイルとか言われる内装もこんな感じになってます。
なんか・・・すごいぞ!

底面には1997年の著作年と中国製であることが記されていました。

おわりに

というわけで・・・1998 CORVETTE CONVERTIBLEのレビューでした!

ベーシックのC5クーペと並べて。

今後新しいC5が出ることってなかなかなさそうなので、しばらくは「これでC5コンプだぜ〜!」と言えそうです。

なんかこうやって比べると、今回のコンバーチブルがやけに小さく見えちゃうんですよね〜。

というのも、ベーシックの方のやつが超マッシブなのよね、、、
スケールでいうと1:58ぐらいだったので、今回のヤツのほうが正しいスケールに近いのかな。

お役に立てたらシェアして貰えると嬉しいです!

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. poncha2016 より:

    こんにちは。

    ねー、こんなにかっこいいのに、なんでキャストがすくないの!
    ですよね~。

    いろんな世代のモデルをキャスト化もっと頑張って欲しい。

    私もコルベットは見かけたらつまむ/ポチるようにしています。

    • poncha2016 より:

      おや?
      日本向けアソート売りに変化?
      https://poncha.blog.jp/archives/38118386.html
      これって・・・
      「チガウ、チガウ、ソージャナーイ♪」の
      声が伝わった?w

      • にわかマニア管理人 より:

        poncha2016さん

        こんにちは!コメントありがとうございます。

        不思議よねえ〜。
        なんかカマロもこの世代のが少ないような気がする。

        ゆるベットコレクター仲間は何気に多いようですな!^^

        >日本向けアソート

        ごっそり入るみたいですね〜よかった。
        でもメルセデスどこいった、、、

  2. Shubee より:

    更新おつかれさまです。

    あー、これですね。
    僕もゆるベットコレクターとしてコルベットを集め出して結構いい感じにはなってきたんですが、この辺のスケールモデル的な100%系アイテム5〜6点(Corvette C6 Coupe、Convertibleとか)は、収集対象から外してるんですよね、今のところ。
    そこを入れるかどうかは結構悩むところなのです。。。
    (この辺のラインが個人的にはあまりホットウィール的じゃないような気もしたりして・・・)

    ま、欲しいか欲しくないかで言えば欲しいんですけど、うらやましいんですけどもw

    でも、こないだのVETTE VANの件といい、にわかさんはいよいよガチベットですな!w

    • にわかマニア管理人 より:

      Shubeeさん

      コメントありがとうございます!

      100%とかはちょっと悩みますよねw
      特にセットものでしか発売されてないやつだと入手難度が一気に高まりますし、、、

      あと「ホットウィール的じゃない」っていうのもすごくよくわかります・・・。
      100%ってかっこいいんだけど、やっぱり過去のホットウィールと現行のホットウィールを繋ぐ間にあったミニカーとしてはちょっと違和感があるというか。
      大げさに言うとオーパーツ的なw
      そんな感じがしております。(なので現行のHWCモデルとも雰囲気が違うんですよね)

      >VETTE VAN

      いや、探してただけで買ってないっすから!w
      まだユルベッターであります!

  3. より:

    お晩で御座います

    私はコルベットに関しては食指が動かないんですが、
    (Matchb●xのC8はその限りではない)
    この年代物を拝見できるのは有難い限りです♪

    今日は量販店からの電話で、ベーシック8箱入荷した!
    との事でしたがちょい忙しく、ウ~ン♪行けずぅ~・・・。
    大都会の量販店は18箱入荷。
    早速ネトオクを検索してみると、LBワークスのGTRや雷神2ndカラー、
    CivicのHKS色、N600あたりが出品豊年祭りだったので、
    どうやらKとLアソが濃厚って感じです。

    明日の夜大都会へかっ飛ばそうか激しく思案中ナリ。
    一般道の制限速度100キロで1時間強の道のり・・・。
    はたまた大人しく地元で8箱開けて我慢か・・・。
    若しくは、二兎追うものは二兎を得る!

    • にわかマニア管理人 より:

      乙さん

      お晩です〜。コメントありがとうございます!

      僕もコルベットはC3ぐらいにしか興味なかったはずなんですが、、、最近は使命感に燃えてしまっております、、、

      量販店からの8箱連絡!羨ましいです。
      しかもK+Lアソですか〜。なかなか熱いですね。

      大都会も地元も陳列済ですかね?
      乙さんが開封作業をするなら多いに越したことはないかもしれませんがw

  4. ロードランナーK.K. より:

    皆さん色々と意見があるとは思いますが、自分が一番好きなコーベットはこの世代な訳で…
    お疲れ様でふ
    だって一番ブイブイ言わせてた年代にこれが身近で走ってたんだものさv( ̄Д ̄)v ブイブイ
    形も他の世代と比べると若干ファットなところとかSexy(Zone)でしょ!
    好きな車と女の子のタイプってリンクするかもね
    細身よりは健康的で触った感じが気持ち良さげだったりとかだと目で追っちゃいますしね👀
    女の子をトラックで例えるなら、前はボリューミーでギュッと詰まってるけど、後ろは開けっぴろげだから奥まで覗きこんじy
    💥( ;`Д´)グハッ
    そういう訳です

    • にわかマニア管理人 より:

      ロードランナーK.K.さん

      コメントありがとうございます!

      一番ブイブイ言わせてた時代がコレっすかぁ〜!
      いいなぁ。いい思い出。(←ブイブイ言わせてた時代がないヤツ)

      好きな女の子っていうよりは、好きな体型って感じですかねw
      ほら、実際に付き合う子と、エロ本で興奮する子は違うっていうか。。。

      なので僕もファットなボディ結構好き・・・ってどういう訳ですか!!!

  5. 光(*≧○≦*)ホットウィール好き より:

    うんうん。やっぱり100%ホットウィールですね。TUNERS2の2台のRSXとシビック思い出しました。ボンネットパカッと開くのが一番でいいんですよね。現在はRLCですよね🎵いつかRLC R34買いますぞ‼️

    • にわかマニア管理人 より:

      光(*≧○≦*)ホットウィール好きさん

      コメントありがとうございます!

      100%、やっぱり高級感あるんですよね〜。
      現行のRLCとはまた違ってて面白いです。

      R34ゲットしちゃってくれぃ!!
      ※今度でそうなハコスカも欲しいぜぃ

      • 光(*≧○≦*)ホットウィール好き より:

        高級とクオリティ高さが秘訣ですね

      • 光(*≧○≦*)ホットウィール好き より:

        高級とクオリティ高さが秘訣ですね
        一応、100%ホットウィール2台セットの頃に出ていたラインナップの当時は数が僅か程度にストック1で麒麟(トイザらス)に置いてあったのが覚えています。(過去に伝えていたはず)ですが忘れてます。

        • にわかマニア管理人 より:

          光(*≧○≦*)ホットウィール好きさん

          ホットウィールがここまで安定して入荷するようになったのってここ4〜5年ぐらいの話で、それ以前はCar Cultureとかも1ケース入れば良い方だったみたいですよね。
          そう考えると確実に日本でも盛り上がってきてるってことなんだろうなぁ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です