2018 BENTLEY CONTINENTAL GT3のレビュー!英国高級車のレース専用カー!![GHB29] | Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

  Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

2018 BENTLEY CONTINENTAL GT3のレビュー!英国高級車のレース専用カー!![GHB29]

でました!
2020年Qアッソより、2018 BENTLEY CONTINENTAL GT3です。

「今週末(2020年11月頭)に発売される予定のアイテムを、なぜチミがすでに持っているのかね?」だって・・・?

ゲッゲッゲ・・・それはですね、NZより「乙便(ブログ読者の”乙”様からの贈り物)」が届いたからであります!

なんとニュージーランドではすでに2021年のBアソまで出てるらしいですよ。

↑乙氏から送って戴いた画像。

こりゃみんなNZ移住待ったなしだな。

・・・というわけで、ベントレーのレビューです!

2018 ベントレー・コンチネンタル GT3のレビュー

これよこれ。
本日紹介しますのは2018 BENTLEY CONTINENTAL GT3です!

上に書いたとおり、今週末発売のものをNZ直行便により先行入手しましてのレビューとなりました。

NZ在住の乙さんからは「帰国の際にはいろいろ持って帰ります」と言って頂いて、なんかあれこれ買ってもらってたんですよ。
でも新型コロナのせいで、簡単には国の行き来が出来なくなっちゃったじゃないですか。

そこで「15台ぐらいなら小さい箱で安く遅れそうなので」ということで、厳選アイテムを送って戴くことになりました。

そしたらね、23台も来たっていうw
軽く1アソート分ぐらいあるんじゃないかこれ。。。もうしばらく買いに行かなくてもいい感じになっちゃいましたよ!
(うちの周りの販売店に並ぶ予定の人は今月のライバルが一人減りましたな!)

なんでも乙さん、NZで入荷される前のプレミアムラインが日本先行で出た時に、当ブログの紹介記事を見て「ブログで発売前の商品をじっくり観察できることに意義がある」と感じてくれたようで。
「それなら日本ではまだ発売していないP&Qアソを送って、先行アイテムとして紹介できたら良いのでは?」と今回のアイテムたちを提案してくれたのです。

アイテムと一緒に手紙が添えられていましたので、きっとその辺の熱い思いを綴ってくれているのでしょう。

・・・なにぃ・・・!!!
本当は握りっ屁を封入しようとしたが失敗したからミニカーをオマケで詰めといただと~!!!!

熱いのは想いではなくお尻だったようですね(だれうま)

とまぁ、そんなやりとりをメールでしていたのが10月半ばぐらいで、小包みがNZを発ってすぐぐらいにファンクラブでの11月分の発表がありまして。

ホットウィールの2020年11月発売分が発表!トイザらスに並ばな月間!!

まさかの「トイザらス限定を挟むことでP&Qアソがすぐに出ちゃう!!」ということが判明し、僕も乙さんも「これじゃせっかく送った(送ってもらった)意味がなくなる!!」と焦っていたところ・・・昨夕に到着となったのでした。(ギリギリセーフw)

長々とすみません、、
とにかくまぁ、こういう経緯で入手に至ったということですw

※文中の乙さんの発言は一部脚色してありますが、概ねこんなやりとりをさせて頂きました。あざっす!!!!

カード変更?

さてさて・・・本題に入る前に、、、
今回のパッケージを見て何か気になる部分がありませんでしょうか。

どうですか?
あれ~?なーんか違う・・・。

アッー!!!

・・・そう、ペグに引っ掛けるときにカードが破れないよう、フックのところに補強用に入っていた例のプラパーツがないんです。

「いやこれエラーパッケージ品!?」

と思ったかもしれませんね!?

その答えは裏面にありました、、、

バァーーーン!!

なななんと、例のプラパーツが廃止になって、カード上部にラミネートみたいな処理が施されているじゃあーりませんか。

これは・・・まさか「コスト削減」の一環なのでしょうか!?
こんなところのパーツまで見直していかないとまずいような経営状況なん・・・?

それともコロナ禍でプラパーツの供給が絶たれてしまったとか??

いずれにせよ日本に入ってくるヤツもこうなっているのかどうかは気になるところですね。

※よくよく見直してみると、乙さんが送ってくれたBアソ開封写真のアイテムたちもこのプラパーツ部分がなくなっているように見えますな・・・!
これが今後のメインラインスタンダードになっていくのかなぁ!?

2018 BENTLEY CONTINENTAL GT3について

では気を取り直しまして、ようやくミニカーの紹介でございます。

2018 BENTLEY CONTINENTAL GT3は、英国ベントレーの高級車「ベントレー・コンチネンタル」の第三世代(2017年~)に設定されたレース用マシンです。

なんでもロードカーのGT3-Rが2トン超(2,285kg)の重量級なのに対し、GT3は1.2トンという軽量化が施されているマシンなんだとか。
仮にも同じ世代の同等コンセプトと思しき車で1トンも重量に差があるとか・・・なんかそれだけ聞いても夢がありますよねw

まぁ・・・かたやラグジュアリーカー、かたやレーシングカーと考えたら「見た目は似てるけど全然違う」っていうのは当たり前なのかもしれませんが!(そう思うとある意味これはストックカーやな)

ホットウィールにおいては今回が初キャスティング。
現時点でのデザイナーは不明です。

各部見て参りましょう!

フロント・リア

ホットウィールではアメ車および日本車、ドイツ車っていうのは多いですけど、それ以外の国のマシンっていうのはなかなか希少だったりしますよね。
特にイギリスの車ってあんまりない気がしています。

アストンマーチン、ジャガー、マクラーレン、ランドローバー・・・あ、意外とあったわw
でもそんな中でもベントレーって珍しいですよね?

・・・何が言いたいかって、ベントレーのエンブレム、すごく新鮮だなぁってこと!
なんだったらホットウィールを集め始めてから初めてみたかもしれないこれ。

それはさておき、キャストですよ。
フロント・リア共に例によって顔が塗られていないのでちょっと寂しい感じはありますが、ベントレー・コンチネンタルらしさはその造形だけでわかる感じですよね。

なんていうか・・・昆虫みたいなオーバルのヘッドライトとかね。
カッコいいです。

でもってこのマシン、GT3カテゴリのレースカーということで、やっぱり大型のウィングやディフューザーに目が行きますな!

サイド

ボディのカラーリングはベントレー・チーム・Mスポーツのワークスカラーを模したものなんだとか。

僕はグアックジラを思い出しましたよ。
あのアボカドみたいなGT-Rをね。。。

画像はHot Wheels Collectorsより

うん、結構違った。

ボディ形状は低重心で大型ウィング採用の、まさにGTカーって感じ。
2~3年前からこの手のGTカーにちょいちょい心を惹かれているにわかであります。

ウィングネックがスワンタイプなところは近代風って感じなんですかね~!

個人的にはこのオールブラックY5ホイール(艶あり)に高級感を覚えまして・・・お気に入りであります。

やっぱノーマルホイールでも組み合わせ方とか、見せ方次第でどうにでもなるのよね。

トップ・ベース

キャンディライムグリーンのベースカラーは、目を見張るほどの美しさだったりします。
実際のワークスカラーのヤツはもうちょっとドギツイ緑っぽい印象があるかな?

いいゾ~これ。

底面には2020年の著作年とマレーシア製であることが記されていました!

※ついに著作年表記も2020年モノが出てまいりましたな!

おわりに

というわけで!2018 BENTLEY CONTINENTAL GT3のレビューでした。
後半駆け足になってしまってすんません。(てか前半盛りすぎたw)

文中でも書きましたが、なんかGT3のマシンってかわいいのよね、、、

ミニカーで子供と遊ぶ時にはよくこの手のマシンを使って、プレイマットの上を滑らせていたものですw
(最近はそういう機会もめっきり減っちゃったなぁ、、、)

僕はもう入手してしまったので今週末は静観することになりますが、どうぞ売り場で見かけた際には「セイッ」とカゴに突っ込んであげてください!

お役に立てたらシェアして貰えると嬉しいです!

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. たぁ坊 より:

    壁|ω・`) にわかさん いいなぁ

    裏山、裏山、裏山し~い!

    (たぁ坊心の叫び)

    今週末は一番に何をゲットするか悩み中

    • にわかマニア管理人 より:

      たぁ坊さん

      コメントありがとうございます!
      いや僕に散々レアものくれたたぁ坊さんが何言ってんのwww

      一番に何をゲットするか・・・僕は2020シェルビーマスタング狙っていきます!

  2. より:

    お晩で御座います

    そしてレビューお疲れ様でした♪
    PとQアソで唯一のNEWキャスティング、
    ベントレーはしっかり押えておきたかったので、
    慌てて買いましたが、よく思えば2021年の
    Aアソにも入っているので、慌てなくても良いんですよねぇ~。
    しっかし車高低くてリアスポもしっかりメタルなので自分もかなり
    気に入っております♪

    釣り掛け用の補強プラパーツ(←ラムレーおじさん曰く、Jフック)が
    無くなって、裏の補強テープのみ。これ強度激弱で木箱の中では
    皺が寄っているの多数でした・・・。
    あとモントラも去年まではブリスターカードが光沢有りの厚紙でしたが、
    今年からは紙質がしょぼくなって薄さも半分位です(泣;
    かなりの経費削減をしているんでしょうかねぇ!?

    • にわかマニア管理人 より:

      乙さん

      お晩です〜。コメントありがとうございます!

      唯一のNEWキャスティングじゃないですよ!!!
      Qアソのシェルビー・マスタングをお忘れですか!?w

      >2021年のAアソにも

      そうですね、Qアソアイテムは基本的に翌年のAアソにも・・・って、日本じゃそのルールが通用しなくなってしまったのじゃ、、、
      日本独自ケース本当にやめてほしい^^;

      >補強プラパーツ

      Jフックっていうんですかあれ。勉強になります!
      たしかに形状がJですねw

      そして強度は気になるところです・・・
      こんなテープを貼っただけで長年のペグウォームに耐えられるのか、、、

      経費削減は仕方ないとはいえ・・・やっぱり寂しい部分でもありますね。
      (でもパッケージの劣化は中身の劣化に比べたら断然許せるッ!!!)

  3. ロードランナーK.K. より:

    お疲れ様でふ
    画像見て吹いちゃったyo!
    .∵・(゚ε゚ )ブフーッ
    芳醇な香りが残ってないかダンボールを再度クンカクンカしてたもれ
    タモーレ タモレ タモーレー♪

    • にわかマニア管理人 より:

      ロードランナーK.K.さん

      コメントありがとうございます!

      僕もニヤニヤしちゃったよ!「バカだな~」とか呟いちゃいましたw

      ダンボールは万が一を考えて、息を止めながらの開梱となったことは言うまでもありません、、、

  4. ウィーラーの端くれ より:

    お疲れ様です!

    ご存知であれば
    早速、申し訳ありません!
    事件です。

    ダイソーの100円ミニカー
    の新作ですが、
    なんと、HWのコピー車種が
    あります!!

    確認できたもので
    ラングラーピックアップ
    ベルエア(風)
    タンドラ
    F150のオフロードカスタム仕様
    ミニクーパー

    とくに、タンドラはヤバいです!!

    そのうち、型遅れのメインラインや
    キワモノのサイドの叩き売りが
    始まったら、ダイソーに毎日
    居座ることになるでしょう(爆)

    • にわかマニア管理人 より:

      ウィーラーの端くれさん

      コメントありがとうございます!

      おおお!!!!!マジですか!
      やりよったかぁ!www

      HWのコピーってことは往年のMukyみたいな、そういうアイテムに成り兼ねませんな・・・
      ちょっとベルエアだけでも拾ってきたい、、、

      ダイソー行ってくる。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です