BAJA BOUNCERのレビュー!プレミアムデビュー優遇なトロフィートラック![GRJ84] | Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

  Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

BAJA BOUNCERのレビュー!プレミアムデビュー優遇なトロフィートラック![GRJ84]

出ました!(デ・マシタ)

2021年の新作、BAJA BOUNCERです!!

ええっ!?
買ってない・・・だって!?

・・・うん。
僕もなぜ買ってしまったのか、、、

でも、めちゃくちゃワクワクしてたんや・・・!

というわけで、BAJA BOUNCERのレビューさせてください!

バハ・バウンサーのレビュー

本日紹介しますのは2021年のCar Culture HYPER HAULERSより、BAJA BOUNCERでっす!

日本では10月中旬に発売となりました。
最近のCar Cultureは販売店も単品ごとの発注となっているためか、もともと売れなさそうなBAJA BOUNCERは店舗入荷数も少なかったのではないでしょうか。

・・・それでも余ってる感はあったけども。

BAJA BOUNCERについて

バハ・バウンサーはホットウィールオリジナルの”トロフィー・トラック”です。

トロフィートラックっていうのは高速オフロードレース用のトラックのこと。
トヨタ・オフロードとか、要はバハレーサーとして取り上げられるものがそれですね。

もともとこのマシンもそのまんま「Trophy Truck」という名前で開発されていたそうなのですが・・・

ラムリー親父とMark Jones氏、Jimmy Liu氏の対談動画にて

「おじちゃん(このキャストの)名前なんていうの?」
「菊次郎だよバカヤローw」

というやりとりがあったとかなんとかで、バハ・バウンサーという名前になりました。

ウソです。
動画を見てみてください。
(44:30あたりからバハ・バウンサーのくだりがありますが、僕には英語が聞き取れなかったのである)

まぁ、そういうわけで、ホットウィールでのデビューは今回が初ということになります。

初のキャスティングで、ホットウィールオリジナルカーなのにプレミアムライン・・・というところに惹かれてしまい、僕はもうサニトラどころではなくこれが欲しくて仕方なかったのです。。。

では各部見ていきましょう。

フロント・リア

Hmm…なるほど。
もともとヘッドライトはついていないモデルらしく、その代わりに6つものフォグランプがグリルガード(?)についています。

あとはバハレーサーらしく、フロントウィンドウも無し。
その代わりに室内にロールケージが設定されていますね~。

背面にはこれまたバハレーサーらしいスペアタイヤが。

こんな感じで2つも!!!

さっきの動画を見るに、このタイヤパーツは他のプラと別パーツなんですよ。
それだけこだわっている部分というか。

これがMarkさんがプレミアムライン発のオリジナルカーとしてやりたかったこと・・・なのか!?

サイド

サイドビューも誰が何と言おうとトロフィートラックです。
ホイールは荷台に積んであるものと同じ、RRF52T(Real Rider Fifteen 52 Turbomac)。

ボディのグラフィックスは2020年のCar Culture All Terrainで登場したOFF-ROAD CAMAROと同じLUCAS OILのものでした。

なんだったらfifteen 52やBorla Exhaustのスポンサーロゴも一緒やないかい!

実は買いに行ったお店でこの2台が並んでかかってて一瞬目を疑ったという・・・。

なんなんすかねえ。
実車で存在するんでしょうか。この手のカラーのヤツが。

トップ・ボトム

陶器みたいなツルツルした白いボディが美しいです。
インテリアやスペアタイヤのディテールをちょい足しで高めていけると尚良し!って感じ。そのうちやろう。

底面には2020年の著作年とタイ製であることが記されています。

おわりに

というわけで!
バハ・バウンサーのレビューでした。

うーん、結局なぜオリジナルカーでのプレミアムデビューという大役を貰えたのかはわかりませんでしたね~・・・。
特に「ライセンス料かからないぶん、ゴージャスにできる」みたいなことでもないし。

「今後もこういうのをやっていくぞ!」っていう決意表明なのか??
それかMarkさんがプレミアム担当なので「メインラインっぽいアイテム思いついたけど、しゃーねえプレミアムで出しちゃえ」だったのか!?

真相をご存知の方は教えて頂けると幸いです。

追記

そうだ、これebayで「トヨタ・トロフィートラック」とかで出品している人がいたんですよ。

さては・・・トヨタ・オフロードの差し替えモデルだったりして・・・?

ホットウィールのTOYOTA OFF-ROAD TRUCKのレビュー。いじり甲斐がありそうなピックアップトラック![DHR55]

お役に立てたらシェアして貰えると嬉しいです!

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. より:

    お晩で御座います

    なんとも微妙な1台ですが、
    こちらとしては発売前なのでレビュー
    非常に助かりまっす♪

    買うとしたらやっぱりオルテレ・アソの
    オフロード・キャマロと並べるのは王道ですね!!

    今日は量販店行けなかったので、
    電話で在庫を聞いたら、ナントッ!
    トランスポートのMix-M=2箱と、
    Slide Street=10箱が入荷した
    との事!明日は出撃しないと・・・。
    ベーシックは木箱底の半分が見えてる程
    在庫が少ないとの事。

    久し振りの入荷で・・・・・・、
    アゲリシャス!!

    • にわかマニア管理人 より:

      乙さん

      お晩です〜。コメントありがとうございます!

      この微妙な一台がのちのち「そういうことかぁー!!」というところに繋がって欲しいですw

      >オルテレ・アソの

      この同じグラフィックスの仕様が今後も出続けるなら、そのうちバハバウンサーの魅力も再発見されるかも?

      >木箱底の半分が

      今は入荷が不安定とはいえ、毎度この時期にはがっつり売れるってことですかね!
      ・・・まだホリデーシーズンには早いか^^;

      もしかしたらマテルも年末商戦に向けて世界的な在庫のコントロールをしているのかも・・・

      >アゲリシャス

      それNZでも有名なんですか!?w

  2. ロードランナーK.K. より:

    バハ!
    バハ!!
    バハ!!!(せんだ)
    発売日当日は誰からも触れられることもなく、ワゴンに整然と並べられたそれ(バハ)は、朝のままその形を崩さずに誰かの手に取られることを待ち望んでいるようで、思わず「ブホホ」と笑ってしまったのでした
    買いませんでしたけどねブホホ
    今週末お店を訪れた際にまだ残ってたら、、
    ブホホ

    • にわかマニア管理人 より:

      ロードランナーK.K.さん

      コメントありがとうございます!
      ナハ!ナハ!なちぃ。

      >その形を崩さず

      なんだか可哀想ですw
      うちの方のトイザらスでは一応誰かが手に取ったような形跡はありました。売れたのかどうかはわからんけど・・・

      結局最後までブホホでお茶を濁しとるやないかいw

  3. ウィーラーの端くれ より:

    お疲れ様です!
    このシリーズ、メガドンキで
    大量発生を見届けて「何もせず」
    手ぶらで帰りました・・
    サニトラもライトニングも
    カッコ良かったです(涙)
    何でしょう、少し前なら
    サニトラとライトニングを
    投網で引き揚げたのですが
    最近は「渋る」ようになりました。

    →新型Z
    ようつべで見てしまいました!!
    キャストのバラけた状態ですが
    HWもトミカも各々品薄必至
    でしょう!!

    • にわかマニア管理人 より:

      ウィーラーの端くれさん

      コメントありがとうございます!

      >何もせず

      なにを〜!?!?
      やっぱり底面を見て「これじゃアカーン」ってなったんすか!!違うか!

      >新型Z

      なになに?ホットウィールで出んの??
      がっつり狙っていきたいところですな!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です