Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

BIG BOYS CUSTOMのピザが我が家に届いたで!ブランド紹介とカスタム品のレビュー!

      2018/09/13  - その他レビュー

ピンポーン 「お待たせしましたー」

あっ、はいはーーーい。

おおー、きたきた。
では早速・・・

いっただっきまーーーす。

うまうま・・・かゆ・・・うま・・・。
いやー、食べた食べた。美味しかった!

ピンポーーン 「お届け物でーす」

えっ、また?
いやいや、もう食べられn

えっ!

(つд⊂)ゴシゴシ

・・・えっ!!!???

フォオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!

ピザだけど!
ピザじゃなかった!!

・・・というわけで。

こんな茶番を繰り広げたくなるほどテンション上がりに上がりまくった、BIG BOYS CUSTOMさんのカスタム品が我が家にやってきましたよ!!!
※開封前後の画像が左右逆転しちゃってました。。。

「カスタム品を紹介しようにもカスタマイザーさんについて全然知らない・・・」という僕を見かねて、レビュー品として提供して頂くことになったのです。

普段「買いたくても買えない」という方もいらっしゃるほどの貴重なアイテム・・・。
せっかくご提供頂いたからにはしっかり紹介させて頂きたいと思います!

スポンサーリンク

BIG BOYS CUSTOMのカスタム品!

きっかけは先日のこの記事↓でのこと。

2018 COLLECTOR EDITIONにDATSUN 510 WAGON!?の噂

TEAM TRANSPORTのプレゼント企画をBIG BOYS CUSTOMさんがツイッターで行われていたので、それを紹介させて頂きました。
当然(?)僕は当たらなかったんですが、その時にやりとりさせて頂いた会話の中から今回の話に至ったのです。

BIG BOYS CUSTOMについて

BIG BOYS CUSTOMさんは2018年5月に誕生したばかりというホットウィールカスタマイズブランド。
その名の通り、3人のビッグボーイ(やっちゃえオッさんさん、麻婆豆腐さん、283さん)と1人の女性(ぉタマちゃん)によって構成されているチームです。

ボブズビッグボーイのボビー君をさらにビッグボーイにさせたようなキャラと、ダイナーのネオンサイン・・・そして大きなハンバーガー。
アメリカンゴールデンエイジをモチーフとしたブランドイメージは、この年代のアメリカが好きな人ならもれなく反応しちゃいますよね!

もともと、マッドホイールさんの作品に惚れ込んだ麻婆豆腐さんが、自宅でBBQをしながら「(一緒にBBQしている)このメンバーでカスタムしたらいいやん?」みたいなところからスタートしたブランドなんだそう。

ひょんなキッカケで生まれた真剣なカスタムブランド・・・人生ってどこでどうなるかわからないものです。

BIG BOYS CUSTOMのこだわり

今回紹介記事を書かせて頂くにあたって、BIG BOYS CUSTOMさんの強みやこだわりについて質問させて頂きました。

こだわりは以下の7箇条。

  1. 常にお客様が喜んでいただくことをする。
  2. METAL/METAL テツ&テツにこだわる。
  3. パッケージ、デカール、全てにおいてプロフェッショナル仕様
  4. 妥協はしない
  5. 商品が届く前から常にドキドキするような作品作り
  6. ビックマックを10秒以内に食べる
  7. 回転寿司は常にタワーを作れる

いや最後の2つww
それブランドのこだわりじゃないからw

ただ今回カスタム品を受け取って、またこれをきっかけにFacebookの過去ログなどを読み漁らせて頂いて・・・妥協のないこだわりなどは伝わってきました。
実際にメンバーで「お互いのカスタム品を罵りあって切磋琢磨してきた」とのこと。

僕みたいに自分が楽しむだけのカスタムだとどうしても「まぁいっか」って部分が出ちゃいますけど、やっぱり「売り物」としてのカスタム品はお金を受け取る以上、妥協が許せないというところなんでしょうね!

さて、うだうだ書いててもアレなので・・・さっそくそのカスタム品を見ていきたいと思います!

BIG BOYS CUSTOMのカスタム品、レビュー!

最初に断っておきますが・・・僕はカスタム品ってある種「芸術品」だと思うんですよ。
一点一点アーティストが魂込めて作っているわけですからね。

なので、僕がおいそれとレビューして、やんややんや言うのは畏れ多いですw
ただね・・・せっかく手にしたからにはどうにかこの魅力を伝えたい!

というわけで・・・開封していきますよ~!

今回ご提供頂いたのは麻婆豆腐さん製「’55 CHEVY PANEL」と、

ぉタマちゃん製の「FORD BRONCO」です。

現時点でのアクティブなカスタマイザーはこのお二方なんだそう。

まず・・・このパッケージから驚きますよね。
表裏ともにすっごいクオリティ高いっていうか。

僕もこんなん作りたいぜ・・・。

なぜか裏面はバーガーレシピが書いてあったり、「We are high Calorie Customizers!」には笑わせられましたw

「BERGER」や「TRAY IT」のスペルはアレですかね。「KUSTOM」みたいなノリのヤツですかね。

とにかくパッケージデザインからすでにこだわりと本気度合いが感じられます!

パッケージ下部の車名は手描きになっていて、そこはかとなくマッドホイール風。
一点ずつハンドメイドであることが感じられるポイントの一つだと思います。

サービスステッカー

BIG BOYS CUSTOMではカスタム品1台購入ごとにサービスステッカーが付属するそうで、これを5枚集めるとカスタムオーダー(デザインはおまかせ)が出来るようになります。
また、これを20枚集めればデザインなども含めたカスタム品を作って貰えるとのこと!

完全に自分だけのオリジナルカスタム品がオーダーできるなんてすごいですよね。
これは20枚貯めなければ・・・!

※不正する人なんていないと思うけど、上の画像には一応透かしをいれてあります。

レッツ・ブリバリ

よーし、じゃあブリスターをバリッと行っちゃうよー。

・・・。

えっ・・・これ本当に開けないとダメ?
このままブリスターの外から眺めて終了・・・ってことにしたいんですが。。。

そう思ってBIG BOYS CUSTOMさんに相談したところ、「(ブリバリしてもいいように)剥がせる粘着使ってます!」とのこと。
おおお・・・これは未開封派にも優しい仕様!!

というわけでペリッと行かせて頂きました。
ブリペリです。

ホットウィールの正規商品も全てこの仕様になればいいのになぁw

剥がしたあとに元通りのパッケージングができるので・・・こうやって中身を入れ替えることも可能ですね!
(何の意味もない)

麻婆豆腐さん作のシェビーパネル

では、実際のブツの方、見ていきますよ~!!!
まずは麻婆豆腐さん作のシェビーパネルです。

はい、きた!!
なにこれ・・・カッコ良すぎるでしょ。。。

錆び塗装なんて僕も一回試して見たことがあるんですが、これもんですからね。

※BIG BOYS CUSTOMさんの作品ではありません

それに比べてBIG BOYS CUSTOMさんの錆びは・・・もう本当に錆びてるみたい。すげー・・・。

あれですね、錆びた車種をどこかから拾ってきて、エンジンやらホイールやらをスワップしたのちに上からロゴだけ入れた・・・的な。

FOR SALEの貼り紙とか・・・すごくそれっぽい・・・!
いくらで売ってくれるんだよこの車!!

めちゃくちゃ綺麗なグラフィックはたしかインレタって言ってたかな・・・。
曲面までしっかり貼れていいですね・・・うわ僕もオリジナルのインレタ作りたくなりました。

※追記:節子、インレタやない・・・クロマティックや!!とのご指摘を頂きました。
「精度や難度、価格面などで別物」だそうです。
失礼いたしました・・・。

フロントおよびリアビューはこちら。

こだわり項目の一つ「テツ&テツ」というのが素材だけの話ではなく、こうした仕上がりからも「テツっぺー!」って感じが伝わってきます。

サイドビュー。
すっげー・・・カッコいい。

リアタイヤだけレッドラインなのは何かこだわりポイントなのかな。

トップおよびベース。
今回の錆び塗装で僕が一番感動したのがこのルーフの表現ですね~。
こんなん作れるようになりたいです。

底面パーツは一見何の変哲もないように思えますが・・・よーく見ると、しっかりカシメられているじゃないですか。
こういったポイントもカスタム品としてのクオリティの高さに繋がってくるんでしょうね。すごい。

ぉタマちゃん作のフォード・ブロンコ

もう1つはBIG BOYS CUSTOMの紅一点、ぉタマちゃん作のフォードブロンコ。
これもカッコいいっす・・・!

オリーブドラブのボディに星型マークなど・・・「やったな!」って感じですね~。
車種が車種だけに軍用車みたい。

軍用車にしてはちょっとオシャレ過ぎるというか・・・相手国に思いっきり喧嘩売ってるような遊び心も感じられますw

これもクロマティックなのかな。
めちゃくちゃ綺麗に発色してます・・・!

ドア部分だけ思いっきり錆びてる・・・ってのもセンスが光ってますね~!!
実は僕、自分ちの自家用車をこの仕様にしたいと思ってたんですよ。

”ぉタマーク”が抜かれた星もカッコカワイイ・・・。

フロントおよびリアビュー。

ウィンドウやインテリア、ベース(およびフロントグリルなど)は元のカラーのまま。
これが見事にボディカラーとマッチしている感じです。

土台はそのまま生かし、ボディ塗装のみで色々と表現していく・・・というようなコンセプトなのかな。

サイドビュー。
もうすぐ4歳になる息子曰く「ほしのところ、ばっちぃ!」とのことw

息子よ・・・大人たちはこう言うんだぞ。
「だがそれがいい」・・・と。

ホイールに「MARVEL COMICS」は笑いましたw
素材が2014年のポップカルチャーだってのが判明しましたね!

これ、前輪だけこのマーベルのレターを残してあるので・・・「あえて」なんですよ。
ってことはマーベル的な軍用車・・・ってことか!?

いろいろと妄想が捗りますw

トップおよびベースビュー。
ボンネットの凹凸にも強気のデザインが施されていていい感じですね~。

いやほんと、曲面にも綺麗に印刷できてるの凄いな・・・僕もカスタムに導入したいです。

BIG BOYS CUSTOM、どこで買えるのよ!?

どちらも本当にすっごいクオリティで・・・初めてカスタム品に触れた僕としてはめちゃくちゃ感動してしまいました。
感動あまり妻に見せびらかしたところ、普段はホットウィールになんて見向きもしないような妻も「これはすごいね・・・」と驚いていたほどです。

さてさて・・・そんなBIG BOYS CUSTOM。いや、BBCと呼ばせて頂きましょう!
一体BBCのアイテムはどこで買えるのよ!?っていうのは気になるところだと思います。

現時点での販路の一つとして挙げられるのはヤフオク!ですね。
実は僕も極初期のBBCアイテムをヤフオク!で見かけたことがあるんです。

ただ、冒頭でも触れたとおり、「買いたくてもなかなか買えない」という人がいるというほどで、すぐに瞬殺されてしまうんだとか。

即決価格が安すぎるんですかね~?
最近はヤフオク!をウォッチしていてもあまり見かけない印象があります。

あとはカスタム関連のイベントに出店されることもあるそうで・・・そこでゲットすることも可能なんだとか。
ただどうしてもそういったイベントって西での開催が多いですよね・・・?
なかなか他地域からの参戦は難しそう。

というわけで、今のところは入手難度も高め・・・って感じっぽいです。

こまめにSNSやウェブサイトを確認するしかなさそう。

WEB: https://bigboyscustom3.wixsite.com/bigboysonline
Twitter: https://twitter.com/B_B_C_FATMENS
Instagram: https://www.instagram.com/bigboyscustom/
Facebook: https://www.facebook.com/BBCFATMENS/

こらぁ20枚もステッカー貯めるのは至難の業やでェ・・・。

今後ショップさんや公式サイトなどでの販路が広がることに期待したいですね!

※追記:今月末ぐらいからアティックトイズさんでの販売がスタートするそうです!!

おわりに

というわけで、BIG BOYS CUSTOMさんのカスタム品についてでした!

僕はカスタムってミニカー収集におけるゴールの1つだと思うんですよ。
ただただ集めるっていうのも楽しいですが、やっぱりそこに手を加えてオリジナリティを出していくというのはまた違った楽しみになりますし、こだわればどこまでも突き詰められそうですし。

何しろホットウィールは公式にカスタムを認めているミニカーブランドなので、やらない手はないんですよね。

カスタマイザーさんの作品は、そうしたカスタムの1つの答えを示してくれているような気がするので・・・カスタムに興味がある方は一度手に取ってみて欲しいと思いました。
(・・・今までカスタム品に触れてこなかった僕が言えた話じゃないですがw)

いやでも本当に、いろいろ参考になるというか・・・余計に創作欲を掻き立てられるのでオススメです。
よーし・・・僕も「ニワカモータース」ブランドでカスタムをやるぞ!

今回の記事で「ホットウィールにはこういうカルチャーがある」っていうのが伝われば幸いです。

ちなみに・・・以前はKazy Kustomさんが公式サイトでいろいろなカスタムのレクチャーをしてくれていたんですよ。
僕もそれを観ながらスペクトラフレームの研究をしたりしたものです。

でも最近って個人的にカスタムを楽しんでいる人はいても、カスタマイザーさんががっつりとHOW TOをまとめてくれている、みたいなのってない気がします。
誰かカスタムのやり方をまとめてくれないかなぁ!(チラッチラッ)

・・・。

さてさて、本当に最後の最後になりましたが、今回カスタム品を提供して頂いたBBCさんにはマジ多謝です。

カスタマイザーさんにとってのカスタム品って「我が子」のようなものだと思うんですよ。
手塩にかけて育てたカスタムミニカーを送り出す時の気持ち・・・いくらお金を貰えるとしても計り知れないものがあるんじゃないでしょうか。

それでも「ホットウィールがもっと楽しくなれば!」という想いでこうしたカスタム品をどんどん排出していっているカスタマイザーさんたちには本当に感服させられます。

しかも、カスタマイザーさんたちって結構チャリティとかやってますしね。
商売とはいえ利益は二の次なのかな・・・。

カスタム品は1台の価格がプレミアムライン数台分と高額です。
僕にしてみたら本当に高嶺の花。

でも今後はもっと勉強して、「カスタムブランドまとめ」が作れるぐらいには成長したいなと思わせられました。
こんなキッカケを頂いたBIG BOYS CUSTOMさん、本当にありがとうございます!!

スポンサーリンク

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. poncha2016 より:

    こんにちは。

    とってもいいもの見せてもらいました。
    カスタマイザーさん、ニワカスタマイザーさん達を
    応援しまっせ~

    • にわかマニア管理人 より:

      poncha2016さん

      こんにちは!コメントありがとうございます。
      そう言ってもらえてありがたいです!

      僕を含むニワカスタマイザーがもっと楽しめる環境っていうのが出来ると面白いなーなんて思いますね~。
      たとえばオンライン上での初心者限定カスタムコンテストとかw

  2. B太(中) より:

    これはスゴイ!…シビれる!!

    自分も小中学時代にプラモデルやスーパーカー消しゴムでハマった改造遊びを、ホットウィールのカスタムで再開したくなっちゃいました!

    実にタイミングよく、昨日は久しぶりに観光に連れて行って貰って、中国の世界遺産の巨大な石仏や金色の千手観音像を観て色々とインスパイア受けたし、老後の楽しみが増えた感じ!(^^)

    • にわかマニア管理人 より:

      B太(中)さん

      コメントありがとうございます!
      僕もシビれましたw

      スーパーカー消しゴムでのカスタム・・・!
      それを言われて、キンケシでカスタムしたのを思い出しました。

      たしかに老後に時間が出来た暁にはがっつりこういうのを楽しんでいきたいですよね!
      やべえ・・・これからシニアカスタマイザーが多数誕生する時代がきちゃうかも・・・!

  3. 光(*≧○≦*)ホットウィール好き より:

    いいですね かっこいいですヾ(´∀`*)ノ

    • にわかマニア管理人 より:

      光(*≧○≦*)ホットウィール好きさん

      コメントありがとうございます!
      ぜひ・・・いつかゲットしてみてください!w

  4. mogomogo より:

    こんばんわ。

    スゴいっすねー、車のカスタムはもちろんですけど、パッケージがまたイイです!
    うらやましい!

    カスタム、なかなか思い通りにいかないんすよね〜。

    • にわかマニア管理人 より:

      mogomogoさん

      こんばんは!コメントありがとうございます。

      そうなんですよ、パッケージがまた熱いですよね~。
      特にホットウィールが好きな層を完全に捉えているというか・・・ツボる人が多そうですw

      >カスタム、なかなか思い通りにいかないんすよね〜。

      そう!!ほんとに!!
      これ、実際にやってる人にしかわからないと思うんですが・・・頭の中で思い描いた姿をどこまで再現できるか・・・っていうのが永遠の課題だと思うんですよねw
      もちろん練習を重ねて重ねて・・・ってやっていくうちに上手になっていくんだとは思いますが!

  5. ホンダ より:

    にわかさん こんばんは
    いつも楽しく拝見させて貰ってます
    しかしかっこええ!!アートの世界ですね〜
    カードのキャラもたまらん!…彦◯さんかな!?
    ミニカーの小宇宙やーーー(笑)

    • にわかマニア管理人 より:

      ホンダさん

      こんばんは!コメントありがとうございます。
      いやほんと、芸術品ですよね~。

      >カードのキャラもたまらん!…彦◯さんかな!?

      ボビー君の弟・・・みたいな立ち位置だったかな・・・たしか。
      〇麿さんじゃないと思いますw

  6. 虎鉄 より:

    カッコいいお仲間さんですね、ビックボーイカスタムさん。早速、Twitterや、Facebook、インスタフォローさせて貰いました。実は自分も一応、名前だけは決めてるんです。tigercoyotemotors。ただし、カスタムしたいのに、不器用この上ないし、車ばっか買い付けて、全く売ろうとせず、自分のコレクションが増えて、倒産寸前の欠点だらけのオーナーですが…。

    • にわかマニア管理人 より:

      虎鉄さん

      コメントありがとうございます!
      BBCさんは僕も今回初邂逅です。
      今後何かしら絡んでいけると楽しそうだなーとは思います^^

      >tigercoyotemotors

      いいですね~!妄想広がりますね!
      僕も不器用ながら、そしてヘタクソとか「自分だったらこんなの恥ずかしくて公開できない」とか言われながらもカスタムを続けてますw
      まぁほんと、こうやってカスタム品として売るならまだしも、自分が趣味で好きにやる分には「楽しんだもん勝ち」じゃないですかね~?

      >車ばっか買い付けて、全く売ろうとせず、自分のコレクションが増えて、倒産寸前の欠点だらけのオーナーですが…。

      www
      たしかにこれが実際の車屋さんだったらヤバいですねw
      でも自分がそういう店をやったら「この車は手放したくない」とか言って抱え込んじゃいそう。

      せめてミニカーぐらいはコレクションを抱えてもいいんじゃないでしょうか!

  7. 雷電 より:

    錆の表現が凄いリアル。写真の取り方次第で本物って言われても信じてしまうような存在感と説得力。このレベルのカスタムだと正に職人技ですね。自分が出来る用に成るにはどの位の年数掛かるかわからないですね。

    • にわかマニア管理人 より:

      雷電さん

      コメントありがとうございます!
      錆びの表現、ヤバいですよね。
      えっ・・・僕のカスタムの方じゃないですよね?(どう考えても違う)

      まさに職人技・・・!

      ただ、BBCさんもここまで仕上げるのにそんなに年月を要したとは仰ってなかったんですよ。
      その代わり某カスタマイザーさんにいろいろと手ほどきを受けたそうで・・・。

      ホットウィールカスタムの「大人の講座」みたいなヤツを受講できたら一気に上達できるのかも!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です