Hot Wheels 情報まとめ | Hot Wheelsにわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

TOUR DE FAST (DTY94 / DVD17) のレビュー。サイクルレースのサポートカー的HWオリジナルカー

2016年のNew ModelsとしてデビューしたTOUR DE FAST。
2017年モデルではよりスポーティなデザインで登場しました。

昨年「謎車だし余るっしょ」と調子に乗っていて買い逃した僕としては注目していた一台です。

しかも同じ2017年Jアソ内においてカラーバリエーションまでラインナップされるという、僕からすると前代未聞の事態に軽く混乱してしまいましたw

ホットウィールは何が起こるかわからないですね~。

というわけで、2017年のTOUR DE FAST、1stカラーと2ndカラーを一気にレビューです。

スポンサーリンク

ツール・ド・ファストのレビュー

TOUR DE FASTは2016年のPアソでHW GAMESセグメントからデビューしました。

HW GAMESは2016年のリオデジャネイロオリンピックを意識して作られたセグメントです。
TOUR DE FASTという名前が自転車レースの最高峰である「ツールドフランス」から命名されているのは言うまでもないですね。
※英語読みだと「ツアー・デ・ファスト」みたいな感じでしょうか?

こうしたレースでは選手たちに必要な物資やスペアの自転車が積み込んだサポートカーが必要で、TOUR DE FASTはそんな自転車レースのサポートカーとしてデザインされたホットウィールオリジナルカーです。

デザイナーはTyler Charest氏。
1967年のシトロエン・DSをベースにデザインされているとのこと。

というよりは、シトロエン・DSをベースにされたのではないかという2009年のNew Models「Avant Garde」(こちらはJun Imaiデザイン)を自転車レースのサポートカーとして昇華させたのが本モデルではないかという意見もあります。

ホットウィールは謎車にも系譜を持たせていることが多々あるので、こういうのを追っていくのも面白いですね!
・・・そして調べたおかげでAvant Gardeも欲しくなってしまうというスパイラルですw

TH扱い?

今回のTOUR DE FASTがコレクターの間で若干ザワついたのが、ブリスターカードにコレクターナンバーの記載がなかったことです。

通常、2017年のベーシックカーはブリスターカードの右上にxxx/365といった通番がふられており、TOUR DE FASTの1stカラーは194番と決まっていました。

・・・が、ブラックカラーの方のブリスターカードは無印になっていたんです。

で、2017年のベーシックカーにおいて無印となるのは、STHやTH、またはショップ限定(ターゲットやK-mart)のカラバリモデルといった特殊なアイテムだけでした。

そのため「JアソのTHはTOUR DE FASTなの?」と思った方も多いのではないでしょうか。

事実、裏面を見るとトイナンバーも「DVD17」となっており、THであることを臭わせます。
※2017年のTHは「DVDxx」といったナンバリングになっているため。

ただ、車のボディのどこを見てもTHロゴが入っていませんでしたので、特にTHというわけではなくショップ限定でもない気まぐれ的なカラーバリエーションモデルなのではないかと思われます。

流通量に関しては、海外サイトにおいては「どこにでも豊富にある」という評価だったのに対し、モデルカーズでは「やや少なめ」という情報でした。
実際僕が行った地元の西友(56台×1ケース)や地元のトイザらス(36台×数ケース)では混入していなかったものの、都内のトイザらスでは3~4台が棚にかかっていたので、多少流通量が少ないと言ってもTH程度は出回っているのかなといった印象です。

チャリティーモデルの存在

TOUR DE FASTはデビュー間もないモデルでありながら、サイクリング関連のチャリティーモデルとして全世界300台限定のキャスティングがされています。
[参考]全世界300台限定 CHEFS CYCLE仕様のTOUR DE FAST特別オファー

今回の2017年モデルとほとんど変わらない仕様で、グラスルーフにChefs Cycleのロゴが入り、特別なケースに入れられているというものです。
ほとんど同じモデルなのに高級感を感じさせる演出というのはすごいですよね。

それでは各部見ていきましょう。

フロント・リア

まずはブルーのモデルから。
正面から見ると1967年式のシトロエン・DSと言われても納得できる顔つきでしょうか。

ルーフに積まれた自転車のせいで鶏みたいに見えなくもないですね!
The Year of the ROOSTERはTOUR DE FASTでもよかったんじゃないか、ってぐらいですw

ブラックモデルを見るとよくわかりますが、ヘッドライトはクリアパーツで仕上げられています。
同様にテールランプと思われる部分もクリアパーツが差し込まれていますね。

シトロエン・DSは1967年からこのようなガラスカバー付きの4灯ライトになっており、それが再現されていることから本キャストが「1967年のシトロエン・DS」と言われている所以なのかもしれません。

サイド

横から見ると前述のチャリティーモデルと全く同じに見えますね。
実際のシトロエン・DSと比べるとお尻周りが大きくなっていて、SUVっぽいです。
たしかにレースのサポートカーとして使うのであれば、こういうマシンの方が実用的な感じがします。

ブラックカラーの方はこんな感じ。
どちらもブルー×ブラックに差し色のオレンジが入っている感じ。

ボディサイドには大きく「Hot Wheels FACTORY TEAM」のロゴが入っています。
ホットウィールサイクリングチーム内の「工場チーム」ということみたいです。
[参考]HOT WHEELS FACTORY TEAM

これが実際に「工場で働いている人たちのチーム」なのか、「サポートチーム」という意味なのか、詳細はよくわかりません。(誰かご存知の方がいたら教えてください^^;)

ホイールはどちらもTRAP5 (Trapezoid 5-Spokes)。
台形(Trapezoid)の5スポークタイヤです。
個人的に好きなホイールなんですが、最近こればっかりだなー。

特徴的なロードバイクはルーフにめり込んでいるのがわかりますね。
ホットウィールのキャスティング上仕方ないのかと思っていましたが、「Tour de france support vehicle」とかで検索すると実際に自転車がめり込んだ車が出てくるので、そういう仕様なんですね。面白いです。

トップ・ベース

上部から見ると、ルーフから突き出たロードバイクはインテリアパーツと一体成型なのがわかって面白いですね。
自転車のクオリティは・・・お察しですw
一応、カードデザインによれば2台が並んで積まれていることになっています。

ボンネットにはHot Wheels CYCLINGのロゴや、企業風のロゴが並んでいてレースカー(レースのサポートカー)っぽい仕上がり。

シャーシ底面のデザインは簡素なものになっていますね。
2016年の著作年とマレーシア製であることが記されていました。

2016年もPアソなど後期のモデルになると著作年とキャスティングの年が同じになるんですね~。

インテリア

自転車がどんな感じでマウントされているのか気になってバラしてみました。
実際の車ではこのような感じで車内を圧迫するようなことはないと思いますので、これはホットウィール的な解釈といった感じでしょう。

なんとなく個人的に「おっ」ってなったのが、リアフェンダーの内側のパーツ(なんていうんだろう?)。
これがあるとキャストが組みあがった時にタイヤの隙間から中が見えないため、やや高級感が出るんです。

以前にSikuを分解したときにはこういう点が丁寧に作られていたので「さすが高級ミニカーは違うぜ・・・」なんて思ってたんですが、$1のホットウィールでもできるんですね!w

簡易カスタム

さて、せっかく面白い感じのカラーリングのTOUR DE FASTを2つ手に入れたわけです。
インテリアパーツを見るためにバラしたんだったら、やることは一つですよね。

チェーーーーンジ!(ギニュー隊長のように)

ババーン!

おおー・・・!
なにこれ・・・

「どこのファクトリーストックよ!?オッ!?」

って感じの仕上がりになりました。
めちゃシブじゃないですか!?

ドアの分割ラインもちょうどいい感じになっていて、妙なリアリティが出てますw(自転車だけやや惜しいけどw)

やっぱりブラックカラーというのは引き締まるものですね~。カッコいい・・・。

もう一台の方はブルー×オレンジのフレンチポップな謎車が出来上がりましたw
これはこれでいいですね!ブルーとオレンジって補色なんで絶対に映えるんですよね。

どうしてもウィンドウが暖色系だと謎車感が満載になりますが・・・カラーコーデ的にはアリ!

2台ゲットされた方はこの簡易カスタム、かなりおすすめです!
※実はインテリアが見たいというのは口実で、本当はこのカスタムがしたくて仕方なかったんです;

余談ですが、なんとなく「真っ黒」と「青×橙」という組み合わせを見ていたら、

この子達を思い出しましたw

おわりに

というわけで、TOUR DE FASTのレビューでした。

ホットウィールの謎車にはなかなか魅力的なモデルが定期的に出てきますが、個人的にこれはかなりアタリだと思ってます。
それだけに昨年のキャストを逃したのはかなり残念ですね。
・・・でも今年のを2つも買っちゃったからもういらないけどw

レアリティもいまいちよくわからないモデルではありますが、もし店頭で見かけたらぜひ手に取って見てみてほしい一台だと思います。

スポンサーリンク

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. inori より:

    こんにちは。今頃ですが昨日の収穫品です。

    77 Pontiac firebird 白

    chevy c-10 紫

    またまた2台ですww

    そして前にgas monkey のcorvetteを譲ったという話を覚えているでしょうか?なんと前に譲った人からかわりにと

    fast edition 69 corvette zl-1 金色
    ハードケース付き!

    これにはびびりましたね….なんか申し訳ない気分になってしまいました…..

    そして今日父親が会社の旅行でタイに行ってましたがさっき帰ってきました。ホットウィールもありますよ

    お土産

    Hot wheels

    77 Pontiac firebird 青 2台目…

    fairlady 2000 fast color

    69 ford torino Talladega 緑

    67 austin mini van 黄色

    camaro fifty 81 camaro 2台目

    Hot wheels 10 pac

    省略でww

    そして疑問に思ったのがベーシックカーとカマロ15の値段が同じということですww何故ですかねえ…

    そして驚いたのがベーシックカー1台968円????

    日本がいちばんですねw

    • にわかマニア管理人 より:

      inoriさん

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      >69 corvette zl-1

      うわあああああ!めっちゃうらやましいです。
      いいことってするもんですね~w

      >タイのホットウィール

      タイ、いいですね。僕も大好きです。

      お父さんの協力があるの、いいなぁ。

      てか、ベーシック1台968円もしててそんなにたくさん買ってきてもらったんですか!?ヤバッ。。。
      10Packなんて1万円クラスかよ・・・。

      ・・・って、タイのトイザらス情報では1台あたり99バーツ=300円ぐらいってなってますね・・・。
      地域によって違うのかも。
      観光地とかは高額になりがちですし。

      >ベーシックカーとカマロ15の値段が同じ

      ベーシックカーはマレーシア製、カマロ15はタイ製というのが関係してるんですかね~。
      ううむ、僕もタイのホットウィール漁りたいですw

      • inori より:

        10pacは4800円で値引きして3200円で買ったそうですww

        後はトゥクトゥクも2台我が家にきましたww

        でもやはり高いですねえw

        • にわかマニア管理人 より:

          inoriさん

          10台で3200円なら内容次第ならありかも!?

          >後はトゥクトゥクも2台我が家にきましたww

          あれ?トゥクトゥクってマッチボックスのヤツですか!?
          それともホットウィールでも存在してるのかな??
          僕も欲しいですw

  2. 水戸 裕一 より:

    にわかマニアさん、こんちは!!

    タイのホットウィール事情、向こうのほうが日本より
    高いというのは、FBでお友達になったかたにも教えていただきましたが、
    日本で売っていないモデルが、タイで売っていたりと興味ありますね!
    TOUR DE FASTの色変え、黒×黒だと引き締まって見えるし、
    青×青もフランス?的でとても魅力的ですね!
    元の安っぽいイメージからだいぶ変わりますね!
    初めから、そのカラーで出してほしかったです。

    • にわかマニア管理人 より:

      水戸さん

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      >タイのホットウィール事情、向こうのほうが日本より高いというのは、FBでお友達になったかたにも教えていただきましたが、

      そうなんですか~。
      タイやマレーシアでも正規品となればUSからの輸入品扱いになるわけで、仕方ないのかもしれませんね。
      逆に現地では流出品もあるそうなので・・・いつかは出会ってみたいものですw

      >TOUR DE FASTの色変え、黒×黒だと引き締まって見えるし、青×青もフランス?的でとても魅力的ですね!

      ですね~!
      僕もこのブラックモデルは特に「おおっ」となりました!

      ただ、初めからこのカラーで出ていたら、逆にホットウィールらしさがなかったかも?とも思います。
      そしたら売り場でも映えずに残っていたかもですねw

  3. poncha2016 より:

    TOUR DE FASTの2台換装、これ、見たかったんです~。

    そうそう、昨日TOUR DE FASTを見かけたときに「これ買うつもりやったのに、何でやったかな~?」と理由を失念。結局買わずに帰宅。今記事を見て思い出す・・・

    次回参戦時にもし在庫あったらTOUR DE FAST回収してきます!

    • にわかマニア管理人 より:

      poncha2016さん

      コメントありがとうございます!

      >TOUR DE FASTの2台換装、これ、見たかったんです~。

      おお、考えることは一緒ですねw

      >そうそう、昨日TOUR DE FASTを見かけたときに「これ買うつもりやったのに、何でやったかな~?」と理由を失念。結局買わずに帰宅。今記事を見て思い出す・・・
      >次回参戦時にもし在庫あったらTOUR DE FAST回収してきます!

      いやいやいやいや!あれ?ケースに両方入ってませんでした!?wwww

      次回参戦時にはすでにない可能性も・・・

  4. hiro より:

    伝道師様、皆様おはようございます。

    TOUR DE FASTスワップお疲れ様でした。
    やはり黒一色の方はカッコイイですね!脳内変換で想像していたのですが、想像以上の出来ですね、フレンチブルーも好きです。

    土曜日のキャラクターカーは不参加でしたが、F、Hアソの買い逃しがあり、残り物を拾いに日曜日の朝からノコノコと行って来ました、実車はほとんど無いなかで黒のカマロがありましたが、入手済みなのでそっと棚にもどしておきました。
    キャラクターカーの残り具合を見ようとキョロキョロしましたが、発見できずにマサカの完売?大人気だったのでしょうか?おそるべしキャラクターカー。

    • にわかマニア管理人 より:

      hiroさん

      おはようございます!コメントありがとうございます。

      >やはり黒一色の方はカッコイイですね!脳内変換で想像していたのですが、想像以上の出来ですね、フレンチブルーも好きです。

      そうなんです!
      僕も頭で想像していたよりもカッコよく出来上がってびっくりしました。
      ※これ、実物は写真よりカッコよかったですよ!!

      >黒のカマロ

      あれ、カッコ良かったですよね。
      僕も今回ゲットのチャンスがあったんですが、いろいろ考えてスルーしてしまって・・・いままた後悔というスパイラルですw

      でも、入手済みアイテムを棚に戻してあげることは新規のコレクターが増えるきっかけになるかもしれませんね!
      コレクター数が増えれば必然的に入荷数、入荷店舗も増えるわけで・・・いずれ近所のコンビニとかでも買えるようになったらいいのになぁ・・・。

      >キャラクターカー

      ええっ・・・?
      僕としても動向が気になるアイテムではあったんですが、まさかあれが売り切れるとは考えられないです・・・w
      入荷しなかった可能性もあるのかな・・・?

      次回トイザらスで残りの在庫を確認するのが楽しみになってきました!!

      • hiro より:

        >でも、入手済みアイテムを棚に戻してあげることは新規のコレクターが増えるきっかけになるかもしれませんね!

        自分はあまりブリバリしない派なんで2個は必要ないし、それに予算の都合もありますから。
        後から来た方が、やった!これ欲しかったんだ!なんて思ってくれたら、うれしいですね
        (ジジイの自己満足ですが?)

        最初の頃はアレもコレも欲しい!で探し周りましたが、最近はその労力がイマイチ無くなりつつあり、ユルユルになって来ました。
        あまり欲張りすぎてもいけないんで

        • にわかマニア管理人 より:

          hiroさん

          >後から来た方が、やった!これ欲しかったんだ!なんて思ってくれたら、うれしいですね

          僕もリリースするときはいつもそんな感じで考えてますw
          ただ、発売日の朝に行くのでだいたい一緒に並んでた人が「それ要らないの?」とかいって持ってっちゃいますけどね。

          >最初の頃はアレもコレも欲しい!で探し周りましたが、最近はその労力がイマイチ無くなりつつあり、ユルユルになって来ました。

          僕はいまでも「アレもコレも欲しい!」となってしまうのですが、さすがにお財布がついていかないので自重せざるを得ない状況ですw
          ただ、個人的な意見ですが、ゆるくコレクションする方が長く楽しめていいんじゃないかと思います。
          一気に熱を帯びると冷めるのも早いですからね・・・。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です