’94 BUGATTI EB110 SSのレビュー!90年代ブガッティを代表するスーパーカー![GRX25] | Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

  Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

’94 BUGATTI EB110 SSのレビュー!90年代ブガッティを代表するスーパーカー![GRX25]

Z32かと思った!?(思わない)
残念、ブガッ亭・海老天でした!

海老天っていうか、海老ワンテンですけどね。EB110だからね。

というわけで、’94 BUGATTI EB110 SSのレビューですよ~!!

ブガッティ EB110 SSのレビュー

本日のアイテムはこちら!

2021年Nアソートより’94 BUGATTI EB110 SSです!

日本では11月の発売分が「Mアソ(L+Mミックス)」で確定したっぽいので、Nアソートがいつになるかは不明です。

もしかしたら11月にショップ限定とかで出るかもしれませんが・・・果たして!?
(12月はPかQか・・・って思うと、ねえ?)

今回我が家には・・・そう!もうおわかりですね。

ニュージーランドから乙様便にて送られて来たアイテムでございます!
おかげで先行レビューさせて頂けます!あざっす!

’94 BUGATTI EB110 SSについて

ブガッティEB110は1991年~1995年にブガッティが製造・販売していたスーパーカーです。
ヴェイロンの前任モデルというところですかね。

ブランド設立者であるエットーレ・ブガッティ氏の頭文字である「EB」と、氏の生誕110周年にちなんで名づけられました。

もともとはランボルギーニカウンタックの設計者およびデザイナー(マルチェロ・ガンディーニ)が手掛ける予定だったマシンなのですが、まぁ・・・色々と折り合いがつかなかったようで。
後任の開発陣によるプロトタイプ数台を経ての最終形となったのだとか。

※結果、ガンディーニ案のEB110はマセラティ・チュバスコなるコンセプトカーとして生まれ変わることになったそうです。おもしろっ!

1992年にはハイパフォーマンスモデルであるSS(Super Sports)が発表され、今回はそれの94年式がキャスト化された・・・ってところみたいですね。

94年は・・・ルマン参戦とかがあったのかな。

ホットウィールにおいては今回のキャストがデビュー品です。

デザイナーはRyu Asada氏。

ヴェイロンやシロン同様、今後もなかなか人気で手が出せないアイテムになりそうですよね。(ヴェイロン欲しいよ)

では各部みていきますよ~!

フロント・リア

なんでもガンディーニ氏とブガッティ側とで揉めた原因の一つが、このフロントマスクなんだそうで・・・。

ブガッティ復権というところに自身の集大成となるデザインを持ち込みたかったガンディーニ氏は、より空気抵抗を減らせるような案を出していたわけです。

・・・が!
ブガッティ側としては「伝統の馬の蹄フェイスは外せん!空気抵抗など二の次じゃ!」ってことだったようですな。

うーむ。なるほど。

しかし青い狸面に赤い鼻となると・・・ちょっとドラえもんに見えなくもないですよね。

アッーー・・・

ネコ型ロボット・・・?

サイド

ガンディーニ氏が途中降板したとはいえ、その面影みたいなものは引きずっているような気がします。
ちょっとカウンタックっぽいというかw(ウィンドウデザインとかさー)

あとこの子、シザードアなんですよね。

まぁ、シザーだからって「カウンタックっぽい」って安直に繋げちゃダメだとは思いますが・・・。

なんだか70年代~90年代のスーパーカー過渡期感があるデザインかな~!

トップ・ボトム

今年のメインライン新作はこの手のフレンチブルーカラーが多かった印象がありますね。
ブロンコしかり、FJ45しかり、LBGT-Rしかり・・・。

なんかそういう”流行り色”だったりしたのかな?

ボディ後部の窓からはミッドシップされたV12エンジンが覗けるようになっていました。
なんでも実際にはエンジン脇に6速トランスミッションが配置されているそうで、それに合わせてなのか中央からややずれたエンジン配置になっているなども芸が細かいです。

底面には2020年の著作年とマレーシア製であることが記されていました。

おわりに

というわけで~。
ブガッ亭・海老天のレビューでした~。

同門のシロンと並べて。

R35やZ32もそうだったけど、こうやってヘッドライトをクリアパーツで再現してくれるモデルは非常にありがたいのですが、ウィンドウパーツと一体成型のクリアパーツはやや暗く、どうも実車とはイメージがかけ離れてしまうという難点がありますな。

Z32の時は裏側からホワイトを塗ってみたんですけど、そもそもクリアパーツも結構厚みがあるため、微妙な感じになったのを思い出します。

NISSAN 300ZX TWIN TURBOのレビュー!HWでは2度目となるZ32型フェアレディZの新キャスト![FYB73]

うーむなるほど。
普段タンポでライトを表現しているのって、ある意味$1のミニカーにおいては理に適っていたのかもしれないなぁ!

さて、EB110はブガッティの復権に貢献したのかというと・・・何とも言えないところで。
ブガッティ自身は1995年に倒産しちゃうんですよね。

ただ、その後もEB110だけはダウアー110やエドニスへと姿を変えて生き残ったそうなのですが、それはまた別のお話・・・。

お役に立てたらシェアして貰えると嬉しいです!

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. ロードランナーK.K. より:

    お久しブリーフ!
    面白いなぁ
    白い犬は尾も白いなぁ ブホホ
    圧倒的「STAND BY ME」感(ドラちゃん)
    シザードアのくだりの画像なんかドラちゃんがネズミと目があって「ギャーっ🐭」ってなってる感じでいいよ👌
    このキャスト買いましょうぞ👍
    この手のスーパーカーにはなびかない私ですが気に入りました
    気に入ったと言えば、フォードの新型トラックのマーベリックがぽっちいよぉ~
    大き過ぎずいい感じのサイズなんだって
    車体価格も220万円位かららしいから手が届かない訳じゃないんだよぉ~
    年末ジャンボにかけるしかねぇなこりゃ
    年末ジャンボが当たるか、ジャンボ宝くじ5兄弟の吉岡里帆さんとお友達になれるかなら、吉岡里帆さんとお友達になって一緒にお弁当食べたいよぉ~
    でも向かい側に吉岡里帆さんが座ったらデレデレでご飯噛めないね
    やっぱり中川のしょこたんにするか

    • にわかマニア管理人 より:

      ロードランナーK.K.さん

      コメントありがとうございます!

      STAND BY MEのドラちゃんももう少し可愛かったかとww

      たしかにねずみを見つけた時のドラは髭が逆立ってこんな顔になってますね!
      って、ブガッティ欲しがる理由が「ドラみたいだから」って、そんな不純な・・・!w

      >マーベリック

      気になって見ちゃったお。。。ほしい。
      200万円出せたとしてもなぁ・・・車検やら保険料やらを考えると数年所有するぐらいが関の山、、、
      そして次にF-150 Lightningなる完全EVが出るなんて情報もあるじゃないですか。。。ぽっちぃ。

      K.K.さんが裏山から温泉を・・・いや、金塊を掘り起こしてくれるの待ちじゃ〜!!

      >吉岡里帆さんと

      お友達でええのん?
      僕はお姉ちゃんになってほしいかな!
      あ、でも彼氏連れて来られた日には胸が張り裂けちゃうかも、、、

  2. より:

    お晩で御座います

    「 EBI 10 SS 」

    ブガッティ氏が初めてインバウンドして
    海老天の極小サイズを召し上がられたのが、
    10歳の時を祝して作った車!!
    ・・・という訳ではなさそうですな♪

    自分的にも、ザ!スーパーカー♪
    と速攻カゴしましたが、
    どーもこのノッペーリ水色が
    何とかならないかなぁ~と・・・。
    ポルシエ・スパイダーのやつも然り。

    Q: 仮にゴールドだったら?
    A: 爆買いしまっす!!!

    今夜の23:59分で自分の住む地方が、
    レベル3→2の確変になります♪
    という事で量販店も明日開店♪
    今回は非常に長く感じましたが、
    たったの11日間でした・・・。

    ちなみに超大都会は今日も陽性者
    最多を更新してレベル下がらず、
    63日目ロックダウン継続中です。

    • にわかマニア管理人 より:

      乙さん

      お晩です〜。コメントありがとうございます!

      あっ「EB」で「エビー」ではなく、「EB1=EBI」ってことだったんですかw
      UNICORNのベーシストですな!

      >仮にゴールドだったら?

      ゴールドじゃなくてもw
      ブラックとか、キャンディブルーとかでも良さげ。

      >たったの11日間

      長いっすよぉ・・・それでも。
      なんか日本は「コロナ?あったっけ・・・?」ぐらいの雰囲気になってきてるかも。。

  3. アラカンウィーラー より:

    更新おつかれさまです

    サイドビューにはガンディーニ・デザインの面影を感じます

    有名な話ですけど氏の愛車はまさかの 〇〇〇R だそうですね

    職場の後輩に86でアマチュアレースをやってる人がいたんですけど普段の足は
    姉ちゃんのお下がりの回転シート仕様のアルトでした・・・www

    • にわかマニア管理人 より:

      アラカンウィーラーさん

      コメントありがとうございます!

      そうですよね!?サイドビューがなんかガンディーニ感ありますよね。
      そもそもガンディーニ案を元に後継デザイナーが作ったとかでガンディーニ氏がブチ切れたそうな。。。

      愛車はワゴンRなんですか〜なんか不思議w

      そういえばうちの近所でロータス・エスプリが停まってる家があるんですけど、その家の人も普段の足はランサーか何かだったなぁ。。

  4. らちぇっとれんち より:

    更新お疲れ様です どうなるかわからないこの令和の
    ホットウィール事情、マイルールにより早めに購入(\390)
    ライセンスドカーに疎いので青いスポーツカーだー!
    という気分でポチりましたw(RALLY BAJA CRAWLER,
    ’96 CHEVROLET IMPALA SS,’67 OLDSMOBILE 442などとともに)

    こういう高級車ないし外国の自動車を所有した気分になれるのも
    ミニカーのいいところですねw

    来年度は黄色でTURBOセグメントですか><
    海老天が乗ったカレーうどんがすすりたいけど明日は2回目のワクチン接種

    • にわかマニア管理人 より:

      らちぇっとれんちさん

      コメントありがとうございます!
      おお!?マイルール早め購入でそんなに安く!?

      ラリーバハクローラーは僕もゲット済みであーる!!

      >黄色でTURBO

      なにかまずいことでもあるん?w
      黄色いからより海老天に見えちゃうとか・・・?

      Ryulaサーキットのロゴ入りなので、あれはあれでまた欲しいのじゃ、、、

  5. Shubee より:

    更新おつかれさまです。

    フロントの馬蹄形グリル、そう言われるとなんだか後からちょこっと足しましたみたいな感じに見えてきますねw
    カウンタックで課題だった空力を改善したかったそうですが、カウンタックってシュッとしてて空力良さそうに見えるけどそんなことないんですねぇ。

    青いボディにタヌキ面・・・確かにドラえもんですなw
    セカンドカラーは黄色みたいだけど、しまじろうをイメージしてるのかな・・・

    ライトのクリアパーツは確かにちょっと勿体無いですね。
    パーツの厚みを薄くするとかスモークを薄くするとかすれば、もうちょっと見え方も変わるような気はしますが・・・
    モダクラのZ32とか、クリアパーツの上から印刷しちゃってますもんね^^;

    ガスモンキーガレージのコルベットがamazonで復活してたので、スペクトラフレームというのが気になって予約しちゃいましたが、商品画像見るとメタルフレークに見えるんですよね・・・
    うーむ、果たして・・・

    • にわかマニア管理人 より:

      Shubeeさん

      コメントありがとうございます!

      そうなんですよね。
      ヴェイロンやシロンは逆にドドーン!と目立ってて、それぐらいやってもよかったんちゃうかと。。。

      >空力を改善

      そういえば漫画「カウンタック」で、高速になると車体前方が浮いてきちゃうみたいな話があったような気がします(曖昧)

      >タヌキ面

      タヌキ言うてないw猫型!!

      待って、セカンドカラーの黄色・・・。
      ドラえもんってネズミに耳をかじられる前は黄色だったんすよ、、、

      こりゃ3色目は赤(ミニドラ)だな、、、

      >ライトの

      そうなんですよね〜。
      ここだけスモークを薄く・・・っていうのも難しいだろうし、この辺は$1の限界なんでしょうけど・・・。
      クリアパーツの上から印刷はもう本末転倒というかw(でも悪くない)

      >コルベット

      Amazonのページだと過去のレトロの写真も一緒に載ってません??
      たしかにスペクトラフレームは気になるんですが、、、ワイはダーマッを予約してしまったのだ、、、(予算ががが)

  6. ウィーラーの端くれ より:

    お疲れ様です。

    海老天・・
    ああ、こち亀の中川のクルマの
    イメージですね。
    これは持ってないですね〜
    ヴェイロン、シロン、ディーヴォ
    まであるのにコレはありません。
    さらに、悪いことに
    トミプレのヴェイロン初回も
    逃しました・・
    (かわりに、昨日、マッチボックスの
    85 4RUNNERを2つゲットしました!
    未開封品は4つになる予定です。)

    →水色が流行り
    たしかに、LB35、ブロンコ
    ランクルトラック・・
    何の流行りでしょうか。

    • にわかマニア管理人 より:

      ウィーラーの端くれさん

      コメントありがとうございます!
      中川ってEB110乗ってるんですか!知らなかったw

      ディーヴォはマッチボックスですかね〜??

      ヴェイロン初回、当日は結構余ってましたが・・・もう無いかな??

      >水色

      たとえば青系塗料が安く仕入れられることが判明した・・・とか?w

      まぁそのマシンのイメージカラーがたまたまかぶっただけだと信じたいです!

  7. FTE より:

    おっす!
    電車に揺られてスタンスネーション、行ってきましたよ!海っぺりだから強風でしたよ!
    ガラポンは見事にハズレ、でも新作はバシバシ撮影してきましたよ!要る? もうイラネか。

    2〜3店、専門店が出店してましたんでね、しかもまあまあ良心的価格だったもので、すっかり抑えていた何かが飛んでいって、たくさん散財してしまいました(レジェンドツアー現地限定の黄色いコルベットのチームポもね、買えました)。来年のコンベンションも楽しみだなあ(どこでやるんでしたかね)。

    さて海老天。いい時代のスーパーカーですね。フランス車なので現地では「イービーワンテン」とも発音しないはずですけどね(正しくは知らん)。私も好きな類のクルマなので、オクで先行して購入しました。見れば見るほど「バロム1」顔。

    おっしゃる通り、ある意味で、というか結果的に「ヴェイロンの前任モデル」となりましたけど、時間的空白もありますし、もはや全くの別物ですね。ヴェイロンを実際あそこまで「走れる」クルマに仕立てたのは親玉に据わったフォルクスワーゲングループでしたからね。面白いのは、VWは「あの馬蹄型グリルにしか価値はない」と思っていたところです。当時のブガ経営陣とは真逆ですね。本気で時速400キロを目指すんなら冷却も空力も重要なのに、ヴェイロンもシロンもグリルだけはバカみたいにデカいですからね。女子高生が「LV」ってロゴが入りまくったカバンを持ってるのと同じ。要はブランドもん(最近はハイブランドって言うらしいです)という位置づけなんです。

    そりゃケンカもしますよ。EB110は基本ランボの延長線上のスタイリングと設計思想なので、つまり80年代の遺物なわけです。なのにカーボンボディみたいにレーシングカー的な設計もあり、でもそれでも重くて、同時期に発表された「マクラーレン F1」とは思想や出来を比べられまくったあげく、各方面で絶賛されたマクラーレンとは大きく差を開けられての大敗北。最新作なのに、もっと進んだ子がいて、一気に陳腐化と。普通の6MTでしたし、3.5リッターV12は見劣りですし(4駆というのは先見の明)。

    ただ名誉のために付け加えておくと、スーパーカーって誰も乗って試せない、「スペックで売ってくる」ような業界にあって、当時ミハエル・シューマッハーって人が乗って試しまくってジャガーXJ220やフェラーリやポルシェやディアブロと比べた結果、「自腹で買ってもエエの、コイツだけやわ」と言って本当に買っちゃってフェラーリへ加入するまで乗ってたという事実もあります。つまりそれなりに「走れもする」。だから好き。顔はバロム1だけど。

    あ、そうだ。

    >今年のメインライン新作はこの手のフレンチブルーカラーが多かった印象がありますね。
    >ブロンコしかり、FJ45しかり、LBGT-Rしかり・・・。なんかそういう”流行り色”だったりしたのかな?

    これ、個人的な勝手な推測ですけど、「塗料まとめ仕入れ(まとめ塗り)」しているんだと思いますよ。全世界で1億台でしょ? 数千キロリットルの塗料使うんでしょうから、シビアにコストダウンするなら同じ色にしておきたいですからね。いちいち毎回塗色変えてたらノズルからタンクからホースから毎回洗浄する手間もコストもバカにならないし、プールにドブ漬けしてるわけじゃないことは色ムラ品がニワカさんの元に一度でなくやってきていることからも明らかです。

    いわゆる「隠蔽率」の低い白とか赤とか黄色とかは、その傾向があると思いますね、特にここ数年は。青もそうかはわかりませんけど、似たような、でも「ちょっとだけ違う青」が同居せずに「同じ青」が続いたりするのはきっと、一括で仕入れているんだと思いますね。てかオレならそうするね(誰や

    またCLK-GTRの時にお会いしましょう〜
    いやゾンボットのトラックの回、最高やったわwww

    • にわかマニア管理人 より:

      FTEさん

      コメントありがとうございます!

      >写真

      いるいるぅ〜!!(使って良いのなら・・・)

      >トランポ

      あ、売ってましたか!!
      そうか、公式販売がないだけで出店の専門店さんから買えたわけですね。

      >フランスの

      イタリア車だとばっかり思ってました、、

      シューマッハがいろいろ試した挙げ句にこれを買ったっていうエピソード、面白いですねえ・・・。
      しかも「自腹で」ってことは、裏で何かスポンサー的なアレが働いたとかそういうことでもないわけですか。

      それかシューマッハがバロム1大好き世代で「バロム1なら買うわ」ってなったとか。
      バロム1やめいw

      >塗料まとめ仕入れ

      やっぱそういうところですかねw
      そうなるとブロンコとかみたいにイメージカラーが水色のものに合わせて「似たような色で出せるヤツをラインナップすっぺ」ってなってんのかな。

      >CLK-GTRの時に

      ちゃんと来てくれるんやな!?

  8. ホットマニア より:

    ネオクラ枠のスーパーカー、という事か後のブガッティヴェイロンやシロンの人気で見直されてきた車でしょうね。同じ年度に出るマクラーレンF1や古参モデル?のジャガーXJ220と並べたい。ちなみにこの車もマクラーレンF1と同じくGT1のレーシング仕様が制作されたのですがあまり成績が残せず…。そう見るとこの時代のスーパーカーの成功者であるマクラーレンF1と倒産という悲劇に埋もれ「ダサい」だの「Z32」に似てると言われるこの車を比べて楽しむもまた楽しき事でしょうね。僕はフェラーリF40やディアブロに通じるような古き良きスーパーカーの時代のスタイルでカッコいいと思います。

    • にわかマニア管理人 より:

      ホットマニアさん

      コメントありがとうございます!

      ヴェイロンやシロンが人気じゃなかったら埋もれてた・・・って感じですか〜。

      たしかにF40とかに通ずる、あの感じのスーパーカー感ありますね!

      • ホットマニア より:

        そうそう。なんかシャープでカクカクした「紙の上で定規引いて描きました」な感じ。いかにも見た目から「速い‼︎」が伝わる感じでしょう。それに比べてマクラーレンF1辺り以降からは曲線をメインとした機能美(?)とかを追求した「コンピュータでデザインして作りました」な感じである意味90年代の車のデザインの転換期を感じます。ホットウィール にもこうしたネオクラ世代のスーパーカーをさらに出して欲しい…。(特にファイナルランで絶版になってるディアブロを新規金型で復活希望)

        • ホットマニア より:

          同じデザインの感じのものでは、同じ時期に運行が始まった300系新幹線とかでしょうか?ライトの辺りも似てるような…。

        • にわかマニア管理人 より:

          ホットマニアさん

          ははぁ、なるほどw
          コンピューターでデザインしました感ってのは、なんか腑に落ちましたw

          それと同じかはわかりませんが、最近の市販車っていうのも、どれも似たり寄ったりで面白くなくって。
          ああでもそれは常にそういうものなのかな。50年代のマシンはあれはあれでどれも似てるもんな。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です