Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

CHEVY C1500のレビュー!Walmart限定Chevrolet Trucks 100 yearsシリーズが我が家に来たゾ!の巻

2018年のCHEVYトラック100周年アソより、CHEVY C1500です。

このシリーズ、結局日本に正規輸入がなかったんですよね。
なぜフォードは入れたのにシェビーはダメだったのか・・・日本のホットウィール事情にはいまだにそういう深い闇があると思っています。

さてさて・・・ではなぜ僕がそんな貴重なCHEVY C1500をゲットできたのかというと・・・また「アレ」ですってよ!奥さん!!

というわけで、CHEVY C1500のレビューです。

スポンサーリンク

シェビーC1500のレビュー

本日紹介いたしますのはこちら!!!
CHEVROLET TRUCKS 100 YEARSアソートよりCHEVY C1500です。

CHEVROLET TRUCKS 100 YEARSアソートのラインナップ情報が出回り始めました!

USではウォルマート限定商品として販売され、前述のとおり日本への正規輸入はなかったと思っています。

日本へは入ってこなかったのに台湾には入ったんだそうで・・・台湾帰りのSuper Cub先生から送って頂いたのです。

こんな感じのダンボールで!!!!(やめなさいwww)

Super Cubさんは度々中華圏への用事があるそうで、今回も出先の台湾にてトイザらスを覗いたところシェビートラックシリーズのうちC1500だけ余っていたとのことで拾ってきてくれたのでした。

例によってもろもろズッシリ届きました。お中元の季節だったかな!(違う)
アッー!またあのバットモービルが我が家にきちまった・・・!くぅ~!!!

他にもON THE ROAD MAGAZINEとか昔ちょっと読んでたので懐かしかったです。

あとは手紙に書かれていた一文が面白かったので共有させてもらいますね。

一歩間違えるとホットウィール中心の生活になり、仕事や他の事が疎かになってしまうほどです。

手帳に発売日を書き込む時点で、相当やられてると思うこの頃です。

ファーwwwほんとほんと。
これ、Super Cubさんや僕だけじゃなくて、コレクターさん全員思ってることじゃないですかねえw

いやー、本当に気を使わせてしまってスミマセン。

確実に「頂いたもの全車種レビュー」はもう無理だなと思い始めているのですが・・・「カスタムベースにでもどうぞ」とも言われているので、、何かしらに活用させて頂きたいところです!
ありがとうございます!!

ご提供頂いたホットウィール一覧(自分で確認する用)

↑その他、みなみなさまからご提供頂いたホットウィールはこちらにまとめてあります。

台湾で販売されていたホットウィール(のシール)について

CHEVY C1500のレビューに進む前に、ついでで申し訳ないのですが「台湾で売られてたホットウィールの裏面シール」についてちょっと見ておきたいと思います。
こんな機会がないと触れることもないですしね!?

これが今回のアイテムの裏面に貼られていたものです。
玩具名として「風火輪雪佛蘭100週年系列」と書かれていました。

風火輪は言わずと知れた「ホットウィール」のことですよね。
でもって雪佛蘭が「シボレー」。
残りは100周年シリーズ・・・ってところでしょう。

でもってマレーシア製で、マテル・イーストアジアが輸入販売している、と。

ん?
そういえば香港版のOriginal Collectionもこんなんだったな・・・。

これこれ。
これもSuper Cubさんに頂いたんでした。

50周年ORIGINAL COLLECTIONより’67 HEMI BARRACUDAのレビュー!これぞアニバーサリー記念モデルだ!

香港も台湾も「中華な国」っていうイメージがありますけど、香港はイギリス領だった中国の一部で、台湾は厳密には中華民国統治の独立国家なんですよね?
でももともとは香港も中華民国だったんだっけ・・・?

・・・お隣にあるのにあの国の事ってほとんど知らないんですよねえ・・・。

僕の中では香港=大都市、台湾=ご飯が美味しいところ・・・っていう印象です。()

さて、今回Super Cubさんに送って頂いたアイテムの中にはもう一つ台湾モノがありました。

そういや向こうではフレイムスとかってあんまり人気ないんでしたっけね・・・?
2016年のアイテムが未だにペグを温めていたそうです。

・・・やっぱりアメリカの象徴過ぎてみんな嫌うのかしら・・・?w

ブリスターカード表面におもいっきり注意書きシールが貼ってありました。
未開封派の人なら発狂していいレベル。

これの裏面を見ると・・・「新風火輪小汽車」とのこと。
新・・・ってところがもしかしたらメインライン的な意味を持ってるのかな?

小汽車は「ミニカー」ですよね。
AliとかTao Baoで検索する時の参考にどうぞ。(日本語の「ミニカー」で検索いけたと思うけどw)

注目すべきはその数行下。
委託製造商となっているところが「Mattel Asia Pacific Sourcing Limited,」ってなってるじゃないですか。

ほほー・・・さっきのが「Mattel East Asia Ltd,」だったので、輸入会社が別ってことになりますね。
これって2016年と2018年で会社が変更になったのか、それともメインラインはアジアパシフィックでサイドラインがイーストアジア・・・っていう分け方なのか気になります。

前者だったら「バンダイ→マテル・インターナショナル」みたいな話だし、後者だったら「マテル・インターナショナルと京商」みたいな住み分けなんだなぁと。

・・・まっ、、、海外のことだし僕らには何の関係もないんですがwww

CHEVY C1500について

気を取り直して、CHEVY C1500トラックを見ていきましょう。

CHEVY C1500はシボレーのピックアップC/Kシリーズ4代目にあたるモデル。
Cが後輪駆動、Kが四輪駆動だったと思うので・・・この子は後輪駆動のピックアップということになります。

有名なC10トラックの兄弟、またはシボレー・ブレイザーの従兄弟みたいな存在ですね。

4代目C/Kトラックは1987年の1988年モデルから販売がスタートされ、USでは2002年まで販売が続いたそうです。
その最上級グレードとして設定されていたのが「シルバラード」で、1999年以降はC/Kの後継車種として「シボレー・シルバラード」が独立名称になり、シボレーのピックアップの代名詞となりました。

ホットウィールではPhil Riehlman氏デザインで1996年に誕生しています。
現在も廃盤モデルではなさそうですが・・・今作がそもそも5年ぶりとなっており、現在ではなかなかお目にかかれないようなアイテムかもしれません。

各部見ていきましょう。

フロント・リア

これこれ、この顔!
シボレーのトラックおよびSUVといえばグリル中央のバー(何か名前があった気がする)によって上下に分けられたフロントマスクですよねえ~。
ヘッドライトも上下左右に二つずつで、まるで4つ目の顔なのがめっちゃんこカッコいいんだなぁ。

Wikipediaによれば「シェビートラックマスク」とか言うらしいです。

このマスクに憧れてシェビーが欲しかった時期がありました。(今でも欲しいけど)

しかもこれ、底面~フロントグリルまでがメタル製なんですよ。
メタル製だと造形は甘くなりますがやっぱり重厚感が違いますねえ!

一方背面は・・・かなり寂しい感じ。
最初一瞬だけ「これメタル×メタル!?」と期待しましたが、残念ながらボディはプラ製。
ホットウィールの場合プラパーツはプラ成型色のまま市場に出てきますので、どうしても安っぽさが拭えなくなります。

サイド

サイドビューはなんだかすっごい走りそうな感じ!
100周年を表すであろうグラフィックもスピード感がありますし・・・室内のロールケージやトノカバー+ダックテールなのもトラックのレースで活躍しそうな佇まいを演出しています。

マフラーもサイド出し2本だし、ドアもないし・・・プロストックとかのレース用カスタムカーなのかな?

わー、カッコいいなこれ。
グラフィックが消えてもったいないけど、塗り直してプラ感を消したら相当化けるんじゃないでしょうか!?

ホイールはゴールドリムのPR5が採用されていました。

トップ・ベース

ボディトップから見るとめっちゃくちゃ安っぽいですねえ~w
素組みのガンプラみたい。。。

トノカバーは開くかな~??と楽しみにしてたんですが、裏面の”かしめ”を見れば一目瞭然。
インテリアパーツと一体になっていて、おそらくは後輪を押さえつけるのに一役買っているんじゃないかと思います。

ね。思ったとおり!
うまく荷台を作りこんで、トノカバーを外すカスタムをやってもいいかも。

底面表記は1996 Chevy 1500となっており、96年モデルのC/Kトラックであることがわかります。
「C1500って書いてないからKトラックの可能性もあるんじゃ!?」と一瞬思いましたが、底面デザインが四輪駆動のそれじゃないですよね。(え?違うよね・・・?間違ってたらごめん。)

著作年は1995年、工場はマレーシアとなっていました。

このキャストのデビューが1996年なので著作年表記的には合ってるんですが、実は2011年にボディがメタルからプラになるという変更が起きているんですよ。
そのタイミングで本来なら金型変更が発生して著作年も更新されると思うんですが・・・これは旧表記のまま。

うーん・・・本当にこの辺のルールがイマイチわからんw

※追記

すみません、、調べた情報が不十分だったようで・・・ウソを書きました。
コメント欄でツッコみを頂いていますが、2011年より以前のモデルにもプラのヤツが多数ありますね・・・

なのでもしかしたら一度もメタルボディはなかったのかも。
この辺りは全部ゲットして調べないと、見た目だけじゃわからないモデルもあるので難しいところ。

おわりに

というわけで!
CHEVY C1500のレビューでした。

最新のシルバラードと並べてパチリ。

’19 CHEVY SILVERADO TRAIL BOSS LTのレビュー!HWで3年ぶりの新作シルバラード

やっぱりその時代のフォルムというのはあるものの、シボレーはシボレー然とした顔をしているなぁ!

最後にもう一度・・・こんな素敵なアイテムをご提供頂いたSuper Cubさんに感謝!!
ありがとうございました!

スポンサーリンク

お役に立てたらシェアして貰えると嬉しいです!

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. FTE より:

    ハッ!
    オレンポ候補生が写っている!

    きっとあれがいつかファルケンとかアドバンとかモモとかグレッディカラーにカスタムされて記事化されるんだろうなぁ。(ない)

    この100号車、ヤフオクで買ったなぁ。450円+送料だったかな。このシリーズ中でこれしか欲しくなかった自分的にはイイ買い物だったけども。

    向こうじゃトラックのレースも有名で人気ですからね。NASCARと同時開催だったりしますが下位カテゴリーという位置づけでなく並存というか共存というか、これはこれで全米に無数にあるトラックレースの最高峰なんですよ。

    レース数が本チャンのNASCARより少ないとかパワー低めで見た目地味とかで人気的にはやっぱりNASCARには負ける……という時代もありましたが、今やセダンやクーペよりSUVとかライトトラックの方が売れ線なのはアメリカも一緒。特に後者はお家芸で各メーカーとも看板車種を走らせますから、かなり本気で競ってて、人気も大爆発。トヨタもタンドラ走らせて、メインにはカムリを走らせて、どっちも大事なんだ感をアピールしてます。

    話が逸れました。
    だからこのモデルのロールケージとかテールの跳ねたスポイラーとか後輪駆動なところはバッチリ正解なんです。この私が速攻で欲しくなるぐらいですから。トノカバーは外すと勝てなくなるので、外さないでください笑。

    サテンクローム、通称さてクロもスーパーバード狙いでいきたいです。アリストラットってあれネズミ乗ってるやつですよね?ハズレもないアソだと思うんで老村限定なら先に別で通販予約してもいいかもですね。でもトイレ要らんなぁ。

    てかガッタゴー、彼ら的にそんな大事な車種やったんか。いつかワイスピのプレミアムシリーズくらいのクオリティでサイドライン化すればいいのに。ガッタゴー、ホットシート、ホットタブ、栓抜き、シャボン玉の五種にトースターがチェイスみたいな感じで。ライセンス料かからないし、安くできるはず。

    でも売れねぇ!

    • FTE より:

      オレンポじゃのうて
      オランポじゃった。
      すまんのう。

      • にわかマニア管理人 より:

        FTEさん

        コメントありがとうございます!

        >候補生

        えっ、どこにどこに??

        >いつかファルケンとかアドバンとかモモとかグレッディカラーにカスタムされて

        僕そんな高等技術持ってないデ・・・。

        >トラックのレースも有名で人気

        なんでもこのトラックもレースが先行して、そこから市販車の販売になっているんだとか??
        日本ではなんでレースというか車文化がこんなにも盛り上がらなくなってしまったんでしょうね?

        >トヨタもタンドラ走らせて、メインにはカムリを走らせて

        ああ・・・なんか今のUSにおいてトヨタと言えばタンドラとカムリっていうの、すごくよくわかりますw

        >トノカバーは外すと勝てなくなるので、外さないでください笑。

        レースを引退して荷物を積めるようにした・・・ってことで一つ宜しくお願いしますw

        >さてクロ

        なんか一気にアイドルっぽくなりましたな!
        アリストラットはネズミが乗ってるアレですね~。
        ていうかアリストラット込みで「ハズレ無し」と判断されるのに「トイレ要らん」とは!!!!
        本当にホットウィールの集め方ってその人の個性が出て面白いですよね^^

        >ガッタゴー、彼ら的にそんな大事な車種やったんか

        どうなんですかねえ~?
        「トイwwwレwwwwwがwwホットロッwwwwドにwwwwwwヒーヒーwwww」
        って感じなのかも??

        謎車だらけのプレミアムライン、吹き出しましたw
        いやほんとライセンス料かからないけど売れねえ!!!!!

  2. poncha2016 より:

    こんにちは。

    コメント休みがちですが、記事は読んでますょ(^^)/
    なんか暇なのに忙しくて・・・ぉぃぉぃ
    自ブログのブリバリ記事もあまり進まず・・・
    なんだろう、昼寝に忙しいのかなぁ???(^^;)

    Hot Wheels置き場整理も徐々に、ほーんとに
    徐々に、のろのろと進めています。

    というわけで、ほとんど
    息してる報告のみで終わっちゃったな。

    • にわかマニア管理人 より:

      poncha2016さん

      こんにちは!コメント(生存報告)ありがとうございます。

      暇なのに忙しいとな・・・どういうこっちゃw
      僕はやりたいことが多すぎて、、、ここ20年ぐらい「暇」になったことがないです。。。(そのせいで全部中途半端、っていう)

      >置き場整理

      僕も徐々に進めていて、ようやくいい感じに収まってきました^^
      あとは捨てられずにいたカード類をどうするかだなぁ・・・スキャンするのも億劫になっちゃって。。。

  3. super cub より:

    ニワカ師匠こんにちは!

    お中元無事に届いた様でなによりです⁈
    色々予定があるなかで、早速のレビューありがとうございました。

    >こんな感じのダンボールで!!!!
    (なんですかそれ? すっとぼけ!)

    現地のトイザらスでは日本と同じで、パトロールしているとおぼしき人が
    何人かいましたので、日本と変わらず万国共通なんだと感じました。

    また台北の地下街は、秋葉原か?と思うくらいに、日本のアニメやら何やらが溢れていました。

    本日ローソンにX-MENの売れ具合を見に寄りましたが、
    取扱店なのに跡形もなく⁈
    いつものベーシックだけがポツンとありました
    完売したのか?まだ入ってないのか?
    (ローソンあるある⁈)
    聞こうにもレジは外人さんでしたので、諦めました。

    先日、自分に課した三か条⁈ですが、中々守ることが出来ず
    今日もリサ店で、サメ先輩(SHARKRUISER)を増車してしまいました
    2003年モデルで、金歯なんですよ!!
    ホイールも金色で、カッコイイんでつい、、、

    ああ!こうして増える一方のコレクション、
    もう底なし沼状態です
    ダメ人間になっちゃいそうですwwwww

    • にわかマニア管理人 より:

      super cubさん

      こんにちは!コメントありがとうございます。
      あっ、これやっぱりお中元でしたかw

      いずれにしろ・・・ありがとうございます^^

      色々な予定・・・ハッ、今日はおもちゃショーに潜入してきますよー!

      台湾は一度行ってみたいと思っているんですが、家族旅行で行っておもちゃ屋巡りをしたらさすがに怒られそう。

      >X-MEN

      ああ~怪しいですねえw
      入ってなかった可能性に一票!!!(COMBAT MEDICぐらいは余っててほしいw)

      >自分に課した三か条

      買わない、持たない、持ち込まない・・・でしたっけ(違う)

      まぁ、、、もう増えることは仕方ない。マストなんだ・・・!と思うしかないのかもしれません。
      僕もなんだかんだオークション見るのが辞められないですし。。。妻からしたら病的に見えてるだろうなぁ・・・。

      ちなみにサメ先輩・・・いいっすねえ!僕何気にまだ一つも持ってないので金歯クン見つけたら即買いだと思いますw

      >ダメ人間になっちゃいそうですwwwww

      ミニカー買いすぎたぐらいでダメ人間とかならないから大丈夫!!

      • super cub より:

        おはようございます

        そうでしたね、ちょうど「おもちゃショー」開催中でしたね
        昨年は潜入取材で、色々とスクープがあり興味深々でした

        今年も特ダネ⁈期待してます!

        行ってらっしゃいませ~!

        • にわかマニア管理人 より:

          super cubさん

          そうなんです。
          もしご都合があえば今日明日でぜひに~。

          取材内容は今日の記事に載せました^^

  4. 雷電 より:

    更新お疲れ様です。そうだこのアソート入って来なかったんだっけ。 う~ん、トラックアソートは入れば確実に売れそうな感じなのに入らなかったのは謎だ。入荷数も有ると思うけど、フォードのやつもスチュードベーカー入ってたのも瞬殺だから需要は有るんだけどなぁ。

    • にわかマニア管理人 より:

      雷電さん

      コメントありがとうございます!!

      それがトラックってなかなか日本じゃ売れないみたいですよ。
      特にサイドラインだとやや高額で手が出ない人も多いとかなんとか。。。

      でも仰る通り、フォードもアメリカンピックアップも結構いい感じに減っていってますよねえ。
      シェビーもモパーも入れて欲しかった・・・(モパーはトラックじゃなかったけど)

  5. トルネオ より:

    1日遅れでこんにちは!

    もう既に懐かしいキャストですね、C1500。
    実車も人気が高く、個人的にも大好きな車種です!

    このC1500はDAYTONA誌のコーナーでも2度ほど取り上げられていて、その度にHOTWIRE製のデカールでカッコよくカスタムされていたのを覚えてます。
    グロスブラックに塗装されて「454SS」のデカールが貼られたヤツは、本当にカッコよくて、自分もそれを真似てFスポイラーを追加してボディーをブラックに塗装したりしてました。(今でももちろん持ってます!)

    >実は2011年にボディがメタルからプラになるという変更が起きているんですよ。
    え!
    私の持ってる物(FE含めて4台ほどですが)は、全てプラボディだったと思いますよ。
    少なくとも上記でカスタムした黄色ボディで「BARB’D&WIRED」という文字がプリントされたモデルは間違いなくプラボディでした。
    この方がボディ外すときラクで良いんですけどね。
    全塗装してしまえばプラでも気にならないですし…

    さて、今週末はトランポDですね!
    ただ、トミカの発売と重なる事と、前回シルエットの時みたくトイザらスだけ先行でほかがは後日、とかになる可能性が拭えない所が不安で仕方がないです。
    ちょっとやりたい事があるので240ZGのは確実に捕獲したいのですけどね…

    あ、以前にサクラスプリンターをデコトラにしたい云々をコメントして事があったように思いましたが、100均のラインストーンとか昔のデコトラパーツのジャンクにあった鷲レリーフとかを付けたりしてプチカスタムをしてましたよ!
    ちょっとサイズ感がイマイチだったので元に戻してしまいましたが、そのうちもう少し本格的にやり直そうか、と懲りずに考えています。
    キャブがレトロ風なので、時代的にも一番星号みたいな感じにしたいんですよね…
    まぁ何処にも見せる場は無いので、気楽に時間かけて進めたいと思います。自己満足カスタム万歳!

    • にわかマニア管理人 より:

      トルネオさん

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      デイトナ誌のカスタム、そこまで言われると拝見したいです。
      でも仰る通り、全塗装すればプラでも気にならないんですよねえ~。

      >私の持ってる物(FE含めて4台ほどですが)は、全てプラボディだった

      申し訳ないです。
      Hot Wheels Wikiを見て早合点しちゃって、間違った情報を載せていました。
      仰る通り、2011年より前のヤツでも「明らかにプラボディ」なヤツもありますよね。
      もしかしたらメタルボディってそもそもないのかも・・・?

      >トランポ

      今回は先行発売は無しになってました。
      その代わりヤマダの価格が1400円→1800円となっていて・・・なんかいろいろ裏でお叱りがあったりしたのかなと。

      ちょっとやりたいこと・・・なんだろうw

      サクラスプリンターのデコトラカスタムもいいですね。
      見せる場ならSNSを使えば一発ですぜ!インスタとかツイッターならよく自家製カスタムを紹介されている方に遭遇しますし!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です