Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

KICK KARTのレビュー!ジェット搭載ハイブリッドエンジンのレーシングカート![FJV83]

2018年のNew Models、KICK KARTがついに我が家にも来たデ~!!

日本での発売日にしっかりと逃した僕ですが、見かねたNZ在住某氏が送ってくれたものです。

せっかくなのでレビューさせて頂きますよー!!!

スポンサーリンク

キックカートのレビュー

本日紹介するのは2018年JアソのNew ModelsだったKICK KARTです。
日本では7月/8月に発売になっていたものですね。

僕は7月にはうっかり見逃し、8月には店頭で拝むこともできず・・・「こりゃ2ndカラーに期待だなー」なんて思っていたところ、まさかのご提供にありつけたわけです。

これ、入手できなかったというコメントも当時いくつか頂きました。
何気に人気アイテムなんですかねえ・・・?

KICK KARTについて

KICK KARTは2018年のNew Modelsであり、この赤いカラーのものがデビュー品・・・つまりFirst Edition的なアイテムです。

HWオリジナルカーですが、現時点でのデザイナーは不明。

名前からしてレーシングカートをモチーフとしたモデルですね。
カートとは「パイプフレームにむき出しのエンジン」を取り付けたシンプルなレーシングカーだそうで、その定義にはしっかり当てはまる車両と言えそうです。

僕らに身近なカートだと、ゴーカートとか、マリオカートとかでしょうか。
最近、僕が住んでいる田舎町でも例のマリカーが走るようになってビックリしてますw

各部見ていきましょう。

フロント・リア

フロントはなんとも可愛らしい造形で、実際にこんなカートがあったら人気だろうな~と思わせられました。

なんとも60年代のVWみたいな・・・どこかで見たような顔なんだけど・・・って感じがいいですね。
ホットウィールロゴもいいアクセントになってます。

背面には「ジェットエンジンとレシプロ(たぶん)エンジンのハイブリッド」と言われる大型エンジンが搭載されていました。
そのハイブリッドエンジンがどんな利点を持っているのか僕にはわかりませんが、とにかく上の噴射口からジェットを噴出しつつ下は下でタイヤをがっつり回してくれるんでしょう。

個人的にはジェットの吸気口がどうなっているのか気になりましたが・・・本来はカードデザインのようにパイプフレームのみの本体になっているはずなので、そこらへんの隙間から空気が入るようになっているんですかね~?

・・・そしてこういう場合の燃料ってやっぱり二重に用意しないといけないの??などなど、素人にはいろいろな妄想が捗るアイテムでした。

サイド

ボディサイドはめちゃくちゃシンプル。
パイプフレームにエンジンとタイヤと座席を付けただけなので仕方ないですが・・・海外レビュアーさんは「$1の価値ある?」みたいなことを言ってましたw

まぁたしかにウィンドウパーツもなければ亜鉛ダイキャストの使用量も少なさそうだし・・・マテルがうまいこと「コストカット用モデル」として生み出したアイテムなんじゃないかとも思えます。

って、$1の価値はあるよなぁ!?

問題は「定価324円の価値ある・・・?」ってところで・・・。

トップ・ベース

何かのデフォルメモデルなんじゃないかってぐらいギュッとしたカワイイボディですね~。
HW RIDE-ONSセグメントから出ているアイテムなので、デフォルメというかそもそもが”ライド”的なモデルなんですが。

座席および(写真にはないけど)フットペダルの造形もこだわって作られているので、やっぱり$1の価値はあr(

底面には2017年の著作年とマレーシア製であることが記されています。

ミニフィグと遊ぼう!

ではお待ちかね()、ミニフィグを乗せて遊ぼう!のコーナーです!!

こっちみんなwww

HW RIDE-ONSセグメントにラインナップされている車は、基本的に「MEGABLOKS」のフィギュアを乗せたり、掴ませたりして遊ぶことが出来るようになっています。
僕はMEGABLOKSを所有していないので、AISLE DRIVERについていたフィギュアおよび、LEGOのミニフィグ、あとはどこぞで入手したくまのプーさんの同等フィギュアを持ち出してみました。

AISLE DRIVERのレビュー!ショッピングカートがモチーフのレースマシン!?[FJX80]

いつかはMEGABLOKSも欲しいんですが・・・なかなか売ってないんですよねえ。

では、いきまーす。

まずはスタンダードな乗せ方。

「いや、どこがスタンダードやねーーーん」とツッコミたいかもしれませんが・・・、パッケージの裏に書いてある乗せ方がこれなんだから仕方ないです。

よりアクロバットにこんな乗り方(掴ませ方)も・・・!

自動で動くカートの上でこんなことをやるパフォーマーがいてもおかしくないですね。

プーさんは手の大きさの都合上、ここを掴むしかできませんでした。

(レゴおよびメガブロックならロールケージをしっかりと掴めるハズです。

一番難易度が高かったのはここ!
パッケージにも記載があったのでチャレンジしましたが・・・ここはなかなかどうして難しいですぞ!(すぐに手が外れちゃう)

とまぁ、こんな感じで・・・基本的にはパイプフレームのどこかしらにフィギュアを掴ませて遊ぶ・・・っていうアイテムになってますね。
いったい何人のフィギュアが乗れるのか?を試して見ても面白いかもです。

そして~

レゴのミニフィグは運転席に座ることもできました!
うわ、これなんかレゴのために開発されたんじゃないかってぐらいしっくりきてません!?

なんとなくKICK  KARTはこれで完成形のような気もしますね。

もちろん乗った状態でのアクロバットも可能なので・・・より大人数を乗せて走ることも可能。

おおお・・・この状態でトラックを走らせてみたいぜ・・・。

はいーーーーっ超スピーーード!!

あれだけ大きなエンジンがついて、こんな軽そうな車体で、ジェットの推力が付加されてるんだから・・・めちゃくちゃなスピードでそう。(小並感)

おわりに

というわけで、KICK KARTのレビューでした!

とりあえず寂しかったのでヘッドライトだけ簡易に塗ってみたんですが、まぁ・・・ちょっとだけ印象が変わる感じですねw
エンジン部分も少し塗ったんですけど、あまりにも酷い出来になってしまったので今回は掲載できませんw

さてさてこの超人気アイテム()ですが、次回はNアソで2ndカラーが登場予定です。
おそらく11月の発売分かな?楽しみですね!

スポンサーリンク

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. DK より:

    こんにちは

    記事とは関係ありませんがホットウィール関連のニュースと言う事で。

    アメリカのトイザらスが倒産手続きを終え経営権(?)がオークションにかけられる予定だったんですが、キャンセルされたそうです。
    果たして無事に復活できるのでしょうか?

    *日本語ではまだ記事が出ていませんでした

    • にわかマニア管理人 より:

      DKさん

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      な、なんだってー!>ΩΩΩΩ

      買いたいって名乗りを挙げている会社さんもいたようですね。

      そして「The company said it is considering “a new, operating Toys ‘R’ Us and Babies ‘R’ Us branding company,” the filing said. 」

      ・・・復活きたか・・・!ガタッ

  2. 光(*≧○≦*)ホットウィール好き より:

    リアに、ジェットエンジンが付いてますやん。来月のホットウィールにサーキットレジェンズが出ますけど、何を買われますか?自分は国内のスルーかもしれないですな。2018-FORZAシリーズは解らないですが、今年の締め(12月)かもしれないですね(^^;

    • にわかマニア管理人 より:

      光(*≧○≦*)ホットウィール好きさん

      コメントありがとうございます!
      そうなんですよ。めちゃ加速しそう。

      サーキットレジェンズは・・・787Bを抑えておきたいのと、拾ってもコブラかなぁ・・・。
      それかコルベットあたり・・・。

      FORZAはなんとなく10~12月って気がしますよね。
      あっ、10月の発売はないってショップさんが言ってたので、11~12かな。

  3. らちぇっとれんち より:

    こんばんは。確かにこちらのトイザらスでも
    発売当初はわたししか購入していなかったはずなのに
    店舗では見ていません。

    乗せる以外にも車体にしがみついて乗るアクロバティックなことが
    できるのも、ホットウィールのRide onシリーズの魅力ですよねー。

    >>定価324円の価値ある・・・?
    それは・・・(´ε`;)ウーン・・・
    わたしも・・・214円で購入したからなぁ・・・。

    • にわかマニア管理人 より:

      らちぇっとれんちさん

      こんばんは!コメントありがとうございます。

      発売日以降に徐々に売れていったんですかね~?
      いずれにしろ「発売日にも買えなかった!」という声があるので、やっぱり人気なのかも。

      >ホットウィールのRide onシリーズの魅力

      アクロバティック乗りでループトラック疾走・・・みたいなのがホットウィールの醍醐味です(違)

      >324円の価値

      いやまぁ、価値って難しいですよね。
      正直ブラックフライデーで買った25円のホットウィールが25円の価値しかないのか?っていうと、やっぱりそういうわけじゃないと思うし。
      かといってオークション等で数千円になっているホットウィールが本当に数千円の価値があるのかっていうのも難しいかと。

      海外レビュアーさんはあくまで「材質」をベースに考えて、「$1の価値云々」といった話をしていたんだと思います。

  4. 悪魔の”乙” より:

    お晩で御座いまきっく

    ほのぼのとしたお子様用の乗り物が、
    凶器と化したモデルですね。
    カツラも吹っ飛ぶそのスピード!!

    っていうか、HWよりもレゴの人形の方が気になるんですが・・・。
    シークレットの銀、59番の選手が当時発見できず、
    フルコンプ一歩手前の状態が彼此ウン十年・・・。

    良ぉ~く写真見たら、体操種目の平行棒をやってるように見えます。

    • にわかマニア管理人 より:

      悪魔の”乙”さん

      おばんです~。コメントありがとうございまキック・・・キック繋がらんやん。

      >カツラも吹っ飛ぶそのスピード!!

      あれ、ヅラだったんだ!?

      >HWよりもレゴの人形の方が

      これ、いつどこで入手したのか全然覚えてないんですが・・・おそらく大学生ぐらいの頃にペットボトルのオマケか何かで付いていたヤツじゃないかと。
      って、シークレットがあるんですか・・・そういうの全然知らなかったです。

      >体操種目の平行棒

      うーむ。。。そんなことを言われたらドリフの仲本工事さんにしか見えなくなってきたぞ。。。

  5. 雷電 より:

    更新お疲れ様です。ライドオンの車種は面白いの多いですよね。ピックアップ風の見た目のFig Rigがお気に入りです。所で本日7時11時にてアオシマのグラチャンを購入。中身はケンメリ4Dr。コレがマッドマンガそっくり! マッドマンガがケンメリベースって言われるのが良くわかるモデルでした。(出っ歯と竹槍?っていうチンスポイラーとマフラーが無いマッドマンガって感じの形です。)高級サイドラインに近い値段でちょい小さく感じますけど改造旧車を入手できる良いシリーズかもです。

    • にわかマニア管理人 より:

      雷電さん

      コメントありがとうございます!
      FIG RIGもいいですよね~。
      https://hotwheels-labo.xyz/review-about-fig-rig/

      そしてグラチャン!
      実はこれ僕も気になってまして・・・セブンで売ってるんですか。
      なんかネットショップ限定モデルみたいなのがあって、それが早々に売り切れちゃったのを知った時になんとなく悔しくなって・・・忘れるようにしようとしてたのに!

      でも中身が見えないんでしょう?
      ケンメリ出るかわからないんですよね・・・むぐぐ。欲しい。

      • 雷電 より:

        どうもです。高級ミステリーカーと思って行くしかないです!と言うのは冗談で、ネットでBOX開封記事何かの配列、もしくはモデルの重量何かを調べると勝率上がるかもですよ。仮に外れても六車種各二色の国産改造旧車いずれか一つなんでハズレ感はさほど無いですよ。一応自分の購入した物はベスト2ってシリーズでケンメリ4Dr、コスモAP、330セドリック、231ローレル、30レパード、430セドリックがラインナップでした。出勤前に飲み物を買うセブンで今回は購入しましたが、以前はジョーシンやトイザらスでも見かけた事あるので以外と取扱店あるかもです。ちなみに自分の入手した物はケンメリ②赤、コスモ①赤の2つでした。

        • にわかマニア管理人 より:

          雷電さん

          高級ミステリーカーwww
          たしかにそう思って臨むしかなさそうですねw

          重要っていっても数グラム単位の違いでしょ?
          そんなの判別できる能力ないですよ。。。

          セブン行ってみますね!
          ・・・でも高いんだよなぁ。。

  6. 虎鉄 より:

    取り上げて頂いてありがとうございます、、管理人さん。えーこれは始めて、ヤマダに遅れて行って、見事玉砕、慌てて通販に頼み、更にトイザらスで見つけてしまい、散々悩んで、まあこれはかぶってもいいかと、連れて帰り、数日後に見事通販納車で、ただいま二台あります。感想としては、ジェットエンジンに見せかけて、ほんとはただの電動カートのような…。そしてハンドルらしいものが、タッチパネルに見えるので、行き先を押したら、自動でって未来の車にも見えます。次に出るそうですが、どうも色が…。なのでパスします。

    • にわかマニア管理人 より:

      虎鉄さん

      コメントありがとうございます!
      やっぱりあるところにはある、って感じですね。

      >ジェットエンジンに見せかけて、ほんとはただの電動カートのような…。

      確かに「飾り物感」はありますよねw
      一応マテル公式の説明で「ハイブリッドエンジン」ってことにはなってますけども。

      ハンドルの件もそうですが、ホットウィールは曖昧な作りの部分がかなり妄想を膨らませてくれます。
      未来っぽくもあり、レトロっぽさもあり。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です