Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

キャラウィールよりナイト2000 K.I.T.T.のレビュー!メインラインアイテムとの比較など

バンダイ時代の遺産、日本限定で2000年代前半に発売されたキャラウィールより「ナイト2000 K.I.T.T.」を入手いたしました。

キャラウィール(Charawheels)についてのまとめ。

実はK.I.T.T.は以前にもベーシックカーを入手して取り上げていますが、何を隠そう僕はナイトライダーをまともに観たことがありません・・・。
※関根勤さんが昔テレビで発した「勘弁ナイトライダー」というギャグぐらいしか知らなかった。

前回入手時に慌てて一話だけ観たんですけど、それぐらいの知識しか持ち合わせていないわけです。
なのになぜ今回もこれをゲットするに至ったのか!?

その答えは・・・またしても貰ってしまったからなんですよ・・・。

せっかく貰ったからにはレビューせねば!!
・・・というわけで、キャラウィールのK.I.T.T.を見ていきましょう~。

スポンサーリンク

キャラウィール ナイト2000 キットのレビュー!

Photo by Amazon.co.jp

今回紹介するのはバンダイ時代のホットウィール日本限定アイテム「キャラウィール」より、2001年に発売された「ナイト2000 K.I.T.T.」です。

以前もキャラウィールのライジンゴーやCollectors Editionのサンダーローラーなんかを送って頂いた方から「ジャンク傷あり品をゲットしました」とのご報告を頂き、そのまま譲って頂くことになったのです。

なので僕がゲットしたのはルース品ですが・・・以前完品がリサイクルショップで数千円していたのを見ているだけに、いったいこれがいくらで入手できたのかは怖くて聞けませんでした・・・。

ナイト2000 K.I.T.T.について

ナイト2000 K.I.T.T.については今さら僕が書くまでもないですよね!(でも書いちゃう)

1980年代に放送されたテレビドラマ「ナイトライダー」に登場する劇中車で、PONTIAC FIREBIRD TRANS AMの第三世代をベースに作られたマシン。
ホットウィールファンならずともミニカーコレクターの間では根強い人気がある車種ですね。

※なぜか当時生まれていなかった世代にすら人気があるという・・・。

僕も2017年のメインラインにラインナップされた時に運よく(一カ月遅れで)入手出来ました。

KNIGHT RIDER K.I.T.T.のレビュー。インテリアにも注目したい劇中車[DTX38]

実はこれ以外にもレトロ・エンターテインメント版や、K.A.R.R.などのバリエーションが存在しており・・・ナイトライダーファンならこれらもコンプしたくなるだろうなと思わせられます。
・・・僕もエンタ版が欲しくなってきたぞ・・・!

今回入手したK.I.T.T.はキャラウィールにて2001年に発売されたものですが、Hot Wheels Wikiによればバリエーションが存在しているようですね。
フロントのスキャナー部分(?)が赤く仕上げられているかどうか・・・みたいな感じらしいですが、詳細はわかりませんでした。

また、後年にはCE(キャラウィール コレクターエディション)としてK.A.R.R.も出ていたようです。

各部見ていきましょう。

フロント・リア

フロントマスクはPONTIAC FIREBIRD Gen3まんま・・・って感じがしますね。
そこにフロントスキャナー用の穴が開けられている・・・といった感じ。

これは僕みたいにナイトライダーという作品を知らなくても「カッコいい!!」と思ってしまう人がいるのは仕方ないんじゃないでしょうかw

背面はK.I.T.T.のそれのようにテールランプを含む一面が大きくクリアパーツで再現されていました。
ちょっと車体に対して大きいためか、デフォルメチックな印象を受ける部分です。

サイド

グロスブラックのボディがめちゃくちゃカッコいいですね。
普段ホットウィールの派手派手なタンポに見慣れている分、シンプルに黒い、光沢のあるボディというのが余計にカッコ良く見えちゃいます。

受け取る時に言われていたとおり、そこかしこに傷があるアイテムなんですが・・・これなら塗り直しも絶対上手くいくよなぁ・・・リペイント向け。

特筆すべきはこのホイールですかね~??
なんとか頑張って劇中車に近づけたような形状をしています。

通常のホットウィールではこの手のホイールは存在しないので、いままでリリースされたK.I.T.T.は既存ホイールのリムだけシルバーに塗ったものが採用されていました。
そう思うと原作ファンにしてみたらこれは外せない一品と言えそうですね!

※ちなみにさすがこれもホットウィールなだけあって、ヌルヌル走ります。
(というかメインラインのK.I.T.T.より走るかも)

トップ・ベース

ボディトップもグロスで高級感があります。
モールド部が若干白く見えるのは・・・汚れかなw

ちょいちょい塗装も剥げてますし、それだけ遊んでこられたアイテムなんでしょう!

底面には2001年の著作年と中国製であることが記されていました。

メインラインものとの比較

さてさて・・・これをゲットしたからにはメインラインとの比較をやらないわけにはいかないですよね。

当初、キャラウィールの方を手にした時には「メインラインものと変わらんやん」とか思ったのですが・・・比較してみると結構違います。

まずフロントビューを見ても、微妙にそのアプローチが違いました。

キャラウィールの方がやや縦長なのに対し、メインラインの方はちょっと横に平たい印象です。

あっ・・・キャラウィールの方に、上の画像では見えなかったスキャナーのライトが見えますね!

あとは本来なら対象年齢の関係上省かれるサイドミラーがキャラウィールには備わっています。
バンダイ・・・ガンダムのツノは尖らせないくせに、なかなかやるな!

背面の印象は上でも述べたとおり、キャラウィールが若干玩具っぽい感じですね。
ただその分赤いクリアパーツを使ってくれているのはポイント高し。

この時代のスポーツカーの特徴である大きく開いたリアウィンドウはメインラインの方がより大きく感じます。

また、メインラインの方はナンバープレート部分にタンポあり。
このあたりは「ボディに塗装をしない車種なら細かい部分にこだわれるんだぜ!」っていうホットウィールの優しさみたいなものを感じましたw

サイドビューはちょっと別々に撮影するのが面倒だったので上に乗せちゃいましたw

こうして見ると車長というか、車体全体の大きさ(スケール)が微妙に違うんですね。
メインラインの方が一回り大きいような感覚があります。

明確に違う部分としてはフロントフェンダー脇のランプ?部分、ドアの形状、そして窓の有無。
個人的にはキャラウィールの方がサイドビューは好きかも。

上から見ると、Tバールーフの表現の仕方が全然違うのがわかります。
メインラインの方はクリアパーツを使ってしっかり車内が見えるようになっていました。

また、車内の作りもアプローチが違う感じですね。

この画像からだと判断できないですが、実はキャラウィールの方もあの特徴的な車内形状を再現してはいるんです。
ただ、ダッシュボード部分がすごく大きいというか・・・真上から見た場合には微妙にわかりづらくなっていました。

もしかしたら実際にはキャラウィールの方がリアルなのかもしれませんが、ミニカーとして見る分にはメインラインもののようにわかりやすい方がいいのかな・・・?

そして底面の作りは全然違いますね。
もはや「工場が違う」レベルではなく、デザイン段階から別物・・・メインラインものは新たにBrendon Vetusky氏が一から作り直したものであることがよくわかります。

おわりに

というわけで!
キャラウィールよりナイトライダー2000 K.I.T.T.のレビューでした!

いやー・・・ほぼほぼ作品に触れずここまで書きましたが、やっぱり色々調べているうちに観たくなってきますね。
こういうレビュー一本書いている暇があったら、作品2~3話ぐらいは観れそうな気もするんですが・・・w

そして記事中でも触れたとおり、ここまでシンプルに仕上げられたアイテムだとリペイントが捗りそうです。
ブラックもいいけど・・・スペクトラブラックとかに挑戦してみてもいいかも・・・!

もしやることが合ったら、その時はまた報告しますね~。

スポンサーリンク

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. poncha2016 より:

    こんにちは。

    レトロ・エンターテインメント版のK.I.T.T.を入手したのですが、
    (初代)ナイトライダー(吹き替え版)を大ファンの家族にあげました。
    いま、家族の部屋の壁に画鋲で吊り下げられています。

    さて、ホットウィールの「黄色い本」が届きました。
    枕にしてヨシ、漬物石にしてヨシの厚みと重量感w
    ハードカバーがタイヤのゴムをイメージしたようなプニプニ感ww
    内容は文字10%以下、写真と絵が90%以上なお子様感www
    いわゆる図鑑、ホットウィール史として楽しめる1冊です。
    5000円札落としたつもりでみんなで買いましょう!!

    繰り返し延期されるAmazonの納期が待ちきれず、世界中どこでも
    送料無料というイギリスの本屋さんから買いました
    (といってもアマゾンのマケプレだけど)

    • にわかマニア管理人 より:

      poncha2016さん

      こんにちは!コメントありがとうございます。
      人気車種を惜しみなく・・・!コレクターの鑑ですな!

      さてさてホットウィールの黄色い本、ついにゲットですか!!
      枕にするのはもったいないような・・・w

      ホットウィール図鑑として使えるアイテムなんですね・・・欲しいぞ。。。
      そしてもう一つ紹介されていたラリーウッド氏がコメントを寄せている方の本・・・あっちの方がより歴史とかに詳しい内容なんですかね??

      Amazon.comから買えば黄色い方は送料込みで$40くらい??かぁ。。買うべきか・・・悩む。

  2. トルネオ より:

    こんにちは!
    「キット、ターボブーストだ!」
    「はい、マイケル」
    でおなじみ(?)のナイト2000ですね!

    当時、キャラウィール版は救世主でした。
    それまでにリリースされた3インチクラスミニカーの中で、手頃な価格でどこでも入手出来て、しかもそれまでのどれよりもリアルな作り(と言ってもアーテルくらいしか無かったですが)だったので、発売された当初いきなり3台購入して大満足したのを覚えています。

    いま見ても素晴らしい出来ですね!
    特に、荒れもザラつきも無いヌルヌルテカテカなブラックのボディが最高です!

    あと、個人的にはレギュラーのナイト2000よりも、こっちの方がノーズの絞り具合やスマートなシルエットが劇中イメージに近い気がします。

    ちなみに最近になってキズボロなアーテル製のも入手したのですが、やっぱりタダの黒いトランザムでした…

    そうそう、このキャラウィール版は確かK.A.R.R.が出るタイミングでスキャナー部分か塗装に変わったんですよね…
    塗装版は買わなかったので詳細は不明ですが、金型から違っていたように思います。

    ぁ、それと、関根勤さんのネタは、もしかしたらマッドマックスのナイトライダーではないですか?
    「オレ様の名は、ナァーイトライダァー」
    とか言うやつ。違いましたかね?

    • にわかマニア管理人 より:

      トルネオさん

      こんにちは!コメントありがとうございます。
      そうそう、そのお馴染みの!()

      いまでこそいろいろ出ているK.I.T.T.も当時の3インチは少なかったんですね!?
      っておもうとバンダイの功績ってすごいんだなぁ。

      >レギュラーのナイト2000よりも、こっちの方が

      たしかにシャープでスマートなんですよね~。
      ただその分全体的に小さくなっちゃってて、なんとも日本的な感じも。

      >キズボロなアーテル製のも入手したのですが、やっぱりタダの黒いトランザムでした…

      あっ、なるほど!!
      黒いトランザムをK.I.T.T.と偽って販売するわけですねw
      そういうことやるのホットウィールだけじゃなかったんだ・・・。

      >確かK.A.R.R.が出るタイミングでスキャナー部分か塗装に

      !!そうだったんですか!
      2種類バリエーションがあるという情報はあったんですけど、詳しくはわからなかったので参考になります!
      そして金型から違った・・・と。
      これはもう一つの金型も欲しくなるじゃないですか~(やだー)

      >関根勤さんのネタ

      マッドマックスかどうかはわかりませんが、以前テレビの番組で急に「勘弁ナイトライダー」って淡々と言ってたんですよ。
      僕はそれが妙にツボで・・・DVD化されてないか探したんですが、見当たりませんでした^^;

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です