Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

2018年San Diego Comic-Con(SDCC)限定のホットウィール情報が出回り始めました!今年はスーパーマン!?

     - NEWS ,

ついに今年もこの時期がやってまいりました。
SDCCこと、サンディエゴ・コミコンです。

例年通りホットウィールの限定アイテムも登場するそうで、早くもその情報が流れだしています。

「サンディエゴなんて遠くて行けないし、アメコミの祭典なので関係ないよね」なんて思ってたら大間違い。
限定モデルはマテルの公式オンラインショップからも購入できますし、その後のサイドラインにも流れてくる可能性があるアイテムなので、今のうちから要チェックなのです。

というわけで、SDCC2018の限定ホットウィールについて、みていきましょう~。

スポンサーリンク

SDCC2018のExclusiveモデル

San Diego Comic-Conは、アメリカ西海岸のサン・ディエゴにて毎年行われているアメコミの祭典です。(通称コミコン)
今年は7月19日~22日の間に開催予定となっています。
[参考]Comic-Con International : San Diego

マテルも毎年参加しており、ホットウィールのアメコミ関連新アイテム(New Casting)を限定カーとして発売させるなど、外せないイベントになっているようです。

記憶に新しいところでは2016年のハーレイクイン、2017年のスパイダーモービルなどですね。

2017 San Diego Comic-ConにてSpider-MobileがNewキャスティング!

気になる2018年の限定モデルは・・・冒頭に掲載したスーパーマン(とセダン)でした!

ACTION COMICS #1

実はこれ、昨年のスパイダーモービルと同じような演出で、DCコミックスから1938年(いまから80年前!)に刊行された「ACTION COMICS #1」の表紙を再現したパッケージになっています。

表紙でスーパーマンが持ち上げている車が今回新たにキャスト化されたアイテムということですね。
・・・どういう状況かわからないけれど、岩にぶつけられてタイヤが外れたりしていなくて良かった・・・w

ミニカーだけ取り出すとこんな感じ。
コミックが刊行された年を考慮すると、’37~’38年あたりのセダンがベースとなっているのでしょう。

詳しい車種まではわかりませんでしたが、フェンダーに取り付けられたヘッドライトやグリルの形状、4ドア4シーター、ハッチバック・・・あたりが特徴ですかね~。

また、バンパーの形状やリアフェンダーに取り付けられたテールライトなど、微妙にオリジナルとは違う部分もあるようです。

これに同スケールのスーパーマンフィギュアが付属するわけですね。

ええ・・・なにこれ・・・すっごい出来良くない!?
これ本当に3インチのホットウィールなのかなぁ・・・?

以前ホットウィールにはフィギュア付きの「ACTION PACK」なるものが存在していましたが、そんな感じのアイテムとなるようです。

価格と発売日

さて、この限定モデルの価格ですが・・・パッケージには「10¢」と書かれていました!
えっ、やっすぅ・・・!超激安価格でお財布にっこり・・・なんて思う人はさすがにいないと思いますが、一応言っておくとこれは当時のコミックスの価格(今の物価に直すと$2ぐらい)です。

※ちなみにACTION COMICS #1の当時物は極端に現存数が少ないらしく、現在ebayなどでは素人が出せないぐらいの価格で取引をされている模様。

本キャストの実際の販売価格は$20とのこと。
そして販売場所は言わずもがな・・・サンディエゴ・コミコン会場ということになります。

・・・が、諦めるのはまだ早いですよ!

なんとこれ、会場での混雑を避けるために、マテルが自社オンラインショップにてプリセールをしてくれるんだとか。
※実は昨年のスパイダーモービルもそうでした。すぐ売り切れたけど。

その発売日は6月26日の朝10時(カリフォルニア時間)だそうです。
日本では夜中の2時かな・・・。

マテルショップもHWC同様に日本からのオーダーが可能だったハズなので、欲しい方は狙ってみてはいかがでしょうか!?
※ただし送料もHWC同様にバカ高いですが・・・w

[参考]San Diego Comic-Cons Toys | The Mattel Vault

おわりに

というわけで、SDCC2018のExclusiveモデルについてでした。

きっとスパイダーモービルやハーレイクインのように、今後の通常シリーズにおいてバリエーション展開があると思うので・・・僕はその時を楽しみに待とうと思います!

2018年Replica Entertainmentシリーズ「MARVEL」のラインナップが判明!箱買い必至な新アイテム多めアソ

また、昨年はスパイダーモービルの他にバットモービルもSDCC限定で発売されていた記憶があるんですよ。
なので、もしかしたら今年もこれだけで終わりじゃないかもしれません。

いずれにせよ(買えないのはわかっていますが・・・)楽しみにしたいところです!

スポンサーリンク

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. 悪魔の”乙” より:

    お晩で御座いまクラークケント

    スッパマン付きの緑車、1940年のパッカードに似ているような気がしないでもない
    今日この頃。
    これは興味本位で欲しいところです(汗;
    JH1、JH2みたいに、ジャパン・アニメ1とか出ないかな~・・・。

    本日、帰宅前にいつもの量販店へ。
    予告も無しにイキナリ、Throwbackの後半10種が陳列されててビックリ、
    速攻でカゴの中に投下しました。てっきり10台パックで発売されると
    思いきや、第1弾と全く同じデザインのカード達でした。
    同じバーコードなのか量販店Webサイトでは全く予告無し・・・。
    デロリアンの車体下だけが金クローム!!

    ワイスピはスカイライン(ヌメ黒)とホンダS2000を1台ずつゲッツ。

    流石に買いませんでしたが、ノーマル50-Packは、かなり最新の物が
    入ってました。マーベリック青色、シビックBISIMOTO水色、King Kuda、
    サイバースピーダー赤黄、’18カマロSS水色、などなど。

    という事で、某国からのリポートでした。

    • にわかマニア管理人 より:

      悪魔の”乙”さん

      お晩でクラークケント!コメントありがとうございます~。
      パッカード!検索してみてみましたが、確かに似ていますね!

      ただ、40年代ぐらいの車って僕にはどれも同じに見えちゃうっていう・・・w

      >ジャパン・アニメ1

      僕もこのあたりのシリーズが出てもいいのにな~と常日頃から妄想していますw
      ただ、やっぱりジャパニメーション文化ってUSでは僕らが思ってるほどには受け入れられてないんじゃないかな~・・・とも。

      出るならポップカルチャーで、ガンダムとかドラゴンボール、ジャイえもんにラムちゃん・・・ああ妄想が止まりません。。
      日本とフランス限定でもいいから出してくれないかなぁ。

      >Throwbackの後半10種

      マジですか!!!!!!!!!!!!
      僕もてっきり10台パックと思っていたのでビックリですw
      てことはデロリアンとか単体でゲットできるんですね???

      NZの世界先行っぷり、なんなの・・・w
      もしお手間でなければまたお写真頂けると嬉しいです!

      そしてノーマル50-Packも店頭に並んでるんですね~・・・うらやま。
      日本でそれが店頭に並んじゃうと、やっぱり「定価15,000円」とかなのかなぁ・・・誰も買わないだろうなぁw

  2. 雷電 より:

    THE クラシックカーな見た目と、鮮やかなグリーンでミニカー単体で飾ってるとカッコいいホットウィールってより、オシャレなインテリアになりそう。サイドラインで出たら人気凄そう。これは期待のニューモデルですね。

    • にわかマニア管理人 より:

      雷電さん

      コメントありがとうございます!

      >鮮やかなグリーンでミニカー単体で飾ってるとカッコいいホットウィールってより、オシャレなインテリアになりそう。

      おお~たしかに!
      ホットウィールらしさも少ないですしね?
      なんかただ単純にカワイイミニカー・・・って感じですw(良くも悪くも)

      サイドラインで出てくれると期待したいところ!!

  3. poncha2016 より:

    こんにちは。

    キャラクターカー以上に、入ってこなさそうな
    ホットウィールですなぁ~

    フィギュアの出来が良すぎなのは
    いいことです!

    そろそろ1/64人物セットをグリーンライトあたりで
    出して欲しいものです。

  4. poncha2016 より:

    こんにちは。

    ラリー・ウッド神の書籍が予約受付中になっていたので
    ポチってしまいました。

    http://poncha.blog.jp/archives/27042896.html

    • poncha2016 より:

      よく見たら Forward by ラリー・ウッドって
      書いてありました。
      誤情報申し訳ありませんでした。

      著者は、Kris Palmer氏です。

      • にわかマニア管理人 より:

        poncha2016さん

        こんにちは!コメントありがとうございます。

        このアイテム自体は日本には絶対に入ってこないと思います。
        Amazonとかオクで高額でゲットするしか・・・。

        フィギュアはこれが1:64スケールと思ったらなかなかいいですよね!?
        グリーンライトの人物セット・・・あれも正規入荷されるものなんですかね?
        そういえばグリーンライトのTOKYO TORQUEホイールセットなるものの情報も見かけたんですが・・・気になるw

        書籍両方買ったんですか!?すごっ・・・
        Forward byについては・・・https://hinative.com/ja/questions/1974712 こちらによると、「転送」的な意味を持ってそうですね。
        なので、ラリーウッド氏からの情報をもとにKris Palmer氏がまとめた・・・みたいな感じでしょうか・・・。

        いいなぁ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です