Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

どっち買った!?ホットウィールの50 Years記念ブック2種類について

     - NEWS

ホットウィールの50年間をまとめた本が今年、少なくとも2冊発売されています。
そのうちの1冊、ASSOULINE社の「Hot Wheels」がHWC公式サイトで取り上げられました。

[参考]50 Years Of Cool Cars: New Hot Wheels Coffee Table Book

HWCで取り上げられたからには公式アイテムって認識でいいんですかね!?

公式アイテムと言われたからには俄然気になるもの・・・!←現金なヤツ

というわけで、もう一冊の方と比べて「どっち買う?」を検証したいと思います!!(買う前提)

スポンサーリンク

50 Years 記念ブック2冊について

1968年に誕生したホットウィールは今年、2018年には50歳になりました。
50年の歴史を経て世界で一番売れているミニカーとなり・・・今では毎週1,000万台が生産されているそうです。

1,000万台/週と言われてもピンと来ないかもしれませんが・・・
1日あたり140万台。
1時間あたり6万台・・・って割っていくと、なんと1秒あたり16台が生み出されている計算となるわけです。

1秒に16台て!!!

奇しくもホットウィール最初の年にリリースされたのは16種の車たちでした。

1968年最初の16台。THE ORIGINAL 16、SWEET 16について

これはホットウィールと16という数字には何か因果関係があるのかもしれませんね!
(狙ってやってるんだろうけど!)

さてさて・・・そんなホットウィールの50年を知るためには、ホットウィールの50年が綴られた本というのが適しています。
今回、2018年の50周年を機に、冒頭にも書いた2つの本が発売されました。

Hot Wheels (ASSOULINE)

まず1つめは、HWCにて紹介されていたASSOULINE社のコーヒーテーブルブックなるアイテムです。

実はこれ、6月の時点で既に発売されていたものなので、もうゲットされている方も何人もいるようですね。
僕はなんだかんだ悩んじゃって、今の今まで手を出せずにいました。

表紙がCUSTOM OTTO、裏表紙がB&GのBONE SHAKERと・・・なんとなく洋書の記念本といった感じです。

ASSOULINEは日本でも有名なTaschenみたいな出版社で、中身はどうやらほぼ写真集とかイラスト集のような感じになっているそう。

HWCでも、例のTESLA ROADSTER × Starmanとか、

アンディーウォーホルのアートかのような写真ページ、

昔のスーパーチャージャーセットあたりのパッケージ画像ですかね~?
そんな感じのイラストが掲載されていました。

商品説明によれば200点以上のイメージが掲載された300ページの分厚いハードカバーブックだそうです。

今回HWCにて$50+送料という販売方法を取られていますが、日本では普通にAmazon.co.jpで買えます。(記事執筆時点)

当然HWCで購入するより安く、かつ翌日には届きますので・・・欲しくなっちゃった人はぜひ。

Hot Wheels: From 0 to 50 at 1:64 Scale

写真はAmazon.co.jpより

さて、もう一冊の方がこちら。
Motorbooks社から刊行されたHot Wheels: From 0 to 50 at 1:64 Scaleという本です。

実はこの本、表紙のロゴ下を確認して貰えるとわかるとおり、Larry Wood氏が前書きを担当しているようなんです。
つまり・・・ある意味公式!ということw

本のタイトルから察するに、1968年から2018年までの1:64スケール(3インチ)ホットウィールの歴史をまとめた本っぽいですよね。

と思いきや・・・

写真はAmazon.co.jpより

Amazonの「なか見!検索」によると、どうやらホットウィール誕生以前のマテルの歴史や時代背景なんかも追ってくれているみたいなんですよ・・・。
うわーこれはこれで欲しい。

こちらは9月末に発売になったばかりで、ハードカバー160ページと前述のアイテムに比べてややボリュームが少なめ。
ただし前者が「写真の多い図鑑みたいな本」だったのに対し、こっちはもうちょっと内容が充実したアイテムらしいです。

要は「頑張って英語を読み込めば、ホットウィールの知識ががっつり得られる」ってのは後者なのかなと。

これもAmazon.co.jpで売られていました。(記事執筆時点)

そしてこれ・・・本の外側に当時を思わせるキャリングケースが付属しているんだそうです。

キャリングケースが本を入れるためだけのものなのか・・・それともミニカーを突っ込んでいいのかはわかりませんが、なんとなくそういうオマケがついてるのってコレクターアイテムっぽくていいですよね。

じゃあ、どっち買う??

「自分が持っているホットウィールの価値が知りたい!」という方なら、迷わずプライスガイドを選ぶべきでしょう。
2018年版のプライスガイドもいくつか日本で取り扱いがあるみたいですし・・・。

本当はHW News Letterのアレが欲しかったですけどね。

HW NEWSLETTERからプライスガイドの正統な続版が発売!これはコレクターなら欲しい一冊

でももし、そうではなく「いろんな歴史が知りたいんじゃーいろんな写真が観たいんじゃー」って方なら、今回紹介したどちらかをゲットしておくといいんじゃないでしょうか。

単純に「写真多めがいい。金ならあるで!」って方は黄色い方を。
「ギュッと凝縮された情報が欲しい。オマケもくれ!」って方は青い方を・・・って感じかと。

※ただ、僕もしっかり中身を見たわけじゃないので、あくまで予想に過ぎませんが。。。

僕は両方ポチっといきました

じゃあ僕がどっちをゲットしたのかというと・・・両方ポチっといかせて頂きました・・・。

本当は青い方だけ買おうと思ってたんですが、妻にうだうだ相談してたら「もう両方買っちゃいなよ!!」というお許し(?)を頂きまして。
気づいたらどっちもゲットしてたわけです。

ネットって怖いですよね。
なんかボタン押すだけだから、買い物をしている感覚が薄いというか・・・。

そんなわけなので・・・これまた2冊届いたら軽くレビューしたいと思います!

※青い方は届くまで時間がかかるそうなので・・・来月かな。

おわりに

というわけで、ホットウィール50周年記念ブック2冊の紹介でした。

こうなってくると気になるのは「日本オリジナルのホットウィール50周年記念ブック出ないの!?」ってところですよね~。
40周年の暁にはネコパブのアレが出たので、これは50周年も来るだろうと思ってたんですが・・・今のところ何の噂も聞かないような・・・。

どうやらこうした本って「広告主なしには出版できない」っていうのが今の出版界のルールらしいんですよ。
で、当時は大きく輸入していた京商さんが広告主になってくれてたそうなんですが・・・いま3インチの京商ウィールってないですもんね?

さらにいうとマテル・インターナショナル自体はあまりこうした大人向けムックに広告費を割けないという噂もあり・・・。
そうなると難しいのかなー・・・と。

その本にしかつかないオリジナルミニカー付き・・・とかだったら10000000000000000000000冊予約するんですけどね~w

とりあえず50周年は今回の2冊で我慢するしかないのかな~って思ってます。

追記

余談ですが・・・今回AmazonでHot Wheelsの洋書を検索していたら気になるアイテムを見つけました。

Hot Wheels – Activity Book・・・なんじゃあこりゃああ!

価格は送料込みで788円だし、出版日は来年末(1年以上も先)だし・・・気になるぜ・・・。
ステッカーブックかな?

ひとばしら だれか たのむ

スポンサーリンク

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. poncha2016 より:

    こんにちは。

    黄本、青本の両方購入しました。
    著作権の関係上w、ブログで公開することはできませんが、
    個人的には青本の方が見やすくて大変満足しています。

    それから、50周年じゃないですけど、
    この本、おすすめです。
    “HOT WHEELS PROTOTYPES”
    BY BRUCE PASCAL & MICHAEL ZARNOCK

    ホットウィールの開発設計にかかわる本のような感じの書籍です。
    まるで、にわか師匠のような本です。
    こちらです↓
    http://poncha.blog.jp/archives/29103193.html

  2. poncha2016 より:

    Hot Wheels – Activity Book

    塗り絵じゃないの?

    • にわかマニア管理人 より:

      poncha2016さん

      こんにちは!コメントありがとうございます。
      ポンさんのブログに書かれてた感想もちょっと参考にさせていただきました(^^)

      そうそう、結局のところ著作権的なあれがあるのでレビュー向きじゃないんですよねえ、、

      プロトタイプ本、めっちゃ気になります!!知りませんでした。
      僕のブログなんて足元にも及ばないでしょ!w

      activity、塗り絵かぁ。

  3. 悪魔の”乙” より:

    お晩で御座いましたでしょうか?

    少々ご無沙汰をしておりました(汗;

    某動画投稿サイトもしかと拝見致しました!!

    本の表紙的にそそられるのはハードゲイの方の「Assouline出版」の
    方ですねぇ~。(中身はともかく)

    >>Hot Wheels – Activity Book

    これですが、poncha2016さんご指摘の通り
    塗り絵っぽいでっす。

    NZのW店でも4種類ほど既に発売中ですが、
    ・通常版220円。
    ・豪華版440円。
    ・濡れた筆で絵をなぞると色が浮き出てくる版。440円。
    ・ステッカー100個付き豪華版。880円。
    となっております。お子様がいらっしゃる方には最高ですね。

    というよりも、Hot Wheels 2018・アドベントカレンダー BOXセット
    (HW8台込み)が気になって仕方ないです(汗;
    2,100円で好評発売中 in NZですが・・・。

    • にわかマニア管理人 より:

      悪魔の”乙”さん

      おばんです〜。コメントありがとうございます!
      そろそろNZに戻られた頃でしょうか。

      ハードゲイではないですが、どちらもハードカバー仕様らしいですよ!

      >activity book

      あー!あれかぁ!!
      コストコで売ってたかも、、いや、どこかで見かけました。
      それにしても発売日が気になりますねえ。

      >アドベントカレンダー

      https://hotwheels-labo.xyz/about-advent-calendar/

      これですな!

      基本的にミニカーはその年のマルチパック限定ものなので、それだけでも買う価値はありそうな気もしますが、それよりもクリスマス限定パーツが欲しいです。

      ただまぁ、やっぱりホットウィールって子供向けの玩具だよなと再認識させられるアイテムですねw

  4. パッスン より:

    こばわー。

    こりゃまた個人的にはセンシティブかつナイーブな話題(グサッ)。言っときますけど「ルール」じゃないですよ、あくまでそうじゃないと現実的に採算が検討できないってだけで。実際に10000000000000000000000冊予約の確約が事前にあれば、広告ゼロでも出版は可能です。要はリスクの問題ですから。

    これら洋書は入手不可避と認識しながらいまだ未入手で、でも「いつかは」と思いつつ停滞中です。みなさんのコメントを参考にしつつ、またいずれアップされるだろう、にわかさんのレビューも待ちつつ入手を検討しておきます。

    どうしても、この本2冊買うとベーシックが○台分……とかペヤング算みたいなこと考えちゃうんですよね小市民なんで。

    そりゃそうと、上↑で悪魔の”乙” さんがコメントされてるアドベントカレンダー、こちらもスゴく興味があります。てかものすごく「このサイト向き(カッパデターさん動画向きでもある)」ですよね。でも謎車ベーシック8台入りでNZで2100円か。。。しかも「専用」でなく「先行」カラーなんですよね。。。タイムシフターとタイムアタックシーとバハホウラーなんかが含まれたら日本でも売れそうですが。

    日本でもどうやら1週間ほど前からAmazonで売られ始めた形跡ありますけど、今日の時点では8581円だそうで。前年のも8900円程度で出品がありますね(18000円なんてのも!?)。繰り返しますが謎車ベーシック8台で8500円。。。これまたサイドライン散財イヤーを目前に控え、アドベントどころじゃない!とかいう気になりますね(そもそも子供に用意しないといけないんで、自分用にプレゼント買ってる場合じゃない!って説も)。

    でも今年は買うんでしょ?
    だってほら、過去記事をググれば↓

    「今年はもう間に合いそうもないですが、アドベントレビュー企画みたいなのをやっても面白そうですよね。12月1日から日替わりで、みなさんの自慢の一品を紹介していく・・・みたいな。」

    みなさんの、だと難しそうなので、にわかさんがみなさんの機体じゃなく期待を一身に背負って(買って)毎日1窓ずつ開けていくということですよねわかります。

    いやあ、楽しみだなあ。「今日はツリー出ましたー。明日こそ来いバズームカ!」とか「ついに来たイブイブの今日は!!!なんとシール!しかも3連ロゴ(泣)」とか連日こっちもワクドキ確実でっすw。

    • 悪魔の”乙” より:

      このアドベント・カレンダー2018、良いですよね。
      箱のデザイン画も秀逸ですし。

      ただ中身の8台が微妙ぉ~~ですよね・・・。
      50周年の最後を飾るシークレットと実車+クリスマス限定カラーが
      入ってくれば、速攻でマウスが壊れるほど激しくクリックしちゃうんですが・・・。

      先程サイト見たら、2個買うと1個半額セールやってました。
      という事は1個当たり1,600円で買えてしまう計算・・・。

      向こうからヤ〇オクに格安で流そうかしら・・・。
      送料2千円弱だし、荷物追跡もできるし(思考中。

  5. パッスン より:

    連投すみません(仕事の息抜き中)。

    今年の画像ありました。現地19.99ドル(定価は24.76ドルみたい)か。。。

    https://hellosubscription.com/2018/09/2018-hot-wheels-advent-calendars-available-now/

    なんだか微妙に微妙な車種選定ですね。。。
    来年のマルチパック予習にはなるのかもしれませんけど。

    • にわかマニア管理人 より:

      パッスンさん

      こんばんは!コメントありがとうございます。

      ナイーブでした!?すみません、、軽い気持ちで書いちゃいました。
      問題があったらすぐ修正しますので、お気軽に言ってくださいね!?

      広告ゼロでの出版は、、要は上を納得させられるかどうか、ですよね?^^;
      クラウドファンディングとかで予め購入者を集めておけばいいのかな。
      逆に売れるってわかってたら広告主も集めやすかったり?

      >洋書

      それこそ経費でゲット可能だったりしないですか?w

      この二冊で何台買えるかは、、僕も悩みました。
      ミニカーだと許して貰えない価格でも書籍なら家庭内稟議が通る不思議

      >アドベント

      ちょw
      ハードル上げすぎですw

      いやー欲しいですけど、12月の記事が毎日これだったらさすがに飽きますよね。
      あれかな、普段の記事に追記する形で「本日のアドベント」みたいに紹介する感じかなぁ。

      >微妙な車種

      いやいや、アドベントカレンダー楽しむ人は車種に文句言っちゃダメ…ってうわー!!
      これ僕もAmazon限定10パックで入手済みのばっかじゃん、、、

      でも今年はバッジ付きなんですねえ、、悩む。

  6. しま より:

    連投してません。

    ・・・ボクにはどちらのガイドブックもいりません。
    だって、ボクには「HOTWHEELS にわかマニア」があるから。

    内外を問わない最新の情報や、人気のアイテム、
    カスタムの手順など、とても参考になります。
    コレからもお体に気をつけて、楽しい記事を書いてください。

        ・・・って書いてくれる人がいるといいね。

    ところで、HW50周年のアイテムの人気投票でもやれば。
    年末の「実車!ナゾ車!人気投票」の肩慣らしで。

    • にわかマニア管理人 より:

      しまさん

      連投ありがとうございます!

      >って書いてくれる人がいるといいね

      えっなんでそう思ったん?
      僕としてはこの記事を読んだ人が全員、僕のアソシエイトリンクから買ってくれる方が利益になります!w

      しまさん10000000冊よろしくね!

      >人気投票

      やりますか〜!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です