Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

2017年 Themed Assort “Lamborghini” のラインナップが判明!

      2017/04/07  - NEWS

Photo by T-Hunted!

2017年のサイドライン、Themed Assortは年初にCAMARO FIFTYが発売され、HWCにて映画ワイルドスピードのアソートも発売されることが発表されています。
[参考]Camaro Fifty – ’67 Camaroのレビュー。最初期ホットウィールCustom Camaroとの関係など。
[参考]HWC公式で2017年ワイスピアソートのラインナップ発表。

Themed Assortは要するに、いわゆる”タイ製サイドライン”という位置づけではないかと思っています。
ベーシックカーよりはちょっと高級なんだけど、リアルライダー装着ではない、というアレ。

そんなThemed Assortに「Lamborghini」シリーズがラインナップされると、先日のTOY FAIRにて発表されていました。
[参考]NY Toy Fairでのホットウィールが気になりすぎィ!2017年春夏の魅力的なサイドラインたち

普段ベーシックカーでランボルギーニを買おうと思ったら、発売日に行く等でないとなかなかゲットできません。
それがサイドラインとして潤沢に入ってくれるのであれば、気になっていたモデルをこの機会に買えるんじゃないか!?なんて詳細を待ち望んでいた人も多いのではないでしょうか。

もちろん僕もそのうちの一人です。

実はずいぶんと前からその詳細ラインナップ情報がリークされていたんですが、今回ようやく重い腰を上げて調べてみました。
というわけで、ランボアソのまとめです。

スポンサーリンク

テーマアソート ランボルギーニのまとめ

Themed Assortは前述の通り、安価な方のサイドラインです。
各テーマに沿ってまとめられたシリーズで、今回紹介するのはランボルギーニが8車種集まったアソート。

おそらく価格はトイザらスで299円~430円になると思われます。
メタル×プラなら299円、そうでなければ430円って感じかなと。

年初のカマロは430円だったのと、パッケージングがそれに近いような感じがするので430円でメタル×メタルかな~・・・なんて期待しちゃうところですが、カマロは50周年記念で特別版だったわけで、なんでもないランボルギーニは普通に299円の方かもしれません。

発売はUSにおいてOnly at Walmart(ウォルマート限定)になっていますが、日本においてはそのルールが適用されませんので、トイザらスやイオンで普通に買えるのではないかと踏んでいます。
時期は現地で夏頃と言われていますので・・・今年の夏~秋にかけて入荷されると思います。

・・・されるよな・・・?

それではラインナップも見ていきましょう。

ランボルギーニアソのラインナップ

アソート内の8種ラインナップは以下の通り。

  • Countach
  • Sesto Elemento
  • Estoque
  • Aventador
  • Murcielago
  • Reventon Roadster
  • Urus
  • Reventon

「このタイミングでミウラ入れてこねーのかよ!」とか、
「ディアブロどこいったんだよ!」とか、いろいろ思うところはあると思います。

それでもベーシックカーにラインナップされたいろんなランボルギーニを買い逃した僕としては、やっぱり心が躍りました!

一つずつ軽く触れていきます。

COUNTACH

Photo by ebay.com

#1はカウンタックでした。
赤いボディにゴールドホイールのカウンタック・・・僕の中のランボルギーニのイメージってずっとこれだったんですよね。

1988年にLarry Wood氏デザインによってベーシックカーにラインナップされたモデルでしたが、96年のTH以降長らくベーシックカーはおろかサイドラインにもなかなか登場していませんでした。
※直近で2011年のサイドラインに登場しています。

個人的にはこの機会にゲットしておきたいところですね・・・。
2017年モデルのTOONED COUNTACHと並べていろいろ比べたいところです。
[参考]Lamborghini Countachのレビュー。アニメ調(Tooned)にデフォルメされたモデル

SESTO ELEMENTO

Photo by ebay.com

#2はセスト・エレメント。
2014年にLeeway Chang氏デザインでメインラインに登場。
2016年のメインラインにも入っていたのが記憶に新しいですね。

調べてみたところ、ガヤルドベースのバリエーションモデルなんですね~。
これは以前入手したGTシリーズのガヤルドといろいろ見比べてみたいところです。
[参考]2016年GTシリーズのLAMBORGHINI GALLARDO LP 570-4 SUPERLEGGERAのレビュー。

ESTOQUE

Photo by ebay.com

#3はエストーケ。
2011年にベーシックカーメインラインに登場しました。

実車は2008年に発表されたコンセプトカーです。
ホワイトボディにゴールドの10SPがなんとも豪華ですね~!

高級感のあるモデルって、黒×金、黒×銀、白×金、白×銀のいずれかの組み合わせが使用される印象なのですが、白×金は上手くいけば上品に、下手したら下品になってしまう難しい組み合わせだと思っています。
本モデルはどうでしょうね~w

ちなみに余談中の余談ですが、世界一美しいと言われるギター、グレッチ社の「ホワイトファルコン」は白×金というカラーリングです。
対してギタリストの憧れのブランド、ギブソンが誇る黒い魔人「ブラックビューティ」は黒×金でした。
これはどちらも美しかったですね・・・。

このエストーケも実際のキャストを手に取った時にどう感じるかで、お持ち帰りするか否かが決まりそうですw

AVENTADOR

Photo by ebay.com

#4は2012年にPhil Riehlman氏デザインでメインライン入りしたアヴェンタドール。
2016年にはGTシリーズや5-Packで登場していました。

ムルシエラゴの後継車種で、なんとなくレヴェントンやエストーケに近い顔付きをしています。
・・・というか僕はトミカのレヴェントンとマジョレットのアヴェンタドールの区別がつかないんですけどね!

MURCIELAGO

Photo by ebay.com

#5は、これまたPhil Riehlman氏デザインのムルシエラゴです。
2003年にメインライン入りし、2011年以降は姿を見せていなかったので実に6年ぶりの登場ですね。

ディアブロの後継車種で、2000年代のランボルギーニを代表する一台です。
ランボルギーニにありながらムルシエラゴの意味はスペイン語で「コウモリ」なんだとか。

そういやこれも余談ですが、漫画「ムルシエラゴ」の主人公の苗字が紅守(こうもり)だったのはここから来ていたのか・・・!

Lamborghini Reventon Roadster

Photo by ebay.com

#6はレヴェントンのロードスター。
2010年の登場以降、極端にラインナップされていないモデルですね。

そういった意味ではレアなのでこの機会にゲットしておくのもいいかも。

URUS

Photo by ebay.com

#7はランボルギーニのSUV、ウルスでした。
2015年にBrendon Vetusky氏デザインでメインラインデビュー。
2016年にもラインナップされていましたね。

実車の方も来年に発売されるとのことですが、こういったスポーツカーメーカーのSUVってめちゃくちゃカッコいいですね。
世界的にSUVが人気ということで、これはもうフェラーリのSUVとかもあるんじゃないの!?と思って調べたら、あるんですね~・・・!

先日入手したテスラモデルXがなかなか可愛かったので、ランボルギーニのSUVも欲しくなってきています。

REVENTON

Photo by ebay.com

ラストの#8は2009年に登場し、2014年まで順調にリリースされていたレヴェントンでした。
レヴェントンはロードスターも同シリーズにラインナップしつつ、クーペも入れてもらえたわけですね。

これは両方買っていろいろ見てみてね!というマテルのメッセージに違いありません。

おわりに

というわけで、ランボルギーニシリーズのまとめでした。
これは楽しみですね。

というか、ここまで楽しみにしていて、日本に入ってこないとかだったら泣けるなぁ・・・。

続報を期待したいところです。

スポンサーリンク

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. inori より:

    こんにちは。
    ワイルドスピードのアソート日本には入らないという情報がありますけどどうなんですかね….

    lamborghini ですか….ちっともわかりませんがcountach,aventadoor,sesto elementは気になりますね..

    countacが一番かっこいいかな..

    明日はエア クールドですね、多分行かないけど

    • にわかマニア管理人 より:

      inoriさん

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      ワイスピアソート入らないという情報があるんですか!?
      僕は普通に入るもんだと思ってました。
      たしかに去年の残りっぷりを見たら入らなくても仕方ないのかなーなんて思う部分もありますが・・・それでも1/55とかも入荷しているし、期待したいところです。

      >lamborghini ですか….ちっともわかりませんがcountach,aventadoor,sesto elementは気になりますね..

      その気持ちわかりますw
      僕は今回のAir-Cooledも次回のRace Dayもちっともわかりませんが・・・やっぱり興味はあります。
      こうやって知って行くと、また楽しくなるんでしょうね~。

  2. 5踏み より:

    こんばんは〜
    カウンタックは人気出そうですね〜。プラスチックモデルとの事ですがどうなんだろ?
    レヴェントンとアヴェンタドール、ぱっと見同じ車に見えますがよく見ると違いがわかります。簡単に見分ける方法としてはヘッドライトの形とサイドのエアインテークの形状です。
    ただラインナップにガヤルドやウラカンがいないのがちょっと不思議だな〜とは思いました。

    • にわかマニア管理人 より:

      5踏みさん

      こんばんは!コメントありがとうございます。

      >カウンタックは人気出そうですね〜。プラスチックモデルとの事ですがどうなんだろ?

      やっぱりカウンタックですかね!
      プラスチックかどうか、僕は確認したわけではないのでわかりませんが・・・メタルだといいですね~。

      >レヴェントンとアヴェンタドール、ぱっと見同じ車に見えますがよく見ると違いがわかります。簡単に見分ける方法としてはヘッドライトの形とサイドのエアインテークの形状です。

      ヘッドライト形状も違うんですか・・・僕の目は節穴ですねw
      見比べた時の違いがわかったとしても、街中でふと見かけたときに「おっ、レヴェントン」って瞬時に判断できそうもないです・・・。

      >ただラインナップにガヤルドやウラカンがいないのがちょっと不思議だな〜とは思いました。

      ガヤルドは先日のGTアソに入ったばかりだし・・・というのは言い訳にならないですよねw
      ウラカンは確かに入ってて欲しかったです。

      あとMBのミウラがRyu Asada氏デザインということを知って、ホットウィールでもミウラが出てくれないかなと期待しているんですが・・・なかなか難しいんですかね~

  3. 林哲平 より:

    にわかマニアさん、こんにちは!!!

    ランボアソは嬉しいですね!!!
    未だにグランツーリスモのガヤルドとかは余っちゃってますが、ベーシックモデルだとこのあたりはそう簡単に手に入りませんからね。

    私はカウンタックとムルシエラゴが欲しいですね♪

    いつかミウラからアヴェンタドールまでホットウィールで並べるのが夢なんでこの期会にゲットしておきたいです♪

    • にわかマニア管理人 より:

      林さん

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      ランボアソ、普段はなかなか買えない人にはいいチャンスなんじゃないかと思います。
      ・・・日本に入荷してくれれば!!

      >未だにグランツーリスモのガヤルドとかは余っちゃってますが、ベーシックモデルだとこのあたりはそう簡単に手に入りませんからね。

      そうなんですよ。
      この辺りが結構疑問で・・・同じガヤルドをベーシックカーのパッケージに入れて売ったら、やっぱり売れるのかなぁ・・・なんて思ってます。

      ・・・ただ、例のコルベットの件もありますし、なかなかそういうことでもないんでしょうけどw

      >私はカウンタックとムルシエラゴが欲しいですね♪
      >いつかミウラからアヴェンタドールまでホットウィールで並べるのが夢なんでこの期会にゲットしておきたいです♪

      わかります!
      僕はとりあえずメーカーバラバラでいいから集めようと思ってます。
      トミカプレミアムのカウンタックを買おうか悩んでいたところだったので、ここでカウンタックがゲットできるならそっちの方がいいかなーと。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です