Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

’17 FORD F-150 RAPTORのレビュー!オフロード走破用、Fシリーズの高性能車!

私の記憶が確かならば…何気にまだコヤツのレビューをしていませんでした。

出でよ!’17 FORD F-150 RAPTOR!!

・・・前にメインライン版をゲットした際に書いてた気がしてたんですけどね~。
2017年時点で’15 FORD F-150と、2019年には’19 FORD RANGER RAPTORはレビューしていたのに、その中間的な立ち位置にあるこのマシンのことはすっかり忘れてたみたいです。

’15 FORD F-150のレビュー。全米No.1ピックアップトラック[DHR47]

’19 FORD RANGER RAPTORのレビュー!欧州向けミドルサイズピックアップの走行性能強化マシン![FYB56]

というわけで・・・今さらながら当ブログでも’17 FORD F-150 RAPTORのレビューに行かせて頂きたいと思います!

’17 フォード F-150 ラプターのレビュー

本日紹介しますのは、2019年のCar Culture DESERT RALLYシリーズにラインナップされた’17 FORD F-150 RAPTORです。
日本では11月頭に、メインラインと一緒に発売されましたね。

といっても例によって僕が購入したものではなく・・・

先日のK.K.ニキからのお歳暮に入っていた一品。

実は僕とK.K.さんの間では「自宅の裏から温泉(とか金鉱)掘りあてたらF-150買ってもらえる」という約束が取り交わされておりまして。
それを首をながーーーくして待っていたわけなんですが・・・まさか温泉でちゃった??

とにかくこれを頂いてしまったわけなのです。
ありがたき幸せ!!

’17 FORD F-150 RAPTORについて

’17 FORD F-150 RAPTORは2017年モデルとして登場した第13世代 FORD Fシリーズトラック F-150の最高性能バージョンです。
バハレースで活躍したフォードのワークスマシンだったF-150が参考モデルになっているそう。

つまりはオフロード走破用に設定されたF-150ということですね。
日本での知名度はそこまで高くないですが、USにおいては相当な人気車種なんだとか。

ホットウィールでのリリース状況を見てもその人気が頷けます。

ラプターというのは鷲や鷹といった「猛禽類」という意味を持ち、恐竜のヴェロキラプトルからも取られた名前とのこと。
いずれにしろ、素早くかつ強靭な走りを連想させるネーミングと言えますね。

ホットウィールにおいては2016年のメインラインで、Ryu Asada氏デザインのアイテムとしてデビュー。
その後2018年にRLCアイテムとしてアップデートされ、2019年には待望のプレミアムラインシリーズが登場しました。

今回紹介しているのは、そんなプレミアムライン化一発目のアイテムというわけです。

各部見ていきましょう~。

フロント・リア

RAPTORを通常のFORD F-150と見分ける一番簡単なポイントは、このフロントグリルでしょう。
大きく「FORD」と書かれたフロント部は、同じ「RAPTOR」の名前を付けられた’19 FORD RANGER RAPTORにも採用されていました。

↑これですね~。

さらにいうと、これらRAPTORは「ラプター第2世代」と言われるモデルたちで、初代は2010年~2014年に販売された「SVT RAPTOR」というモデルでした。
そしてこれもまた同様のグリルが設けられていたようです。

逆に、同じ2017年モデルでも”通常版のF-150”は全然違う顔つきなんですよ。

なので、「この顔にピン!ときたらラプター!」と覚えて帰ってやってください。

最近のCar Cultureの良いところはここですよね。
2018年からCar Cultureシリーズ自体もアップデートされまして、ヘッドライトが細かく仕上げられるようになりました。
※その分価格もアーーーーップ!

上の画像で左右どちらがパッケージ画像でどちらがミニカーかわかります!?(さすがにわかる)

画像はHot Wheels Collectorsより

RLCアイテムのRAPTORがこれモンなんで、今回のも「もうちょっと頑張れたかな~?」って気もしますが…それでもまぁいい感じですよね。

僕はホットウィールのヘッドライトってトミカ式に銀でベタ塗りにしちゃうことが多いんですけど、やっぱりこうやって黒ベースで細かい色を乗せていく・・・っていう方がリアルになりそうです。
ちょい足しペイントする方は参考までに。

サイド

RAPTORはあのECO BOOSTのヤツも実車のグラフィックスがベースとなっていたんですが・・・今回のこれはどうなんでしょうねえ?

ブラックボディにアクアフレッシュみたいな三色のペイントがカッコいいです。

大きな17番ゼッケンは「’17」ってところに由来していそうですね~。

逆サイもこんなん。
タイヤは流行りのオフロード・リアルライダーです。

たしか名前は・・・Real Riders Baja Wheelsで、通称RR8DOT。
最近のプレミアムシリーズにラインナップされるオフロードマシンはだいたいこれ履いてるっていう代物です。

トップ・ベース

ボディトップはボンネットにもまたアクアフレッシュが。
歯が綺麗にナチャーウヨ!

底面はメタル製ですごーくいい感じ。
のちほどメインライン版との比較でも見ていこうと思います。

メインライン版、RLC版との比較

はい、では僕が所有するメインライン版のF-150 RAPTORとも比較していきたいと思います。
この赤いラプター、2017年のブラックフライデーに購入したものなんですが・・・いつ開封したのか全然覚えてないんですよ。
※余談ですが今年のブラックフライデーは11月29日~みたいですね!(追記:トイザらスのブラックフライデーは22日からだった模様。。。)

僕の場合、だいたい「レビューすっぞ!」っていうタイミングでブリッと行くんですけど、こいつに関してはレビュー記事も残ってないし。
さらに言うと、なんかちょいっとだけ色差しがしてあったりするのも謎。

CHEVY SILVERADOのレビュー。色気たっぷりのローダウンピックアップ![CFL57]

※・・・と思ったら、この記事↑で塗ってたみたい。

忘れてるもんですねー・・・。

まずはメインラインv.s.プレミアムラインのフロントビューから。
どうでしょうか?なかなか違う感じに見えますよね。

実はこれ・・・同じ金型なんすよ。。。

あれかな、プレミアムラインの方は黒だからキュッと収縮して見えるのかな。
一方メインラインの方はホイールの厚みも高さもあるので、よりドッシリ見える感じ。

お尻側もこんな感じ。
ちょっと角度が付いちゃってるので比較しづらいかもしれませんが・・・同じ形でございます。

サイドビュー。
なんとなくプレミアムラインの方が全体的にモールドが甘い気がします。

同じ金型といっても、あくまでデータでの話であって、工場が違うので「使いすぎて金型が甘くなった」とかではないと思うんですけどねえ~。

トップビュー。

ボトムビュー。

著作年はどちらも2015年。
メインライン版はマレーシア製で、プレミアムライン版はタイ製です。

当然かしめ位置も同じなので、分解すればニコイチとか簡単にできそうな感じ。やろうかな。

画像はHot Wheels Collectorsより

次にRLC版のヤツとの比較。
・・・といってもRLC版は持ってないので要所となるポイントで見ていきます。

まずはフロント部。
RLC版はエンジンフードが開きますので、当然そこには切り込みがあるんですが、通常版の方にはありませんでした。

また、RLC版だと網目になっているグリルのメッシュ部分が通常版はのっぺり平面で仕上げられています。

窓枠やフロントウィンドウ下の部分も黒で塗られていたり、インテリアも塗られているなど、細かいところに手が入っているからRLC版はカッコいいんですねえ!

お尻の方もみていきましょう。

あっ、やべっ・・・kohさんにもらったペーパークラフトを乗せた状態で写真撮っちゃったよ・・・。
※ラプターでベーシックカー買いに行くってなかなか面白いですよねえwちょっとスケール的には箱が大き目かな。

RLC版の方はテールゲートのオープンギミックがついてますので、やっぱりそこの分割線みたいなものがくっきりしてますね。
またバンパーの内側にライセンスプレートみたいなのも造形されています。

それから、RLC版の方だけ給油口がありますねえ。

あとは・・・全体的にRLC版の方がシャープなのかなぁ~。

もう一つ・・・細かい話ですが、通常版は荷台の一部がボディと一体のパーツになっていて、これが裏面のかしめ部分に繋がっているんですよ。
それが、RLC版のヤツには無いみたいです。

画像はHot Wheels Collectorsより

テールゲートギミックの関係で、そこにそれを作れなかったんでしょうね。
ていうか、そうせずとも作れるなら最初っからそうせい!!って感じではありますが、、、おそらくはプラベースだと叶えられない仕様だったのでしょう。
※プレミアムラインはメタルベースだけど、プラの金型を使っているのでそうなってしまった、という感じかと。

ま、こんな感じでしたので、プレミアムラインを元にRLC化しよう!と思ってる方は参考にしてみてください。

おわりに

というわけでーF-150ラプターのレビューでした。

いやー、なんかようやく紹介出来て良かったです。
キッカケを頂いたK.K.ニキには今一度感謝!

それにしても・・・これが米国で本当に人気だっていうなら、そろそろ$TH化しても良い頃合いですよねえ。
次のバリエーションも楽しみですぞ!

お役に立てたらシェアして貰えると嬉しいです!

  こんな記事も読まれています

  関連記事

Comment

  1. まるまる より:

    お疲れ様です~

    こうやって見比べてみるとやはりRLC版は細かい部分が丁寧でクオリティの違いを感じますねぇ
    が、メインライン版と金型共通なのは嬉しいな、気に入ったボディを簡単リアルライダー化出来てw
    アクアフレッシュも嫌いじゃないよ!いつもお世話になってるし!

    >自宅の裏から温泉
    見える・・・湯船に沈められたイエローサブマリンに、浴室にはBUBBLE MATICとHOT TUBが飾られ、湯上がりにはCarbonatorで飲み物を開ける温泉が・・・恐るべしK.K.ニキ!(突然のニキ呼びすいませんロードランナーK.K. さん)

    • ロードランナーK.K. より:

      まるまるさん
      好きに呼んじゃって下さいww

    • にわかマニア管理人 より:

      まるまるさん

      コメントありがとうございます!

      RLC版はやっぱり別格、って感じですね。
      ただまぁ送料入れて数千円を出せるか・・・ってところが問題ですが^^;

      アクアフレッシュ版、おっしゃるとおり簡単にリアルライダー×メタルメタル化が出来そうなのが良さげです。
      僕も早速やりたいところ。

      >温泉

      名付けてホットウィール温泉!!
      施設には漏れなくGOTTA GO型のトイレも併設されるという・・・

  2. ロードランナーK.K. より:

    ワッハッハッハッハ…
    ラプターレビューきたーー!!
    あざす!!!
    黄色い奴が来るかな~なんて淡い期待をしていただけに嬉しいですw
    温泉の件、ざっと計算してみたんですけど、自分1人でお休みの日にツルハシ片手に掘り進めてザックリ30~40年位掛かる見込みでございます(゚Д゚)!!ワオ
    その間、毎月第1土曜日はトイザらスに並んだりして穴掘り休止となりますので50年は掛かるかと…
    お互い長生きしましょうね!!w
    乙様にもよろしくお伝え下さい
    途中で断念した場合を考慮して、HWレギュラーのラプター2台を既に用意しておりますですww

    • にわかマニア管理人 より:

      ロードランナーK.K.さん

      もとい、アニマルK.K.さん。
      コメントありがとうございます!

      黄色いヤツも持ってなかったのでゆくゆくはブリッと行かせて頂ければと。。。

      >温泉の件

      あっ、まだ出てませんでしたか!
      いやー、このラプターが「温泉でたよ~はい、約束のラプターね!」ってことかとばっかりw

      ツルハシでじっくり掘った温泉・・・後世に語り継がれるでぇ~・・・!!
      50年後が楽しみだ!!(なお、出るとは言ってない)

      • ロードランナーK.K. より:

        出すよ…出すよ出すよ…
        出…す… あぁーーっ…
        強制にあらず、黄色い奴は保存可だから大丈夫よ🙆

        • にわかマニア管理人 より:

          ロードランナーK.K.さん

          こらっ!
          そっち出せとは言ってない!

          黄色いヤツはむしろ行かせてくれぃ!(いつになるかは未定)

  3. 悪魔の”乙” より:

    お晩で御座いまウフ~ン

    K.K.さんからの贈呈品のレヴューですね!
    これは購入してなかったのでレヴュー助かりますぅ~♪
    やっぱりあの時買っておけば良かったかな!?・・・タイムマシン、ホニャえも~ん(泣;

    K.K.さんの温泉、てっきり本格的なボーリング掘削を想像してましたが、
    まさかの人海戦術とは(爆!!
    30~40年の年月をかけて遂に温泉が出なかった日には一言、
    「なんて日だッ!!」
    温泉湧き出ても、
    「なんて日だッ!!」

    さて夕方に地元量販店へ偵察に。
    店員さんから72個入りBOXが11箱到着したよ、との事。
    まだパレットに積まれていて開封してないから、明日か明後日の閉店間際に
    来いッ!との指示を受けました。あの夢の木箱が底を突きかけてる状態
    なので一気に投入する感じのよ~です(ウヒョ・・・。

    HWの隣のマッチボックスコーナーに見慣れないカードが沢山釣り掛けられてたので、
    チラ見したら、ナントぉーーっ!!
    綺麗なラメ入りライムグリーンの「ホールデン・ユート」があるじゃないですか!!
    マテル社傘下のMatchbox、「Holden」。これはHWにも期待しちゃって
    良いんでしょうか!?
    ちなみに4台も買ってしまったアルヨ orz=ブゥ~♪(4台で$10=約700円キャンペーン)

    • にわかマニア管理人 より:

      悪魔の”乙”さん

      おばんでウフ~ン
      コメントありがとうございます!

      あれ?ホニャえもん呼ぶほど売り切れまくりですか???
      こっちはまだ余ってたかな・・・?

      >まさかの人海戦術

      いやーびっくりしましたねw
      こりゃラプターのためにも、僕らもツルハシかついで掘りに行くしか・・・!

      >72個入りBOXが11箱到着

      ざっと800台!!!!
      今夜あたり検品しに行くわけですね!?
      11箱もあれば$THの1つや2つはあるだろうなぁ~。

      >綺麗なラメ入りライムグリーンの「ホールデン・ユート」

      おお~出てるんですねえ~!
      マッチボックスとホットウィールではホイールの流用もありますし、片方のライセンスが取れているのならもう片方も行けそうな感じはありますよね!?

  4. ウィーラーの端くれ より:

    こんばんは。
    このF150惜しいですよね・・
    ゴリゴリのオフローダー感があるのに
    フロントの駆動系が四駆らしくない。
    トランスファーからフロントデフを
    オミットするな!
    四駆のエグい駆動系を表現しろよ!
    と思いますm(_ _)m

    • にわかマニア管理人 より:

      ウィーラーの端くれさん

      こんばんは!コメントありがとうございます。

      >四駆のエグい駆動系を表現しろよ!

      ホットウィールのオフローダー全般に言えそうな感じですね~。
      底面パーツの強度的にいろいろ難しいんだとは思いますが・・・プラの方だったら自作でどうにかできるかも・・・?^^;

  5. 雷電 より:

    更新お疲れ様です。レビュー見たら欲しくなってきた。 ブラフラで安くなってたら買おうかな。 トイザらスは今年どうなるんだろ? とりあえず今日行ってみよう。

    • にわかマニア管理人 より:

      雷電さん

      コメントありがとうございます!

      ブラックフライデー・・・どうやら昨日からスタートしてたみたいです。
      僕の方でもうまく情報が案内できずに(むしろ29日からとか言っちゃって)申し訳ありませんでした、、、

      昨日の夕方に見てきた感じだと、サイドライン系は特に何もなってなかったですね~

  6. 光(*≧○≦*)ホットウィール好き より:

    ン?ボディカラーにラメが入ってますやんΣ(´□`;)気のせいかな?🤔確か、エアロリフトにもラメが入ってました。 また、昨日11月23日(土)ブラックフライデーのトイザらスに向かいましたけど、金曜日で既に取られたと思われまして…ほとんど架空車両ばかりでした😢さて、来週はリワインドですけど勿論買いますんで後は、MINI GTのGT-Rも買うかな。

    • にわかマニア管理人 より:

      光(*≧○≦*)ホットウィール好きさん

      コメントありがとうございます!

      え?入ってますよ~。気のせいじゃないですw

      ブラックフライデーは本当にやられました。悔しいです!
      僕も思うところがあって昨夜また訪れたんですが、さらに狩られたあとでしたw

      こうなったらリワインドに賭けるしかないなぁ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です