Hot Wheels 情報まとめ | Hot Wheelsにわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

MAZDA REPU (DTX00) のレビュー!アメリカ輸出仕様のロータリーエンジンピックアップ!

今日紹介するのは、2017年MアソのNew Models、MAZDA REPUです。

2017年Mアソは日本車だらけの注目アソ・・・といった感じでしたが、ハコスカや510ワゴンは入荷数がとても少なかったようですね。
対してNew Modelsはケースに多めに入るという噂通り、MAZDA REPUはゲットできた方も多かったのではないでしょうか。

・・・果たして日本車と呼んでいいのか、微妙な車種ではありますがw

僕も運よく(カード難あり品が)入手が出来たので、さっそくレビューしていきたいと思います。

スポンサーリンク

マツダ・レプのレビュー

今回紹介するのは2017年New Models、HW DAREDEVILSラインナップのMAZDA REPUです。

MAZDA REPUは1974年~1977年に東洋工業マツダブランドで製造されたピックアップトラック。
初代プロシード(Bシリーズ)のアメリカ・カナダ輸出向け車種で、ロータリーエンジンを搭載しているというのが特徴です。

REPUはそのまま「Rotary Engine Pickup」の頭文字を取ったもの。

ロータリーエンジンについては僕よりもここを見てくれている皆さんの方が詳しいと思うので、あまりテキトーなことを書くと墓穴を掘りそうで怖いのですが・・・知らない人のために書いておくと、一般的なレシプロエンジンとは構造が全く違う「小型×高出力」のエンジンで、世界で初めてマツダが量産化に成功、自動車に搭載したというものです。

そのため、マツダ車といえばロータリーエンジン、というイメージがありますね。

ロータリーエンジン自体は燃費性能が良くないことなどから一般的に普及はせず、現在はマツダでも開発が終了しているそうです。
そう聞くと根強いファンがいるというのも頷けます!

MAD MIKE仕様

ブリスターカードの左上を見ると、ニュージーランドのドリフトレーサーMAD MIKE氏のロゴが入れられていました。
実は今回のキャスト、MAD MIKE氏の所有車両がベースとなっているものでした。

※氏のインスタグラムより。

やばいですね・・・実車もめちゃくちゃカッコいいです。

MAD MIKE氏はスポンサーがレッドブルなためか、レース用車両にはすべて「○○ブル」という名前がついているんですね。
このREPUもプライベート車両ながら「PITBUL」という名称がついているそうです。

ちなみに氏はREPUベースのレース車「RUMBUL」も所有しており、こちらはロータリーエンジンをミッドシップ化しているそうです。
僕にはもう想像もつかない世界です。

では各部見ていきましょう!

フロント・リア

正面はホットウィールクオリティで、ヘッドライトやグリルがクローム一色のためちょっと寂しい感じ。
でもグリル内外に分かれたヘッドライトやエンブレムなど造形はしっかりしているので、ちょっと塗ってあげるとめちゃくちゃカッコよくなりそうです。

背面にはMAD MIKE氏のロゴと「ROTANG KLAN」、そしてしっかりテールライトが塗り分けられていました。
お尻の色気が半端ないですね・・・。

サイド

サイドビューを見ると、PITBULをちゃんと再現しているんだなーというのがよくわかりますね。
右側面の下部にデザインされているのはバッテリーボックスだそうで、実車よりは小さめに設計されています。

ホットウィールにしては珍しく(?)左右のウィンドウも閉まっていました。

両側面のタンポデザインはオリジナルのPITBUL準拠でありながら、ホットウィール仕様に少し変更している感じです。
右側は1960年代~の当時のマツダロゴにRacing support truck 1974の文字。

サビ塗装もいい感じですね!

逆サイドには202 RENOと描かれており、左右非対称のデザインになっています。
MAD MIKE’S PITBULなどで検索すると画像が出てきますが、これも実車を再現したものでした。

ホイールはブルークロームのDD8。
さすがに実車のホイールは再現できなかったようですが、人気のDD8を採用してリムをブルークロームにしているあたり、特別感がありますね~。

トップ・ベース

ボディトップから見ると、ルーフやボンネットはややザラついたような塗装の仕上がりになっているのがわかるかと思います。
ザラザラしているわけではないんですが、少しだけボコボコしてて光沢が抑えられてますね。

実はこの塗装、クオリティがそこそこツルツルなヤツから、もっとガサついたヤツなどがあったようです。
それが「仕様」なのか、それとも「塗料の残量や技術の問題」なのかは不明ですw

底面を見ると、FR(フロントエンジン・リアドライブ)であることがわかりますね。
プロペラシャフト付近に片側だけあるものは排気管かな?

あとは車名とTOYナンバー、2016年の著作年とマレーシア製であることが記されていました。

おわりに

というわけで、MAZDA REPUのレビューでした!

蓋を開けて見たらピックアップ好き、MAZDA好きだけでなく、MAD MIKE氏のファンすら欲しくなってしまう一品でしたね。
一応次回のトイザらス限定アソートにも入荷される予定ですので、今回逃した方はそこを狙ってみてください!

まだ、今後のバリエーション展開もなかなか気になりますね。
来年以降、どんな表情で登場するのか楽しみです!

スポンサーリンク

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. しま より:

    おはンサ!
    >あまりテキトーなことを書くと墓穴を掘りそうで怖いのですが・・・
    ・・・ちっ!気付きやがったか。

    ・・・せっかくなので誰得報告でも。
    REPU 3個(要らない)
    ハコスカ 2個(1/36 ロールバー無し。)
    ブルゴン 1個(トイザは1/72 メッシュ。)
    アイスチャ 2個
    AMG GT 3個
    細かいの4個
    TH 4個   ・・・で、計19個かな?

    先月のAMG GTは汚損品ばかりだったので、3個追加。
    人気アソなのに常連だけだった。(^Д^)

    • にわかマニア管理人 より:

      しまンサ!

      コメントありがとうございます!

      >・・・ちっ!気付きやがったか。

      えっ!?
      墓穴掘ってほしかったですか?w

      >REPU 3個(要らない)

      要らないなら売り場に置いてってくださいw

      ハコスカ、510ワゴンの例の情報は入ってこないですね~。
      というか「ブルゴン」って呼ぶんですか!?w

      そしてかなり入荷数少なかったんですね・・・。

      >先月のAMG GTは汚損品ばかりだったので、3個追加。

      あっ、買うの忘れた・・・!

      >人気アソなのに常連だけだった。(^Д^)

      不思議ですね~・・・うーん、読めないw
      夏休みが終わったからかな?

      • 5踏み より:

        36台アソートはアソート内容が2種類あって、今回片方のアソートには510ブルーバードが入ってないんだとか…

        36箱アソートを2箱以上入荷するトイザらスではこの2種類のアソートが1つずつ、一回り大きな箱に入って入荷するので確実に1台は入荷するわけですが、しまさんが言う通り、2箱に1つしか入ってない計算になるので1/72って事になります。

        まぁこういうアソート内で少ないアソートって次回のアソートで入荷数増えたりする事もありますし(最近だとガチマニアさんも記事にしたエルカミーノがそれ)、そういった意味でもトイザらス限定アソートには期待したいところですね。
        まぁ皆さん狙うだろうから瞬殺でしょうけど…
        ちなみに私はファイヤーバードがもっと欲しい…
        ていうかしまさんの細かいのが気になるぜ…

        • にわかマニア管理人 より:

          がががガチマニアちゃうわ!!

          >36台アソートはアソート内容が2種類あって、今回片方のアソートには510ブルーバードが入ってないんだとか…

          おおー!!そうなんですか!
          てか、2種類限定なんですかね・・・?
          アソートって言うくらいだからもっとバラバラなのかと勝手に思ってました^^;

          でも確かに西友のラインナップとか同じ感じだし、結局中身は完全ランダムではなくて操作されてる・・・ってことなんですね~?

  2. しま より:

    5踏みさん、こんにちは!
    丁寧なフォローをありがとうございます。サスガです。
    ブルゴンを取り逃した人はトイ限に期待ですね。

    >しまさんの細かいのが気になるぜ…
    内訳は・・・。
    ’17パガーニ・ウアイラ・ロードスター 1個
    ’67ポンティアック・ファイアーバード400  1個
    アストン・マーティン・ワン-セブンティセブン 2個
    です。

    ファイアーバードは私も期待していました。
    でも顔に加色がないのでノッペラーなんですよね。
    台紙欲しさに1個だけ買いました。(3個捨ててきた。スマン。)
    ・・・友達に超絶彩色してもらおうかな?

    • 5踏み より:

      しまさんこんばんは〜

      ホットウィールは特に横から見た時に映えるように作られてますからね〜。
      どうしてもフロントやリア周りはおざなりになってしまいがちです…。
      まぁ「一通り組んではあるけど塗ってないプラモデル」と思って、自分で塗ってしまうってのもアリかと…

      ていうか俺もピラニア買ってねぇ!トイザらスで釣らないと!

  3. しま より:

    こけタン、こんにちは!
    REはRX-7(FC3S)に6年くらい乗っていたのよ。
    REに乗っていた人間に言わせれば、トラックにロータリーなんて論外。
    軽量、コンパクトが売りのエンジンを、バカでかいEgルームに入れてどうするの?もっとボディ絞れるでしょ?
    低速トルクの細いエンジンで重い荷物運んでどうするの?低速取り回し悪すぎでしょ?
    低回転圧縮のないエンジンなんて燃費悪いでしょ?

    よって、こんなクルマには魅力を感じない。→ 要らない。
    となるわけ。(^Д^) わかる?

    今回買ってきたのは友達とのトレード要員ばかりだよ。
    REPUは全部。THも全部。
    先月分のAMG GTも全部トレード要員。(1台はすでに嫁いでいった)

    FCに乗っていたときはガソリン代が10万以上かかってたよ。
    ・・・毎月ね。

    • にわかマニア管理人 より:

      こけしちゃうわ!

      >REに乗っていた人間に言わせれば、トラックにロータリーなんて論外。

      へぇーへぇー。
      僕は乗ったこともないので全然わかりませんでした。

      >軽量、コンパクトが売りのエンジンを、バカでかいEgルームに入れてどうするの?もっとボディ絞れるでしょ?
      >よって、こんなクルマには魅力を感じない。→ 要らない。
      >となるわけ。(^Д^) わかる?

      ごめんなさい、これはわからないですw
      逆にこれが面白い、みたいなことなんじゃないんですかね??
      なぜUSでこの車種が未だに人気なのか、そのあたりが気になります。

      >FCに乗っていたときはガソリン代が10万以上かかってたよ。
      >・・・毎月ね。

      ヒェッ・・・
      ガソリン代10万って・・・年額でもそこまでかかったことないですよ・・・
      REおそろしや。。。

  4. しま より:

    あっ!ピラニアテラー買い忘れてた。(゜ω゜) いかん!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です