BACK TO THE FUTURE TIME MACHINE – 1955のレビュー!1885年の線路走るデロリアン![HCP22] | Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

  Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

BACK TO THE FUTURE TIME MACHINE – 1955のレビュー!1885年の線路走るデロリアン![HCP22]

テ~テ~テ~♪
テテテ~テ~テ~テ~♪
テテテ~テ~テ~テ~テ~~テ~~テテテ~♪

というわけで、BACK TO THE FUTURE TIME MACHINE – 1955でございます!!

バック・トゥ・ザ・フューチャー・タイムマシーン・1955のレビュー

本日のアイテムはこちら!!
2022年、レトロエンタテインメントよりBTTFタイムマシン・・・デロリアンです!

日本では単品展開されたこともあり、多くの方が手に出来た一台だったのではないでしょうか!?

僕も無事、いや余裕でゲッツできました~。

BACK TO THE FUTURE TIME MACHINE – 1955について

BACK TO THE FUTURE TIME MACHINEは映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー(以下BTTF)」シリーズの劇中車、DMCデロリアンベースのタイムマシンです。

BTTFの作中世界は1985年から30年前の1955年、30年未来の2015年を複雑に行き来するため、タイムチャートのようなものを用意して「えっと・・・この時代のデロリアンはここにあって・・・」みたいなのを確認しないと、今手にしているミニカーがどの時代の何か??ってのがごっちゃになる気がしています。

今回はパッケージにBTTF3のロゴが入っているとおり、映画第三作目のラストシーンで汽車に押されながら線路で加速し、無事未来へ帰ることができた時のものをキャスト化していますね。

当該シーンは1885年の設定なので、本来であれば「BTTFタイムマシン – 1885」なんじゃないの!?という感覚になりますが、1855年に戻る前に1955年の技術で改造されたモデルがホットウィールでは初出なので「-1955」という車名で間違いないのでしょう。

ホットウィールでの初登場は2015年のEntertainmentシリーズにて。

その時には赤いホイール×ホワイトリボンという、なんとも1955年風のタイヤが設定されました。

タイヤが車輪風に変更されたキャストは2019年からで、今回は2回目のバリエーションということになります。

デザイナーはManson Cheung氏。
ホットウィールのデロリアンは(BTTFに限らず)一貫してManson氏がデザインしているみたいですね~。

それでは各部みていきましょう。

フロント・リア

ボンネットに、なにやら仰々しい機械が乗ってますね。
これこそが「1955年の技術で再現したマイクロチップ」ということで、つまりまぁこの子は紛れもなく「BTTF TIME MACHINE – 1955」なんですな。

そうだよなぁ・・・真空管とかの時代だもんなぁ。
ようやくトランジスタが普及し始めた頃・・・というか。

逆に考えれば、真空管やら何やらを駆使してでもタイムマシンは作れる、と。
そういうことですな。

リアライセンスプレートにはバーコードで「CALIFORNIA 136113966」と描いt・・・って、読めるかーーーい!!

有名な「OUT A TIME」のプレートではありませんが、これも劇中でドクが2015年のカリフォルニアにて取得したプレートを再現しているようですね。
(つまりこのデロリアンは1985年から2015年を経て1955年に来たということなのだ)

はぁーん、また映画観たいよぉう。(Amazon Prime待ち)

サイド

なんだか通常のデロリアンに比べて非常にゴツゴツしております・・・!

車両後部にはMr.Fusionの発電装置(ゴミを入れるとジゴワット作ってくれるやつ)が付いてます。
これも本来であれば2015年の技術なんですよねえ。

タイヤは専用のBTTFRW(Back To The Future Railroad Wheel)が採用されています。

これね~最初見た時に「馬車のタイヤ」っていうイメージが強くて。
てっきり木で出来ているものだとばかり思ってたんですが、「汽車に押されてレールの上を走る仕様」なのを考えても金属車輪ですよね。

もちろんホットウィールではプラ製で、「プレミアムラインなのにゴムタイヤじゃない」っていうところに不満を覚える方もいるかもしれませんw
でも劇中仕様に合わせて・・・というのを考えると許さざるを得ませんな!

トップ・ボトム

今回もプレミアム版デロリアンはしっかりZAMAC仕様でした。
実車のステンレスボディを意識してますよね。

そうそう、映画の中でもデロはステンレスってことで、過去から放置されていた状態でも全然錆びない演出がされていたようです。
(木更津に放置されてたデロも全然錆びてなかったとかなんとか)

映画では過去へ未来へ旅する・・・ってことを考えた時に、デロリアンベースのタイムマシンというのはちょうど良かったのかもなぁ!

底面には2015年の著作年とインドネシア製であることが記されていました!
またしてもインドネシア・・・!いいゾ~

ノーマルタイムマシンと比較

せっかくなので手元にあるノーマルのBTTFタイムマシンと並べてみました。

ZAMACの色味がすでに違いますね。

フロントビューから雰囲気が全然違って感じられるのは面白いなぁ。

グリル部?(DMCロゴ入ってるとこ)の印刷方式も違うので、そのクオリティにも差が出ている感じ。

飾りこそ違いますが、なんだか「ボディの型は使いまわしてるんじゃないか!?」というぐらい同じような形で組まれています。

底面を比べると・・・もうほぼ一緒じゃん。。。
ほぼっていうか完全に一致・・・?

これこそ「同一キャストのバリエーション」と考えて良いような気が、、、

おわりに

というわけで、BTTF TIME MACHINE -1955でした~。

いやー、デロリアン。
一家に一台は欲しいですよね。(ミニカーのほうね。)

新型のテスラみたいなデロリアンも今度出るみたいですけど、やっぱりこっちのね、80年代アメリカ!って感じがするデロ・・・たまらんすよね。

ちなみに、ベーシックカーメインラインではノーマル版のタイムマシンが単品化する予定です。
おそらく8月。

これはもう絶対に狙っていきたいところですな。

我が家にはいただきもののモントラデロもありますので、これもいずれ・・・。
※本当はホバーモードも持ってたんだけど、、、手放してたみたい。。。いつどこでなぜ???どこいったんじゃワレェ!!

お役に立てたらシェアして貰えると嬉しいです!

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. Kaz より:

    手に入れましたが2019年版とは、若干裏側の艶あり無しの違いことあれど、あとは何ら変わりないようですね(^^)

    あっ、7/2(土)からフジテレビで3週連続BTTF 1~3の放送あるので是非ご覧ください!

    • rin-chan-05 より:

      しかも4K~~

      • にわかマニア管理人 より:

        Kazさん

        コメントありがとうございます!
        今回のは2019年に買えなかった人への救済措置ってことでw

        フジテレビ、やるんかワレェ!!!!
        あざっす!みまっす!!

  2. ロードランナーK.K. より:

    デロデロデーロ
    ロバート・デ・ニーロ
    お疲れ様でふ

    〉はぁーん、また映画観たいよぉう
    いつでも連絡下さい( ロ_ロ)ゞ
    内容は全て暗記しておりますゆえ、私目が語り部となり対応致しまする

    〉「プレミアムラインなのにゴムタイヤじゃない」
    マヂすかっっ!!.∵・(゚ε゚ )ブフー
    昨日トイザらスさんに焼け野原を偵察しに行った時、ラスイチ(楽座)あったんだっぜっ!
    でも「こんな細いゴムタイヤじゃブリブリ後にまた溶かしちゃうなぁ」と思って買わなかったんだっぜっ!
    クッソ!
    帰り行ってくらぁ🏃

    〉ホバーモードも持ってたんだけど、、、どこいったんじゃワレェ!!
    多分ですけど、、
    未来に飛んで行ったんでしょうねぇ
    未来って言ったって2015年だからオレらからしたら過去か(?_?)
    過去か未来か
    過去の女は元気でやってるのか

    • ロードランナーK.K. より:

      買ったどーーー!!🐟️
      手持ちのお金が足りなくて、後輩に頭下げて千円借りたどーーー!!🐟️
      明日給料日だってのに、後輩、、
      悪かったどーーー!!🐟️

      • にわかマニア管理人 より:

        ロードランナーK.K.さん

        デロデロデーロ、デーロデーロ♪
        コメントありがとうございます!

        >私目が語り部となり

        映像で観たいの!!!

        >ラスイチ(楽座)

        ほんと・・・教養のブログ。
        前の井伊直弼しかり。

        ゴムじゃなかったでしょ?さすがに・・・
        なんか書いてて不安になってきた、、、

        >未来に飛んで

        うわ、いいなぁ〜w
        そんなロマンがあるオチにしたかったわぁ〜!!!!

        2015年にしか行けないわけじゃないのでね、ひょっこり来年あたり僕のデスクの上に戻ってきてるかも。

        >過去の女は

        元気でやってます!めちゃくちゃ幸せになってるので大丈夫です!

        >千円借りた

        クレジットカードという便利なものがだな、、、

  3. poncha2016 より:

    こんにちは。
    更新お疲れ様です。

    買わなかったけど、記事見てたら欲しくなってきた・・・(^^;)

    BTTF、ぜひ見てね。1-2-3見比べて、

    ビフをトランプ大統領現役のころに見たかったわ!とかはもとより、

    彼女が変わっとるやないかーい!とかw

    お前、時計しとったんかーい!とかw

    突っ込みどころいっぱいです。

    もしかしたら、某スターウォーズみたいに最新放映版は撮り直し/差し替えされてるかも知れませんが・・・(^^;)サスガニナイカ

    • にわかマニア管理人 より:

      poncha2016さん

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      これで映画観たらまた欲しくなるのよw

      >ビフ

      案外ビフもいくつかの未来では大統領になっていたかもしれないんですねw

      >突っ込みどころ

      映画の醍醐味ですね。(粗探しともいうw)
      ワイスピでも急に年とったり、シーンまたいでヒゲがなくなってたり・・・とかがあったなぁ。

      スターウォーズはそんなことになってんすか。
      じゃあ例のストームトルーパーが頭をぶつけるシーンとかもなくなって・・・?

  4. rin-chan-05 より:

    レビュー待ってました!
    テテテテテテテ テー⤴️テー⤴️テー⤴️テレレン
    テレテッテテレン テレレン テーテーテーテーテー⤴️テー⤴️テレレン♪

    >どの時代の何か
    1955年11月12日(落雷の日)のある瞬間にはデロリアンが複数台存在している説というのがあるんですが、ちゃんと整理出来るようになってくると何台なのか、分かってくると思いますよ~
    また観たら考えてみてくださいねw

    >マイクロチップ
    壊れたタイム回路のマイクロチップの代わりに作った回路なんですよね。スタッフの間で“ビッグチップ”と言われていたそうですw
    デロリアンが飛べなくなるのも同様の理由ですが、発電用のmr.fusion(ドイツ製コーヒーメーカー)は生きており、Ⅰとは違って2.21ジゴワット(ギガワットだけどギガワットじゃないぞ☆)の発電はすることは出来たんだけどガソリンが切れちゃって汽車に押してもらって88マイル出したと。ここらへんの事ややこしいのか意外と分かっていない人が多くてよ~~~~!!!!

    ちなみにデロリアンが洞窟入りしていたのは実に70年と2ヶ月13日です。

    僕も一家に一台欲しい!(本物)

    • rin-chan-05 より:

      ※1.21ジゴワット

      • にわかマニア管理人 より:

        rin-chan-05さん

        コメントありがとうございます!

        デロリアンが複数台存在言うても、それは3部作に限った話であって・・・もしかしたら僕らが想像しうるよりもさらに多くのデロが同時存在している可能性だってあるわけですよね!?
        だって1部の時にはまさかあの直後にマーティ帰ってくるなんて誰も思ってなかったもんね?

        ・・・なので考察しません!www(という言い訳)

        >ビッグチップ

        “チップ感”ねえ〜!!w

        なるほどMr.Fusionは発電用であって、あいつが生きてたところで時間軸の移動も、通常移動もできるわけじゃない、と。
        ほほーおもろ。

        >一家に一台

        あんなの駐車場に止めてたら、不安で夜眠れなくなりそ。。。(盗まれそうで)

        • rin-chan-05 より:

          >多くのデロが同時存在
          それは本当にその通りで…
          実は映画のその後を語るコミックス版があるんですが、その中でもあっちいったりこっちいったりするし、実はデロリアンを2台作ってた!みたいな設定出てくるし、しかもコミックスがいくつか出ててそれぞれ繋がりが無いから、どの話を正史とするのか問題があるし、考えないのが賢明かもですな~~!!!!

          • にわかマニア管理人 より:

            rin-chan-05さん

            なぬー!?コミックス版あるんすね!そして2台目あるんすねw

            実際に自分がタイムマシンをゲットしちゃったら、あっちこっち行っちゃうと思います!
            マーティとドクはいいなぁ。

  5. ウィーラーの端くれ より:

    お疲れ様です。
    近所のイオンで
    ドリームトミカ =1955→1885
    アンリミテッド=1985
    がぶら下がっており混乱して
    帰宅しました・・
    ドリトミ版3なら何箱かありますし
    なんならHWのデロリアンも
    ホバー版ふくめいくつかあるので
    お腹いっぱいでした。
    しかし、シチュエーションごとに
    装備のバリができるのは面白い
    ですね。
    とくにタイヤですが
    たしかに、1885年代の
    木馬車のイメージとごっちゃに
    なっているようにも思えます。
    太さはレール用の雰囲気なのですが。
    なんでしょう。錆をイメージして
    茶色になったのでしょうか?
    メタルフレークか単色シルバーで
    十分な気が・・

    ・・というか、逆ですよね。
    HW=3、アンリミテッド=1
    タカラトミーはプラレールが
    あるので今回の3仕様は
    タカラトミーが出すべきだった・・
    はたまた、密かなコラボ疑惑
    でしょうか?
    つまり、

    マテル+タカトミ=ドクの解説模型

    コイツはベビーですが、
    HWにはロコモータリンなる
    のっぺらトーマスがいましたね・・。
    さらにゴッタゴーなる「糞尿」
    運搬車も。
    HWの身内のコラボ力には
    頭が下がります(乱暴)

    • にわかマニア管理人 より:

      ウィーラーの端くれさん

      コメントありがとうございます!

      そうかトミカのそれらも購入可能なのね今・・・
      わしゃ9月アンリミテッドのZ狙いじゃけえ!

      >何箱かありますし

      お店の話かと思ったわ!!!
      端くれサンちに何箱かあんのね、、、もうお店じゃん!w

      >錆をイメージして

      そんな雰囲気ですよね!?
      そうそう、もうちょっとメタル感がでていると良かったかな〜・・・なんて思いました。

      >マテル+タカトミ=ドクの解説模型

      要らんやろwwwwwwwww

      タカトミバンダイでホワイトベースのトミカが出るらしいですが、タカトミマテルでも何かやってくれたら嬉しいですね〜。

      >身内のコラボ力

      糞尿運搬車の何がコラボかと・・・

  6. 光(*≧○≦*)ホットウィール好き より:

    私のバックトゥチャーはゴールドしかありません。しかしそのゴールドはプラシックマーケットのお店で買ったものです。その頃に取り扱いがあったのはディズニーピクサーカーズ1:55とマッチボックスでした。R34のシルバー辺りの年かな🤔かと思います。結構過去の年数が経ったホットウィールベーシックのも出てましたが予め売り切れでした。本当に人気だったのかと言えます。私が再び集めようとしたきっかけはミニカーガレージビトさん、ミニカー3インチさんと私とトミカさん、はるてんさんって言う方です。レーシングチャンピオンのワイルドスピード1:64とかいろいろあってそこでいろいろ調べていきました。しかし買いすぎたと後悔してきたと思います。後は学生の頃は家庭の事情により引っ越すこととなり一度かは処分し手放し渡しました。現在は過去に懐かしいのを調べて手に入れたりしました。

    • にわかマニア管理人 より:

      光(*≧○≦*)ホットウィール好きさん

      コメントありがとうございます!

      なにぃ・・・ゴールド!?
      プラシックさん、僕が集め始めた頃にはもう閉店してたんだよなぁ、、、ぐすん。

      >買いすぎたと後悔

      後悔したらアカン!!!w

      >懐かしいのを調べて

      わかる・・・
      大人になってお金も少し自由になって・・・昔ほしかったものや手放してしまったものをまた引き寄せたくなるのよね、、、

Message

メールアドレスが公開されることはありません。