Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

ホットウィールのMYSTERY MODELSについてのまとめ。中身の見分け方。

念願のホットウィール MYSTERY MODELSを入手しました。

先日、NZ帰りの「悪魔の”乙”」さんに送って頂いた荷物の中に入っていたものです。

ミステリーモデルズって噂にはよく聞いていましたが、日本では基本的に出会えないアイテムなんですよね。
以前は西友が取り扱っていた・・・なんて話もありますけど、僕の地元の西友にはありませんでしたし、現在正規品として日本に仕入れられているという話も聞きません。

ですが!
これがいつ正規輸入されるかはわかりませんので、今のうちに予習しておけたら・・・!というのが狙いですw

あとは海外で出会った時にサクッと買えるようになったらいいですよね。

というわけで、MYSTERY MODELSのまとめです。

スポンサーリンク

MYSTERY MODELSとは?

ホットウィール ミステリーモデルズはそれ以前にベーシックカーの1シリーズとして展開されていたホットウィール ミステリーカーの後継にあたるシリーズ。

ホットウィールのミステリーカー(ベーシックカーシリーズ)について

2010年まで続いたミステリーカーに代わり、2011年からベーシックカーとは別のラインとして登場しました。

以降現在まで精力的にリリースを続けており、基本的に年間20数種の展開だったのが2018年には12種×4シリーズ(=48種)がリリースされるなど、勢力を増しているようです。
これは日本再上陸待ったなしですかね!?

ただし、基本的にウォルマート限定で発売されているシリーズらしく、日本では以前に西友が取り扱っていたというのはそういった背景があるのかもしれませんね。

MYSTERY MODELSの仕様

ミステリーモデルズは画像のようなビニールパッケージに入って売られています。
基本的には完全なるブラインドパッケージで、外から中身を直接見ることはできません。

ただしUSパッケージ(おそらくアソート番号Y8127)とインターナショナルパッケージ(R9105)が存在するようで、USパッケージの方は覗き穴が表面にある模様。

これなら頑張れば何が入ってるかわかりそうな気がしますね。

インターナショナルパッケージ(と思われる)のように完全ブラインドの場合、盲牌よろしく手探りで中身を予想して買うしかない・・・かというと、そういうわけでもありません。
※中身の判別方法は後述。

袋の中にはベーシックカー(メタル×プラ)が1台と、その車種のイラストが描かれたステッカーが入っていました。
このベーシックカーはMYSTERY MODELS専用カラーということになり、このパッケージからしか購入できません。

そういう意味では全車種限定カーってことになりますね。

個人的には全車種にステッカーがついているというのが羨ましくて仕方ないですw
メインラインでもやってくれたらいいのになぁ。

さらに、そのシリーズに何が含まれているのかを案内するコレクターガイドのような紙も同封されていました。

実はMYSTERY MODELSの中にはCHASE CARも設定されており、それが光り輝いた状態で紹介されてますね。
※2018年モデルにはULTRA CHASEが設定され、それは真っ黒な状態での紹介になっていました。

こうしたパッケージ内容および仕様で、価格はメインラインと同等。
日本でもコンビニとかにこれが並んでたら、中身が見えているメインラインよりも”買っちゃう商品”なんじゃないでしょうか。

MYSTERY MODELSの見分け方

さて、上で「盲牌するしかねえ!」みたいなことを書きましたが、実は完全ブラインドのパッケージだったとしても中身を見分ける方法があるんです。

注目すべきはパッケージに印刷されているこのアルファベット+数字。
なんとなく「製造ロットか何かを印刷したんでしょー」とスルーしてしまいがちな印刷ですが、これこそが中身を見分けるポイントでした。

H27は「平成27年」・・・ではありません。
ホットウィールのベースに刻印されているベースコードと同様に、アルファベットが製造年を表しているのです。

  • F…2013年
  • G…2014年
  • H…2015年
  • J…2016年
  • K…2017年

といった具合に。

そしてその後ろに書いてある番号が、シリーズ内のコレクターナンバーとなるわけです。

それゆえ、「2015年のミステリーモデルズ、#12だからTORQUE TWISTERだな!」みたいな感じで判別できるんですね。

ただし2015年のミステリーモデルズは2シリーズ展開されており、#12はもう一つ(MAXIMUM LEEWAY)が存在していました。
これを見分けるためにはアルファベットのあとに続く数字を解読しなければならないのかもしれません。

※USパッケージの場合、裏面に車種リストが載っているので、おそらくそれを参考にするんだと思います。
また、2018年シリーズはパッケージに「SERIES 1」などの表記があったので、そこで見分けられたようです。

以下一例。

2015年の#2=CHRYSLER 300C HEMI。

2016年の#11=MAZDA FURAI。

といった感じで。

でもまぁ、あんまり中身を調べたりせずに買った方が楽しいかもしれませんね!
きっと子供たちはそうして一喜一憂してるはずだし・・・。

おわりに

というわけで、ホットウィールのMYSTERY MODELSについてでした。

現時点では日本に正規輸入がないため、僕にはこれ以上の入手手段がなく・・・あくまで「手に入ったアイテムからの推測」でのまとめになっています。
間違っている部分があればご指摘頂けると幸いです。

できれば日本でも発売して欲しいですよね。
それこそ前述のとおりコンビニとか、あとはスーパーとかでサクッと。

ゲットしたミステリーモデルたちに関しては順次レビューに回していきますね。
・・・またルース品がたまっちゃったぜ・・・。

スポンサーリンク

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. パッスン より:

    なるほど、やっぱり識別方法があったわけですね。ハッピーセットもそうですからね、なかなか有益な情報ですな(今んとこ使い道ないけど)。でも実際、手触りだけでどれくらい判別できます?

    こないだレビューしていただいた黒ブリスターの時代もそういうのがあれば……なんかマイナーなやつばっかり渡しちゃって悪かったですね、シークレットがあんなに地味なら入れとけば良かったなぁ。こちらはビートルだけあれば満足だったので。

    このビニール袋方式のが今コンビニにあれば、たしかに売れそうな気はします。オクで高騰中の510ブルとかあればよりいっそう。有名なユーチューバーとかが買い占めて「シクレ出るまでやってみた」とかありそうですね(カッパデターさんご指名?)。でも日本ではビックリマンやペプシマンがそうだったように、結局小窓式バレバレ仕様になるでしょうね。で、店員が相場を調べて先に抜く(転売せずとも、好きなら陳列後の開店後に即買えちゃうので。自身カバヤのマジョレットで経験あり)。

    それにしてもこのフーライ、カッコえぇですなあ。

    • にわかマニア管理人 より:

      パッスンさん

      コメントありがとうございます。
      識別方法、あったんですね~・・・僕もホント、入手するまで知りませんでした^^;

      ちなみにハッピーセットは識別方法あっても選ばせてくれないですからね。。。

      >手触りだけで

      悪魔の”乙”さんが仰っているように、袋の形状と内容物的になかなか難しそうです。
      それこそ中の用紙やシールをぐちゃぐちゃにして良ければある程度わかるかもしれませんが・・・大人のやることじゃないですよねw

      >黒ブリスターの時代

      あっちは完全にブラインドパッケージだったようですね。
      ただちょっと隙間が開いていて、そこから覗いて確認する・・・みたいな方法があったそうですよ!
      僕の予想ですが、何人かはそれをやり過ぎて店頭でブリスターをブリッとやっちゃった経験があるんじゃないでしょうかw

      >マイナーなやつばっかり

      いやいやいやいや!!
      僕的にはアレもアレもアレも嬉しかったです!
      近いうちレビューに回したいと思いつつ、なかなかできずにいますが。。。

      >コンビニにあれば

      本当にこういうのこそコンビニ向けな気がしますよね。
      ただ、判別方法がわかっちゃうと・・・結局はあまりまくっちゃう気がするので、コンビニで売る時にはぜひまた完全ブラインドでお願いしたいですw

      >カッパデターさんご指名

      見てるかなぁ・・・w
      ぜひやってほしいところですが、そもそもミステリーモデルが日本では買えない時点で需要がなさそうな気も・・・

      >店員が相場を調べて先に抜く

      僕は信じられなかったですが、普通にメインラインでもやってる人がいるそうですね。
      SNSで一時期話題になってました。

      まぁ別に犯罪じゃないからいいんだろうけど・・・「あの店は店員が抜いてるぞ!」ってなったら評判落ちそうな気もするんですがw
      店員さんのモラルというより、店側の意識の問題というか。

      ・・・って、経験ありかい!!!www

      >フーライ

      昨日たまたまヤフオクみたら出てましたぜ!

  2. 悪魔の”乙” より:

    おこんぬずわ

    いや~、早速開封されてますね!

    私も最初に売り場で見た”お楽しみ袋”は激しくシワクチャな物が
    見受けられたので、「お~、皆モミモミしてるなぁ~♪」って感じで、
    じゃぁ自分もモミモミして中身当てるぞー!!って気合が入ったもんです。
    結果、自分には盲牌は向いてないという事でした。
    しかもステッカーまで傷付くオマケ付きでした・・・。

    それから暫くして、袋に書かれている記号の解読方法を知った
    ものでして・・・。それ以降は極めてスマート&エレガントに購入しています。
    店の防犯カメラにも紳士の如く写っている事でしょう。

    早く2018年物の入荷を待ち望んでるんですが、
    2018年第1弾「Race Day」シリーズのRX-7、フウライ。
    2018年第3弾「Surf」シリーズのブル510、ハイビスカス塗装。
    これらは抑えたい!! 
    第2弾「Space」シリーズは全謎車なので・・・。

    パッスンさんの、どれ位盲牌で中身を判別できるかという疑問でしたが、
    このパッケージのビニールは結構分厚いのと、ステッカーとカタログで結構邪魔されるので、
    HWが特徴的な形で無い限り、結構難しいと思います。

    後ろに写っているオレンジ色のドリフトキングは盲牌でウイング付きだから
    「フウライ」だと判断し連れて帰ってきて開封、電流が走った次第です・・・(汗;

    • にわかマニア管理人 より:

      悪魔の”乙”さん

      こんぬづわ!コメントありがとうだべ。

      もうどうせ開封しちゃうんで、フウライとかも開封済みアイテムを持ってきてもらえば良かったですw
      ちなみにパッケージの後ろからバリッと”パーティー開け”する方式だと、物によって開けやすいヤツとそうじゃないヤツがありました。
      フーライはそれはもうすっごい綺麗に開封できましたよ~。

      >モミモミ

      ステッカーまで傷ついちゃうのは、後日それを掴んだおこさまたちが可哀想すぎますw

      さてこのステッカーどこに貼ろうかなぁ。ラップトップかな。

      >店の防犯カメラにも紳士の如く写っている事でしょう。

      店側もまさか紳士がコードを解読して車種を識別しているとは思いもよるまい・・・。

      >2018年第1弾「Race Day」シリーズ

      あっ・・・!
      ミステリーモデルズもそれぞれシリーズ名がついていたんですか!!!
      Spaceはなんだか2019年のセグメントにも関わってきそうな気がしますね。

      >ドリフトキングは盲牌でウイング付きだから「フウライ」だと判断し連れて帰って

      ファーwwwww

      でもその失敗(?)があったおかげで判別方法を知るに至ったとも言えるんですよね!

    • パッスン より:

      悪魔の乙さん

      こちらの疑問に即答ありがとうございます!こうなってくると本当に買いたいですね。ドリフトキング、なかなかカッコいいですけどね。昔コロコロコミックで連載されてたラジコンマンガに出てくるサンダードラゴンに激似なんですよね、アレ。

      • パッスン より:

        連投失礼です。

        >にわかさん

        ハッピーセットは選べませんが、事前に識別番号を確認しておいて、店頭で受け取ってすぐに確認して希望の品じゃない場合、「ごめんこれ持ってるやつだから1回だけ替えて」とお願いすると、大概イヤな顔せずハイよと替えてもらえます。さすがに繁忙帯は避けたいですし、新人バイトや店長クラスはこちらから遠慮ですが。

        ちなみに子供にそんな姿は見せたくないなんて人もいるようですが、ふつうに「パパすげえ」ってなります笑。

        「ウチは見ての通り男子2人なんで、カブるとケンカになるんで、すまんけど」みたいな感じに言うとテキメンに効きます。でもま、いろんな意味で交換は1回に留めたほうがいいという判断です。問題になって全面拒否も困りますし。

        マクダーナルで働いたことはないので向こうがどう思ってんのか知りませんけど、どうやって中身わかるんです?て逆に聞かれてコショコショと教えてあげたこともありますよ笑。

        ここぞという時には、ぜひ。
        あ、ドライブスルーでは使えませんよ(たぶん)。

        • にわかマニア管理人 より:

          パッスンさん

          それがですね、若かりし頃にマクドナルドでコークグラスが貰えるキャンペーンをやっていたときに同じ色がダブリまくっちゃって・・・。
          店員さんにその場で「これじゃないやt・・・」ぐらいまで言ったところ食い気味に「ダメです」みたいな仕打ちをうけましてw

          僕はそれ以来「ハッピーセットは交換できないもの」と自分および家族にいい聞かせているんですw
          ルールはルールなので仕方ないかと。

          もちろん働いている人の采配で交換してあげることもある・・・みたいなのを否定するつもりはありません^^;

          >マクダーナルで働いたことはないので向こうがどう思ってんのか知りませんけど

          対応するのは末端のスタッフさんなので「上からはダメって言われてるんだよなぁ・・・嫌だなぁ」って思う人もいれば、なんとも思ってない人もいるんじゃないでしょうか。

          >子供にそんな姿は見せたくないなんて人もいる

          ボス「ここだよ、ここ!

          子供に裏技を教えるのが正解なのか、それとも世の中の不条理を教えるべきなのか・・・ってのも悩ましいところですね^^;

          ・・・って、何の話題だ!w
          結構序盤からホットウィールと全然関係なくなってる!(別にいいけどw)

  3. しま より:

    サマンサタバサジャパンリミテッド

    函館の先輩から貰ったHWにガムらしきモノが入っているんだけど、HWは食玩だった時期もあるの?
    中はパープルパションのシロ、内装はアカ。13号車。

    フーライは広島の先輩から貰ったのが何個かあるよ。
    これってBBCのトップギアで燃えたやつだっけ?

    ガム食べたい?送るよ。
    子供に食べさせる?(^Д^)

    • 八面蛙 より:

      ガム付きのHWは15年ぐらい前のものなんで、食べないほうがいいですぜ。

      バンダイが正規に輸入していたころに、日本で独自に販売していたものです。

      • にわかマニア管理人 より:

        しまさん

        サマンサタバサジャパン!

        ガム付きのヤツは八面蛙さんが仰っているとおり、バンダイ時代らへんに日本独自で食玩として売られていたものだと思います。
        たしかミニカーの入り方が違ってて、ルーフが正面になるようになってたような。

        送ってもらっても子供には絶対食べさせないけどな!!!

        >フーライ

        いやー、例によって僕はよく知りません^^;
        なんか「カッコエエなぁ・・・」と思って依頼しただけなので、レビューするにはここから調べないと・・・です。
        ※そのため腰が重くなるんですよ・・・。

        • しま より:

          ベロンチョ!

          フーライは元々マツダのデザインスタディ車。1台しかなかった。
          「次期RX-7じゃね?」といわれていたけど、余っていたフォーミュラカーに外皮を貼っていただけなので市販はほぼ無理。
          当時のトップギアはイケイケで面白かったのよ。
          TOYOTAがあまりにも頑丈なので、ドコまでやれば動けなくなるか?
          というノリで、クルマを燃やしたり、海に沈めていた番組。

          フーライはピット作業中に燃えていたので、それほど悪意はなかったのかな?
          どうせ、給油の時に燃料を溢したんでしょ。
          メーカー様のワンオフのクルマを燃した希有な事故。

          ガム食いなよ。ガム。(^Д^)
          本家に書いたら、当時を知っている人が2人いた。
          ミニカーも手前が上面の他に、左向きだよ。
          バンダイは台紙も新規で起こして、ブリパも専用品。
          「ガンダムだけではヤバくね?」というバンダイの危機感が感じられるよね。

          Youtube
          Mazda Furai : Race Track

          • にわかマニア管理人 より:

            しまさん

            えっ・・・ベロンチョ・・・!?(ドン引き)

            おお・・・いつもながら勉強になります!
            ていうか一台しかなかった車を番組で燃やしちゃったの・・・?すごい・・・。

            >ガム

            いやまずはしまさんが試食してみて・・・大丈夫そうだったら食べますわー。

            ミニカーは上面×左向きってことで・・・なんとかオリジナリティを出そうとしてたんですかね~?w

            てかホットウィール×バンダイってそんな危機感から生まれたアイテムだったんですか!?

  4. hiro より:

    こんばんは~

    ミステリーモデル判別方法お待ちしておりました!!
    へぇー、そうなっていたのですね~
    私が持ってるのは、2011yモデル?の3種類です
    http://fast-uploader.com/file/7093770199829/
    買うときは裏の挿絵を見ながら、右下の丸穴からボディカラーを見たりしてました、
    ワシワシ触っても余程特徴が無いとわかりませんでした⁈

    2011yモデルのラインナップは、こんなかんじでした
    アストロファンクはメタル&メタルでずっしり重く、お気に入りの1台です。
    http://fast-uploader.com/file/7093770146106/
    ライセンスドカーは、コルベット、カマロ、マスタング、ポンティアックGTO等
    そうそうたる顔ぶれです。

    ちなみにコレは、つい最近まで西友の売り場の隅にヒッソリとありました、
    しかし値段がベーシックカーより高く、余り売れずにいつの間にか消えてしまいました

    また復活して欲しいですが、判別方法がバレてしまいましたから、オリジナルカーだけが残ってしまいそうですね。

    • にわかマニア管理人 より:

      hiroさん

      こんばんは!コメントありがとうございます。

      DODGE XP-07、ASTRO FUNK、YUR SO FASTですか!
      Wikiによると2012年モデルっぽいですね。
      パッケージ表面にもEで始まるコードが確認できるので、E=2012年というのも確定っぽいかと。
      ・・・ってことはDが2011年で、2018年がLかな。

      ユアソーファストがラインナップ一覧とだいぶ違った印象のカラーリングですね~。

      >つい最近まで西友の売り場の隅にヒッソリと

      そうそう、hiroさんにその話を聞いて「日本にも入ってたのか!!」と知った次第です。
      でよくよく調べてみたら林先生も買われてたようで・・・まさかS県限定!?w

      >値段がベーシックカーより高く

      そうだったんですか。。
      先日行ったグアムでも、ベーシックが$1.99だった(これでも高い)のに対し、ミステリーは$5.99とかしててビックリしました。(当然買わず)

      >判別方法がバレてしまいましたから

      ほんと余計なことしちゃいましたね・・・^^;
      ここは「判別方法は知ってるけど、見ないで買う」ってのを自分に課していくしかないな・・・。

      • hiro より:

        こんばんは~

        >ユアソーファストが、、、ラインナップ一覧だと黄色に見えますが実車はオレンジ色です
        >まさかS県限定、、、そうです静岡県限定(違

        台風で何もできず、先日入手したホットウィール大図鑑を朝から眺めています、
        ルースで買ったヤツが限定モデルだったりして、知らない事ばかりでビックリです。
        大図鑑は一日中眺めていられますね、お気に入りです。

        hotwheelsではイマイチ人気の無いテスラに乗る機会がありましたので、チョットだけ
        http://fast-uploader.com/file/7093863106752/
        ご覧の通りi-padみたいなのが付いていて、上半分がナビで下が燃費
        (電気だから電費?)とか走行モニターになっています、電気モーターなので出足は速く
        ベタ踏みすると異次元の世界です、始動するのにキーを回したりボタンを押すことも無く、ドアーのロック&アンロックも自動で今までの概念を根底から覆されました。
        こんな未来の車には私の様なアナログ世代には向くはずもなく、ついていけませんでした。
        チト脱線してしまいすいません、、、

        • にわかマニア管理人 より:

          hiroさん

          >まさかS県限定、、、そうです静岡県限定(違

          ファーwwww

          台風、昨夜はすごかったですね・・・。
          ちなみに僕は昨日S県のららぽーとに行きまして・・・車が駐車場から出せず、電車で帰ってきました。。。
          (僕が確認したかぎり、1時間半で1台しか動かないほどの渋滞(?)でした)

          >ホットウィール大図鑑

          ほんとうにね・・・これはもう見てたらあっという間に日が暮れちゃいます。
          あとはプライスガイドも。

          それだけ情報量が多いってことなんですよね~。

          >テスラ

          おおおっ!!!
          やっぱり青山に行かれた時はテスラだったんじゃ!?(違う)

          ipadみたいなの、ホットウィールのテスラもインテリアにしっかり再現されてるんですよ。
          前に息子がゲットしたモデルエックスでは確認済みです。(バラしてないけど)
          https://hotwheels-labo.xyz/review-about-tesla-model-x/

          >こんな未来の車には私の様なアナログ世代には向くはずもなく

          そうですか~・・・それは残念。
          僕は逆にアナログな車にどっぷり浸かってきた人間ではないので、もしかしたら受け入れられるかも!?

          • Hiro より:

            こんばんは~

            えっ⁈ ららぽでハマっちゃったんですか、人が多かったのですかね?台風まえで、
            と言うことは、本日もS県へ車を取りに行かれたとか、、、
            ご苦労様です。

            最近の車(特に外車は)コネクテッドカーが流行っていて、Google先生無しでは成り立たなくなっています、メルセデスなんてi-padを持っていると車外から縦列駐車が出来るんですよ!
            近未来の扉が直ぐソコまで来ているかも⁈

            まさに、オッケーGoogleです。

          • にわかマニア管理人 より:

            Hiroさん

            そうそう、昨日結局S県(静岡県)まで取りにいきましたよ・・・。
            でも待ってたらそれだけ時間を無駄にしていたと思うと、サクッと電車で帰っちゃって正解でした。
            (あとでツイッターみたら2時間半はまともに駐車場から出られなかったとかで・・・)

            >Google先生無しでは成り立たなく

            こわいですね~・・・Googleをどこまで信用していいものかw
            個人的にはiPad × Googleというのが本当に怖いです。中で喧嘩しそう。

  5. 八面蛙 より:

    管理人さん、こんばんは

    私は2013年に留守宅近くの西友で遭遇しました。
    穴ありのUSタイプでしたが、あの穴からモデルを特定するのはなかなか大変でした。
    一箱にどれぐらい入っているのかは分かりませんが、箱3つに50以上が残っていました。

    しかし、残っていたのは謎車ばかり。
    私の目当ては”Yur So Fast”でしたので探し始めてすぐに見つかりましたが、面白半分で全部確認してみたところ、”Mustang GT Concept”が1台だけ残っていました。

    あと、たまに某西の通販サイトで扱っていることがありますね。
    こちらモデル特定済みですので安心して購入できます。

    豪州ではどちらも昨年ですが、いつもの狩場のスーパーとパースのメイヤーで並んでいました(今はもうない)。
    こちらはのぞき穴無しのタイプ。判別法があるというのは知っていましたが具体的な方法までは知らなかったし、西友での経験上触診では判別できないのがわかっていましたのでスルーしました。

    もっと早くこの記事が出ていれば…。

    今日は久しぶりに我が街にメインラインの新規入荷がありました。第2狩場のスーパーにLMミックスです。日本とほぼ同じタイミングですね。
    パース空港の売店に先月MNミックスが並んでいたので、同じ豪州国内でも店頭に並ぶタイミングは店によって異なるようです。

    このあたりのアソはめぼしいものは通販納車済みですので、狩り残した917LHとMach Speeder、留守宅に通販納車済みですがFast Masterを拾ってきました。

    あと、2019年の5-Packと思われる(背面の著作年が2018)ものがすでに登場していました。
    ROCKET LEAGUEというゲームにちなんだパックのようで、ゲーム用のボーナスコードが箱の内側に印刷されていました。

    謎車のみですがラインナップが秀逸です。

    Gazella GT、MR11、Fast 4WD、Bone Shaker(屋根無し)、Twin Mill III

    Twin MillにIIIがあるなんて知らなかったよ。

    箱の背面および左側面にはBone ShakerとTwin Mill IIIがそれこそロケットのように火を噴きながら鍔迫り合いを繰り広げている様子が描かれています。

    第一狩場の方はアルタードエゴが1つだけさみしくぶら下がっているという状況になりましたので、こちらも近々新規入荷があるものと期待しております。
    NPミックスあたりかな。

    • にわかマニア管理人 より:

      八面蛙さん

      こんばんは!コメントありがとうございます。
      やっぱり西友での取り扱いがあったんですね~。

      ちなみに「穴あき=US」は僕が勝手に予想しただけなので違う可能性もあります!

      それにしてもYUR SO FAST狙いでMUSTANG GT CONCEPTにたどり着くとは・・・なんたる強運。
      西のショップさんで確かにルース品扱いで販売されてますね!

      これが普通のメインラインより安かったら、完全ブラインドの通販でも面白いと思うんですが^^;

      >西友での経験上触診では判別できない

      やっぱりそうでしたか・・・でも今後は中身がわかるので安心(?)ですねw
      ・・・でもそれだと余りかねないし・・・こういうのをジレンマっていうんだな。。

      >メインラインの新規入荷

      おおっ・・・待ってましたって感じですね!?
      ・・・かと思ったらほぼ納車済みでしたか^^;

      余談ですが僕は今週末の日本での発売日も参戦できないことが決まり・・・2ヵ月連続での焼け野原訪問が確定してしまいました。
      これはストレス溜まって通販納車しまくりそうな予感。。。

      >2019年の5-Pack

      うおおおおついに来ましたか!
      てか南半球が早いのなんなの!?w

      ツインミルIIIは3年前ぐらいのメインラインでツインミル(初代)とTHEN AND NOWしてた記憶があります。(僕もまだ未入手ですが・・・)

      ROCKET LEAGUEはマテルがそこそこ推してるゲームっぽいですね。
      いつぞやのトイフェアでも大々的なブースで紹介されていたような・・・。

      >第一狩場の方はアルタードエゴが1つだけさみしくぶら下がっているという状況

      これはこれですごいな・・・。
      むしろなぜALTERED EGOは拾って貰えなかったのか・・・w

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です