Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

’10 FORD SHELBY GT500 SUPER SNAKEのレビュー!マスタングの上位モデル・・・の、最上位グレードがHWレースチームカラーで!

今週末には新たなるメインラインの発売日が迫っていますので、また我が家にはきっと新しいミニカーがやってくるんですよ。
その前には未開封のヤツをブリブリ開けていきたい!!そう思っております、にわかです。

僕の場合、ちょっとしたマイルールみたいなもので「ブログにレビューを書くその時にブリバリする」というのがありまして、、開封するからには紹介したい!という想いがあるのです。

そこで今回ブリッと行ったのは、先月の発売日に入手しました’10 FORD SHELBY GT500 SUPER SNAKEです。
いつものように写真を見ながらあれこれ追っていきましょう!

スポンサーリンク

’10 フォード・シェルビー GT500 スーパースネークのレビュー

本日紹介しますのは、2019年HW RACE TEAMセグメントにラインナップされた「’10 FORD SHELBY GT500 SUPER SNAKE」です。

2019年のKアソにて登場したアイテムで、日本では8月頭の発売日に店頭に並びました。
何気に2019年バージョンのHW RACE TEAM、最初の一台ですね。

この日はトイザらスの限定アソがあったおかげで、トイザらスに並ぶ人が多く・・・一か八かヤマダに賭けた僕は諸々を大量ゲットすることができ、このスーパースネークちゃまもその中の一台として入手に至ったわけです。

’10 FORD SHELBY GT500 SUPER SNAKEについて

そもそもFORD SHELBY GT500というマシンは1965年、キャロルシェルビーがマスタングをベースにチューンナップしたレーシングカー(通称シェルビー・マスタング)に起源があります。
当時もマスタングの上位モデルとして市販化されたマシンですが、2005年モデルである6代目マスタング・・・リビングレジェンド戦略に基づいた懐古的なデザイン(初代風)のマスタングの登場をきっかけに復活しました。

そんなSHELBY GT500のさらにイっちゃってるバージョンとして設定されているのがSuper Snakeです。

もともとシェルビー・マスタングには「コブラ」といった毒蛇の名称が付けられていましたが、それを超越している存在=スーパースネーク、ということでしょうか。
WikipediaにはSuper Snakeの購入方法も記されており、なんでもまずはストックのGT500をディーラーで購入して、それをシェルビー・アメリカンに送り、そこからハンドメイドで仕上げる・・・という方法でしか入手できないのだとか。

とにかく「パフォーマンスも価格もすんげーマスタング」みたいな感じですね。

ホットウィールにおいては2011年のメインラインにおいて初登場。
※余談ですが、2010年にはスタンダードな’10 FORD SHELBY GT500というマシンもホットウィールで登場しています。

デビュー後はメインライン・サイドライン問わずにリリースを続けており、最近だと2017年のRacing Circuitシリーズでの登場が記憶に新しいところですね。

HWC公式でHW Racing Circuitシリーズのラインナップ発表!

これはたしか日本には入ってこなかったよなぁ・・・。
なので日本では持っている方も少ないかと思われます。

ただ、この時のアイテムって、なぜか「’15 SHELBY GT-500 SUPER SNAKE」っていう名称でリリースされてたんですよね。

2015年モデルといえば、マスタングはすでに7代目に突入している時期。
なので、6代目である本作とは厳密には違うはずなんですが・・・やっぱりそこはホットウィールクオリティと思っておけばいいんでしょうか?
※それとも6代目をSuper Snakeにチューニングした時期がちょうど2015年だったとか、そういうことですかね!?

デザイナーはPhil Riehlman氏だそうです。
では、各部みていきましょう。

フロント・リア

これこれこの顔・・・完全に6代目マスタング!
個人的には初代1969年~1970年のマスタングフェイスが大好きなんですけど、まさにそれを踏襲したというか・・・原点回帰的なデザインになっていますね。

以前に入手済みの2007 FORD MUSTANGと並べて飾りたい感じ。

’07 FORD MUSTANGのレビュー。Shelby GT-500 (Matchbox) との比較も[DHX69]

ほぼ同じ世代のマシンをキャスト化していても微妙に各部が違ったりするのがまた面白いんですよねえw

フロントグリル部には本来蛇を象ったバッジがついているようなのですが、このキャストには作られていませんでした。
パッケージイラストにもしっかり載っているので、ここはこのマシンのアイデンティティといった意味も含めてしっかり造形して欲しかったところ。

また、テールの特徴的な三連ランプもノペッとした感じで仕上げられていたのはちょっとだけ残念かな・・・?

サイド

深いブルーのキャンディカラーに大きなホットウィールロゴ。
伝統的なHot Wheels Racing Teamのグラフィックデザインです。

今年はアクセント的に金色のラインが入っているのが特徴ですかね。

ボディの造形的には・・・同世代のマスタングと変わりがないような気がします。
ボンネット部がかなり盛り上がっているところがポイントかなぁ・・・?
(Super Snake化をすることでエンジンもかなりパワーアップさせるんだそうです)

ホイールはオールブラックのLW(Lace Wheel)でした。

トップ・ベース

ボディトップもHot Wheels Racing Teamブルーがものすごく美しいですね。

実は僕、3年前までRace Teamセグメントってあんまり好きじゃなかったんですよ。
なんかすごく実車離れしているというか、派手過ぎるというか・・・オリジナルカーと同じぐらいの人気なんだろうと思っていたんです。

でも蓋を開けてみたら、発売されるや否や店頭からはすぐに消えるようなアイテムで・・・モデルカーズにも「これが何気に人気なんだよねー」みたいなことが掲載されていて、そういうものなんだと実感しました。

と同時に、某氏から「このブルーがめちゃくちゃ綺麗でいいんですよ」というコメントを頂いたのをきっかけにしっかりと見るようになりまして。
(・・・それまでは$TH至上主義みたいなところもあって、「スペクトラフレームじゃなきゃ美しくない」という幻想に取りつかれていたんですね。)

ちゃんと向き合ってみたところ・・・「なにこれ・・・美しいやん。。。」と思うようになり、それ以来Race Teamの虜であります。

・・・と言っても、Race Teamのブルーって毎年ちょっとずつ色味が違うんですけどね!
しかも青じゃないヤツも入ってくるのに、それでも魅力的に思えてしまうのは・・・単純に僕が毒されてしまったというだけなのでしょうw

底面には2010年の著作年およびマレーシア製であることが記されていました。

おわりに

というわけで、’10 FORD SHELBY GT500 SUPER SNAKEのレビューでした!

なんとなく、2017年版Race Teamの2005 FORD MUSTANGと並べてみました。
どちらも6代目マスタングをベースにしたレースチームブルーのキャストなので兄弟みたいな感じに見えますw

でも写真でわかる通り、やっぱりブルーの色味が違いますよね。
2019年版の方が深いキャンディブルーになっています。
・・・どちらも甲乙つけ難い・・・!!!

ちなみに’10 SHELBY GT500 SUPER SNAKEは9月頭の発売日にも入るのではないかと思っています。
ただ・・・もしそこで逃したとしてもPアソで2ndカラーが登場予定なのでそちらの照準を絞るのもいいかもしれません。

2ndカラーはブラックのレースチーム仕様で・・・僕はこっちを待てば良かったと少し後悔しております故にw

※ただし何らかの都合でこのアソートが日本に入ってこない可能性があることも併記しておきます。

スポンサーリンク

お役に立てたらシェアして貰えると嬉しいです!

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. ロードランナーK.K. より:

    曲がった~ことが大嫌い~….
    お疲れ様です
    改めて実車の画像見ました
    凄いカッチョえーっすヒューヒューダヨ
    メカ的なことはカタカナいっぱい胸いっぱいでよく分かりませんが、760馬力!?どこ走ろう..
    いいじゃないオーバースペック!
    上等ですよ!!
    価格が1,300万円?
    ラプターが2台買える….
    こうなったら宝くじ当てて、自分とにわかさん用の2台買ってやらぁ….
    それで決まりだね☆
    ちなみにHWは19年度版の青に一票!

    • にわかマニア管理人 より:

      ロードランナーK.K.さん

      はーらーだ、たいz(ry

      コメントありがとうございます!

      僕もメカ的なことはカタカナいっぱい胸おっぱいでわからんちんです。。。
      むしろあれですよ、買っても維持するのに毎年幾らかかるんだろう??ってレベルw

      >宝くじ当てて、自分とにわかさん用の2台

      よっしゃ!!期待してます!
      むしろラプター4台でもいいっすね!(too much)

      >HWは19年度版の青

      それなら18年度版のヤツも何か一緒に並べておけば良かったなぁ!
      各年のレースチームアイテムをゲットして順にずらっと並べたら壮観かも。

  2. らちぇっとれんち より:

    こんにちは。最初に黒いエスコートと悩んだ、
    これが$THだとめちゃ自信あったのはどこのどいつだー!?
    ・・・はい。私です。

    • にわかマニア管理人 より:

      らちぇっとれんちさん

      こんにちは!コメントありがとうございます。
      ワイは無事両方ゲッツ。。最近フォードばっかり買ってる気がする。

      >これが$THだと

      まぁ、あの予想はむしろ当てる方が難しいかとww

  3. 悪魔の”乙” より:

    お晩で御座います

    むぅ~~、売り場で大量にあったのでスルーしたんですが・・・。
    こうして記事を見ていると・・・、欲しくなってきました(泣;

    2017年Racing Circuitは、デ・オラオラぁ~Ⅱ!!
    が欲しいが為に手を出した記憶が・・・。

    危険な田舎町の量販店で一度は手に取った、
    ・233/250 コルベット・グランドスポーツ
    ・215/250 クライスラー・パシフィカ
    さらに、
    ・238/250 アルパイン・A110 (青が綺麗)
    ・237/250 レンジローバー・Velar (タイヤがデカイ!!)
    全てスルーしてきて後悔しております・・・。
    しかもラス3は、工場新鮮組だったんですね・・・。

    気になったら、とりあえず買って桶ッ!
    はHWの定石ですね。

    • にわかマニア管理人 より:

      悪魔の”乙”さん

      おばんですぅ~。コメントありがとうございます!

      そちらなら一度スルーしても次回に買えそうな気が・・・。

      >デ・オラオラぁ~Ⅱ!!

      スタープラチナッ!!

      クライスラーパシフィカは日本だと10月あたりかな・・・?
      あまり人気なさそうですけど僕は狙っていきたいところ。

      レンジローバーはタイヤがデカいんすか!!一気に気になってきた。。。

      >気になったら、とりあえず買って桶ッ!

      そうなんですよね。
      でもまぁ・・・本当に置き場所やら何やらで、あんまり買いすぎても困っちゃうっていうねw

  4. 雷電 より:

    更新お疲れ様です。 確かに今年の青カッコいい。 マスタングも種類有るからたまにどれ持ってたか分からなくなるんですよね。 この辺もホットウィール有る有るなのかな?

    • にわかマニア管理人 より:

      雷電さん

      コメントありがとうございます!

      今年の青、いいっすよねえ~。
      特に実物を手に取ると「おおっ・・・」ってなる感じw

      >マスタングも種類有るからたまにどれ持ってたか分からなくなる

      ほんそれ。
      CUSTOM MUSTANGとかMUSTANG GTとか、SHELBY MUSTANGとか名前や造形をちょっと変えて別アイテムとしてリリースしますからね・・・
      そういうのを全部追わなければいいんだろうけどw

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です