Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

2015年Camouflageシリーズより、’79 FORD PICKUPのレビュー!ちょっとロングなF-150!

2015年に発売されたサイドライン「カモフラージュ」シリーズより、’79 FORD PICKUPです。

日本には正規輸入がなかったサイドラインだと思いますが、今回ちょっとした縁で入手することが出来ましたので紹介したいと思います。
今度日本でも発売されるとかされないとかいう噂のある「FORD TRUCKS」シリーズにも同車種がラインナップされていますので、何かの参考にしていただけたら幸いです。

2018年HW FORD TRUCKシリーズのラインナップ!ピックアップ好きはまたも悶絶するアソート

では’79 FORD PICKUPのレビュー、いってみましょう!

スポンサーリンク

’79 フォード ピックアップのレビュー

本日紹介するのは、2015年にUSのWalmart限定で展開されたCamouflageアソートの#1、’79 FORD PICKUPです。
前述の通り、たしか日本での正規輸入はなかったと思います。

シリーズのラインナップは以下6種。

個人的にはこの時ちょうどロジャー・ダッジャーが気になっていた時期でして・・・これが入ってくるならゲットしようとか思っていたのを覚えています。
ただロジャー・ダッジャーはなんかオレンジ色で車体にも「RODGER DODGER」とか書かれてて、「全然カモフラージュしてないじゃん!!」と思ったんですよね。

もし日本に正規輸入されていたらみなさん欲しかったですかねぇ??
なんとなくカモフラージュっていうテーマが日本ではあまり受け入れられなさそうな気がしないでもないです。

2017年にもカモフラージュトラックというシリーズが展開されましたが、同様に日本には入ってこなかったと思います。

’79 FORD PICKUPについて

’79 FORD PICKUPは言うまでもなく、1979年製のフォード・ピックアップトラック(F-150)です。
1979年のFシリーズといえば第6世代で、F-150が誕生したのがちょうどこの世代みたいですね。

今なお続くフォードの有名なピックアップトラックの源流がここにあります。

本モデルがホットウィールでデビューしたのは1999年のこと。
ウォルマートの創業者、サム・ウォルトン氏の所有するF-150をキャスト化したもので、Walmart限定・ボックス仕様(100%ホットウィールみたいなの)で発売されました。
(デビュー当時の名称は「Sam Walton 1979 Ford」。以降も「1979 FORD TRUCK」として発売されるなど名称は統一されていないようです。)

デビュー当時のアイテムは荷台にツールボックスのようなものが乗っているピックアップトラックだったのですが、翌年から展開されたアイテムは本キャストのように荷台に屋根がつくモデルとなっています。
※一度だけ、2013年のJukeBoxシリーズ・スペシャルエディションとしてデビュー当時の仕様のものがこれまたウォルマート限定で復刻している模様。
こちらはベーシックカーパッケージにリアルライダー仕様でした。

頻繁に登場するアイテムではなかったようですが、2013年以降は2015年の本車種、2016年のRad Trucks、2018年のFord Trucksと立て続けに登場しているので、専門ショップやオークションであれば比較的入手がしやすいアイテムと言えるかもしれません。

では各部見ていきましょう~。

フロント・リア

正面から見ると、まさに1978年にフェイスリフトした6代目F-150のそれ、といった感じです。
それなら「1978 F-150」とかいう商品名でも良かったんでしょうけど、あくまでサム・ウォルトン氏が所有していた1979年式のF-150がベースになっているのでこれは1979年のF-150なんですねw

ちなみに1980年から販売がスタートされた第7世代のF-150もこれに近い顔つきをしているんですが、グリル形状がもっと直線的で、網の目の数も違いますね。

お尻の形状はピックアップトラックというよりもステーションワゴンのような印象も受けます。
個体差だと思いますが、リアバンパーが曲がってたのがちょっと残念。

サイド

ダークオリーブボディに森に隠れられそうなカモフラージュデザインが施されています。

ただこれ・・・他のカモシリーズにも言えますが、ちょっと装飾が過ぎるというか・・・絶対隠れてられないと覆うんですよ。
カモ柄を囲うガーニッシュみたいなヤツとか、ギンギラのホイールとか・・・目立ちすぎるだろ・・・。

そういったところを上手く汚し塗装とかを施してリアルに仕上げていくのも面白いかもですね。

トップベース

ボディカラーがマットなオリーブなので、すごく軍用車っぽいですね。
ただ、マットカラーはカッコ良くなる半面、ややチープな印象になってしまうのがネックかな・・・。

せっかくのメタルボディがプラ成型みたいに見えちゃうっていう。

底面はクロームメッキで仕上げられていました。
1999年の著作年およびマレーシア製であることが記されています。

また車体名表記は「1979 FORD F-150」となっていました。

荷台のカバーは外せるの?

さてさて・・・本モデルのデビュー時アイテムは、前述の通り荷台にカバーがなく、代わりにツールボックスのようなものが乗っていました。
ならこの荷台カバー・・・普通に外せるんじゃね??なんて思ったんですが、なかなか外せませんでした。

そこで、例によってバラしてみることに。

荷台パーツはガッチリとツメのようなものでボディに固定されていたので、バラして裏側から押し込むなどしてようやく外すことが出来ました。
もしかしたらバラさなくても行けるかもしれませんが・・・破損覚悟でやるしかないですね・・・。

ピックアップトラック状態にするとこんな感じ。
なかなかいいですよね~。荷台のドアがないのでちょっと残念な気はしますが。

また、ベッドもしっかりとは作られておらず・・・インテリアパーツおよび底面パーツ・・・真上から見たら車軸なんかも丸見えになります。
つまり、このカバーは外す前提では作られていないってことですね。

海外の有志はプラバンのようなものでベッドを自作していましたので、そういう楽しみ方もありかと思います。

F-250との比較

僕がこの車種を欲しかったのには2つの理由があるんです。
1つは「1979年」という年が僕の生まれ年であるということ。

もう一つは以前ゲットしたCar Culture TrucksシリーズのF-250と比較したかったからでした。

Car Culture TrucksのFORD F-250レビュー。待ちに待ったトラックス・・・これは・・・いいものだ・・・[DYN96]

実はF-250をゲットした時にこのモデルの存在を知りまして・・・そこからずっと気になっていたアイテムだったんですね。
「もしかしたらベースパーツ流用なんじゃないか!?」とか思ったりして。

こうして比較してみてもソックリです。
今でこそF-250といえば「F-150の大きいヤツ」みたいな印象がありますが、この当時のモデルはボディが共通だったとかなんとか・・・。

そりゃソックリなわけですよ。

背面から見ると、今回のF-150は荷台のお尻部分があとから樹脂製パーツで追加されたことがわかりますね。
重量感が全然違うように思えます。

この2種が金型流用ではないと言える最大のポイントはトップビューにありました。
もう全然長さが違うんですね。

当初勝手に「ロングベッドバージョン」とか思っていたF-150ですが・・・むしろ長いのはヘッドからキャビンにかけてだったみたいです。

なんかF-150の方がF-250よりも長いっていうのは不思議な感じだなぁ。

おわりに

というわけで、カモフラージュシリーズの’79 FORD PICKUPでした!

なかなか70年代の終わりっぽいデザインのトラックでカッコ良かったと思います。
カスタムベースにも良さそうですよね。

Ford Trucksシリーズが日本に入ってきた場合にはオススメですよ~。
※僕もこれを買おうと思っていたのですが、すでに入手してしまったのでまた違うアイテムを狙っていこうかな。

スポンサーリンク

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. poncha2016 より:

    こんにちは。

    DODGE RAM 1500のキャノピーは簡単に外せましたね。
    キャノピー無し版や、トノカバー版もありましたっけ。

    さて、
    Team Transport、全部ブリバリしたのですが公開は
    1日1個、小出しにしています。
    お暇なときにご覧下さい。

    狭い撮影台にミニカーが多くてごちゃごちゃしてます。

    ▼Porsche & VW
    http://poncha.blog.jp/archives/28328862.html
    http://poncha.blog.jp/archives/28337969.html
    ▼Laurel & Sakura
    http://poncha.blog.jp/archives/28331742.html
    ▼Skyline & Carry On
    明日予定

    みんなの気になる 第2弾情報はこちら
    (速報は、にわかさんのコメント欄でつぶやきます。
    瞬殺防止のためツイートしません)
    http://poncha.blog.jp/archives/28135740.html

    • poncha2016 より:

      ブリバリ公開順間違えてました・・・(^^;)
      ▼Skyline & Carry On
      昨日
      ▼Laurel & Sakura
      今日
      ▼Porsche & VW
      明日予定

      • にわかマニア管理人 より:

        poncha2016さん

        こんにちは!コメントありがとうございます。

        そうそう、ラムはすぐに外せたんですけどね~。
        トノカバー版って・・・このF-150で??
        違う年式のだったらあったような・・・(うろ覚え)

        >Team Transport

        うおおお・・・全部ブリバリ!!やりますなぁ!!!
        やっぱりキャリーオンの重量感が尋常じゃないでぇ。。。

        そしてどちらもフェアレディZが良く似合ってますぜ・・・。

        ポルシェ・VWの方はぜひURBAN OUTLAW各種を載せてあげてくださいw

        >第二弾

        僕はどちらにしろセットでは買えないので・・・スネマンいずれか、、、って予定です。

        • poncha2016 より:

          ども!

          >トノカバー版って・・・このF-150で??
          ラムです~

          >>Team Transport
          >ポルシェ・VWの方はぜひURBAN OUTLAW各種を載せてあげてくださいw

          順次ブリバリして公開しますよ。

          >>第二弾
          >僕はどちらにしろセットでは買えないので・・・
          >スネマンいずれか、、、って予定です。

          私も資金は・・・ってえとヤフオクの利益と、ブログの広告収入だけが頼りです。

          • にわかマニア管理人 より:

            poncha2016さん

            あっ、ラムの話でしたか・・・^^;
            確かにあったような、なかったような(結局うろ覚え)

            >順次ブリバリして

            拝見しました!
            ケーファーだとちょっとT1に対して大きすぎる感じがありますね~。
            これ、何だったらちょうどいいんだろう。356だけ??

            >ヤフオクの利益と、ブログの広告収入

            そういえば前回の50-packの時、結果的に100セット近くは僕のブログから売れたようなんですが・・・収入的には数千円程度でした。(こういうこと書いていいのかな・・・?)
            駿河屋とかあみあみさんはちょいちょい貼っても全然売れません。。。なんでや・・・。

            後者は「ブログ読者の求めるものと広告が合ってない」・・・みたいな感じですかねえ。

  2. 悪魔の”乙” より:

    こんぬずわ

    2015年のカモフラでしたか!!
    このバージョンのフォ~ドの方が軍用車的で格好が良いですね。

    自分が超大都会のF量販店で見たのは、2017年版のカモフラでした。
    未だに全種類売れ残り中でしたので、その中でも
    ・2009 Ford F-150
    ・’83 Chevy Silvarado
    を摘んできました。

    ところで日本でのFord Trucksシリーズって入荷予定有りなんでしょうか!?
    NZではどの店も大量入荷でありに余ってる状況でしたが・・・。

    あとは、ヤハリッって感じですが50周年のオリコレ5種類がいつもの量販店で
    遂に値引き開始されてました。1個$15(1,140円)で高かったせいもあり、
    釣り掛けに大量に余っていたので・・・。値引き後は$12(912円)で売られて
    います。待っときゃ良かったと大航海・・・。ザッパ~ン!!

    • にわかマニア管理人 より:

      悪魔の”乙”さん

      こんぬつわ~。コメントありがとうございます!

      >2017年版のカモフラ

      クリスタル大都会ではこれが売れ残ってるんですね~。
      そう思うと人気薄なのかな。

      ガチのカモフラージュというよりは、ファッションカモフラージュな感じなのが避けられる要因だったりして。。。

      >Ford Trucksシリーズ

      どうなんでしょうねえ・・・なんか一時期入荷予定が立っているような話題もあったんですが・・・今月発売分には載ってなかったし怪しいと思ってます。。。
      もし入ってこないならNZから密輸して貰えばよかったかも・・・。

      >オリコレ

      値引き販売ですか!!これは今更ながら欲しくなってきましたw
      それでも$12かぁ・・・高いなぁ^^;(USで買いたい)

  3. B太(中) より:

    前にも書きましたが、こちらではトラックのミニカーが人気ない…というか、ピックアップ自体が貨物車という風に認知されているみたいなんです。

    きっと、一般の人が所有する自家用車の対象から外されているのでしょうね。
    そもそも、完全に業務用のデザインの日本の軽トラコピーサイズ以外は、売ってる自動車販売店を見たことが無いです。

    アメリカ同様に、大型のカッコいいピックアップがバンバン走っているタイとは本当に対照的です。

    日本もハイラックスやダットラやサニトラをサーファー達がカッコ良く乗りこなすまでは、一般の人がトラックを買うという習慣はなかったように思います。

    にしても、マツダのREPUとかワーゲンキャディーやT2ピックアップが店にダダあまりしている状態は、日本のホットウィールコレクターにしたら「不思議〜」って感じでしょう。

    ところで、彼の地で50周年のオリコレが値引き販売されているとの情報がありましたが、ここ中国でも50周年限定につられて当てが外れた?という例があります。

    黒金が99元(1元は約17円)、ザマックフレイムスが59元という強気価格でトイザらス限定販売でしたが、両方ともに在庫がひどいんです。(当たり前だけど…)

    で、つい最近、「1個買ったら1個プレゼント」というキャンペーンを始めました。

    元々だれがこんな値付けを提案したのか分かりませんが、坦々麺が一杯8元とかで食える国ですよ…残念ながら、私も半額になっても全く触手が騒ぎません。

    ちなみに、寿司の中トロは一貫99元とかする店も結構ありますが…(^^i)。

    • 悪魔の”乙” より:

      黒金1個 99元 = 1,683円。

      坦々麺1杯 8元 = 136円。

      私なら坦々麺12杯を取ります・・・。

    • にわかマニア管理人 より:

      B太(中)さん

      コメントありがとうございます!
      貨物車なら子供に人気だろうと思うんですが・・・やっぱり高額で子供が買えるようなものじゃないのかな。

      タイやマレーシアでは確かにF-150・・・とまではいきませんでしたが、ハイラックスとかバンバン見かけました!
      まぁ、その辺は文化の違いというか、好みの違いだと思うので仕方ないですね・・・。

      僕も中国・韓国の若い子たちがしているペアルックとかがあまり好みじゃないですし・・・w
      あとは「反アメリカ」みたいな感じもあるのかなぁ・・・?マッスルカーは売れてるんですか?

      >黒金が99元(1元は約17円)、ザマックフレイムスが59元

      なかなかですね~・・・!
      ホットウィールは値段があってないようなものなので・・・売れてしまえばそれがその価値なんでしょうけども。。。

      僕は「買える時に買える価格(欲しい価格)だったら買う」っていうので十分なんじゃないかといつも思ってます。

      中トロ一貫1,500円みたいなのは日本でも不思議じゃないけど・・・担々麺が150円ぐらいと思ったら激高いですね^^;

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です