Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

MERCEDES-BENZ UNIMOG 1300のレビュー!ドイツ産多目的ごついミドルトラック[FYB55]

昨日2019年メインラインの全容が発表されたばかりですが、そんな2019年モノよりMERCEDES-BENZ UNIMOG 1300です。
予備知識も何もなく、New Modelsということだけに惹かれて購入してしまいました。

まぁ・・・僕が車について知らないのなんていつものことなんですけどねw

それでも普段は調べていくうちに「フムフム・・・なるほど!」ってなるものなんですよ。
・・・それがこのウニモグだけは、記事を書き始めている今でもイマイチよくわかっていない車両だったりします。

でも入手したからにはレビューしないわけにいきませんよね!
誰かが助け舟を出してくれると信じつつ、ウニモグ1300のレビューいってみましょう!

スポンサーリンク

メルセデスベンツ ウニモグ1300のレビュー

本日紹介するのは2019年AアソのNew Models、MERCEDES-BENZ UNIMOG 1300です。

ついに日本でも2019年アソに突入してしまいましたね~。
みなさん「新しいシリーズが始まって嬉しい」とか「50周年が終わって寂しい」とかいろいろ思うところがあると思います。

・・・いや、そんな余裕もないぐらいに散財し続けているってのが正解かな!

なんだかんだ熱くなりそうな2019年メインライン。

2019年メインラインプレビューがHWC公式にて発表!初期HWのリバイバル品などまたしても熱すぎる1年に・・・!

同時発売だったR32を買えなかった僕としてはこれが初2019年ウィールとなりました。

MERCEDES-BENZ UNIMOG 1300について

うおお・・・なんだこの重量感・・・。
2018年メインラインのランドローバーの時にも感じましたが、ここ最近はこうした重量系車両の作り込みがハンパない気がします。

さてさてウニモグですが・・・冒頭でも書いた通り僕はまだイマイチよくわかってません。
とりあえずメルセデスがベンツブランドから出している「多目的作業車」に付けられた名称がUNIMOGだということはわかりました。

UNIMOGという名前はUNIversal-MOtor-Gerat(Geratはドイツ語でデバイス=装置・機器に相当する意味)の頭文字を取ったもの。
・・・そう思うと「ユニモグ」って発音した方が正しそうな気もしますが・・・universalってドイツ語だと「ウニバザーィ」みたいな読み方をするそうなので、ウニモグが正しい(というか近い)んでしょう。

ひとくちにウニモグと言ってもその歴史は長く、1940年代から現在までモデルチェンジを繰り返しながら続いている車です。
今回キャスティングされたものは、US版カードの裏面情報によれば1988年式とのこと。

Wikipediaでは1988年には437という新しいシリーズが出ており、あえてその年式を指定しているということはソレなのかな?と思います。

ちなみに2018年のストIIアソには’88 MERCEDES-BENZ UNIMOG U1300という新キャストがラインナップされていました。

画像はHot Wheels Collectorsより

これも同じ年式だし、同じ顔してるので・・・「レース仕様か?はたらく車か?」みたいな違いなんじゃないかな。

ちなみに「U1300」というのはいわゆる「モデル名」で、数字がそのまま馬力を表していたそうです。
といっても1300馬力とかいうモンスタートラックというわけではなく、130馬力+末尾に0という感じだったみたい。

今回のキャストには数字の頭に「U」がついてないんですが・・・まぁ同じような考え方でいいんだと思ってます。(投げやり)

ホットウィールでは1991年に、Larry Wood氏デザインのウニモグもリリースされていました。
こちらもキャビン部分のデザインを見る限り、同じシリーズのウニモグなのかな?(詳細はわからず)

今回のキャストは本作がデビュー作なので、2020年以降のバリエーション展開にも期待したいところですね。

では各部見ていきましょう。

フロント・リア

フロントにはウィンチやアンダーガードといった「オフロードを走りまっせ!」と言わんばかりの装備がありました。
この辺が前述のストIIにラインナップされるバージョンと違うポイントです。

※あっちはあっちでシュノーケルみたいのついてるんだけど。

グリルにはしっかりとスリーポインテッドアローエンブレムが入っていたり、なかなか細かく造られている感じ。
これはちょっと色分けしてあげるとかなりリアルに仕上がるんじゃないかと思われます。

リアマウントされた2基のスペアタイヤもカッコいいですね。
もはや交換準備は万端・・・どんな荒れた道でも突き進んでくれと言わんばかりです。

なんと言ってもタイヤを留めているバンドみたいな造形が絶妙にリアルじゃないですか!?
タイヤ部分だけマットブラックにして、ちょっと派手目の色で留め具を塗り分けてあげたらかなり化けそうな印象。

サイド

ボディサイドにはたくさんのレーシングステッカーが貼られており、この車両がレース用だということがわかります。

特にこれ。

2019 TERRAIN CHALLENGEのゼッケン・・・いいですねえ。
このロゴがまたラリーレースっぽくて大好きです。

そういや2019年モデルのSANDIVOREとかにもこのロゴが入るんだっけかな。

同じレースの出場車両を集めてみても面白いかもしれませんね!

逆サイドも同じような感じ。
ただ・・・造形は左右で微妙に違いますね。(ハッチみたいなのとか、タンクみたいなのが右サイドにだけついています。)

あとは・・・ボディに貼られた「DIMA」ステッカーに注目。

DIMAはホットウィールデザイナーDmitriy Shakhmatov氏のニックネームだったはず。

そうなるとその横のSHAK Shocksもホットウィールデザイナーの名前なんじゃないか?って思いますよね。
SHAK誰だろう・・・あっ。

SHAK=Shakhmatovやないかい。

というわけで、本車種をデザインしたのはDmitriy Shakhmatov氏だそうです。

トップ・ベース

ボディトップから見ると・・・何やら荷台にツールボックスらしきが確認できます。
ホットウィールってこういう細かい部分が何気に面白いんですよね。

やるなぁDIMA。

底面には2018年の著作年およびマレーシア製であることが記されていました。
2019年モデルでも、まだまだマレーシア工場は健在ですぞ!

おわりに

というわけで、MERCEDES-BENZ UNIMOG 1300のレビューでした。

本当に知らない車両を手に入れるとそこからいろいろ吸収していけるので面白いですね~。
まぁ、そうやって新しい沼へ入っていくことになるんですけども。

これをゲットしたからにはサイドライン側の’88 MERCEDES-BENZ UNIMOG U1300も欲しくなりました。
ただねえ・・・ストIIはさすがに入ってこなさそうな気もするので、また別のシリーズで展開されたら手を出す感じですかね。楽しみです。

追記

我慢できずにちょい足ししちゃいました。

今回のちょい足しは、グリルや底面パーツを一旦ブラックで塗って、エンブレムや金属っぽいパーツにシルバーを重ねています。

荷台のスペアタイヤもフラットブラックで塗ってからシルバーなどを重ねました。
・・・あんまりマットな質感にならなかったなぁ・・・。

留め具も本当はオレンジとか派手な色にしたかったんですけど、なんとなく日和っちゃいましたw

あっ・・・こっち側面だけBLORホイールをシルバーで塗ってある。逆サイド忘れてたわ。。。

スポンサーリンク

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. 雷電 より:

    更新お疲れ様です。 ウニモグの特徴っていうと、多種多様な装備バリエーションって聞いた事があります。牧草の刈り取り等の農作業や貨物仕様、災害救助何かの特殊用まで有るとか? 大震災の時に何台か贈られ、本来日本の法律ではナンバー取得出来ない所、特別にナンバーを与えられ災害復旧作業に従事した事はニュースで視た覚えがあります。 後は凄い悪路走破性と登坂能力が有るとか?日本で見ることがまず無い車なんで本当なのか解らないですが、とにかくミニカーがゴツくてカッコいいから満足です。 あれ?そう言えばトミカに除雪車仕様見たいのがあったっけ?

    • にわかマニア管理人 より:

      雷電さん

      コメントありがとうございます!

      なるほど・・・!ウニモグの「多目的」はそういうことなんですね~!!

      大震災のエピソード・・・なかなか熱いです。
      やっぱり「何を優先すべきか」ってのが問われる場面ですもんね。

      そうか・・・だから日本での情報が少なさすぎるのかな。
      でも以前に販売されていたような形跡もあるので・・・なんか抜け道があるんですかねえ?

  2. hiro より:

    こんにちは!

    今日は昨日と違い寒くてたまらないです~
    夜から出張なので、ノンビリしています。

    ウニモグ!カッコイイですね
    思い入れがある車なので、少しばかり昔を思い出して、、、

    何もない素の状態で確か1600万位のプライスで、色々なアタッチメントを付ける事ができ、除雪や農作業、災害救助、果ては線路の上を走れる物までありました、
    最近では東日本大震災のときにメーカーから1台?寄贈されたらしいです。
    その他では、北海道の消防に何台か、道路公団でも持ってるとか?
    24速オートマ!(3×8速)なんじゃそれ状態ですね。

    識字率が低い国仕様にギアに亀とウサギの絵が描いてあるとか
    低いギアが亀で高いギアがウサギらしい
    (これは聞いた話なので話半分で⁈)

    ニワカ師匠のウニモグ、チョイ筆さししたら、見違える様にカッコ良く見えますね。
    特にフロント廻り、ウインチ、バンパー、アンダーガード、グリルのスリーポインテッドにシルバーを入れたのが実車さながらです、スペアタイヤのバンドも存在感がマシマシです。

    ノーマルでも楽しい!<チョイさしで感動!<フルカスタムでオンリーワン!

    こんな風に極めていくのですかね、、、

    • にわかマニア管理人 より:

      hiroさん

      こんにちは!コメントありがとうございます。
      急に冬が来ましたね~・・・ああいやだいやだ。。。

      >素の状態で確か1600万位

      ファッ!?!?
      そんな高級車だったんすか・・・。
      我が家の中古軽が数百台買えるわ・・・。

      ってことは日本でも普通に走行可能な車ってことなんですね。

      >識字率が低い国仕様にギアに亀とウサギの絵が描いてある

      なんとwwwwwww
      「ウサギとカメ」ってお話はワールドワイドだったんだ!(そういやイソップだった・・・?)

      >チョイ筆さし

      なんともフロントが寂しすぎて・・・辛抱たまらずやっちゃいましたw
      スリーポインテッドは面相筆を使ったら結構簡単に入れられましたよ~!

      >ノーマルでも楽しい!<チョイさしで感動!<フルカスタムでオンリーワン!

      確かにそういう感じなのかもですねw
      僕はまだまだお手軽なチョイ足しカスタムばかりやっちゃうと思いますが^^;

  3. じむ より:

    管理人さまこんばんは♪

    働くクルマなイメージのウニモグですが、この子はおそらくダカールラリーのカミオンクラスに参戦してるレースカーがモデルでしょうね。
    実際日野レンジャーのライバルだったり。
    自分も運良く入手出来て実物も見てますが、出来が良いですよね♪

    ちなみにウニモグは、日本だと消防や道路関係。鉄道会社なども使ってます。
    トミカのウニモグはもう一回り小さいタイプのU300系ですね。

    • にわかマニア管理人 より:

      じむさん

      こんばんは!コメントありがとうございます。

      ダカールラリー仕様って感じなんですかね~?
      逆にストIIアソの方は「はたらく車」なのかな。

      >ちなみにウニモグは、日本だと消防や道路関係。鉄道会社なども使ってます。
      >トミカのウニモグはもう一回り小さいタイプのU300系ですね。

      おおお!ありがとうございます。
      ってことは日本でも普通に見かけられるのかぁ。どこかで出会ったらめっちゃ興奮しちゃいそう。。

  4. らちぇっとれんち より:

    こんにちは。日本の某ミニカーの除雪車ないし通常バージョンと比べると
    やはりホットウィールは走ることを意識しているのかなぁ。。。
    このミニカー、ブリスター内でちょこんと倒すだけでも
    びゅーんって走っていたのう(発売日にやっただけ。)

    購入しようとしたけど3周目にて完売。(スカイラインとノマドさん拾ったからかな?)
    次のバリエーションは何色になるのかな?
    ウェザリングしたら本物のラリートラックも顔負けのミニカーになりそう!

    • にわかマニア管理人 より:

      らちぇっとれんちさん

      こんにちは!コメントありがとうございます。
      やっぱり走ることを意識していそうですなぁ・・・しかも悪路をw

      >ブリスター内でちょこんと倒すだけでもびゅーんって走っていた

      あるあるwww
      実際にいろんなミニカーと比べてみても本当にホットウィールってよく走りますよね。
      これってやっぱりアクスルが関係しているのかなぁ?
      そして他のミニカーはやっぱり真似できないのか・・・ただ単にしないだけなのか・・・

      >ウェザリングしたら本物のラリートラックも顔負けのミニカーになりそう!

      ですね!
      せっかく色差ししたし・・・次は汚してみようかな。

  5. 菊りん より:

    こんばんは。

    トイザらスでは,先頭と2番手に捕獲されゲットならず。

    翌日ミニカーショップへ行くも,店主から「昨日で完売」と言われへこみ,結局オクでポチってゲットしたお品です。

    実車のウニモグ,一時期本気で買おうとしたけど結局アメ車に鞍替えしましたね。

    ウニモグは競馬場や東日本大震災で宮城県の沿岸部で活躍したのを思い出します。

    あとは国防色のウニモグがNATO軍にあったはず。

    • にわかマニア管理人 より:

      菊りんさん

      こんばんは!コメントありがとうございます。

      なぬ!?意外と人気だったんですね。
      1月頭の発売日に確実に入る保障もないので・・・ゲットできる時にしておいて正解だったのかも・・・。

      >実車のウニモグ,一時期本気で買おうとしたけど結局アメ車に鞍替えしましたね。

      マ ジ で す か !!
      僕だったらアメ車の方がいいなぁw

      >あとは国防色のウニモグがNATO軍にあったはず。

      ほほう・・・次のバリエーションは軍用カラーに期待ですな。

  6. poncha2016 より:

    こんにちは。

    このキャストよいですね~。
    1/64スケールとは思えない作り込み、ペイント表現・ステッカー表現の
    ディティールの細かさ。

    ウニモグは好きで、トミカを皮切りに機会があれば拾っています。
    マッチボックスのジュラシックワールド U5020もなかなかいいですよ。

    • にわかマニア管理人 より:

      poncha2016さん

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      いやーほんと1:64とは思えないような細かさがすごいですよね。
      ちょい足しカスタムももうちょっとスミ入れとか頑張れば実車感が増したかしら・・・。

      >ウニモグは好きで、トミカを皮切りに機会があれば拾っています。

      ponchaさん、好きそうだなぁ・・・w

      というかこれ・・・なんかホットウィールよりもマッチボックスの方が似合ってそうな感じがします。

  7. blue より:

    こんばんは.
    今 , アメリカに住んでいます.
    Target や Kroger , Walmart も近くにあります. 機会があったら探してみます. 勉強になります…

    • にわかマニア管理人 より:

      blueさん

      こんばんは!コメントありがとうございます。
      TargetやKrogerが近所にあるなんて羨ましい・・・!

      ショップ限定モデルも存在していますのでぜひぜひ探してみてください!

  8. しとろ子 より:

    マスターにわか。

    この記事読んだら、うっかりこのウニモグが気になって、今日ぷらり立ち寄ったお店で発見。本来全然予定になかったのに(F150とか、ふだん重量級トラックは買わないです。いや待って、ファストガッシンがあった!)、1つ買っちゃったじゃないですかああ。マスターの愛のこもった紹介に、技あり一本つけておきます。しかし、ペイント見事ですね。そっちも技ありです(マスター=師範級の方に技ありは、失礼か!)失礼いたしましたー

    • にわかマニア管理人 より:

      しとろ子さん

      フォースとともにあらんことを・・・。
      コメントありがとうございます!

      よかった・・・なんかあんまり深く探れなかったので自分の中で不安だったんですが、魅力的に感じて貰えたのなら嬉しいです^^
      ※たしかに愛は込めてたと思います!ww

      技ありペイントですが・・・ヘッドライトの塗り忘れに気づきました。。。
      これが塗れてたら「一本」判定だったかもw

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です