Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

1987 TOYOTA PICKUP TRUCKのレビュー。想像以上の重量感を感じた国産ピックアップ[DTX74]

2月のベーシックカー発売日に購入したまま、引き出しに突っ込んで放置してしまっていた1987 TOYOTA PICKUP TRUCKをようやく開封しました。

僕自身、昨年までHILUXに乗っていたので、かなり思い入れの深い車種だったりします。
・・・といっても、こんなハイリフトなヤツじゃないですけどね・・・。

開封してみたら、思いのほか素晴らしい出来だったので紹介したいと思います。

1987 トヨタピックアップトラック のレビュー

1987 TOYOTA PICKUP TRUCKは2012年のHot Onesシリーズでデビューした比較的新しいモデルです。
デビュー当時の名前は「’87 TOYOTA TRUCK」。
その後2013年にベーシックカーとして登場した時は「’87 TOYOTA PICKUP TRUCK」という名称に変更となり、今回2017年のベーシックカーでは「1987 TOYOTA PICKUP TRUCK」へ変更されることになりました。

ベーシックカーとして登場しているのは2013年と2017年の2回のみです。

さらに2017年中にはUSにおいて次のMail in Promotionアイテム(Collector Edition)としてラインナップされており、日本への入荷が期待されます。
[参考]HOT WHEELS COLLECTOR EDITIONの歴史と歴代ラインナップのまとめ

HILUXについて

トヨタ・ハイラックスはホットウィールが誕生した1968年から日本で作られていた国産ピックアップトラックです。
日本国内での生産は2004年に終了していますが、派生車種としてタコマやT100(後のタンドラ)などがあり、その意志は引き継がれている感じです。

本キャストは1987年製とのことで、4代目ハイラックスということになります。
イギリスのテレビ番組によってその高い耐久力が示されたこともあり、しばしば戦争用車両として使われることもあるトラックです。
人を守るために高められた耐久性が人を殺める為に使われてしまうのは悲しいことですね・・・。

僕が乗っていたのは6代目ハイラックスだったので厳密にはこれと違うんですが、「自分の車のHWが欲しくなる」という気持ちをようやく実感できました。
これ、ドンピシャのヤツだったら絶対に2個3個は欲しくなりますね~!!!

・・・と、そんな僕の贔屓目が無くてもかなり出来の良いモデルになっています。
さっそく各部を見ていきましょう。

フロント・リア

相変わらずフロント・リア共に塗り分けがないので寂しい感じが・・・あると言いたいところですが、個人的にはこのグリルの出来がかなり気に入っています。
なんだろう・・・どことなくシャープな印象があって、塗り分けがなくてもイケてます。

撮影したカメラの望遠のせいでシルエットがサザエさんみたいになっちゃってますが、実物はそんなことありません。

サイド

個人的に大好きなのは、ガンダムみたいないかついフェンダーです。
1987 Hiluxで画像検索するとドンピシャな写真が出てきますが、実車はここまでいかつくなかったのでこれはホットウィール側の誇張表現なんでしょうね~。カッコいいです。

ボディサイドのタンポは残念ながら潰れていて読めない物もありましたが、「HOT WHEELS BAJA RACING」と「VETUSKEY」「JONES RACE PRODUCTS」は読み取れました。

BAJA RACINGなので、バハ・レース用のマシンということですね。
TOYOTA BAJA TRUCK(TOYOTA OFF-ROAD TRUCK)と並べたいところです。
[参考]TOYOTA OFF-ROAD TRUCKのレビュー。いじり甲斐がありそうなピックアップトラック!
[参考]BONE SHAKERと、BAJA BONE SHAKERのレビュー。その歴史やBAJAについて

そしてVETUSKEYとJONES・・・BRENDON VETUSKEY氏とMARK JONES氏のことではないかと思われます。

BRENDON VETUSKEY氏はGOTTA GO(便器)のデザイナー。
2012年にはSUBARU BRAT(ピックアップトラック)のデザインも手掛けています。

MARK JONES氏はHOT SEAT(便器)のデザイナーです。
1999年にはPIKES PEAK TACOMA(ピックアップトラック)をデザインしています。

どちらもトイレで、どちらもピックアップトラック。
1987 TOYOTA PICKUP TRUCKのデザイナーはこのどちらか、もしくは両方だということを意味しているのでしょうか・・・。

トップ・ベース

ボンネット部にもBAJA RACINGのロゴが入っています。
このロゴ、どことなく80年~90年代っぽいダサさがあって逆にカッコいいというか、この車に似合ってますね。

底面には2011年の著作年と「’87 TOYOTA」という車体名、マレーシア製であることが記されています。

お尻側のカシメはスペアタイヤ風モールドに合わせて留められており、デザインの遊び心を感じる部分ですね。
ただ、このサイズのスペアタイヤじゃ・・・この車には小さいですね~・・・。

他のトラックとの比較

このハイラックス、手に取って見ると妙に大きく感じました。
そこで、他のピックアップとちょっと並べてみることに。

こうやってみても明らかに大きいですね。
ゴツイ感じがあっていいです。

でも、手に取るまではそんな大きく感じなかったんです。
その理由はなんなんだろう・・・?と思ったんですが、横に並べてみたらわかりました。

で、出たぁ~!ホットウィール三段重ねやぁー!!

どうでしょうこれ。
圧倒的に車の全長がアメ車に比べて短いんですね。
ホイールベースも狭いです。

そのため「日本のピックアップだから小さいんだな」なんて勝手に脳が誤解していたわけですね。

そしたら、これもんです。
なんだかF-150が委縮しちゃってるように見えますw

おわりに

というわけで、1987 TOYOTA PICKUP TRUCKのレビューでした。

レビュー内の写真を見てもわかると思いますが、このままでもかなり出来がいいです。
上級のサイドラインものを見てみたくなりますね。

・・・と、思ったら、2014年にはエンターテインメントアソートからBTTFの車両としてメタルシャーシ、リアルライダーのものが出ているんですね・・・!これは欲しい・・・。

さらには冒頭でも書いた通り、2017年のCollector Editionでも上級仕様モデルが登場します。

これもかなりいい出来ですね~・・・。
機会があったらゲットしたいものです。
[参考]2017年Collector Edition第二段は1987 Toyota PickupのZAMACカラー

ちなみに、このCollector Editionに感化されて、ちょい足しアレンジをしてみました。

 

さすがにクロームメッキとメタルパーツでは重厚感が違いますが、フロントがちょっと塗られているだけでグッと引き締まりますね~!!

物足りなさを感じている人にはちょい足しアレンジがオススメかもです!

お役に立てたらシェアして貰えると嬉しいです!

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. inori より:

    もうにわかじゃなくねマニアさんこんにちは。
    先日僕はトイザらスでレプリカエンターテイメントのデロリアンを買ってきました。
    驚くことに回るタイヤは無くなっていました。代わりに台座が付いてましたよw
    後おもちゃ屋さんの倉庫へ初めて行って来ました。安くて最高です!!!そこでghostbusters の二台セットを買ってきました。88のキャデとバイクのセットです。
    また行きたいですw

    • にわかマニア管理人 より:

      inoriさん

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      >もうにわかじゃなくねマニアさん

      だれ?ねえ、だれ??

      >レプリカエンターテイメントのデロリアン

      おお、おめでとうございます!
      タイヤ無くなっていたんですね。もうどこがホットウィールなんだ・・・!
      そして台座・・・かなり気になります。

      >おもちゃ屋さんの倉庫

      行かれましたか~。僕も通いたいぐらい魅力的です。
      ECTO-1 & ECTO-2は僕も買いましたよ!^^

  2. あま より:

    こんにちは!やっぱりかっこいいですよねトヨタピックアップ。

    私もホットウィールに興味を持ったのは、もともとキャラウィールのデロリアン、もっと言えばBTTFが好きなのでそこから転じて興味を持てたのですが、その私もそのエンタテイメントアソートのピックアップの発売当時はその存在を知らず、また店舗購入価格で買うには知った時には既に時遅し、そのままずるずると今に至っている為、当時すごく悔しい思いをしたことがあります。今でも入手機会を狙っていますよ。
    それだけに、今回のこの車両を店頭で見つけたときはすごくうれしかったですね。
    ぜひコレクターエディションも日本に入ってきて欲しいものです。

    BTTFの方の車両は、リアルライダーを履いているのもありますが、やはりあのカラーリングとペイントが、すごくシンプルでかっこいいんですよね。劇中でもなかなか印象深い車ですしw
    ファンとしてもぜひ入手したいところです(ちなみに、キャラウィールと後継発売のタイムマシンは、通常カード仕様のパッケージものだけなら全部手元にあります。あとデロリアンも複数色)
    この前のレプリカ タイムマシン、購入を迷ったのですが、タイヤがないということと価格、あとパッケージも嵩があったので、それならばもういいか…と諦めました。きっと後々少し後悔することもあるんだろうなぁ。

    • にわかマニア管理人 より:

      あまさん

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      >やっぱりかっこいいですよねトヨタピックアップ。

      良かった、共感して貰える人がいてw
      国産ピックアップでもDATSUNとかに比べるとあまり騒がれてない印象がありますが、やっぱりカッコいいんですw

      >BTTFの方の車両

      ああ、悔しい経緯ですね。
      というか、みんな似たような経験されてますねw
      逃してしまったホットウィールほど輝いて見えるものです。

      >ちなみに、キャラウィールと後継発売のタイムマシンは、通常カード仕様のパッケージものだけなら全部手元にあります。あとデロリアンも複数色

      おお・・・筋金入りですねw
      僕はビフの肥やしまみれになったFORD SUPER DE LUXEが気になってます。いつかは欲しい。

      >タイヤがないということと価格、あとパッケージも嵩があったので、それならばもういいか…と諦めました。

      ああ・・・買わない理由を探しちゃってるじゃないですか!w
      確かにそういうヤツってあとあとで「あの時やっぱり買っておけば・・・」ってなるんですよね。
      かといって「迷ったら買う」というのを続けていたらキリないですし・・・難しい世界です。

  3. Rose より:

    こんにちは!

    先ほどFord F-100の記事にコメントしましたが、こちらも気になったのでコメントさせていただきます(笑

    ハイラックス、意外とレギュラーでは出ていなかったのですね~
    私が持ってるのはレギュラーで最初に出たモデルの黒、今回の赤、あとレトロのBTTFの仕様ですね

    BTTF仕様はこのモデルのベストと言って良いデキなので、機会があれば是非ゲットしていただきたいモデルです~

    ちなみに、兄弟ブランドであるマッチボックスからは’85 4Runner(ハイラックスサーフ)も出ているので、並べても楽しめますよ~

    • にわかマニア管理人 より:

      Roseさん

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      >ハイラックス、意外とレギュラーでは出ていなかったのですね~
      >私が持ってるのはレギュラーで最初に出たモデルの黒、今回の赤、あとレトロのBTTFの仕様ですね

      いいですね~。
      こうなったら次回のRLCキャンペーンも狙っていかないとですね!

      >BTTF仕様はこのモデルのベストと言って良いデキなので、機会があれば是非ゲットしていただきたいモデルです~

      やっぱりそうなんですか!
      写真を見る限りでもかなり良さそうですし・・・欲しいです。
      機会、あるかなぁw

      >マッチボックスからは’85 4Runner(ハイラックスサーフ)も出ている

      !!
      個人的にはサーフも好きですね~
      でも、そもそもマッチボックスをそこまで見かけないので・・・トイザらスがこの調子でガンガンマッチボックス入荷してくれるようになったらまた話は違うかもしれませんが^^;

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です