Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

NISSAN LAUREL 2000 SGXのレビュー!めちゃ渋なブタケツローレル【JAPAN HISTORICS 2】

勢い余ってショップさんにオーダーしていたJAPAN HISTORICS 2が届きました。

[参考]attictoyz(アティックトイズ)

今日はそんなJAPAN HISTORICS 2から先行してNISSAN LAURELのレビューをしたいと思います。

JAPAN HISTORICS 2・・・控えめに言っても「ヤバイ」ですよ。。
特にNew Modelsの2種は力の入れ具合がハンパじゃないです。

早速見ていきましょう~!

スポンサーリンク

日産ローレル2000SGXのレビュー

本日紹介するのは、来年2018年の1月6日に発売予定となっているCar Cultureアソート「JAPAN HISTORICS 2」から、NISSAN LAUREL 2000 SGXです。

JAPAN HISTORICSは街道レーサー的なホットウィールアレンジの入った日本の旧車が集まったシリーズです。
第一弾が2016年4月に発売され、「それまでホットウィールに興味がなかった人までもがホットウィールを知るキッカケになった」とまで言われるアイテムでした。

仕掛け人はホットウィールのデザインチームシニアマネジャー、Jun Imai氏。
世界的な日本車ブームも相まって、第二弾となる今作にもかなり注目が集まっています。

今回のラインナップは誰が言ったか「NISSAN HISTORICS」とも言える内容になっていました。

DATSUN BLUEBIRD 510、MAZDA RX-3、NISSAN FAIRLADY Zといった人気車種に、新金型のNISSAN LAUREL 2000 SGX、NISSAN SKYLINE C210が追加されたハズレ無しアソートです。

当初、カードサイズが大きくなったことで価格も跳ね上がると予想されていましたが、どうやら日本での発売価格は今までのCar Cultureシリーズと変わらない600円(税別)らしいです。
※USの価格を見ていると、ちょっと値上がりしてるっぽい気もするんですけどね~・・・?

Car Cultureアソートなので、全車種メタルボディ×メタルシャーシ、そしてリアルライダー(ゴムタイヤ)が採用されています。
そのうえ、前作に比べても高級感のある仕上がりとなっているため、「買っておいて損はない」どころか「買わないと損する」んじゃないかと思えるぐらいです。

NISSAN LAUREL 2000 SGXについて

NISSAN LAUREL 2000 SGXは1972年から1977年に販売されていた2代目ローレル(C210型)をキャスト化したものです。

どことなくケンメリに近い雰囲気があると思ったら、プラットフォームが同じらしいですね。
※プラットフォームが同じだからって雰囲気似るとは限らないと思いますがw

リアバンパーにテールライトがあるなど、全体的にぼってりとしたお尻になっており、通称「ブタケツ」または「デカ尻」などと呼ばれ愛されています。
お尻好きにはたまらない一台・・・だ!

カードデザインも同シリーズ他の車種と区別するかのように、当車だけお尻が描かれていました。

ホットウィールにおいては本作でデビューとなるモデルです。
デザイナーは我らがJun Imai氏。

Jun氏と言えば、ローレルベースの族車「MAD MANGA」のデザイナーとしても有名ですね。

今後のバリエーション展開が楽しみな一台と言えそうです!

では各部見ていきましょう~!!

フロント・リア

JAPAN HISTORICS 2のラインナップ車種を見ていて思ったのは、「とてもホットウィールらしくない」ということでした。
というのも、どの車種も派手な外装を採用せず、代わりにフロント・リアの仕上げに力を入れてあったからです。

フロントマスクもこの通りで、しっかりヘッドライト4灯やグリル周り、そして「L」と書かれたエンブレムまでしっかりと彩色されています。
※今回のラインナップの中には「えっ、これPOP CULTUREだっけ」と思わされるような仕上がりのヘッドライトもありました。

特徴的なお尻もこの通り。

ただ「ホットウィールらしくない」のはその仕上がりに関してのみで、全体的なスタイルは「これぞホットウィール!!」といった感じですね。
もし他メーカーのミニカーでローレルが登場することがあったとしても、ここまでワイド&ローライダーな仕上がりにはならなかったと思います。

6点パーツ構成?

ホットウィールは基本的に、5点パーツで構成されているものが多いです。
ボディ、ベース、ウィンドウ、インテリア、タイヤの5つですね。

メインラインであればボディとベースのどちらかがメタル製で、もう一方がプラスチック製なのに対し、プレミアムラインは両方メタル製といったところで差がつけられていたりします。

以前には6点パーツ構成のものも多数あったようなのですが、コストカットを目的にしたと思われる金型改修によって5点構成に変更されているものがほとんどです。

・・・が!
このローレル、何気に6点パーツ構成っぽいです。

グリーンメタリックなボディ、ZAMACむき出しのベース、ブラックカラーのインテリア、クリアパーツのウィンドウ、そしてリアルライダー。
ここまでは通常通りなんですが・・・もう一つ、メッキのパーツがボディとベースの間に挟み込まれているように見えます。

夏に行われたイベントで見たプロトタイプも同じ構成になってますね。
よーく見るとボディとグリル部の色、バンパーとチンスポイラーの色が違うことがわかります。

そして、黒いインテリアパーツおよびメッキのバンパーパーツにタンポ印刷が乗っていることで、より複雑な仕上がりになっているように見えている・・・というわけです。

これは「そう簡単にメインラインには降りてこない」ということを意味していますね~。
バリエーション展開があったとしてもしばらくはプレミアムラインだけの登場になりそうです。

サイド

ボディサイドのカッコ良さもヤバイですね・・・。
そもそもカラーリングが美しすぎ。渋すぎ。

ルーフトップからお尻に繋がるなだらかなラインがたまらなく魅力的です。
これがなんとなくケンメリに近いような印象を受ける部分なのかも。

ホイールは小さいサイズのC4SPRR(Classic 4-Spokes Real Rider)が採用されていました。
Mini C4SPというそうです。

Air-CooledのFIATに採用されていたものですね。
これがまたローライダーな旧車によく似合っててとてもカッコいいんですが、小ささゆえにホットウィールらしくないと思わせてしまう要因となっているのかもしれません。

ボディ後方にはLAUREL SGX、GReddy、JNC(Japan Nostalgic Car)のロゴがありました。
今回GreddyとJNCは、JAPAN HISTORICS 2にラインナップされている全車に共通で印刷されています。

よく見るとJNCのロゴ、例の印鑑じゃないんですね。

※Hot Wheelsロゴの左が従来のJNC印鑑。

これも何か意味があるのかなぁ・・・?
追って調べたいと思います。

トップ・ベース

ボディトップには特に印刷などもなく、渋い抹茶色のスパークルカラーだけで勝負している感じです。
これがまたカッコいいんだわ・・・。

ただ、真上や真下から見ると、(ワイド化されている影響なのかもしれませんが)結構四角くてゴツいんですね~。
そのゴツさに対して、小さなホイールなのが・・・ちょっと見慣れない感じです。

底面には2017年の著作年とタイ製であることも記されていました。

おわりに

というわけで、一足早く入手したJAPAN HISTORICS 2のブタケツローレルでした!!

僕みたいに日本車に全然詳しくないような人間でも惹かれてしまう魅力があったこと、伝わりましたでしょうか・・・!?
一昨年の僕のように「日本車興味ないんだよなぁ~」なんて言って逃すとあとあとで後悔すると思います。

主要なタンポがボディに乗ってないことからも、カラーリング変更してもそのクオリティが保たれそうですし・・・これはカスタム用に2つ3つ欲しくなっちゃうかも・・・。

これは1月6日が余計楽しみになってきましたね!!
トイザらスオンラインの予約状況を見ても大量入荷しそうなので、欲しいだけゲットしてきちゃいましょうw

追記

在庫が復活していたトイザらスですが、ついに在庫なしに・・・。
[参考]おもちゃ通販の専門店 トイザらス オンライン ストア

こうなると、1月6日も怪しいですね。

あみあみでも予約停止中になってました。
[参考]ホットウィール カーカルチャーアソート Japan Historics 2 10個入りアソート[マテル]《12月仮予約》

駿河屋さんはすでに予約していた人がゲットできなかったそうですし・・・1月6日には増車しておいた方が良さそうかも・・・?

スポンサーリンク

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. vermilion より:

    えっ!!!早ッ!!!!
    今回のジャパンヒストリックスはお金の関係もありスルーしようとしてましたが、この出来は流石に買うしか…orz

    すんごい葛藤しておりますが、なんとか我慢して、次のCargo Carriersから毎シリーズ箱買いするつもりでごわす…

    • にわかマニア管理人 より:

      vermilionさん

      コメントありがとうございます!
      年内に届いて僕もビックリしましたw
      トイザらスとかにもすでに入荷はされてるんですかねえ・・・?

      ただ、逆に発売日の楽しみが半減するっていうデメリットもw

      >今回のジャパンヒストリックスはお金の関係もありスルーしようとしてましたが、この出来は流石に買うしか…orz

      結構「スルー予定」と聞いていたので、前作ほどの人気が出ないのかもな~なんて思っていましたが・・・やっぱり実物見ちゃうとその考えが飛びますね・・・。
      特にローレル、ジャパンの仕上がりがヤバいです。これ本当に600円で発売していいの・・・?って思いました。

      >次のCargo Carriersから毎シリーズ箱買いするつもりでごわす…

      ごわすwwww

      Cargo Carriersもかなり気になりますよね・・・。
      僕もああいったワゴンタイプの車両が大好物なのですごく楽しみです。。

      • vermilion より:

        次こそは箱買い継続させるぞー꒰。•`ェ´•。꒱۶

        たぶん競争率やらなんやら考えるとベーシックカーよりcar cultureに力注いだほうがいいかなと悟りを開き始めた次第ですwww
        僕的には管理人さんの記事にあったcircuit racersが気になって仕方がありません!まだ憶測の情報ですが、787Bやら962がまた買えるとなると…(・ω・)
        その頃には社会人になってお金もあると思うので物欲を解放したいところです。

        • にわかマニア管理人 より:

          vermilionさん

          >次こそは箱買い継続させるぞー꒰。•`ェ´•。꒱۶

          って、ええ!?学生さんだったんですか!
          それで箱買い継続はかなり大変だと思いますが・・・頑張ってください!!!

          >たぶん競争率やらなんやら考えるとベーシックカーよりcar cultureに力注いだほうがいいかなと悟りを開き始めた次第ですwww

          そもそもの価格が高いので、レアものの価値の跳ね上がり具合はベーシックに比べて低いかもしれませんが、価値とか考えずに「ゲットした時の満足度」で考えると圧倒的に高いと思うんですよね。
          まぁ、楽しみ方はいろいろあると思うので、僕も自分が一番楽しい方法を見つけていきたいところです!

          >circuit racers

          これまたかなり先の話ですねwww
          でもほんと、2018年もCar Cultureから目が離せないです・・・。

  2. 名無しのwheeler より:

    コメント失礼します。
    とうとう来ましたね!早い入手羨ましいです。。私は駿河屋で友人の分プラス自分用で予約したんですが、昨日駿河屋からメール…「メーカー側の都合により在庫確保できず、キャンセル扱いとさせて頂きます」の文字が!もーうショックですよ!腹いせにトイザらスオンラインで予約しまくりましたよ!日本国内の入荷量って決まってたりするんでしょうかね??でもまあ確保はできたのでホッとしてますww

    • poncha2016 より:

      出た!「駿河屋あるある」!!
      でも、めげずに安いからついつい利用してしまう、
      駿河屋おじさんになってしまっています。

      • にわかマニア管理人 より:

        あっ、駿河屋さん安かったんですね・・・。

        いずれにせよ国内でケース買いできる貴重なショップさんですし、駿河屋おじさんに支えて欲しいところです!w

      • 名無しのwheeler より:

        駿河屋、仕事は遅いけどこれは!!ってアイテムがたまーに入荷するので見逃せないですね!笑 今回はトイザらスよりかなり安かったので余計にショックです…

    • にわかマニア管理人 より:

      名無しのwheelerさん

      コメントありがとうございます!
      偶然先行入手できたので、これは早めにレビューしておこうと思いました。

      >昨日駿河屋からメール…「メーカー側の都合により在庫確保できず、キャンセル扱いとさせて頂きます」の文字が!

      うわー・・・これはショックですね。
      僕もショップ予約時に「入荷数が満たない場合は予約取り消しとなる場合もあります」と言われていたので、販売店としても入荷数を事前に把握するのが難しいということなのかも。

      >腹いせにトイザらスオンラインで予約しまくりましたよ!

      wwwww
      でも結果的に購入できたなら良かったですね!?
      しかも他のショップさんよりは安いハズですし。

      >日本国内の入荷量って決まってたりするんでしょうかね??

      どうなんでしょうね。
      正規輸入量はある程度決まっているのかも・・・?
      ちなみに今回先行入手のものも、裏にマテルインターナショナルのシールが貼ってあったので正規入荷アイテムっぽいです。

      気になるのはイオンやヨドバシでも取り扱うのかどうかですね~。

      • 名無しのwheeler より:

        私も今から楽しみです!
        近隣にトイザらスが無いので、主戦場のイオンに頼るしか無いのですがいつも行っている所はカーカルチャーの入荷が極端に少ないんですよね…しかも入荷したりしなかったりなので…今回は予約で入手なので高見の見物と行きます!w

        • にわかマニア管理人 より:

          名無しのwheelerさん

          入荷のあるなしは事前に教えて欲しいところですよね・・・。
          それによってショップ予約するかどうかも変わってきますし^^;

          それにしても駿河屋さんはそんなに安かったんですか~。
          そうなるとますますキャストのクオリティが価格に比べてヤバイことになりますね。

  3. poncha2016 より:

    こんにちは。
    駿河屋おじさん(ときどきヨドバシおじさん)ですw

    2018Bアソがフライングゲットできたので、何がゲットできたか
    &Aアソ回収できたかブログで公開しています。
    http://poncha.blog.jp/
    そういや、Cアソも予約解禁になりましたね。

    BASIC CAR箱買いの購入資金はなんとかブログの広告収入で
    まかなっているのですが、置き場所難民状態が続いているので、
    Cアソは涙を飲んで店頭&Dアソで回収予定っぽいです。

    近所(といってもクルマで小一時間)のトイザらスは国産車が増えて
    から客層も変わり、人も増えて実車をゲットするのが大変です。

    年末はブリバリしながら写真をいろいろ撮って遊ぼうかと思います。

    • にわかマニア管理人 より:

      駿河屋おじさん

      こんにちは!コメントありがとうございます。
      おお、ヨドバシおじさんのところにもBアソが先行で届いたんですね!?

      ブログを拝見させて頂きましたが・・・あみあみおじさんでもあるんですね!?
      そしてケース内にR30もR33も入ってるというのはなんだか恐ろしいですねw

      >BASIC CAR箱買いの購入資金はなんとかブログの広告収入でまかなっているのですが

      なにぃ・・・僕も商品リンク貼ろっと・・・。

      >Cアソは涙を飲んで店頭&Dアソで回収予定っぽいです。

      カマロの件を考えると、USのDゲットがいいかもですね??

      >近所(といってもクルマで小一時間)のトイザらスは国産車が増えてから客層も変わり、人も増えて実車をゲットするのが大変です。

      どこも同じみたいですね。
      うちの方だと若い子がかなり増えた感じです。
      ミニカーに興味がない友達を連れて並んで、台数確保しているような子もいて・・・ある意味青春だなーとか思ったりw

      そういうのを見ると、「やっぱりおじさんは楽しみ方を変えるべきなのかなぁ」と考えさせられるにわかおじさんです。

      >年末はブリバリしながら写真をいろいろ撮って遊ぼうかと思います。

      全種ブリバリしたら置き場所確保しやすくなるかも・・・

  4. もみじ より:

    こんばんは~

    実物いいですねー!
    こうしていろいろな角度の写真を見ただけでも重厚さが感じられますね。
    それにしてもお尻ヤバいですね。とてもえっちだと思います。
    細かい造形もめちゃくちゃ気合入ってるし、早く予約分が届いてほしいところです…

    ここ数日はコミケに行ったりなんだりでくたくたですが、こうして年始の楽しみもあると考えるとワクワクが止まりませんね。
    叶姉妹のスペースはとても見に行く気が起きませんでしたが…(主に列の長さ)
    にわかマニアさんのHW考察本、待ってます!

    • にわかマニア管理人 より:

      もみじさん

      こんばんは!コメントありがとうございます。

      >こうしていろいろな角度の写真を見ただけでも重厚さが感じられますね。

      そうなんですよ!!
      実物もかなり重厚感を感じますし、サイドビューなんて「本当に3インチミニカー??」って感じの存在感があると思います。

      >それにしてもお尻ヤバいですね。とてもえっちだと思います。

      www
      デカ尻派ですか!
      僕も嫌いじゃないですw

      >コミケ

      そういえば年末といえばコミケでしたね!
      僕は人混みが本当に苦手で、よほどのことがない限りイベントごとには参加できないため羨ましいです。

      にわかの薄い本・・・面白そうですねw
      やってみたいけど個人じゃ限界がありそう・・・。

  5. ミラバカ より:

    早々にレビューありがとうございます!
    いや、期待通り!いや、期待以上ですね(^^)d
    私もザラスで予約済みなので非常に楽しみです!(予約した物は開けないつもりw)
    まあ、どうせ1月6日に開封用を買うつもりですがwww
    ところでにわか氏に質問ですが、今回のジャパヒスのブリスターサイズのプロテクターって存在しますか?もしあるなら入手方法など教えていただけたら、嬉しいですf(^_^)

    • にわかマニア管理人 より:

      ミラバカさん

      コメントありがとうございます!

      いやー、本当にこのローレルは期待以上だったんじゃないでしょうか。
      個人的には早くジャパンも開けたいです。あっちもすごかったので・・・。

      >まあ、どうせ1月6日に開封用を買うつもりですがwww

      僕みたいにすでに開けちゃった人はどうしたらいいんですかーw
      本当に1月6日にどうしようか悩んでます。

      >今回のジャパヒスのブリスターサイズのプロテクター

      先日、the Lamley Groupで紹介されてたので、海外から輸入すれば普通にありそうです。(純正品ではないです)
      https://lamleygroup.com/2017/12/27/now-that-youve-ordered-your-hot-wheels-japan-historics-2-you-need-the-new-large-sterling-protectors-to-display-them/
      ただ、紹介されていたのがAmazonのリンクだったのですが、日本への直送は今のところないみたいですね・・・。

      あとは京商さんで売られていたUltra Hots用のKar Keepers(純正品)がPOP Caltureに対応しているという話を聞いたことがあるので、同サイズのカードのJAPAN HISTORICS 2も入るんじゃないかなーと思ってます。
      ※僕が試したわけではないのでわかりませんが・・・。

      ちょっと前まではオンラインショップでも在庫がありましたが、今みたらSOLD OUTになってました。
      あとはヤフオクやメルカリで出品されているものをゲットする・・・とかになりますかね~・・・。

      • ミラバカ より:

        情報ありがとうございます!
        このアソートに関してはブリスターさえも綺麗な状態で保管したくてf(^_^)
        にわか氏の情報を参考に購入しようと思います(^^)d

        • にわかマニア管理人 より:

          ミラバカさん

          念を押しておきますが、Ultra Hotsが対応しているか・・・保証はできませんよ!w

  6. 光(*≧○≦*)ホットウィール好き より:

    ヤバいもうちょい欲しいかな笑私は海外のならば開けないでありますけど、今度開封します。トランスポートと一緒に並べて2ショットしたいですね(*´ω`*)

    • にわかマニア管理人 より:

      光(*≧○≦*)ホットウィール好きさん

      コメントありがとうございます。
      僕はトランポのローレルを未入手なので・・・次に買えたら2ショットいきたいところです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です