Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

ホットウィールの2018年Fアソート内容まとめ。謎多めなのに熱いアソ!

      2018/01/08  - NEWS

前回のEアソートが2017年内最後の報告かと思いましたが、ギリギリ2018年Fアソート情報が入ってきました。

これまでのA~Eがほぼハズレなしアソだっただけに今回も期待したいところ。
・・・結論から言うと謎車・架空車が多めのアソですw

が!!
それを補えるほど厚くて熱い内容になっていました。

今回も例によってこちらのショップに写真とケース状況の提供を頂きました。
[参考]ホットウィール通販専門店 WHEEL’S GARAGE

また、Youtubeでの開封動画をいくつか参考にさせて頂いてます。
早速見ていきましょう~!!

スポンサーリンク

2018年Fアソートの内容まとめ

Fアソートにて新たに登場する2018年の車種たちは以下の通りです。

TOY# col# モデル名 Seg名 Seg#
FJV75 101 BUBBLE MATIC EXPERIMOTORS 9/10 New Models
FJX86 120 LOOPSTER HW FUN PARK 3/5
FJV66 122 BONE SHAKER LEGENDS OF SPEED 3/10 2nd Color (3rd Color)
FJW09 123 INDY 500 OVAL LEGENDS OF SPEED 5/10
FJV93 124 PORSCHE 917 LH LEGENDS OF SPEED 8/10 New Models
FJY03 125 LOTUS ESPRIT S1 HW EXOTICS 7/10 (2nd Color)
FJW42 126 ’16 HONDA CIVIC TYPE R HW SPEED GRAPHICS 2/10
FJW55 127 SOLID MUSCLE HW HOT TRUCKS 2/10
FJW64 128 CUSTOM ‘67 PONTIAC FIREBIRD HW FLAMES 5/10
FJW69 129 ’32 FORD HW FLAMES 10/10
FJW93 130 HI-ROLLER X-RAYCERS 4/10
FJX02 131 SPEED SLAYER SUPER CHROMES 5/10
FJX09 132 DUCATI 1199 PANIGALE HW MOTO 3/5
FJX17 133 CRESCENDO HW GLOW WHEELS 1/10
FJX23 134 OLLIE ROCKET HW GLOW WHEELS 7/10
FJV64 135 CYBER SPEEDER HW GLOW WHEELS 10/10 New Models
FJX25 136 TANKNATOR HW RIDE-ONS 2/5 2nd Color
FJV60 137 BEAT ALL STREET BEASTS 10/10 New Models
FJX56 138 VELOCITA CHECKMATE 2/9
FJX63 139 ’12 FORD FIESTA CHECKMATE 9/9
FJY95 140 CUSTOM DATSUN 240Z NIGHTBURNERZ 1/10 2nd Color
FJY97 141 ’95 MAZDA RX-7 NIGHTBURNERZ 4/10 2nd Color
FJX68 142 ’15 MERCEDES-AMG GT NIGHTBURNERZ 5/10
FKB06 143 ’15 DODGE CHALLENGER SRT MUSCLE MANIA 4/10 2nd Color
FJX83 144 STREET WIENER FAST FOODIE 4/5
FJV67 162 HI BEAM HW GLOW WHEELS 9/10 New Models
FKB23 ROCKSTER HW SPORTS 9/10 TH
FKB36 INDY 500 OVAL LEGENDS OF SPEED 5/10 $TH

2018年Fアソは全28種で、New Modelsが5種、STHとTHがそれぞれ1種ずつ、2ndカラーが5種となっています。
※あくまで僕が調べた限りの内容なので、実際には違うかもしれない点をご容赦ください。

また、28種中、HWオリジナルカーが15種、ライセンスドカーが13種となっており、いわゆる「謎車多め・実車少なめアソ」です。
ミックスケースには前アソのマーベリックやケンメリも入ってくるので悪くない内容だと思いますが、なんとなく「ハズレが多いなー・・・」と思う方が多いかもしれませんね。

では、気になるFアソのラインナップ、もう少し掘り下げていきましょう!

トレジャーハント・スーパートレジャーハント

2018年Fアソのトレジャーハント (TH) ・スーパートレジャーハント (STH) は以下のとおり。

ROCKSTER

トレジャーハントはHW SPORTSセグメントから、ROCKSTERでした。
ROCKSTERと言えば2017年のEaster Carだったのが記憶に新しいです。

HW SPORTSということで、対応するスポーツはボディサイドにある「HW SKI TEAM」・・・つまりスキーということになるみたいですね。
雪山仕様っぽいホワイトウォールのBLORタイヤもいい感じ。

Easterのアレに比べてかなりゴツイ印象が強く出ているので、「あれ・・・ROCKSTERってこんなカッコ良かったっけ!?」って思いました。欲しいです。

INDY OVAL 500

Photo by ebay.com

スーパートレジャーハントはガルフカラーのINDY OVAL 500。

ホットウィールにおいてINDY CARはいろいろ登場していますが、こちらは2012年に登場した「2011 INDYCAR OVAL RACE CAR」というモデルをリネームしたものっぽいです。
メインラインに入ったのは2013年以来ではないでしょうか。

[参考]ホットウィールのインディカーまとめ。佐藤琢磨インディ500優勝を祝して!

一応、「インディ500」というオーバルレースの出場車両をベースにデザインされたものなので、上の集計ではライセンスドカーに含めています。
もしこれをHWオリジナルカーとするなら、Fアソは実11謎17という比率になりますね・・・ヤバッ。

ホイールはC4SPRRのオレンジカラーですかね~。

レギュラーカラーはこちら。
これぞHWのガルフカラーといった感じですw

New Models

FアソのNew Modelsはまたしても大量の5種。
もしかしたら2018年はNew Modelsが多いアソと少ないアソが交互に来るのかもですね!?

BUBBLE MATIC

1つめのNew ModelsはExperimotorsよりBUBBLE MATIC。

僕は知りませんでしたが、バルブマチック(Valve Matic)なる言葉があるみたいですね。
Wikipediaによればトヨタが開発した4ストロークガソリンエンジン用の可変バルブ機構のこと、だそうです。

バルブマチックを文字って、バブルマチック。

じゃあいったい何がバブルなのかっていうと・・・そこはExperimotorsです。
なんと、車体の一部が「シャボン玉の吹くヤツ」みたいになるようです。

シャンプーハットみたいになっているピンクのパーツが立ち上がるんだとかw
・・・これはその可変具合が楽しみですね~!

HWオリジナルカーの中でも、またしても人気が出そうな一台といった印象です。

PORSCHE 917 LH

今アソの注目車種となるのがこれ。
PORSCHE 917 LHです。

PORSCHE 917自体は1970年代にホットウィールでキャスト化されていますが、今回はそのロングテールタイプであるLHが登場。
ガルフカラーに、2018年を意味するであろう「18」のゼッケン付き。

まさかの1アソ内にガルフオイルモデルが2種も入るという・・・。なんとも贅沢ですね。

CYBER SPEEDER

3つめのNew ModelsはHW Glow WheelsセグメントからCYBER SPEEDERです。
どことなく、ガゼラとかクレッシェンドみたいな印象を受けました。

・・・フロントスポイラーが上がりそうだからかな・・・?

BEAT ALL

4つめはStreet BeastsセグメントからBEAT ALL。
ビート オール。
・・・ビートォル・・・。

そう、ビーバップハイスクールのトオルです。ビートル(BEETLE)、つまりカブトムシを模したゲテモノウィールです。
言われてみたらどんどんカブトムシに見えてきますね~!

しかもStreet BeastsでありながらX-Raycersなお得仕様w
めちゃくちゃゴツいし、個人的にはかなり注目しています。

これ、何気にカワイイんじゃないでしょうか。(争奪戦にはならないと思うけどw)

HI BEAM

5つめのNew Modelsは、またしてもHW Glow Wheelsからの登場のHI BEAMでした。
1アソ内にガルフ2種もビックリしましたが、1アソ内にGlow WheelsのNew Modelsが2種にもビックリです。

カードイラストではフロントにフォグランプのようなものが4つ確認できるので、これがハイビームたる所以じゃないかと思われます。
そこそこ実車っぽい見た目でもあるので、ゲットしていろいろ研究したら面白そうかも。

ちなみにホイールはCLBGitDOH5(Chrome Light Blue Glow in the Dark Open Hole 5-Spokes)です。なげえ。

CHECKMATEのベールがついにはがされた!

2018年FアソではついにあのCHECKMATEセグメントのアイテムが登場します!

[参考]HWCにて2018年の30セグメント公開!各セグメントの内容まとめ

四角い車なんじゃないかとか、チェスの駒なんじゃないかとか、はたまた「詰み」を意味するからFinal Runなんじゃないかとか予想が立ちましたが果たして・・・?

VELOCITA

1つめのアイテムはVELOCITA。

セグメントのルールにあった「that rule the squares」は単純にボディにチェッカー模様が入るってだけだったみたいですね。

そしてボディサイドには「Queen」の文字とチェスの駒が描かれていました。
これは・・・!!!

チェスの駒説が有力になってきたんじゃないでしょうか!?
Queen(VELOCITA)のセグメントナンバーが#2/9なので、おそらく#1/9は「King」でしょう。

ただ、セグメント内のラインナップ数が9台なので、チェスの駒6種と数が合いません。
とりあえずもう一つのCHECKMATEセグメントアイテムを見てみましょう。

’12 FORD FIESTA

2つめは’12 FORD FIESTAでした。
こちらもチェッカー模様が入ってますね。

そして「Pawn」の文字が入っています。
セグメントナンバーは#9/9。

こうなると、#3~#8の6種が気になるところ。
Bishop、Knight、Rookの3つは決定だと思うんですが・・・、もしかするとこの3つが2種ずつ、とかかな。
なんだかワクワクしますねw

ホイールがどちらもOH5なのは偶然なのか、それとも統一性を持たせているのか・・・。
早くも次の車種が楽しみになっています。

2ndカラーが出まくったアソ

2018年Fアソでは同年内のカラーバリエーション(2ndカラーおよび3rdカラー)が大量に登場します。
今後のアソでは徐々にこの数が増えていき、最終的にはアソートの半数ぐらいが2ndカラーということになっていくわけです。

BONE SHAKER

ボディサイドに68(逆サイドには18)という数字が入っている、50周年仕様のBONE SHAKER。
1stカラーはAアソに入ってましたね。

USのトイザらスExclusiveで2ndカラーが出ているので、実際には3rdカラーということになります。
※ただし、日本では2ndカラーがゲットできないので、実質これが2ndと言えます。

TANKNATOR

CアソのTHだったTANKNATORが早くも2ndカラーで登場。
日本ではまだBアソも出ていないというのに・・・!

2018年モデルもTHの2ndカラーが出る、またはノーマル車種として1stカラーが登場したモデルでも2ndカラーでTHになる可能性がある、ということを示唆している一台です。

CUSTOM DATSUN 240Z

来ましたね。
AアソにあったJun Imai氏所有のZ(キャスト的にはFUGU Z)の2ndカラー。

メタリックレッドっぽいカラーリングにゴールドのタンポ。
これは文句なしでカッコいいので、どうせ2ndカラーも争奪戦ですw

’95 MAZDA RX-7

こちらもAアソにラインナップされていた’95 MAZDA RX-7の2ndカラー。
これも1stカラーよりカッコいいじゃないですかーやだー。。。

言うまでもなく絶対に争奪戦ですw

’15 DODGE CHALLENGER SRT

Bアソに1stカラーがあった’15 DODGE CHALLENGER SRTの2ndカラー。
カラーリングが違うだけで別モデルのように見えます。

1stカラーでは気づけませんでしたが、Moparのロゴが入っていたんですね~。

2017年New Modelsだった車種の初バリエーションが豊富

今回のアソートを見て「2017年のNew Modelsだったヤツが多いなぁ・・・」って思った方も多いのではないでしょうか。
2ndカラーとはいえ、前述のZやFDもそう。

それ以外にもこれだけの車種がありました。

’16 HONDA CIVIC TYPE R

2017年のTHEN AND NOWで登場したのが記憶に新しい、CIVIC TYPE R。
2バリ目となったのは、Bishimoto Engineeringのロゴが入ったレッドカラーのものでした。

SOLID MUSCLE

なんともガンダムっぽいデザインだった、HWオリジナルマッスルカーのSOLID MUSCLE。
2017年にCHASEカラーとして2ndカラーがあったのでこれが3バリ目ですね。

定期的に登場する、マットブラックにホットウィールロゴの入るデザインが採用されています。
これでガンダムっぽさに磨きがかかりました。(サイコガンダムっぽい)

CUSTOM ’67 PONTIAC FIREBIRD

出ましたね~・・・。
2017年New ModelsでBrendon Vetuskey氏所有のFIREBIRDとして、ZAMAC仕様でデビューしたばかりの新人です。

[参考]CUSTOM ’67 PONTIAC FIREBIRDのレビュー!メインラインなのにZAMACな渋いヤツ![DTW82]

それがなんと今回はHW FLAMESから登場・・・!!
濃いオレンジっぽいボディにトライバル風のフレイムスでカッコいいです!!

CRESCENDO

前作がSuper ChromesだったCRESCENDOはHW Glow Wheelsで2バリ目です。
Super Chromes→HW Glow Wheelsと、HWオリジナルカーの王道を辿っているので・・・次はX-RAYCERSだな!w

それにしても、カラーリングが違うだけでここまで違う車種みたいになるもんなんですね~・・・。

’15 MERCEDES-AMG GT

これもつい先日出たばかりといった感じですね。
’15 MERCEDES-AMG GTが、メルセデスらしいブラックで登場。

これはめちゃくちゃカッコいいです・・・(なんにでも言ってるけどw)
是非とも欲しい一台。

STREET WIENER

Fast Foodieセグメントの最後の一台は、セグメントアイコン通りのホットドッグでした!
STREET WIENERです。

いやー、「ホットドッグのバリエーションってどうなるんだろう?」って疑問に思ってましたけど、これがあるのをすっかり忘れてましたね~・・・チリチーズドッグですよ!!(たぶん)

・・・ってことは真ん中のウィンナーもチョリソーである可能性がありますね。
これは全バリエーションゲットするために2種目に手を出す人が続出しそう・・・。
人気の可能性大です。

その他の気になるモデル

今回、HWオリジナルカー多めだったにも関わらず、かなり多くの車種を取り上げました。
・・・が、他にも気になっているモデルがあります!

LOOPSTER

ホットウィール遊園地(Fun Park)のジェットコースターことLOOPSTER。
カニの爪のフレイムスが入ってて、なんとも熱い感じですね~!

昔、地元の小さい遊園地にあったドラゴンコースターを思わせるカラーリングです・・・!

LOTUS ESPRIT S1

USのトイザらスにて1stカラーが登場してしまったので、通常のメインラインにていきなり2ndカラーからスタートすることになったLOTUS ESPRIT S1。
※日本では1stカラーが入手困難なため、上記の2ndカラーの項目ではなくこちらで紹介しています。

テールには「HWC1968」と書かれたナンバープレートが印刷されています。

HWCといえば、僕らが良く知るのはHot Wheels Collectorsですが、開設されたのは2000年代のハズですし、これはいったい何を表しているんでしょうね。
エスプリのデビューも70年代だし。

1968って書いてあるように見えるけど・・・違うのかな。

 OLLIE ROCKET

本来だったら誰もがスルーしそうなOLLIE ROCKET。
ですが、今回ばかりは話が別です。

というのも、ホイールがアレですね!
HONDA CITY TURBO IIに使われていた、DDiscホイール(の、蓄光版)です。

マジか・・・なんでこれに採用したんだろう。

New ModelsにGlow Wheelsが2種あったのと相まって、なんともHW Glow WHeelsが熱いアソになりましたw

おわりに

というわけで、ホットウィール2018年のFアソートまとめでした!

今回、だいぶ長くなってしまいましたね・・・お疲れ様ですw
※本当に熱いアソだった、ってことで勘弁!

おそらく日本への入荷は・・・5月??
そのころにはもう暖かくなっているかなw

かなり先ですが、楽しみにしておきましょ~!

※ベーシックカーがケースで予約購入できるお店はこちら
[参考]1,500円以上のお買い上げで送料無料!通販ショップの駿河屋
[参考]キャラ&ホビー格安あみあみ
スポンサーリンク

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. らちぇっとれんち より:

    管理人さん、おっはにぃ~。今回はいっぱい書きすぎちゃった。
    日本での販売はまだまだ先になりそうですが、Fアソートですかw
    気長にじっくりと見ていこうと思います。

    まず トレジャーハントであるROCKSTERですが、
    このタイヤはso plowedの4WDバージョンといっていいような形ですね。
    (写真で見る限りso plowedよりはデカいですが。)
    復活祭からスキーチームの車にジョブチェンジ・・・?w

    Experimotorsの新車、BUBBLE MATICきたああああああああ。
    名前の通りしゃぼん玉を思わせるガラスの張り、
    明らかに桃色の部分が可動しそうで、
    そこにしゃぼん液をつけて思いっきり走らせるとしゃぼん玉ができそうで
    こういう遊び心くすぐるミニカーのデザイナー氏の頭が羨ましい。

    CYBER SPEEDER、暗闇に紛れて駆けてゆくようなボディとカラーが
    カッコイイです!管理人さんの言うとおりフロントスポイラーが上がりそうですw
    タンポの数字の部分も光りそうなフォント使いですねw(でも光らない。)

    BEAT ALL、カブトムシですか(aikoですか)。
    最初観たときテメーDino Ridersじゃねえのかよ!と思いましたが、
    よくよく見るとカブトムシ。視力が悪いのがここで祟るとは。
    ・・・フォルクスワーゲン・ビートルがあればダブルカブトムシですね。^^
    ・・・次はクワガタムシの乗り物やね、マテルさん。^^

    CHECKMATEはチェスの駒でしたかー。誰だダチョウ倶楽部と言ったの(お前だ。)
    ですが謎が日本ではいまだに解明されていないセグメントである、
    HW Robots、HW Metroはいったいどういう乗り物がリリースされるのやらw

    2ndカラーのTANKNATORは青いため脱・迷彩の戦車なのかと思いました。
    ’95 MAZDA RX-7、この色は憧れる色です。目に優しい緑で欲しくなります。

    STREET WIENER、予想通りのセグメントですw
    マスタードのボトルの底みたいなホイールカラーに
    一口かじったら病みつきになりそうなソーセージに
    ソーセージのジューシーさを邪魔しないようなソース、
    これらをまとめて優しく包んでいるコッペパン、ああなんて素晴らしい。
    そしてこのミニカーの可動部分であるグリラーが銀色になりましたね。

    LOOPSTERがFUN PARKセグメントらしからぬ
    おどおどしさを醸し出しており、hands upが降参に見えましたが、
    本来ジェットコースターにあるべきな絶叫が聞こえそうですw
    これでFUN PARKセグメントで何か動画作れそうですね!

    上記には書いていないものもまとめますと、このアソートで欲しいものは、
    BUBBLE MATIC
    CYBER SPEEDER
    TANKNATOR
    SPEED SLAYER(色が好み)
    CRESCENDO
    STREET WIENER
    LOOPSTER
    OLLIE ROCKET
    です。こんなに欲しくなるアソートは珍しすぎて、
    ホットウィールで破産となりそうなのでちょくちょく貯金します。
    (ほとんどわたし流2nd colorなので
    これ以降はこんなにいっぱいは欲しくならない?)

    • にわかマニア管理人 より:

      らちぇっとれんちさん

      コメントありがとうございます!
      思いの丈、がっつり来ましたね!!w
      それだけ熱いアソってことかと。

      >BUBBLE MATICきたああああああああ。

      これは来ましたよね!?
      たしかにしゃぼん液をつけて走らせたら・・・って妄想が捗りますねw
      それぐらいの速度でシャボン玉ができるかは難しいところですがww

      >CYBER SPEEDER

      ボディの文字も暗闇で光ったら面白いですね~。ないのかなぁ・・・。
      〇〇SPEEDERってヤツ、他にもいろいろありますが、なにか共通点あるんですかねえ。

      >(aikoですか)。

      違いますw

      >最初観たときテメーDino Ridersじゃねえのかよ!と思いましたが、

      確かにね!恐竜っぽいですしね。
      他のホットウィールよりボリュームもありそうですし!

      >CHECKMATEはチェスの駒でしたかー。誰だダチョウ倶楽部と言ったの(お前だ。)

      ダチョウ倶楽部のUSでの知名度がもっとあれば・・・!!
      いや、あったとしてもCHECKMATEからダチョウ倶楽部に繋がる人がどれだけいるのかw

      >TANKNATOR

      この青いカラーリングはNAVYですかねえ?
      浅瀬でのステルス効果が期待できるとかw

      >一口かじったら病みつきになりそうなソーセージに
      >ソーセージのジューシーさを邪魔しないようなソース、
      >これらをまとめて優しく包んでいるコッペパン

      いやいや、ホットドッグが美味しそうかどうかの評価になっちゃってますwww

      >これでFUN PARKセグメントで何か動画作れそうですね!

      あ、そうそう。
      以前仰ってたストップモーションの動画、発見しました。
      公式動画だったんですね。
      FUN PARKでやってもらいたいですね~!

      >このアソートで欲しいもの

      謎好きにしてみたらかなり熱いですもんね。
      SPEED SLAYERの「色が好み」っていうのもすごくわかります!!

      僕もとりあえずBUBBLE MATICとaiko、OLLIE ROCKETあたりは摘まみそう・・・。

  2. koishi より:

    こんばんは!
    個人的に気になっていたCHECKMATEセグメント、実際のチェスの駒と同じ分だけ該当車種を集めればホットウィールでチェスが楽しめそうですね・・・
    日本でもプロ棋士同士が車で将棋やってたこともありますし、なかなか面白いんじゃないでしょうか。

    STREET WIENERは今回のほうがおいしそうですね・・・夜中にうっかり見つめたらヤバそうです。

    今年はアソート内に人気の実車が隙がなく入っていて休む暇を与えてくれませんね!アニバーサリーイヤーは恐ろしいです…

    • にわかマニア管理人 より:

      koishiさん

      こんばんは!コメントありがとうございます。

      >実際のチェスの駒と同じ分だけ該当車種を集めればホットウィールでチェスが楽しめそうですね・・・

      やっぱりそういう想定のセグメントなんですかね?
      チェスってやったことがないのでよくわからないんですが、同じ色の駒でも遊べるもんなんでしょうか。

      ・・・あっ、さてはキングとクイーンとポーンだけ2ndカラーが存在するのかな・・・!?
      そうしたら12種なので6×2カラーが作れそう。

      >STREET WIENERは今回のほうがおいしそうですね・・・夜中にうっかり見つめたらヤバそうです。

      いや、他の方もホットドッグの評価をされてますけど・・・これミニカーですんでwww

      >今年はアソート内に人気の実車が隙がなく入っていて休む暇を与えてくれませんね!アニバーサリーイヤーは恐ろしいです…

      ほんとほんと・・・
      マテルとしてもコレクターに休まれちゃ困るんでしょうけどw

  3. 南紀の鉄砲玉 より:

    フレイムスのファイアーバードいいですね!
    ZAMACカラーのファイアーバードはつい先日ホムセンで入手しました!
    エスプリのナンバープレートは1868だと思われます。多分18は”18年”で68は何でしょうかね?

    • にわかマニア管理人 より:

      南紀の鉄砲玉さん

      コメントありがとうございます!

      ファイアーバードいいですよね~。
      ZAMACバージョン、ホムセンにあったんですか!すごい。

      >エスプリのナンバープレートは1868だと思われます。多分18は”18年”で68は何でしょうかね?

      1868だとしたら、リリース年の2018とホットウィール元年の1968かなーと思うんですが、それと「HWC」が紐づかない気がするんですよね~・・・。

  4. 箱買いに切り替えた人 より:

     2018-1968=

    • にわかマニア管理人 より:

      箱買いに切り替えた人さん

      コメントありがとうございます。
      箱買いうらやま。

      >2018-1968=

      えっと・・・ご、ごじゅう?

  5. poncha2016 より:

    こんにちは。

    なにげに濃ゆいアソートですなあ。

    しかも私の好きなGulf Oilが2つもエントリーされている!!

    これはトイザらスに並んでつまみまくりたい!!

    • にわかマニア管理人 より:

      poncha2016さん

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      何気に濃ゆいんですよ。
      なんか、アソートの濃さを決めるのは実車だけじゃないんだなと思わせられました。

      そうそう、ガルフと言えばponchaさんでしたね!

      >これはトイザらスに並んでつまみまくりたい!!

      えっ、そこは箱買いじゃないんですかww

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です