Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

PORSCHE 918 SPYDERのレビュー!ハイパーカー御三家が2018年New Modelsとして登場

2018年HアソのNew Models、PORSCHE 918 SPYDER。
先日の発売日に「New Modelsだから」という理由だけで、早い段階でカゴに入れていたアイテムです。

最近はNew Modelsに対しての迷いが少なくなってきました・・・。
ただ、そのおかげで幅広い車種に触れられるようになって趣味の幅が広がっています。
※そのかわりお財布はどんどん軽く・・・これをお財布ダイエットと名付けよう。

というわけで、PORSCHE 918 SPYDERのレビュー・・・いきますよ~!

スポンサーリンク

ポルシェ918スパイダーのレビュー

本日紹介するのは2018年HアソートにてFACTORY FRESHセグメントより登場したPORSCHE 918 SPYDERです。
今回のこのアイテムがNew Models、つまりデビューモデルということになります。

車名の「SPYDER」というのはオープンカー(ロードスター、コンバーチブル)を意味しますが、どちらかというとオープン時を標準として「屋根を閉められる」というニュアンスで使われるそう。

実は日本ではこうしたオープンカータイプの3インチミニカーってあんまり人気がないらしいんですよね。
基本的に街であまり見かけないからなのか、それともミニカーのフォルムとして物足りないのか・・・。

たしかに今月のメインライン発売日においても、そこまで競合が多いわけでもなかったのに捌けが悪かったような気がします。
※入荷数が極端に多かっただけ、という噂もw

そう思うと多くの方がゲットできたのかな?とか、来月の発売日に入荷するようなことがあれば店頭に余るような異常事態(w)があってもおかしくないかもしれませんね。
※現にうちの地元のトイザらスにはいまだに昨年末のDODGE VIPERが余ってたような・・・。

PORSCHE 918 SPYDERについて

PORSCHE 918 SPYDERはポルシェが2013年より販売を開始した市販のスーパーカーです。
カレラGTの後継にあたり、PORSHE 917をモチーフに作られたマシンとのこと。

すでに2015年には全918台の販売が終了しており、なぜいまこのタイミングでホットウィールに登場したのかが気になりますね。

モチーフになったPORSCHE 917もガルフカラーのものが2018年Fアソにてデビューしています。

日本では4月発売でしたね・・・普通にゲットするのを忘れてました。

ポルシェとしては次に919をモチーフとした新しいマシンを開発しているらしく・・・そこへ続けるための布石なのかな?など想像が膨らみます。

また、単純に917と918でTHEN AND NOWが展開されたり、918の今後のバリエーションとしてガルフカラーが出る・・・みたいなことも考えられそうですね~。

ちなみに・・・!
実はホットウィールにおいて「PORSCHE 918 SPYDER」が発売されたのは今回が初ではありません。

Photo by ebay.com

2013年のNew Modelsとして、PORSCHE 918 SPYDERはすでに登場していたのです。

「えっ、じゃあ2018年のNew Modelsじゃないじゃん!」と思うのは早計。
2013年に登場したバージョンは2010年にジュネーブのモーターショーで登場したコンセプトモデルをキャスト化したものなんですね。

こちらのキャストは2013年のデビューモデル、2014年の5-Pack、2015年のサイドラインで販売がストップしてしまっているので、今後は「PORSCHE 918 SPYDER CONCEPT」として展開してくれることを期待したいところです!

では各部みていきましょう。

フロント・リア

フロントマスクはまさにPORSCHE 918って感じですね~。
ヘッドライトはしっかりタンポ印刷で再現されていたり、ポルシェのエンブレムが入っていたり・・・そこそこ見栄えはします。

この手のキャストって印刷がものすごくズレてしまっているものなどがあるので購入時には注意したいところ。
※今回僕は確認しないで購入して、家に帰ってから「あっ!!タンポズレ確認するの忘れた!!」となりましたが・・・運良くかなりいい感じの印刷位置でした。

欲を言えばヘッドライトは最近のポルシェキャストのように別パーツで再現して欲しかったかなー・・・。
・・・屋根分のコストも浮いてるんだしw

背面のリトラクタブルウイング(可動式スポイラー)は閉じた状態。
おかげでテールライトの塗り分けなどは難しそうです。

また、背面にはPORSCHEや918 Spyderといった文字と共に、ホットウィールロゴのナンバープレートが印刷されています。
FACTORY FRESHセグメントのNew Modelsはこういうディテールの詰め方をしてくれるのが嬉しいところですね。

サイド

ボディサイドから見ると、かなりローダウン化されていることがわかります。
これだけでもすっごい速そうに見えますね~・・・!最高速度は350km/hぐらいを叩き出すんだとか。

ただ、速そうなのはいいんですけど・・・デビューモデルにしてはモールドが潰れすぎな印象も。
特に車両後方のエンジンフードまわりのモールドがすっごい甘くないですか!?

金型がすでにそういうものなのか、それともこのアイテムの塗装が厚めなのか・・・。(個体差だと信じたい)

ホイールはオールブラックの10SP。
ギラギラしたメタルフレークシルバーボディを足元でしっかり締めてくれています。

トップ・ベース

トップから見た時の特筆部分はリアマウントエンジンのフード部分でしょうか。
実車ではここがハニカム状のメッシュになっていたり、吸気口のような穴が開いていたりするんですが・・・

なんとかタンポで再現されていました。

ただ・・・「もう少しがんばりましょう」って思ったのは僕だけでしょうかw
印刷がズレてしまっているから残念・・・というだけでなく、できればここもクリアパーツで中のエンジンが見える・・・とかでも良かったのになぁ、と。

もちろんこれが$1で販売されるミニカーだと思ったらすごいんですけどね!
バラしたら中にしっかりエンジンが作りこまれているかもしれないし。

でも、今後のバリエーション展開でここがのっぺらぼーになってしまう可能性を考えると不安で仕方ないのです・・・。

底面には2017年の著作年およびマレーシア製であることが記されていました。

旧キャストとの比較

前述したとおり、ホットウィールのPORSCHE 918 SPYDERにはコンセプトモデルだった先輩が存在しています。
ただし2015年を最後に出ていないモデルなので、なかなか今からの入手が難しいアイテムです。

本当はコメント欄にて「旧キャストの写真を提供します!」と言われていたのですが・・・連絡を取るのをすっかり忘れたままこのレビューを書いてしまったので・・・旧キャストの画像はebayから拝借してきました。

Photo by ebay.com

遠目で見た時は「ほとんど違わないじゃん」と思っていた2車種ですが、こうして見比べると全然違いますね・・・。

フロントフェンダー脇のインテークのようなもの、ドアノブ形状、サイド出しマフラー、リアウィング部分・・・一応気になるところは〇で囲っておきました。
このあたりはコンセプト段階と市販車での違いを再現したんだと思われます。

それ以外にもエンジンフードのモールドが2013年の方がクッキリしているとか、車高(ロードクリアランス)が低くなっているとか、座席形状も見直しが入っているのかな・・・?
こうした「間違い探し」みたいなのをやるのも面白いですねw

おわりに

というわけで、PORSCHE 918 SPYDERのレビューでした!

この手のヤツは同年内に2ndカラーが出そうな気がするんですよ。
もしそうだとしたら次の世界最新アソである2018年Mアソあたりが怪しいと思ってるんですが・・・まだ情報出てませんかねw

カラーバリエーションは何色でしょうね?
2013年モデルにならってシルバーからの真っ赤なポルシェ・・・だったら面白いなぁ。

さーて・・・P1ゲットして918ゲットしたから・・・次はラ・フェラーリかな!

スポンサーリンク

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. hiro より:

    マニア様、皆様こんにちは!

    ちょっと出かけてきましたので、現地のhotwheels情報を少し
    http://fast-uploader.com/file/7084593562104/
    右から、レシート集めて応募する50周年オリジナルコレクション!
    真ん中が来月のJアソの残骸から⁈
    左が夏頃発売予定?ワイスピの箱スカ!
    下が明日発売のFAVORITES!

    ちなみに、50周年オリジナルコレクションは$79.9(日本¥1118)
    ベーシックが$19.9(日本¥278)
    ワイスピ$39.9(日本¥558)
    FAVORITES$69.9(日本¥978)
    トイザらス(香港)で売っていたプライスです。

    http://fast-uploader.com/file/7084592885743/
    ホンダアニバーサリー(¥558)は、全ラインナップが揃っていました。
    FAVORITESは、ジャベリン、エコノライン、VWスクェアーバックの3種しか見かけませんでした、他は売り切れたのか、分けて入荷するのかは不明です~。

    BLACK&GOLDは大人気なのか?2台しか残っていなく、もちろんキンカマなんてありません~

    http://fast-uploader.com/file/7084597292040/
    hotwheelsでは無いのですが、マジョレットのドバイ警察5台セット!(ケース入り)
    $169.9(日本¥2378)なんて、見た事もないものがありました。

    現地の値段は、日本より高いですが
    日本では入荷しない物等、色々みることが出来て楽しかったです、

    また、現地の方が棚から熱い視線で選んでいる姿は、日本と同じでした(万国共通⁈)

    魔法のカードを使い過ぎてしまいましたので、明日から精進して仕事します~
    よって、明日のトイザらスは不参加です!

    例のレシート集めるキャンペーンは、香港のでもOKですかね⁈
    しれっと応募してみようかな、、、

    • にわかマニア管理人 より:

      hiroさん

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      香港に行かれたんですか~!羨ましいです。
      そしてオリジナルコレクションなどの先行ゲット、おめでとうございます!!

      物価はまぁ・・・為替とかも関係してくるところだと思うので何とも言えない感じですね。

      >現地の方が棚から熱い視線で選んでいる姿は、日本と同じでした(万国共通⁈)

      僕もグアムで現地のコレクターさんと会話なしに通じ合えたので・・・同じ趣味を持つ仲間は同じ感じなんでしょう!

      >例のレシート集めるキャンペーンは、香港のでもOKですかね⁈

      ええとですね、ダメですw
      ちなみに並行輸入ショップもNGとなっていました。
      ※ただし、attictoyzさんの国内流通アイテムに関してはoKっぽいです。

      マテルも表立ってわざわざ言わないだけで、「わかるよね??」ってことなんだろうと思います。
      要はマテル・インターナショナルのアイテムかつ、それを正規ルートで販売しているところから買ったもののみが有効・・・という感じかとw

  2. しま より:

    タマちゃん、コンチワワ。
    間違い探しは楽しいよね。
    まあ、間違っているわけでもないんだけど。
    Fフェンダーの隆起に一票。

    しかし、モモエ・ヤマグチをぶち込んでくるとは・・・。

    この前、ポタ造がちょっと古いHWをいくつか譲ってくれて、ラ・フェラーリもアカ・アカ・ギンの3個を貰ってきた。
    ポルシェ3個とか、イエサブ、黄モンキーも貰って助かったわ。

    えっ!紹介するラ・フェラーリはトミカのほう?(゜ω゜)

    • にわかマニア管理人 より:

      たまさん

      こんちわわ!コメントありがとうございます。

      >まあ、間違っているわけでもないんだけど。

      ですね^^;
      間違っているといえば、いろいろ省略しているのでどちらも間違い!

      >Fフェンダーの隆起

      おお・・・ここも違うんですかね??
      実物を見比べたいで・・・。

      >モモエ・ヤマグチ

      びっくりした・・・また片玉の話を持ち出したのかと思った・・・。

      >ラ・フェラーリもアカ・アカ・ギンの3個を貰ってきた。

      なぬっ・・・
      ホットウィールでも出てるんですか!?
      てっきりトミカの独占契約なのかとばかり思ってました・・・。

  3. 雷電 より:

    こんばんは。更新お疲れ様です。このポルシェ、スマホのNFSだと屋根有りで参戦していて、そっちを見慣れているからかオープン状態が非常に新鮮です。気になるのは、ゲームで着いてる屋根はどこに有るのか?です。幌じゃないし、別パーツなのか?車体後部にエンジン有るからトランクにルーフのパーツが入ってる様でも無いし不思議です。ミニカー本体は見た瞬間、これ買ってこう状態になってしまいました。屋根有りのバリエーション出ないかなぁ?マテル神に祈ります。

    • にわかマニア管理人 より:

      雷電さん

      こんばんは!コメントありがとうございます。

      >スマホのNFSだと屋根有り

      おおー・・・そうなんですね。
      僕が調べた感じだと、なんか手動で幌みたいな屋根を付ける・・・といったようなことが公式サイトで書いてありました。
      そうなると別パーツなんですかねえ・・・?

      ただ、エンジン部分にも上手く折りたたんで入るのならスペースはあるかも・・・?

      >屋根有りのバリエーション

      欲しいですよねえ~。
      なんだったら自作という手も・・・!

  4. くあどら より:

    せっかくシルバーも揃ったのにw
    ※冗談です。

    ディテールは旧型が細かくて、スタイリングは新型の方が良いんですよね…
    フュージョンさせれば丁度良いかと

    • にわかマニア管理人 より:

      くあどらさん

      コメントありがとうございます!

      ですよね!!!!!せっかく提案して頂いたのに、連絡が遅れて申し訳ないです。
      もしかしたらブリバリしてくれたかもしれないのに・・・。

      >ディテールは旧型が細かくて、スタイリングは新型の方が良い

      おお・・・これが生で見比べた人の意見か・・・。
      スタイリングはやっぱり新型の方が最近っぽい感じなのかなぁ・・・?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です