Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

ホットウィールの2019年Kアソートまとめ。ここに来て1stカラー多めアソだと・・・!?

      2019/05/27  - NEWS

数日前から出回り始めていた2019年のKアソート情報ですが・・・僕の方でもようやくまとめることができました。

今回のアソートはなんとも節目的な感じというか・・・HW Art CarsやRace Teamがついにそのベールを脱いだアソですので、後半にしてはやや新鮮です。
しかもなぜか2ndカラー少なめという内容になっており、2019年もまだまだ僕らを楽しませてくれる感じがしました。

さてさて、そんなKアソ情報・・・早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

2019年Kアソートの内容まとめ

2019年Kアソートにて登場する車種たちは以下の通り。

TOY# col# モデル名 Seg名 Seg#
FYD78 76 DODGE CHARGER STOCK CAR HW RACE DAY 5/10 2nd Color
FYD83 103 ZOOM IN EXPERIMOTORS 4/10 2nd Color
FYD91 105 ’32 FORD ROD SQUAD 4/10 2nd Color
FYF03 110 NISSAN 300ZX TWIN TURBO NISSAN 3/5 2nd Color
FYF07 111 LAND ROVER SERIES III PICKUP HW HOT TRUCKS 3/10 2nd Color
FYF28 112 STREET WIENER HW METRO 10/10 2nd Color
FYF55 116 DIAPER DRAGGER HW RIDE-ONS 4/5 2nd Color
FYF59 117 BONE SHAKER HW GAME OVER 4/5 2nd Color
FYG78 120 AIRUPTION HW METRO 6/10 2nd Color
FYD76 121 FAST MASTER HW RESCUE 1/10 2nd Color
FYC14 183 CLASSIC ‘55 NOMAD ROD SQUAD 5/10
FYB66 184 ’91 MAZDA MX-5 MIATA HW SPEED GRAPHICS 4/10 New Models
FYB56 185 ’19 FORD RANGER RAPTOR HW HOT TRUCKS 5/10 New Models
FYF96 186 CUSTOM FORD BRONCO HW HOT TRUCKS 7/10 TH
FYC20 187 ’56 FORD F-100 HW ART CARS 1/10
FYC28 188 ’64 CHEVY NOVA WAGON HW ART CARS 10/10
FYC61 189 QUICK BITE HW METRO 1/10
FYC62 190 FAST GASSIN HW METRO 2/10
FYD45 191 DRAGGIN’ TAIL STREET BEASTS 4/10
FYC74 192 ’10 FORD SHELBY GT500 SUPER SNAKE HW RACE TEAM 7/10
FYC75 193 CORVETTE C7.R HW RACE TEAM 8/10
FYD73 194 ’18 DODGE CHALLENGER SRT DEMON MUSCLE MANIA 2/10
FYG12 194 ’18 DODGE CHALLENGER SRT DEMON MUSCLE MANIA 2/10 $TH
FYB68 195 RODGER DODGER 2.0 MUSCLE MANIA 4/10 New Models
FYC85 196 HW PURSUIT HW RESCUE 9/10
FYC77 197 DRIFTSTA HW RACE TEAM 10/10
FYB75 198 ’64 NOVA WAGON GASSER HW RACE DAY 4/10 New Models
FYC34 199 ’17 ACURA NSX HW EXOTICS 9/10

2019年Kアソは全28種、うちNew Modelsが4種、$THおよびTHが1種ずつ、2ndカラーが10種でした。

※あくまで僕が調べた限りの内容なので、実際には違うかもしれない点をご容赦ください。
※また、Internationalケースでの情報なので、USケースおよび日本向けアソでは大きく違う可能性もあります。

前回のJアソが2ndカラーばっかりだったのに対し、まさかここに来て2/3が1stカラーという・・・なんとも嬉しいアソです。

残るところ2019年シリーズも5アソで、全250種中199種めまでがここで登場しました。
そう思ったら残りは1アソあたり10種程度ずつしか新しいアイテムが出ないということを考えても、今回がちょっと異常な?アソートと言えるのかもしれません。

しかも実:謎比率は16:12。
かつオリジナルカーにもロジャーダッジャーやボンシェといった人気アイテムが並んでるわけですから・・・ある意味”当たりアソ”だこれ!(なんか毎回そんなようなことばかり言ってる気もするけどもw)

トレジャーハント・スーパートレジャーハント

2019年Kアソのトレジャーハント (TH) ・スーパートレジャーハント ($TH) は以下のとおり。

CUSTOM FORD BRONCO

画像はHot Wheels Collectorsより

KアソのトレジャーハントはHW TRUCKSセグメントよりCUSTOM FORD BRONCOでした。

メインラインでよく見かけるアイテムなんですが、今回HWCの公式説明で面白い一文を発見したので紹介します。

that in the 12 years of Mainline releases since its debut, it’s appeared in all 12 years

このモデルは2008年にデビューしているのですが、そこから12年・・・今回の2019年まで「デビュー以来、12年間全ての年のメインラインでリリースされている」という内容です。

でも・・・よくよく調べてみたら2011年、2012年、2013年、2014年、2018年のメインラインでは登場してないんですよこれ。
ただ、2011年、2013年、2014年、2018年は5-Packにラインナップされていたので、もしかしたら「5-Packはメインライン相当」ってことなのかな・・・?とか考えさせられました。

それでも2012年のリリースはリアルライダーを履いたプレミアムラインものだったので・・・さすがに「これもメインラインに含めていいよね」とは言えないと思うんですw

もしかしたら「メインラインで12年前にデビューしてから、毎年(何らかの形で)リリースされてるよね」ってことだったのかな?
英語に詳しい人、カモン!

ちなみにボディに描かれた「AREK」ロゴは・・・例によってホットウィールチームの誰かの名前らしいです。
調べてみたらマーケティングマネージャーにAREKさんがいたみたいなので、その人かなと。

こういうの、シャレが効いてていいですよねえ。

’18 DODGE CHALLENGER SRT DEMON

Photo by ebay.com

スーパートレジャーハントはMUSCLE MANIAより’18 DODGE CHALLENGER SRT DEMON。
昨年デビューしたばかりのアイテムが早くもSTH化ですね。

このモデルの先行流出画像はかなり早い段階から出回っていたんですが・・・HWC公式では未だに登場せず。
※そのくせLアソの$THとかを先に公開してやんの・・・。

画像はHot Wheels Collectorsより

レギュラー版がこちらです。
うん・・・レギュラーでも普通にカッコいい。

でもまぁ例によってグリルらへんのカラーリングが寂しいかなぁ?
やっぱりこの子はグリルよりもモパーらしいボンネット部が優先された感じでしょうか。

New Models

2019年KアソのNew Modelsは以下4種。

’91 MAZDA MX-5 MIATA

画像はHot Wheels Collectorsより

1つめはHW SPEED GRAPHICSより’91マツダ・ミアータでした。
いわゆる日本では「ユーノス・ロードスター」とか「NAロドスタ」とか言われてるヤツですね。

これは今アソの目玉アイテムかなぁ・・・?
詳しくは知らない僕もなんとなく欲しいですし・・・、メインラインでありながらフロント部にナンバープレートが印刷されているなども熱いです。

ボディに「RYU」と書かれているところからも、Ryu Asada氏デザインのモデルと思われます。

’19 FORD RANGER RAPTOR

画像はHot Wheels Collectorsより

2つめはHW HOT TRUCKSより2019年製のフォード・レンジャーラプター。

パッと見だと2017年のF-150ラプターとどこが違うのかがわかりにくいですが・・・どうやらミッドサイズのピックアップトラック「フォード・レンジャー」をベースとしたモデルで・・・F-150ラプターの小型版と思えばいいらしいです。

HWCのコメント欄では「マシンのチョイスはいいんだけどグラフィックがなぁ・・・」という意見があり、、、僕も同意見でしたwww

なので入手したら即リペイントしちゃうかも・・・。

F-150との比較なんかもやってみたいところです。

RODGER DODGER 2.0

画像はHot Wheels Collectorsより

はい・・・来ました!
3つめは往年の名作RODGER DODGERのリバイバル版「ロジャー・ダッジャー 2.0」です。

ロジャーダッジャーを彷彿とさせるボンネットのスーパーチャーj・・・あれ、なんだこれ??

公式説明によると・・・

Rodger Dodger 2.0 delivers monster torque via four electric motors—one for each wheel!

1つのタイヤに1つの電機モーターを割り当てて、ものっそいトルクを得るマシン・・・とのこと。
なるほど、2019年版ホットウィールのリバイバルマシンたちはやっぱりみんなエレクトリカル・ヴィークルなんですね。

「より謎車感が増した」と感じる人も多そうな感じもw

ただこれ、注目すべきはこのカラーリングですよね。
なんてったって先代のロジャー・ダッジャーがデビューした時のデザインをオマージュしているわけですから・・・!

Photo by ebay.com

こんなの・・・両方欲しくなっちゃうよねえ。

願わくば、ロジャーダッジャーのリツール版も同じデザインで出てくれたら最高なんですがw

バレンタイン仕様RODGER DODGERと、第二世代との比較レビュー。[DTX44]

’64 NOVA WAGON GASSER

画像はHot Wheels Collectorsより

4つめのNew Modelsは、64年式シェビー・ノヴァ・ワゴンのガスクラスマシンでした!
これは結構前から話題になっていた新モデルですね。

ギャッサーファンなら逃すわけには行かないアイテムと言えるでしょうが・・・はたして人気のほどは??
ベルエアギャッサーに続く人気アイテムへと成長できるのか・・・今から期待したいところです。

今年もHW Art Carsの季節がやってきた

ホットウィール・メインラインにおけるお楽しみの一つ・・・HW Art Carsが今年も今アソより登場です。
昨年はJアソからスタートしていたので・・・今年は少しだけ遅れてのスタートとなりました。

’56 FORD F-100

画像はHot Wheels Collectorsより

一発目の登場となったのは、斬新なトランプ柄の’56 FORD F-100でした。
両側面ともにクイーンの絵柄が描いてあるようです。

これ、HW Art Carsじゃなかったら昨年のCHECKMATEセグメントみたいに他のカードも用意できたのにねえ・・・?

ルーフには「O」の文字があり、いつも通り「並べると文字列ができあがるよ!」という仕様になっています。

昨年は公式の説明を読み飛ばしており、盛大に”ハズした”記憶がありますので・・・今年はしっかりと読んできましたよ!!

2019年のHW Art Carsは全部揃えると「REIWA」「READY, SET, GO」だそうです。
そろそろ2016年あたりからのヤツを一通り揃えたらアルファベット全部行けそうな勢いじゃないですかね?w

※気になって調べてみたら、A、C、D、E、F、G、H、O、R、S、T、W、Y、0、16、5だけだったので・・・まだまだでしたw

’64 CHEVY NOVA WAGON

画像はHot Wheels Collectorsより

もう一つ、HW Art Carsからは’64シェビー・ノヴァ・ワゴンが登場。
えっ・・・ギャッサーも出るのに、ノーマルタイプも同じアソでラインナップされるんですか!

もしギャッサーが入手できなかったら、こっちをベースに改造したらいい!
・・・めっちゃむずそう。

前後で色が違うビビッドなタイヤカラーなのは昨年のToonedカマロを彷彿とさせますね。

これこれ。

ルーフの文字はEだそうです。
今年こそはHW Art Cars制覇したいところ・・・!

2019年版HW Race Teamも登場!

例年、年度の後半に登場するホットウィール・レースチームセグメント。
何気に人気のセグメントなんですよね~これ。

2019年版も今回のKアソから登場ですぞ!

’10 FORD SHELBY GT500 SUPER SNAKE

画像はHot Wheels Collectorsより

一発目は’10フォード・シェルビー GT-500 スーパースネーク!

なるほどなるほど・・・今年のレースチームはこんなんですか~!
昨年はサテンブルーっぽいベースカラーだったのが、今年はまた深いキャンディブルーに戻った感じです。

これ、実物は普通に「$THかよ!?」って言いたくなるカラーリングだったりするんですよね。

そこに赤・白・ゴールド・・・みたいなのが2019年仕様なのかしら。
おお・・・もう今から欲しいですよこれ・・・カッコいい。

CORVETTE C7.R

画像はHot Wheels Collectorsより

このところのメインライン常連といった印象のあるC7.Rもレースチーム入り。
いいですねえ~これも。なんか紅白と金色がめでたくて、なんだか令和!って感じですw

そうかぁ・・・マテルも日本にだいぶ寄せてきたなぁ!(ない)

実はこの子、2016年にもレースチーム入りしてたんですよね。
何気に僕はその時のC7.Rをゲット済みだったりするので・・・これも入手できたら並べてレビューしたいところです。

DRIFTSTA

画像はHot Wheels Collectorsより

”カラーリングで化けるマシン”の代表格とも言えるドリフトスタ。
いまでも覚えているのは2016年の$THですねえ~・・・あれはものすごくカッコ良かった。

今回のレースチームカラーはどうでしょうか??
僕個人としては結構好きなので・・・この機会に初ドリフトスタしちゃいたい感じです。

2ndカラーも続々!

今回アソでは主にEアソアイテムの2ndカラーが続々登場しています。

DODGE CHARGER STOCK CAR

画像はHot Wheels Collectorsより

Eアソの・・・と言いつつ、いきなりDアソのヤツを紹介。
ダッジ・チャージャー・ストックカーの2ndカラーです。

もしかしたら前回のJアソに入る予定のアイテムだったかな・・・?

カラーリングが赤くなっていて、なんとなく当時のストックカーっぽさが増した気がするのは僕だけでしょうか。

これ・・・1stカラーはなかなかの人気だったようですね?
それが2008年に日本で発売された時には余りまくってたらしいんですよ・・・本当にコレクターにとって集めやすい時代というのがあったんですねえ。。。うらやま。

DODGE CHARGER STOCK CAR (M6884) のレビュー!HW RACE TEAMカラーのNASCARチャージャー!

’32 FORD

画像はHot Wheels Collectorsより

これもグラフィック次第で人気がガッツリ違ってくるマシンですね。
スティーブ・キャバレロ氏とのコラボアイテムになる’32フォードです。

僕の記憶では2017年のフレイムスに入ったものはそこそこ人気ですぐに市場から消えました。
2018年のEarly Times(Larry Wood氏のプライベートクラブ)仕様のものは・・・だだ余りした印象w

でもって2019年の1stカラー(マットブラック地に金のスキャロップ)は超絶人気だったそうです。

今回の2ndカラーはどうですかねえ~?
こうやってみるとかなりカッコいいけど、1stカラーと比べちゃうと若干弱いのかな~??

NISSAN 300ZX TWIN TURBO

画像はHot Wheels Collectorsより

先日の記事でもお伝えしたとおり・・・赤いZ32が2019年の2ndカラーとして登場予定です。

この形で赤いマシンというのは、なんともスポーツカー然とした印象でカッコいいですね!
・・・僕は黒く塗っちゃったけども。。。

ホットウィールの既存タンポを生かしてボディをリペイント!オリジナルのカラーバリエーションモデルを作る方法!?

これまた争奪戦必至かなと!

AIRUPTION

画像はHot Wheels Collectorsより

一方、こっちは全く争奪戦にならなさそうなエアラプション。

ただ・・・見てくださいよこのカラーリング。
なんかちょっと良くないですか!?

ゴールドのボディとコーディネートされたゴールドリム(兼スポーク)のRA6ホイール。
しかもタイヤが絶妙なパステルカラーになってるっていう。

もうね、「どうでもいい」って思う人が多そうな気もしてますが・・・僕はこれ1stカラーとニコイチやってみたいですよ。

画像はHot Wheels Collectorsより

2019年の1stカラーがこれですね。
tealカラーの羽を2ndに移植して・・・金色のウィンドウも・・・って、あれ???ウィンドウ、黒???

よくよく調べてみたらAIRUPTIONのウィンドウって別パーツではなくて、ボディにペイントしてあるだけなんですね・・・。
※そのため角度によっては金に見えないみたい

うーん・・・そうかぁ・・・。
なんか勝手に期待して、勝手にガッカリしてしまいました。。。w

FAST MASTER

画像はHot Wheels Collectorsより

1stカラーは真っ赤っかで全然人気のなかった、FIRE CHIEF仕様のファストマスター。
2ndカラーは黒がベースとなり・・・なんだか2017年のRRROADSTERのような感じに。

どうですかねえ・・・?
こんなカラーリングの消防チームマシンって本当にあるのかなぁ。

その他、気になるモデル

今回のアソで僕が気になったその他のアイテムは以下。

CLASSIC ’55 NOMAD

画像はHot Wheels Collectorsより

ROD SQUADよりクラシック’55ノマド。

これまたいい感じのサビサビクラシックカーですね~。
パッケージイラストを参考に、錆び塗装の精度を高めるとよりいいかもしれないです。

ちなみにこのマシン自体は、リツールを経ながらも1970年から現代まで続く長寿モデルなんですね。
ツインミルパイセンとほぼ同い年にあたる現役野郎なわけで・・・未入手の方はここら辺でゲットしておくことをオススメしますよ~!!

QUICK BITE

画像はHot Wheels Collectorsより

昨年金型変更があり、ちょっと寂しい想いをした人も多いのではないかと思われる・・・クイックバイト。
・・・何気に今年もまた金型変更となりました。

画像はHot Wheels Collectorsより

参考までに昨年のアイテムがこれ。

画像はHot Wheels Collectorsより

でもって一昨年のがこれです。

最大の変更ポイントは「ボディがプラ製一体型になった」ってところですね。
(それに伴って、すこしデザインもいじられてます)

「シャーシがメタルになって嬉しい!」という人もいるかもしれないけれど・・・個人的にはちょっと寂しかったかなぁ・・・。

ボディをプラで一体型にするのは最近の流行りなんですかねえ~。
DATSUN 510ブルもそうだったような。

比較用に買うかも・・・買わないかもw

FAST GASSIN

画像はHot Wheels Collectorsより

HW Metroよりファストギャッシン。

まぁ・・・特筆すべきようなこともないんですけど、目の錯覚でなければタンク部分がクロームに見えませんか??
このキャストってエキゾーストとタンクの部分って別パーツだったと思うので・・・今回のアイテムを分解するとクロームパーツが2つ・・・ということになるんじゃないかと思われます。

もしそうなら・・・微妙にコストをかけられたモデルという感じがしますねえ。
・・・ここ最近で「おっ・・・この時代にこんなコストかけちゃう?」ってモデルは、翌年あたりに残念な金型変更をされる傾向にある(ような気がする)ので・・・もしかしたらこの子もまた金型変更のターゲットにされるのではないかと不安です。

そもそも6輪から4輪に格下げされているっていうのに・・・この子のライフはとっくにゼロよ!!

ファストギャッシンでタンクがクロームカラーというモデル・・・何気にデビュー年以来だと思うんですよ。
そういった意味では希少なので・・・未入手の方はこの辺でゲットしておいてくださいw

DRAGGIN’ TAIL

画像はHot Wheels Collectorsより

STREET BEASTよりガンダムの足・・・じゃなくて、ドラッギン・テイル。

2019年のSTREET BEASTSセグメントはスタートが遅く、後半にちょろちょろと出てきている感じですね。
マシンの方はドラゴンフライ・・・つまり蜻蛉(かげろう)をモチーフにした謎車です。

昆虫カーが好きな人にはたまらないアイテムではないでしょうか??
羽にあたる部分もクリアパーツで出来ていますし・・・昆虫カーラバーではない僕からしたら「どこにこだわってんねん!」と言いたくなる感じw

きっとペグを温めることになるであろう一台。

’17 ACURA NSX

画像はHot Wheels Collectorsより

公式ではKアソートと書かれていましたが、オープニングリポートでは見かけなかったので・・・下手したらLアソアイテムかもしれない’17アキュラ・NSX。

これはやってくれましたねえ~。
2017年のデビュー以来「まともなモデル」としてしか存在していない’17アキュラが、2019年も至極真っ当なデザインの正員として登場。

うーん・・・これって2017年のデビューモデルにかなり近いような・・・。

画像はHot Wheels Collectorsより

あっ、でもブルーの深みが全然違いますね。
今回のはむしろスカイブルーに近いソリッドなカラーなのかなぁ・・・?

実物を見られる日が楽しみです。

おわりに

というわけで、2019年Kアソアイテムのまとめでした!

USではEnd May・・・すなわち5月末に登場となっていましたが・・・すでに開封動画が出回っているわけですし、、、もう登場しているのかな。
まぁ、どうも向こうはこっちと違って発売日が安定していないそうですが。。。(その方がなんか楽しそうですよね)

日本では5月にF+Gが来たので、6月はおそらくその補完アソ。
となると7月8月がH+Jアソとなり、、、9月にKかな。

まだまだまだまだ先のような気もしてしまいますが、本当にアッというまですからね。
楽しみにしたいところです。

スポンサーリンク

お役に立てたらシェアして貰えると嬉しいです!

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. super cub より:

    ニワカ師匠おはようございます

    コレクターNoが199/250だと、えっ!もう今年も終盤戦なんて思ってしまいますが
    まだまだこれからですね〜

    このアソの目玉は、個人的にはロジャーダッジャーかと、
    デビュー モデルのこのカラーだと、とても高くて何十万円とすると聞きました。
    とても手が出ないので、せめて雰囲気だけでも感じ取れればと、、、

    先日のトイザらスのレジ袋ナシで¥2引きなんですが、ウチの方の店舗だと1個だと
    やってくれる人とそうで無い人がいるんですが、購入金額とか関係あるんですかね?

    ニワカスタムTWIN MILLのUHホイール久々に拝見致しました
    お湯丸クン製ですか?大活躍してますね

    夕方から県営大宮球場で野球観戦してきます
    それでは〜

    • にわかマニア管理人 より:

      super cubさん

      おはようございます!コメントありがとうございます。
      そうですねえ~・・・まだ51種も登場してくれると考えたら「まだまだこれから!」って思えそう。

      ロジャーダッジャーのデビューモデル・・・何十万もするんですか!?
      ブルーがベースのヤツ(ブルーロジャー)はかなり希少と聞きましたが、さすがに数千、数万レベルかと思ってました。。。

      >トイザらスのレジ袋

      あっ・・・僕のところもそうです。
      個数関係なしに、有無を言わさず袋に入れちゃう人もいれば聞いてくれる人もいる感じ。

      僕としては袋はあったらあったでちょっとしたゴミ袋として使うので嬉しいですし、なければないで2円引きと思ったらどっちでもありがたいですw

      >TWIN MILLのUHホイール

      その通り、お湯丸君です・・・なんかあんまり上手くいかなかったので本当はお見せする段階じゃないんでしょうけど、、、載せちゃいました^^;
      なんとなくネオンカラーのマシンにUHホイールを履かせて90年代風のマシンを作るというのをニワカスタムの一つのブランドにしようかなーとか思ってたんですけど・・・UHホイールものってなかなか入手できないので複製でどうにかしたかったんです。

      野球観戦!もうそんな季節なんですねえ~^^
      楽しんできてください!

  2. らちぇっとれんち より:

    こんにちは!
    巷ではもうトレジャーハントないしちょっとした
    Lアソートの情報が出ているようですね。
    でもKアソートにはホットウィールを教えてくれた
    あの車があるから文句なし!

    なんだかんだでCUSTOM FORD BRONCOが
    登場したので一安心。1枚目のポスターから大分経ったけど。

    目標
    DIAPER DRAGGER
    CLASSIC ‘55 NOMAD(去年のFLAMEもいいけど。)
    FAST GASSIN(めっちゃ欲しい。)
    DRAGGIN’ TAIL
    RODGER DODGER 2.0
    HW PURSUIT
    ’17 ACURA NSX(争奪戦になるね。うん。)

    ・・・たぶん他のオリジナルカーもちょっとは摘むかもしれませんが。
    (せめて消費税が上がる前にある程度は購入したい。)

    • にわかマニア管理人 より:

      らちぇっとれんちさん

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      そうそう。もう公式がLアソ情報を流し始めてるんですよね。
      今回はなんとも出遅れました^^;

      >ホットウィールを教えてくれたあの車

      FAST GASSINですな!
      教えてくれた・・・って表現いいですねえ~!!
      僕にホットウィールを教えてくれたのは’63 T-BIRDです^^

      >CUSTOM FORD BRONCO

      まぁ、ベールに隠された画像だったとはいえ、ポスターに名前まで載っていて登場しないってことはないと信じたいw

      >’17 ACURA NSX

      うおっ!?
      なんからちぇっとれんちさん的には珍しい目標カーじゃないですか??

      >消費税が上がる前に

      逆にアメリカから物言いがついて消費税下がるみたいな噂もありましたよね・・・?
      消費税って上がれば消費が落ち込みそうな、不思議な税金ですw

  3. nori130 より:

    にわかさん、こんばんわ。レビューありがとうございます。
    このアソは凄く魅力的な車が多く、大変な事になりそうです!どうしよう。
    自分的には、MX5が一番欲しいです。昔に新車で購入し13年間毎日乗り回していました。エンジン本体以外には手を入れ、マツダスピードの4点式ロールバーとマキシムワークスのエキパイとマフラーがお気に入りで、雨の日以外は常にオープンな日々を共にしていました。
    発売日に参戦できるか分からない為、ebayで2個800円で出ていたのでポチりました。
    私の主戦場は1車種2個しか並んでいないので、当日参加出来たらMX5
    には手を出さず他のcollectorさんに譲って、nomadを狙って行こうと思います。
    そして、1998のAction PackのSurf’s Upの🍭redのnomadと入れ替えて飾って見ようと思っています。あー、発売日が待ち遠しいです。

    • にわかマニア管理人 より:

      nori130さん

      こんばんは!コメントありがとうございます。

      大変なことになりそうですかw
      でもほんと、魅力的なアイテムが多いというのは禿同(古)です。

      日本では次のLアソと同時発売となるはずですので・・・余計に争奪戦が激化するんですよねえ。。。
      ノヴァギャッサーとロジャダジャだけでも押さえたい。。。

      >MX5

      おお・・・実際に13年も乗られてたんですか!
      それは思い入れが深そう^^

      で「欲しい」って言いながらすでに手配済みとはwww
      ebayは送料の問題さえ片付けばかなり天国なんですよねえ・・・。

      >1998のAction PackのSurf’s Upの🍭redのnomadと入れ替えて

      なぬ・・・なんちゅー贅沢な遊びを・・・!
      でもこのグラフィックのノマド、このActionパックに合いそうですね・・・!!!!!!

  4. なお☆にゃお より:

    アートカーズにレースチームとHWらしい感が大好きですよ!集めたいねぇ。
    初代松田さんちの宮田さんは思い入れがあるしほしいぞ!

    • にわかマニア管理人 より:

      なお☆にゃおさん

      コメントありがとうございます!
      たしかにホットウィールらしいシリーズが始まった!って感じかも。
      僕としてはここにフレイムスとストリートビースツも入れてあげたいw

      >松田さんちの宮田さん

      宮田さんは松田さんちに居候してんのかな!?wwwww
      なお☆にゃおさんもこれに思い入れある方でしたか~!
      日本での争奪戦はヤバそうな感じですねえ・・・。

  5. 雷電 より:

    更新お疲れ様です。昆虫カーは結構面白いのも有るのに不人気なんですよね(泣)
    今年も去年のビートオール見たいにリアル昆虫カラーチャレンジやってみよう。 やらなきゃ塗装上手くならないですもんね。 クイックバイトは一昨年の奴とならニコイチメタル×メタル行けそう?ですね。 ボディとウインドウ一昨年、シャーシ今年な感じで。(中の形に変わりがなければですが…)

    • にわかマニア管理人 より:

      雷電さん

      コメントありがとうございます!

      昆虫はほら・・・苦手な人も多いですから。
      ・・・って結局カブトムシチャレンジはやったんでしたっけ!?ww

      >やらなきゃ塗装上手くならない

      そうですねえ~。圧倒的な才能がある人なら最初っからめちゃくちゃ上手なのかもしれないですけど・・・やっぱり「慣れ」みたいなのはあるんじゃないかと思って僕も練習を繰り返しております。
      ただ最近思うのは「テキトーにやり続けてもうまくなるペースは遅い」ってことかなと。
      僕、どうしてもすぐ手を抜いちゃうんですよね・・・それよりはもっとガッツリ真面目に取り組んだら上達スピードも早いんじゃないかなぁ・・・。

      >クイックバイト

      いや・・・まって??
      気づいちゃったんですけどフロントグリルがどのバージョンもプラのような気が。。。
      そこだけ上手く切り離して・・・とか考えたらハードル高そうです^^;

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です