Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

LAMBORGHINI COUNTACH PACE CARのレビュー!モナコGPのセーフティカーがホットウィールにキャスティング[FJV79]

2018年7月の発売日に、トイザらス限定”じゃない方”のアソで登場したLAMBORGHINI COUNTACH PACE CAR。
僕にとっては3つめとなるホットウィールのカウンタックです。

なぜここに来て急にPACE CAR(セーフティカー)がキャスティングされたのかは謎ですが、新金型でカウンタックが出ると聞いたら食指は動くもの。
運良く(ミウラ・オマージュを犠牲にして)ゲットしてこれたので、レビュー行ってみたいと思います!

スポンサーリンク

ランボルギーニ カウンタック ペースカーのレビュー

本日紹介するのは2018年KアソにラインナップされたNew Models、LAMBORGHINI COUNTACH PACE CARです。

同アソにはSTHにもなったアヴェンタドールのミウラ・オマージュもラインナップされましたが、僕としては「既存のカウンタックと比較したい」という想いが強かったため、こちらを優先させてもらいました。

それにしてもホットウィールのランボ人気は根強いですね~。
なんだかんだ発売日を逃したら買えないアイテム・・・って感じです。

それがたとえパトランプが乗っているペースカーだったとしても!

LAMBORGHINI COUNTACH PACE CARについて

ランボルギーニ・カウンタックはホットウィールにおいて通算4~5種が登場しています。
僕も以前に、

Lamborghini Countachのレビュー。アニメ調(Tooned)にデフォルメされたモデル[DTX49]

TOONED仕様のカウンタックや、

真っ赤なボディにゴールドホイール。LamborghiniアソートのCOUNTACH LP500をレビュー。[DWF24]

LP500(と書かれていたけれど、実際はLP400Sか500Sっぽい)をゲットしてきました。

なのでカウンタックの詳細についてはそちらの記事に任せることにします。
※とにかく最先端すぎるデザインで、イタリア人が「クンタッシュ!」って驚いたスーパーカーって思っておけばOK。

今回キャスティングされたのは、そんなカウンタックのペースカー。
実はこの車、1970年代後半から1983年までの間に、F1モナコGPにおいてセーフティカーを務めていたんですね。

US版のカード裏面表記によれば1982年に誕生し、1983年に(モナコ)GPで使われたとのことなので、まさに「それ」なんでしょう。
型式的にはLP500Sってことになりますね。

デザイナーはRyu Asada氏です。
今回が初キャスティングとなるモデルなので、今後の展開に期待。

では各部見ていきましょう。

フロント・リア

フロント・リア共に、文句なしの「COUNTACH」といった感じですよね。
個人的にリアパネル形状がすっごい”Zガンダム感”があって好きなんですよ・・・。

当時の最先端っぽい形で、きっとこれに影響を受けたインダストリアルデザイナーって多かったんじゃないかなと思います。

特筆すべきは頭の上にちょこんと乗ったリボン・・・じゃなかった、パトライトでしょう。
※なんとなくドラミちゃんとかミニーちゃんみたいに、カウンタックがリボンで装飾したように見えてしまいました。

前述の通り、ホットウィールには既存のカウンタックがいくつもありますので、新たに同モデルをキャスティングするには何らかの理由が必要だったのではないでしょうか。
そこで目を付けられたのがPACE CARだったのかな・・・なんて妄想が広がります。

なんにせよ、このパトライトの仕上がり・・・なかなかよくないですか??
ホットウィールの緊急車両は数多くあれど、パトライトがソリッドパーツ一色仕上げだったり、クリアパーツだったとしてももうちょっとシンプルだったりするものばかりでした。

が、今回のこれ、真ん中にうまいことグレー(シルバー)のインテリアパーツが組み合わせてあることで、ちょっとしたディテールアップにつながっているんですよ。
・・・願わくば無色のクリアにしてもらって、クリアーレッドとクリアーブルーで塗り分けたかったですけどね!?

でもこれ、例によってホットウィールデザイナーの腕の見せ所というか・・・「限られた予算でよく考えたなぁ・・・」と思わせられました。

・・・ただ!!!

このパトライトのおかげで、後部ウィンドウが潰されてますので・・・ただでさえ後方視界が悪いというカウンタックがさらに危険な乗り物へと進化した模様。

サイド

ボディサイドの造形は既存のカウンタックに比べて、だいぶスタイリッシュになっている感じがありますね。
なんとなくホットウィールじゃないような感じにも見えます。

おそらくは前後のホイールに同径のDDiscが採用されているからではないでしょうか。

どうもここ最近のホットウィール(特にライセンスカー)は、リアル路線に傾いてきている気がしますね。
もしかしたら「カウンタックもリアル路線のものを造りたい!」「でも既に金型はあるし・・・」「そうだ!ペースカーを造ろう!」みたいな流れだったのかなー。

Ryu氏がもともとMatchboxのデザイナーだったということもあって、個人的にはこれがMatchboxにラインナップされていてもおかしくなかったんじゃないか・・・みたいに思えました。

グラフィックデザインはどちらかというと1982年のセーフティカー(ホワイト)のものを模したのかなといった感じ。
・・・今後ホワイトのカラバリが出そうですね・・・!?

トップ・ベース

上部から見ると、後部のダクト(?)みたいなところだけ黒で塗り分けられているのがわかります。
・・・なぜそこだけ頑張ったしwって感じですね~。

また、フロント部のデザインもやっぱり1982年のセーフティカーを模していました。

公式に「1983年のヤツ」って言っていながらも、1982年のデザインで仕上げているあたり・・・なんともホットウィール的なゆるさがあっていい感じw

底面はこうしてみると思いっきりプラパーツなのがわかりますね。
ただ、普通にしていたら側面などから全くプラ感がわからなかったのは素晴らしいです。

2017年の著作年とマレーシア製であることが記されていました。

既存モデルとの比較

さて、本文中でも散々書いてきたとおり、ホットウィールにはLAMBORGHINI COUNTACHがいくつか存在しています。
僕もそのうちの一つ、Larry Wood氏デザインのLP500(実際には~ry)を持っているので、比較してみたいと思います。

ビックリすることに、一つずつを見ていたらそこまで気にならなかったシェイプが、こうやって比べてみると全然違いました。

まずそもそもボディの全幅が違いますよね。
Ryu氏デザインの方がやや小ぶりになっています。

また、少しローダウンしているのかな。

リアウィング自体は実際のセーフティカーでも外されていたので、今回のキャストはそれを再現しているんでしょう。
余談ですが、カウンタックはもともとのデザインだと空力設計に甘く、リアウィングなどのエアロは必要不可欠だったそうですね。
・・・セーフティカーとして走るぐらいだったら大丈夫だったのかな?

一番衝撃を受けたのがこのサイドビューです。

というのも、僕の中では一番最初に入手していたカウンタックが「TOONED(アニメ調デフォルメ)」ということもあり、Larry氏デザインのモデルはそれに比べるとかなりスタイリッシュになっていると思っていたんですね。

なのに、今回のキャストを見ると・・・さらに洗練された感じがしませんか??

特に後輪側のフェンダーとか、Larry氏デザインの方がやけに玩具的アプローチに見えてしまいました。(玩具なんだけどw)

ボディトップのデザインもなんだか全然違いますね。
フロントウィンドウ形状から、ノーズに抜ける部分の形状・・・あとはエンジンフードやその周りの形状など・・・「どっちが正解なの??」って感じ。

ちなみにカラーリングはどちらもレッドだったんですが、旧キャストの方は血のような赤なのに対して、今回のキャストはもう少し明るい赤で仕上げられています。

底面デザインも全然違いました。
どちらかというと今回のキャストの底面デザインはTOONEDカウンタックのものに似ています。

また、写真からだとよくわからないかもしれませんが、車の全長はほぼ変わらないのに対して今回のキャストのホイールベースはやや長くなっていました。

そういえばカウンタックってV12エンジンを前後逆にした縦置きにして、ホイールベースを縮めた・・・みたいなエピソードを読んだことがあります。
・・・もしかしてこの後輪周りのパーツをしっかり読み解けば、その辺りの車種的な背景も見えてきたりして・・・?

※僕はもうタイムオーバーです。

おわりに

というわけで、LAMBORGHINI COUNTACH PACE CARのレビューでした。

これまたいじり甲斐のありそうなキャストでしたね。
僕はこれ、ちょっと塗り分けたり、あとはデカールでディテールを詰めるなりしても相当面白いんじゃないかと思っています。
(やるとはいってない)

来月の発売日にはもしかしたら並ぶかもしれないアイテムなので、未入手の方はぜひそこを狙って行ってみてください!

スポンサーリンク

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. 雷電 より:

    カウンタック良いですね。新しく性能の良いスーパーカーが出て来てもスーパーカーの代表はやっぱりカウンタックだと思います。 普段ライト付きのモデル買わない常連さんも今回かなり狙って来たので人気がわかります。

    • にわかマニア管理人 より:

      雷電さん

      コメントありがとうございます!

      >新しく性能の良いスーパーカーが出て来てもスーパーカーの代表はやっぱりカウンタックだと思います。

      おおー!やっぱりそうなんですね~。
      僕も車なんて全然知らなかったころでも「カウンタック」という名前は知っていたぐらいだったので、当時それだけ世間に衝撃を与えた車種だったんだろうと思っていました。

      >普段ライト付きのモデル買わない常連さん

      なぬ・・・!?
      普段買わない人の心まで動かしたとは・・・なかなかやりますねw

  2. 虎鉄 より:

    こんにちは、管理人さん。実は通販サイトから、7月分買えますよの連絡で、どちらにしようと迷って、結局、トミカのミウラを持っていたので、ミウラオマージュを選んでしまいました。ただ、どこがオマージュ?って感じになりましたけど…。マジョではランボルシリーズでパトカーのランボルが希少と拙い情報を得て、諦めていた所、ザマックついでに隣のAEONお菓子売り場へ、刈られているだろう半分の覚悟で見たら、隠してあるように、奥から希少価値のパトカーが!?。直ぐに手に取りレジ直行、無事我が家へ納車となりました。今度もチャージャーのダークブルーと共に連絡来たら即手に入れようかと思います。

    • にわかマニア管理人 より:

      虎鉄さん

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      ミウラオマージュに関しては・・・「Rosso Arancio Miura」というボディカラーとマットゴールドのホイールおよび車体下部を指しているそうです。
      ロッソカラーはさておき、マットゴールドのホイールと車体下部はたしかにミウラっぽいイメージがありませんか?w

      マジョは最近僕も売り場をパトロールしてるんですが・・・特に欲しいものには出会えませんね~・・・。
      パトカー仕様のものが希少なんですか。(ていうか、マジョにも希少とかあるんですね^^;)

  3. 悪魔の”乙” より:

    お晩で御座います

    ブログ更新お疲れ様でっす。
    いや~急遽忙しくなり折角のクリスタルキング大都会がオジャンでした・・・。
    ゲンナリ・・・。しかし希望の轍はまだ続いております!!

    さて家運とタック!のペースカー、まだNアソは入って来てない状況です。
    カードを見ると、ルーフのパトランプが赤・青で過激に最高なんですが、実物は
    全部青というのが少々残念です。SikuのNZ Police仕様ホールデン・コモドアも
    パトランプが全部赤って事で買わないと決心したんですよね・・・。

    昨日は行きつけの量販店でF、G、H混合アソのダンボールを開封させて貰いましたが、
    目ぼしい物は全く無し・・・。EアソのMad Propz 2を2個、
    CアソのScreamliner ホリデーレーサーを2個、ケンメリ1個で帰宅となりました。
    我ながら謎の買いっぷりです。5個で$8なので、1台当り120円ナリィ~。

    LMNアソも欲しい物沢山あるんですが、日本だと争奪戦に朝から参戦しなければ
    いけないんですよね・・・。しかも欲しい物が獲得できないという可能性も・・・。
    こう考えると日本に帰りたくないです・・・(爆。

    • にわかマニア管理人 より:

      悪魔の”乙”さん

      おばんです~。コメントありがとうございまランボ!

      希望の轍・・・この時期になるとよくテレビで流れてますw

      >SikuのNZ Police仕様ホールデン・コモドアもパトランプが全部赤って事で買わないと決心したんですよね・・・。

      この辺りは3インチミニカーの宿命ってところですかね~。
      もうちょっと価格が上がれば精度も詰められるのかな??

      >EアソのMad Propz 2を2個
      >我ながら謎の買いっぷりです。

      いやー、良い買い物じゃないっすか!
      というか、未だにその辺りの未開封箱が出てくるんですね~・・・むしろそっちが謎。

      >日本だと争奪戦に朝から参戦しなければいけないんですよね・・・。

      そうですね~。特に量販店で定価で買おうと思うとそうなります。
      場所によっては無法地帯だったりするそうなので・・・いい売り場にあたらないとストレスたまるだけ溜まって、まったく欲しいものがゲットできないなんてことも。。。

      逆に考えたらお金が貯まる一方かもw

      >こう考えると日本に帰りたくないです・・・(爆。

      あれっ・・・てっきり一時帰国かと思ってましたが、完全なるご帰国ですか??

  4. らちぇっとれんち より:

    こんにちは。
    レース場で活躍する車なのでmetroセグメントで登場しなかったのが
    チョイスのいいところですねぇ。

    このパトライト、Backdrafterといった緊急車両にも用いられて欲しいなぁ。

    セーフティカー、働く車系だからそそる響きです。
    コレで青色ないし緑色だったら迷わず購入してしまうんだろうなぁ。

    • にわかマニア管理人 より:

      らちぇっとれんちさん

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      あっ、全然気にしてなかったですが・・・確かにこれ、METROやCITYで登場してもおかしくないですよね。
      そういえば他所のメーカーでは警察使用のアヴェンタドールとかあったような気が・・・。

      >このパトライト、Backdrafterといった緊急車両にも用いられて欲しいなぁ。

      ですね!
      個人的にはRAPID RESPONDERのライトを透明にして欲しいですw
      https://hotwheels-labo.xyz/review-of-rapid-reponder/

      >コレで青色ないし緑色だったら迷わず購入してしまうんだろうなぁ。

      多分次のカラバリは白なので(決めつけ)、そのあとで青系に期待ですね!

  5. 去年の夏からミニカーにハマって 一番好きになったのが
    ランボルギーニなんです^^(べたですけど^^)心斎橋の会社の近くにランボルギーニのショールームがあってそこに写真撮りに行ったりもしてます。

    このカウンタックのペースカーとミウラオマージュが今月のラインナップに入って
    欲しい!!とは思いましたが ま~この2台が残ることないよな~ってあきらめてました。

    ところが先週ヤマダ電機で大量ゲットできたとき 初めにみつけたのがこのペースカーだったんですよ~~!本当に嬉しかったです^^ミウラオマージュもゲットできました!

    今回にわかさんが比較してるカウンタックはまだ持ってないんですけど。。^^

    • にわかマニア管理人 より:

      よみぎしさん

      コメントありがとうございます!

      いやー、わかります!
      僕も初めてランボのミニカーを手に取った時から、なんとなく「これを集めたい」と思ってしまい、いろいろなメーカーのランボルギーニミニカーに手を出してしまいました。
      なんていうか、男の浪漫ですよねえw

      ヤマダさんでどちらのランボもゲットできたんですね~
      そのうえSTHもとは・・・羨ましすぎ。

      僕が紹介したカウンタックは昨年?のランボアソの時のもので・・・発売日にはごっそり余ってたのに翌週には欠片も見かけなくなっていました。
      いったい誰がどうやって買っていったのやら。。。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です