Hot Wheels 情報まとめ | Hot Wheelsにわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

1968年最初の16台。THE ORIGINAL 16、SWEET 16について

     - 基本情報・まとめ

ホットウィールが産声をあげたのは1968年、いまからもう約半世紀前のこと。
世界最速のミニカーと登場したその16台を「最初の16台」「オリジナル・シックスティーン」「スウィート・シックスティーン」と呼んでいます。

そんな16台について、まとめました。

スポンサーリンク

THE ORIGINAL 16について

オリジナル16は以下16車種を指します。

  • BEATNIK BANDIT
  • CUSTOM BARRACUDA
  • CUSTOM CAMARO
  • CUSTOM CORVETTE
  • CUSTOM COUGER
  • CUSTOM ELDRADO
  • CUSTOM FIREBIRD
  • CUSTOM FREETSIDE
  • CUSTOM MUSTANG
  • CUSTOM T-BIRD
  • CUSTOM VOLKSWAGEN
  • DEORA
  • FORD J-CAR
  • HOT HEAP
  • PYTHON
  • SILHOUETTE

カリフォルニアカスタムスタイルと銘打たれた16台は全てが実車ベースのカスタム車で、スペクトラフレーム×レッドラインタイヤ仕様。
今では特別なモデルにしか使用されないスペクトラフレーム塗装も、当時の子供達にしてみたらホットウィールを見分ける為のアイコンだったレッドラインタイヤが標準装備だったわけです。

カラーリングは現在のように1台1色というわけではなく、14色用意されたカラーリングが1台ずつに振り分けられていたようです。
厳密にはUSA版とHONG KONG版を合わせて40色近くあったそうで、40×16=640種!?が1968年に発売されたことになりますね。

また、現在のモデルのようなタンポ印刷もなく、シンプルにボディとベースだけで色味を分ける他、
ルーフトップモデルやサイドラインモデルもあったようです。

これらモデルは基本的にこの1968年に製造されたのみしか出まわっておらず、
その後復刻されたものでもどちらかというと上位機種としての復活となり、なかなかレギュラーラインナップには入ってこないようです。

オリジナル16の入手について

当時のパッケージに「Fastest Metal Cars in the World」と記載がある通り、
世界で一番はやいミニカーとして登場したホットウィール。

そのせいか、用途は当時の子供達からしたら「走らせる」というものになってしまい、
現存するORIGINAL 16はなかなか状態が優れたものが少ない事になり、綺麗な状態のものの希少価値が高まってしまう理由の一つになっています。

当時のオリジナル品は、ヤフオクやebayで探していれば、ルース品(開封品)なら意外とすぐに見つかります。
しかもそんなに高額ではなく、1,000円程度から。
(ただ、安いものは本当に状態が悪く、レッドラインタイヤなのかどうかの判別が付かないようなものも)

また、物によっては法外な価格が付いている物もあり、
ミニカー一台にそこまでの価値があるのか?を自分に問うてから購入する必要があるとも言えます。

ちなみに前述の通りこれらのモデルが再生産されることは基本的にありえないので、
欲しい車種があった場合には、法外な価格だったとしてもオリジナル品を買う(または復刻された上位機種を買う)しかないようです。

いつか1台入手してみたいものです。

スポンサーリンク

  こんな記事も読まれています

Comment

  1. 八面蛙 より:

    管理人さん こんばんは

    ”こんな記事も読まれています”のリンクを適当にたどっていたらこの記事にたどり着きました。

    パープルのPython持ってました。

    単品ではなく、あのオレンジ色のトラックのセットについていたものです。
    小学校に入るかどうかという頃でしたので、おそらくHW誕生直後だと思います(歳がばれるな)。

    途中30年ほど(永いwww)インターバルがあったとはいえ、半世紀HWと付き合ってきたんだなぁ。
    (再会してからでも、もう20年近い)

    当時、HWと違ってトミカは全然走らないな(トミカは垂直ループを回れませんでした)と思っていたので他にもHWを持っていたはずですが、覚えているのはPythonだけです。

    時期的に他のもOriginal 16のどれかっだったのだと思いますが、Pythonだけを覚えているのはボンネット上に突き出たエンジンの一部(スーパーチャージャーかな?)や、左右非対処のフロントノーズなど、そこらを走っている車とは全く異なる異次元的なカッコよさのためだったのでしょう。

    中学に上がる前に知人の息子さんにトラックごとあげてしまいましたが、もし今でも持っていたらと思うと…。

    しかし、私の思い出の中には当時の姿が今でも鮮明に焼き付いています。
    (ビュンビュン走っています)

    • にわかマニア管理人 より:

      八面蛙さん

      こんばんは!コメントありがとうございます。

      Python、現役で持っておられたんですか!
      というかなんとなく自分と同年代のような接し方をしてしまってましたが、かなり先輩ですね!
      今まで失礼な物言いをしていたら申し訳ありません。

      HW誕生直後に小学生・・・うん、もう年齢言ってるようなものですw
      そしてその当時の記憶があるというのはかなりうらやましいですね・・・。

      そしてそして、やっぱり当時の小学生から見てもホットウィールの異次元的なカッコよさというのは感じ取れるものだったんですね!!!
      文献では読んでましたが、まさか当時のリアルな意見を聞くことができるとは・・・すごいです。

      >中学に上がる前に知人の息子さんにトラックごとあげてしまいましたが

      ああー、いいですね~!
      僕はおもちゃってこうあるべきだと思うんですよw
      今はやれプレミアだなんだと大人は騒ぎ立てるものですが、中学生に上がる頃の子供の感覚って、僕のころでもそんな感じだったよなーと。

      手元に残らなかったからこそ、記憶が鮮明に残っているのかもしれないですね!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です