Hot Wheels 情報まとめ | Hot Wheelsにわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

ホットウィールベーシックシリーズ年間アソートと内容、日本での発売時期について

      2016/09/09  - 基本情報・まとめ

hotwheels

ホットウィールを集め出すと、避けては通れない言葉に「アソート」というものがあります。

ホットウィールのベーシックカーは2016年現在、なんと年間250車種をその年のメインラインとして設定しています。
その中には新しく金型をおこされた物もあれば、旧型のペイントバリエーションの物もあります。

この250車種をさらにカラーバリエーション展開させて、年間実に400種以上がその年の新作として発売されています。

そして、アメリカではこの400種を15回に分けて発売しており、この15回のうち1回1回のことを”アソート”と呼んでいます。

スポンサーリンク

 アソートについてのまとめ

アソートとは?

hw_assort1

アソートの元々の意味は、盛り合わせとか、混在のこと。

年間400車種のうち、20~30車種を1まとめにして発売するので、
その1まとめを”アソート”と呼ぶことにしているんですね。

ベーシックカー新作の「盛り合わせ」なわけです。

ホットウィールは1年間に15アソートが発売され、
それぞれA,B,C,D,E,F,G,H,J,K,L,M,N,P,Qとアルファベットが振られます。
※何故かIアソートとOアソートがありません。コード上呼びづらいとか、なんか理由があったんでしょうかね。

アメリカで新しいアソートが発売されると、その翌週~翌月ぐらいに日本でも発売されるという仕組みになっています。

アソートの発売日について

toys-limited-05-2

本国アメリカでは年間15アソートを、毎月第1、2火曜を基準に発売しています。(2016年の場合)
そしておそらく第5週まである月に限り、もう1回分が追加で発売される仕組み。

そのため、「12か月に対して15アソート」というのが成り立っています。

年間15アソートに対して、日本の量販店では月1発売(毎月第1土曜)と決まっているため、結局12回しか発売タイミングがありません。
ということは、どこかで調整する必要がでてきます。
※2アソート分をひと月にまとめて発売するなど。

2016年のアソートと日本での発売状況を比較した表が以下です。

US JAPAN
A 2015.10.13
(2nd Tue)
2015.11.07
B 2015.11.10
(2nd Tue)
2015.12.05
C 2015.12.08
(2nd Tue)
2016.01.09
D 2015.12.29
(5th Tue)
2016.02.06
E 2016.02.02
(1st Tue)
F 2016.03.01
(1st Tue)
2016.03.05
G 2016.03.15
(3rd Tue)
2016.04.02
H 2016.04.05
(1st Tue)
2016.05.21
J 2016.05.03
(1st Tue)
2016.05.07
K 2016.05.23
(4th Mon)
2016.06.04
L 2016.06.13
(2nd Mon)
2016.07.02
M 2016.07.14
(2nd Thu)
2016.08.06
N 2016.08.02
(1st Tue)
2016.09.17
P 2016.08.30
(5th Tue)
2016.09.03
Q 2016.09.20
(3rd Tue)
2016.10.01

※アメリカでの発売日はいろいろ情報があるので、これで確定かはわかりません。州によって違う、とかもあるかも。

アメリカで発売された後の第1土曜日に、日本ではそれまでのアソートがミックスされて乗ってくるイメージなのかなと思いました。

現に2016年1月の発売日にはどちらも12月発売のCアソとDアソが乗って来ていました。

トイザらス限定アソートについて

日本でのホットウィール取り扱い最大手であるトイザらスでは、年に2回「トイザらス限定アソート」という物が発売されます。

実はこれが、年間15アソートと毎月発売(12回)の差を埋めるために利用されています。

2016年は5月と9月にトイザらス限定アソートが設定されていますが、それぞれ内容がまんまHアソートとNアソートでした。
[参考]トイザらス限定アソートについての考察

何故か発売日がアメリカと逆転してしまうのですが、大人の事情があるのかもしれません。

ミックスケースとは?

hw_assort_mixc

ホットウィールは量販店などに卸される際、通常はケース単位での入荷となります。
で、そのケースを「ミックスケース」と呼んでいます。

ミックスケースにはアソートのコードが割り振られていて、「Aアソートミックスケース」とか「ミックスCケース」のように分類されます。

ケースの内容

ケースの内容は当該アソートと、その前のアソートのミックスです。
そのため、ミックスケースと呼ばれるんですね。

たとえばミックスCケースの場合には、Cアソートが5~6割、Bアソート4~5割、Aアソートや前年のQアソートが少し、といった感じで梱包されています。
つまりミックスCケースは、Cアソートをメインとしたミックスケースということ。

ケースごとのトレジャーハント・スーパートレジャーハントの混入割合については以下参照。
[参考]トレジャーハント・スーパートレジャーハントの見分け方や混入確率について。

実際のケースの中身については以下の記事をご参考ください。
[参考]ミックスケースの内容の傾向について。並んでもゲットできない車がある可能性。

おわりに

各アソートにどんな車種が乗ってくるのか?は、直前になると海外のファンサイトでリークされたりします。

また、Hot Wheels Collectorsのサイト上でも数台の先行情報があるので、発売前にはそこら辺をみてワクワクしておく感じです。

毎月25日にはホットウィールファンクラブの公式サイト・ブログで、同26日には雑誌モデルカーズの紙面上で翌月の入荷情報が発表されるので、こちらも要チェックです。

  関連記事

ホットウィールのパーツ構成とパーツ名称まとめ

ホットウィールはアメリカで$1程度で買える、とても安価な3インチミニカーです。 …

パッケージでベーシックカーとそれ以外(コレクティブルなモデル)を見分ける方法

ホットウィールの売り場は、アイテムがたくさんあるところになればなるほど、ごちゃご …

なんとなくしか知らない「マッスルカー」とは?

ホットウィールでは2005年から「MUSCLE MANIA」というセグメントシリ …

ホットウィールの干支シリーズ-The Year of the ○○-について

先日ふと立ち寄ったイオンで、こんな3台を見つけました。 これ、2014年から始ま …

RLC sELECTIONsについて

RLC(Red Line Club)の会員限定カーに「sELECTIONs」とい …

35th記念シリーズ「Hall Of Fame」のまとめ。Dodge Viper RT/10のレビューを添えて。

20日前ぐらいにリサイクルショップで入手したルースのRRのうち、最後の一台は20 …

ホットウィールとPEPSI NEXのコラボモデル(2007年)についてのまとめ。と、Purple Passionのレビュー。

以前にマクドナルドハッピーセットでのホットウィールをまとめました。 [参考]マク …

スペクトラフレームについて。スペクトラフロストとの違い。

スペクトラフレームはホットウィール初期に用いられていたカラーリング手法。 薄いメ …

ホットウィールの高額なレアモデル5選。独断と偏見でまとめてみました。

ホットウィールを集め出すと、 「レアなものって、どんなのなんだろう」 「どんなホ …

生けるホットウィールの伝説。ミスターホットウィールことラリー・ウッド氏デザインモデルのまとめ(抜粋)

ホットウィールを集めていれば、否が応でもその名前を知ることになるラリー・ウッド御 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です