Hot Wheels 情報まとめ | Hot Wheelsにわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

全台並べたくなるシリーズHW ART CARS(2016)の車種と文字について。

      2016/08/19  - 基本情報・まとめ , ,

hwartcars16

2016年のHW ART CARSセグメントシリーズも、7月発売のLアソートでついに全車種出そろいました。
そこでこのセグメントの魅力について探ってみたまとめです。

スポンサーリンク

2016 HW ART CARSシリーズ

HW ART CARSはその名の通り、アーティスティックなデザインの車たちを集めたセグメントシリーズとなっています。

ラインナップされている車種は10台。
それぞれルーフトップにアルファベット(または数字)が描かれていて、並べると「H W A R T C A R S 16」(16は2つで1文字)となるようになっています。

車種と文字

実際の車種とアルファベットの対応表は以下。

Model# Model Name Letter
DHR86/DHX87 Morris Mini H
DHR85/xxx Custom ’69 Volkswagen Squareback W
DHR89/xxx Combat Medic A
DHR84 ’65 Chevy Impala R
DHR88 Muscle Tone T
DHR93 Chevy Silverado C
DHT87/DHR92 Boom Box a
DHR87 Chrysler 300C R
DHR90 Custom ’77 Dodge Van s
DHR91 ’07 Ford Mustang 16

Aが2つ、Rが2つあるので、どちらがどちらか微妙なところです。
Boom Boxは小文字の「a」なのでCarsの方かなと勝手に分類しました。

一台ずつ見ていきます。

H:Morris Mini

2月発売のEアソで登場したMorris Miniです。

2016年HW ART CARSシリーズでは一番最初に登場した一台ですね。
アルファベットはHot Wheelsの頭文字である”H”が堂々と描かれています。

アメリカではWalmart限定のZAMACカラーも確認されているようです。
[参考]ZAMACとは?ホットウィールの各種Exclusiveモデルについて

ボディの逆側のドアに描かれたホットウィールロゴがぶった切られているあたり、なんとも言えないカッコよさがあります。

W:Custom ’69 Volkswagen Squareback

Morris Miniと同じく2月に登場したCustom ’69 Volkswagen Squarebackです。
アルファベットは”W”。

なんとも60s風でサイケなアートが渋い一台ですね。
ピースマークもいい感じです。

これはYellow Submarineアソートと並べても違和感ないかもしれない。

8月発売予定のMアソに別カラーが入ってきます。

A:Combat Medic

4月のGアソから大文字の”A”が描かれたCombat Medicです。

描かれているアートワークは、アメリカンポップアートの巨匠ロイ・リキテンシュタインを彷彿とさせるドット×コミック風な物で、一発で「カッコいい!」ってなっちゃいますね。

これもまた8月に新カラーが乗ってくる予定です。

R:’65 Chevy Impala

5月のJアソの目玉の1つだった’65 Chevy Impalaです。
アルファベットは”R”。

フレイムスとはまたちょっと違う、東南アジアの民族アート的な模様がカッコいいです。

T:Muscle Tone

アルファベット”T”は、5月に登場したJアソのMuscle Tone。

一見「実車か!?」と思わせるような彼は、2000年デビューのホットウィールオリジナルカー。(謎車とか呼ばれる類のヤツ)
その為か、同じJアソの残り2つのART CARS(どっちもCHEVY)は早々に市場からなくなっていたのに、これだけは翌月まで無事残っていた模様w

アートワークはよーく見ると、ステッカーをべたべたに貼ってあるかのような感じで芸が細かいです。

C:Chevy Silverado

アルファベット”C”は、同じく5月JアソのChevy Silverado。

ジャマイカントリコロールな感じのカラーリングで、なんともクールなアートカーですね。
ボディサイドの落書きっぽい感じとか、ホイールのカラフルさとかヤバイです。

個人的にはシルバラードってもっとスカしてる感じの車の印象だったので、ここまで崩されてるのは新鮮でした。
実車で見てみたい・・・!

a:Boom Box

アルファベット小文字の”a”は7月発売のLアソ、スーパートレジャーハントのBoom Boxでした。

アートワークはオランダの画家ピエト・モンドリアンの抽象画。
額縁に入れられている絵も、キャンバスが車になるとまた違ったカッコよさを出すんだなと感じられますね。

前後輪のラインのカラーリングが違うのもまたクールです。

r:Chrysler 300C

Blingsと呼ばれる、箱状の形に極端にデフォルメされたシリーズのChrysler 300Cです。
このシリーズはタイヤがやけに大きいのと、丸みを帯びた立方体に近い形が特徴。

アルファベットは大文字の”R”に見えるので、インパラと被るんですよねー・・・。
どっちがARTのRで、どっちがCARSのRなのか悩みどころ。
発売がこっちの方が遅いから、こっちをCARSのRに配置してみました。

アートワークはアクションペインティングと呼ばれる「キャンバスに塗料を叩き付けたり垂らしたりする絵画技法」で有名なジャクソン・ポロック風。
実際に顔料を垂らしたんじゃないかと思わせるような表現が秀逸です。

またホイールのカラーリングも、Morris MiniやSilveradoのように虹色になっていてカッコいい。

s:Custom ’77 Dodge Van

アルファベット”S”は7月発売LアソのCustom ’77 Dodge Van。

ピンクのボディーカラーにビビッドなカラーリングのパターンで、どことなく80年代を思わせるまさにポップアートと言ったアートワークがめちゃくちゃカッコいい一台です。
昔のパンクロック好きなおねーちゃんがこんなTシャツ着てたよね!って感じ。

カラーリング展開も見てみたいところです。

16:’07 Ford Mustang

オオトリを飾るのは7月発売Lアソの’07 Ford Mustang。
ルーフトップには”16″と、2016年のHW ART CARSである事を主張しています。

パッと見は、ただのレーシングカーのデザイン。
これのどこがART CARSなの?って思うかもしれません。

・・・が、実はよーく見るとペイントがすべてタイル調になっています。
めちゃくちゃ芸が細かいですw

おわりに

というわけで、2016年のART CARSたちでした。

2015年にもHW ART CARSシリーズはありましたが、ルーフトップにアルファベットはなかったようなので、もしかしたら今年から始まったお遊びなのかもしれないですね。

こうやって見てみると全部並べて真上から見てみたいところです・・・が、今更揃えられないなぁ。
もう、早く言ってよーって感じですw

2017年のART CARSに期待。

  関連記事

ホットウィールベーシックカーにおける「カラバリ」と「2ndカラー」の違いについて

先日レビューしたシェビーブレイザーの4×4ですが、やっぱり赤い方を触っ …

ホットウィールのアニバーサリーモデルまとめ

1968年にアメリカで産声をあげたホットウィール。 2018年にはその歴史が半世 …

ホットウィールのNeo Classics Seriesについて|歴史や特徴のまとめ

ついに人生初のNeo Classicsを入手しました! 2003年のHWC Se …

RLC sELECTIONsについて

RLC(Red Line Club)の会員限定カーに「sELECTIONs」とい …

ZAMACとは?ホットウィールの各種Exclusiveモデルについて

ホットウィールにはしばしば、Exclusiveモデルという物が存在します。 Wa …

マクドナルド・ハッピーセットのホットウィールについてのまとめ

日本のマクドナルドでは2014年から「ハッピーセットトミカ」がスタートしています …

ホットウィールのHAPPY NEW YEARモデル(Walmart限定)についてのまとめ(2011年~2017年)

10月も後半にさしかかり、ホットウィール界では2017年Cアソ(本国では12末発 …

マテルのミニカ(赤箱ホットウィール)まとめ。

最近オークションサイトを見ていると、よく「ミニカ」が出品されているので気になって …

no image
ホットウィールが通販で買えるネットショップや専門店まとめ。価格帯や送料について

発売日にトイザらスでオープン前から並ぶのは嫌だ! 戦場で争うのはもっと嫌だ! ト …

新旧モデルの比較が面白い!ホットウィールのThen And Nowシリーズ(2016)について

以前、セグメントシリーズのART CARSについて「全台欲しくなる!」とまとめま …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です