Hot Wheels 情報まとめ | Hot Wheelsにわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

トレジャーハント・スーパートレジャーハントの見分け方や混入確率について。2016年版

ホットウィールを集める時に切っても切り離せないのが「トレジャーハント」です。

トレジャーハント(通称トレハン、TH)は直訳すれば「お宝探し」の事で、ベーシックシリーズの1アソートに1台ずつ設定されている”通常より豪華なホットウィール”のこと。
ホットウィールのベーシックシリーズは年間15アソート発売されるので、1年で15台のトレジャーハントが存在することになります。
[参考]ホットウィールベーシックカーの年間アソートと内容、日本での発売日まとめ

トレジャーハントは市場価格にして数百円から1,000円程度で取引されているので、「レアだから」という理由で探している人も多いのではないでしょうか。

またトレジャーハントよりさらにレアな「スーパートレジャーハント」もあります。

その混入確率と見分け方についてまとめました。

スポンサーリンク

トレジャーハント・スーパートレジャーハントの見分け方

トレジャーハントもスーパートレジャーハントも、通常のベーシックアソート内に紛れています。
つまり毎月はじめの土曜日にトイザらスなどに並ぶ200円程度のホットウィールの中にこっそりいる感じです。

トレジャーハントの見分け方

toys_201602_1

これは2016年2月に発売された、Dアソートのトレジャーハント、「4WARD SPEED」です。
こんな感じで他のベーシックシリーズと一緒に陳列されていました。

正直、パッと見ではこれがトレジャーハントかどうかなんてわからないかもしれないですね。
確かにカラーリングとかタイヤの感じが少しだけ豪華な気はします。

台紙のチェックポイント

トレジャーハントかどうか、確実に見分けるには台紙をチェックすればOK。

toys_201602_2

こんな感じで、車の裏側にトレジャーハントマークが隠されています。

車体のチェックポイント

また、車体のどこか1部分にもこのマークが印刷されているのもポイント。

about_hw2

これは2016年Aアソートの「RIG STORM」のボディに印刷されていたものです。
このマークを見極めるのはなかなか難しいですが、見つけた時にはやっぱり嬉しいですね。
「やった!お宝発見!」って感じで。

スーパートレジャーハントの見分け方

tvbatmobile3

これは2016年Jアソートのスーパートレジャーハント、「TV SERIES BATMOBILE」です。
写真だと伝わりづらいかもしれませんが、スーパートレジャーハントは他のベーシックラインナップと一緒に陳列されていても1台だけ輝いて見えるはずです。

それぐらいカッコ良く作られているということ。

台紙のチェックポイント

こちらも見分け方としては、台紙をチェックすればOK。

tvbatmobile4

ちょっと写りは悪いですが、トレジャーハントのマークが印刷されてますね。
トレジャーハントがシルバーだったのに対して、こちらはゴールドカラーです。

車体のチェックポイント

スーパートレジャーハントの場合は車体のどこかに「TH」または「TREASURE HUNT」と印刷されているので、それもチェックポイント。

about_hw3

例えば2006年のスーパートレジャーハント「CUSTOM ’59 CADILLAC」は、ボンネット部分に「TH」のマークが印刷されていました。
※2016.05.17追記:2006年時点ではスーパートレジャーハントという概念はなく、この車種はトレジャーハントでした。スーパートレジャーハントは2007年から登場しています。
[参考]トレジャーハント・スーパートレジャーハントの歴史について

そしてスーパートレジャーハントの場合はもう1つ明らかに見分けられるポイントがあります。
それはゴム製タイヤ「リアルライダー」を履いているということ。

about_hw6

通常のベーシックラインナップだとプラスチック製のタイヤなので、ここまでリアルに出来ていません。
なので見分けがつきやすいかと思います。

どの車種がトレジャーハントか事前に知る方法

トレジャーハントとスーパートレジャーハントは、発売日に販売場所に行ってその場で見分けるというのはほとんど難しいと思った方がいいです。
当日はたくさんの魅力的な車種が並んでいるわけだし、もし他にも買いたい人がいた時には悠長に調べてなんていられないでしょうから。

なのでトレジャーハントを狙うなら事前に調べていく事をオススメします。

毎月25日にはホットウィールファンクラブで次月入荷の車種ラインナップが発表されますので、
そのラインナップをじっくり見てどれがトレジャーハントなのか知っておく事ができます。

WEB上では車体に描かれたマークを頼りに調べるしかないので難しいですが、
同じく毎月26日に発売されるモデル・カーズの紙面上ではトレジャーハントの車種から特長までしっかり解説してくれているので、そこで詳細を知ることができます。

トレジャーハントの混入確率

以前海外のアソートミックスケース(72台入り)を2つ買って調べた限りでは、トレジャーハントは1ケースに1台確実に入っていました。
つまり確率的には1/72ということ。

日本の店舗ではどういうケースでの入荷なのかがわからないのでなんとも言えません。
ちなみに僕の近所の西友では毎回56台(7台×8本)で入荷されていて、必ずトレジャーハントは1台入っています。

新作を入荷する店舗であれば必ず1台以上はあると見て間違いないのではないかと思います。
【参考】ホットウィールが買える日本のお店・取扱店まとめ2016

むしろ、トレジャーハントの台数から逆算して、そのお店が何ケース入荷しているのかを知ることもできそうですね。

スーパートレジャーハントはもっと確率が低い

スーパートレジャーハントに関しては、数ケースに1台入っている感じ。
ここからは僕の予想ですが、トレジャーハントとスーパートレジャーハントの市場取引価格の割合が1:4程度なので、だいたい海外アソ4ケース(72台×4)に1台程度入っているんじゃないでしょうか。

ということは、1/288の確率ということになります。(あくまで予想です)

スーパートレジャーハントは同時に、同じ車種のレギュラー(ノーマル)版が同じアソートに含まれます。

yodobashi2

これは2016年Eアソートの「PORSCHE 993 GT2」で、左がスーパートレジャーハント、右がレギュラーです。
よーく見ると車体のテカリ具合とタイヤの出来が全然違います。

ケースの中にこのどちらかが入っている感じです。

逆に言えば、ケース買いをすることで、スーパートレジャーハントか、スーパートレジャーハントと同じ車種のノーマル版のどちらかは必ずゲットできるということ。
※または1ケースに2台入っている可能性もあるので、その場合は1台ずつゲットできるか、2台ともノーマルかのどちらか。

これも逆算すれば、この車種が何台あるかでそのお店が何ケース仕入れているのかを知ることができそうですね。

※ただし、あくまでも僕が海外のミックスケースを買った時の結果に過ぎないので、確実かどうかはわかりませんし、トイザらスや西友などの大手量販店が店舗ごとにケースで購入しているのかどうかも不明。
おそらくセンターで一括して購入して各店舗に配分しているんじゃないかな・・・。

レギュラー版があるのはスーパートレジャーハントだけ

前述のとおり、スーパートレジャーハントはそのアソート内にレギュラー版が存在しています。
スーパートレジャーハントをSTHと略すのに対し、レギュラー版はSTD(スタンダード)などと書かれたりします。

そしてそのレギュラー版に関しては、次回のミックスケースにも入ってくることが多いです。
たとえば上記の「PORSCHE 993 GT2」であれば、Eアソートミックスケースにスーパートレジャーハントとレギュラー版の両方が混入され、Fアソートミックスケースにレギュラー版が混入されるということ。

つまり、レギュラー版であれば当月に買い逃したとしても次月に入手する機会があるということです。

逆に、トレジャーハントにはレギュラー版が存在しません。
そしてトレジャーハントは次回のミックスケースに入ることもありません。

上記の「4WARD SPEED」であれば、Dアソートミックスケースで買い逃した場合には、Eアソートミックスケース以降で入手することは不可能ということです。

スーパートレジャーハントを見分ける際の注意

前述の通り、スーパートレジャーハントは事前にどんな車種かを調べてから発売日に臨む事ができますが、同時にノーマルバージョンも発売されているので「スーパートレジャーハントゲット!」って思ってもノーマル版だった、なんて事があります。

あくまで車体の出来やトレジャーハントマーク、リアルライダーなどを参考に探してみてください。

また、リアルライダーに関して言うと、ベーシックカーのレギュラーモデルは絶対に履いていませんが、
他のコレクティブルなアソート(数百円~1,000円以上)では普通に履いていることがあります。

hw_wheels2

例えばこれ。
数年前に購入した「100% Preferred」というホットロッド系雑誌とのコラボ商品だったホットウィールのタイヤです。
800円ぐらいで買ったものですが、普通にリアルライダーでした。

今年(2016年)で言えばCAR CALTUREシリーズなんかがリアルライダーを履いていました。
[参考]2016 CAR CALTURE SERIES Cアソートは「TRUCKS」。トラック好きにはたまらない仕様。

お店によってはベーシックカーの陳列されている棚に、普通にこういったコレクティブルなシリーズが平然と並んでいる事があるので、
「リアルライダー履いてる!これスーパートレジャーハントじゃね!?」
なんて思ってレジに持って行ったらめちゃ高額だった・・・なんて事にもなりかねませんので、注意。

その他補足情報

トレジャーハントもスーパートレジャーハントも、必ず「旧式の金型」を使ったものになります。
つまりその年のNew Modelsはトレジャーハント・スーパートレジャーハントにならないということ。

※補足:2016年のNアソートで、新金型のモデル(New Models)がスーパートレジャーハントになっていたので、この前提は間違いでした。

また、傾向として、近年は”ホットウィールオリジナルカー”がトレジャーハントになりやすく、スーパートレジャーハントは実車がなりやすいです。
例えば上に載せたトレジャーハントの「4WARD SPEED」も「RIG STORM」も実車ではないですね。

その為、トレジャーハントはお店によっては見向きもされずに残っている事が結構あるので、発売日に出遅れても買えちゃうことも。
※実際に当月の新作が出たあとで前月のトレジャーハントを見かけたこともありますw

スーパートレジャーハントに関しては、そもそも実車がなりやすいため、そのレギュラー版だったとしてもすぐに売り切れちゃう印象ですね。
ただ「Bad Mudder 2」のようにホットウィールオリジナルからスーパートレジャーハントになった物のレギュラー版は人気薄。翌月まで普通に余ってました。

スーパートレジャーハントは店頭に並ばない?

ほとんど見かけることがない事から、「スーパートレジャーハントは店頭に並ばない」とか、
「店員が陳列する際に自分の分を確保している」なんて話を聞いたことがあります。

ただ、僕がいく近所の店舗(西友やトイザらス)に関していえばそれはありませんでした。

まず、西友では普通にスーパートレジャーハントが並んでいた場面に遭遇していますし、
イオンでは店員さんが「これって毎月違うのが発売されるんですか?」と、ホットウィールについて必要な情報以上の事は知らなかったためです。

[参考]西友でスーパートレジャーハント!2016年5月の発売日情報

おわりに

というわけで2016年時点でのトレジャーハント・スーパートレジャーハントの見分け方と混入確率についてでした。

あくまで2016年時点のことなので、来年以降は変わるかもしれません。
そもそも以前はトレジャーハントシリーズというセグメントシリーズがあって、トレジャーハントでラインナップされた車種の豪華版がスーパートレジャーハントと、今とは違った立ち位置だったみたいです。

また、以前のモデルにはトレジャーハントマークが印刷された通常モデルもあったみたい。

個人的にトレジャーハントは「あくまでお宝探し」という感覚で楽しんで欲しいなと思うんですが、価値がついちゃってる以上そういうわけにもいかないですよね。
そもそも今もホットウィールが人気である背景にはトレジャーハントが活躍した過去があったわけなので仕方ないです。

でも、できるだけ他の通常モデルも愛してあげてほしいなと願わざるを得ません。

  こんな記事も読まれています

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です